Hatena::ブログ(Diary)

月のしずく このページをアンテナに追加

2018-01-23 日々は流れる。

12月半ばにやってきた犬のサクラが来て1ヶ月が過ぎました。

やんちゃな犬でまだトイレトレーニングもままならず、犬といえど赤ちゃんを迎えるとこんなにも大変なことなのだと痛感しています。

正直、心も折れかかっていましたが、どうにか持ち直して今に至ります。

犬も人間と同じで性格があり、サクラは人懐っこい性格です。コウは、人見知りな子で特定の人にしか心を開かず、性格的にもおとなしい子です。

あとにやってきたサクラの方が幅をきかし、元々いるコウの方が小さくなっているのもかわいそうだったけど、コウも自分なりの過ごした方を心得てきたようです。

生き物を飼うとかわいいだけでなく、責任があります。命を育てているから、面倒みきれないからといって手放す訳にもいきません。

2匹になって、考えていた以上に体力も使い大変な日々です。

もう少し大きくなると落ち着くと思うのですが・・・

あと、小室さんの引退は、やはりつらい。

ちょっと心と身体落ち着けから、また戻って来てほしいなって。

humansystem

humansystem

このアルバム大好きで今も聴きます。

ちょっと気持ちが落ちてしまったときなんかも小室さんの曲を聴くと元気が出ます。

今聴いても全く古臭く感じられないです。

2018-01-19 良いことと悪いこと。

まずは良いことから・・・

光一さんと井上芳雄さんの舞台での共演が実現しました。

ナイツ・テイルという作品は、シェークスピアが書いたものなんですね。

そして、ジョン・ケアードさんという演出家も有名な人らしい。

光一さん自身も早くファンに知らせたい情報であったと思います

SHOCKという作品がありながらも、外部の舞台に出てほしいって、光一さんファンは、長年思い、願っていたこと。

その願いが叶ったわけですが、チケット争奪戦半端ないでしょう。

でも、絶対一回は観たい!、観るぞ!って言霊にしておきます

この情報で浮かれていたら、悪い情報・・・

それは、小室哲哉さんの引退でした。

今は、私、光一さんのファンですが、その昔は、小室哲哉さんのお茶の間ファンでした。

このブログでも何度となく書いています・・・

小室さんのファンになったのは、高校一年生の頃でした。

ジャニ友Hさんがかけてくれていた音楽たまたまTMNETWORKのファーストアルバムでした。

そのアルバムを聴いて、小室さんのファンになったのでした。

とはいえ、あの頃は、田舎に住むお金のない女子高生だったので、TMNETWORKがコンサートに来るわけでもなく、CD雑誌を買ったり、たまに出演する音楽番組ビデオテープに録画するのが精いっぱいでした。

小室さんが他のアーティストアイドルに曲を提供していることも知り、その音楽CDレンタルしたり、買ったりして集めました。

小室さんが作る音楽は新しく、楽しく、驚きもあり、聴くだけで癒されました。

音楽聴く楽しみを教えてくれたのは、私にとっては、小室哲哉さんです。

何度も何度も繰り返し、小室さんが作った音楽を聴きました。

いつの間にか、田舎高校生(15歳)だった私は、今年の8月45歳になります

田舎に住む女子高生だった私は、数年前に名古屋引っ越しました

小室さんの曲に触れてから、気が付けば30年もの長い長い時間が流れていました。

3年ほど前になるのかな?初めてTMNETWORKのコンサートに行きました。

生で演奏する小室さんを観たときの感動は、凄かったです。

いろんな思いが溢れ出ていました。

もし、あのとき小室さんと話ができたら泣いていたかもしれないです。

このブログにも感想を残しています

私が歳を重ねたように小室さんも今年還暦なんですね。

私が小室さんを知ったときは、小室さんはまだ31歳でした。

今回の引退は、身体の不調、A子さんと不倫報道された責任、妻のKEIKOさんへの責任等色々あるのでしょうがなんだかなぁ・・・って感じです。

文春は、今回凄い仕事をしたのかもしれませんが、その結果がこれです。

こういうことよりももっと別に報道することがあるのではないのかな?

誰が特をするのでしょうか?

今回報道されなければ、結果的引退していたとしても、もっと、違う形があったと思います

何より、ファンの方が「お疲れ様」「ありがとう。」と小室さんに直接言えるべき場所がないことが残念です。

小室さんを生理的に嫌いという人もいるでしょう。

小室さん自身バツ2ですし、過去女性問題にだらしがない所もアンチを産んでいると思います

一定ファンがいれば、一定数のアンチがいるので当然です。

でも、私は、こんな形での引退って、本人が考えたこととはいえ、割り切れない気持ちです。

特に私のようなアラフォー世代にとっては、今回の引退について思うこともあるのではないか?と思います

どうしても、90年代プロデューサー活躍していた、向かう所敵なしだった時代小室さんがフューチャーされがちですが、本当の小室さんは人一倍音楽を作ることが、そして、自分が作った音楽を誰かに聴いてもらうことが生きがいのアーティストだと思っています

そして、小室さん自身若い女性問題で色々ありましたが、繊細な人なのではないか・・と。

図太い人間なら、引退なんかしないでしょう。

還暦、定年、確かにありますが、今の60歳は、まだ若いです。

突発性難聴身体が不調だったとしても、自分音楽を欲してくれている人がいると思えば、自分のペースで仕事を続けていたのではないでしょうか?

引退するというのなら、やはり、その花道を準備してあげてもいいのではないのでしょうか?

A子さんには、KEIKOさんには、癒すことでのできない気持ちを預けていたのでしょう。

人には、弱音を吐きたいときもあります。寄りかかりたいときもあります

でも、それは、誰でも良い訳ではありません。

一番身近に居る人がその役目を担えない場合、他に求めてしまうことがあるでしょう。

それが、今回、美人看護師のA子さんで、小室さん自身一般人女性と話をすることが楽しかったし、新鮮であったのだとも思います

また業界にいる人とは違った感覚ですからね。

「男女の関係はなかった。」と小室さんが説明しましたが、A子さんの方から腕を組んでいる写真が撮られているので、A子さんもまんざらでもなかったのでしょう。

あの写真がある以上、A子さんも「患者以上の気持ちは抱いていたんではないかな?」と誤解されても仕方ないでしょう。

でも、小室さんがこういう形で会見をしたので、もう記者もそっとしておいてあげてほしいと思います

文春さんも、小室さんを引退するまで追い詰めたい訳ではなかったと思います

小室不倫している→療養中の妻を放っておいて→相手美人看護師か→決定的な写真も撮ったぞ→記事にしてやれ!って感じだったんでしょうけどね・・・

最近不倫がよくワイドショーなどで取り上げられます

そりゃあ不倫してよい訳はありません。

奥さんや夫、子どもがいれば子どももかわいそうです。

その周囲にいる人にとっては、最大の裏切り行為であると思います

でも、テレビを観ている視聴者には、誰と誰が不倫をしようが、浮気をしようが、迷惑をかけられるわけでもなく関係ありません。

私としては、ベッキーゲスの極み乙女ボーカルの人でお腹がいっぱいです。

まぁ嫌なら観なきゃ良いだけの話ですね。

でも、なんだか、今回は、ショックが大きすぎて。

2018-01-08 西郷どんを観る。

5日から8日まで4連休でした。

年末年始まとまった休みがなかったので、やっと漸くゆっくりできた感じです。

年末のこともあまり書いてなかったので、少し振り返り。

年末から年始にかけては、録り溜めていたドラマを観ました。

ハローハリネズミとか過保護のカホコとか夏目漱石の妻とか・・・

観た中では、ハローハリネズミ夏目漱石の妻が面白かったかな。

夏目漱石役の長谷川博己さんが漱石の役にとってもハマっていた。妻役の尾野真千子さんも良かった。

年が明けてからは、録り溜めていた歴史番組を視聴。

最近放送されたものを含めて、幕末ものが多かったな。

幕末はどうも苦手なのですが、でも、以前に比べると少し好きになってきました。

新選組(総集編)とか篤姫とか龍馬伝とか英雄たちの選択やプロファイラーのおかげかもしれないです。

大河ドラマ西郷どんも楽しめました。

「人のために。」こういうことができる人が人間としても成功していくのかなぁと。

あと、12月半ばに新しいわんこがやってきて、この子がなかなかのやんちゃな子で・・・

まだトイレトレーニングもままならず、私は、たぬき顔が好きなのですが、この子は、キツネ顔で・・・

なんか誰かに似てる・・・って思っていたら、XJapanのToshiさんに似てるのです。

トイプーなのですが、まだ毛がカールされてなくて、髪が逆立っているところと顔だちがどうもビジュアル系なんです。

2018-01-01 あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします

そして、光一さん39歳の誕生日おめでとうございます

これからまったり末永くファン活動を続けていきたいと思います

あっそうそう元日キンキコンでは、ソロコーナーは、自分のために設けたわけではない。剛くんのインターバルをとるためにスタッフと話しあって決めたことを話したそうですね。

ソロコーナーは、自分ソロをやりたいからだと言った剛くんへのカウンターパンチ

光一さんの優しさが全然伝わっていない。こんな考えに至る人もめずらしいけど、ここまでくるとよほど根性ねじ曲がって育ったのか、優しさというのを根本的に知らないかのどちらかなんでしょう。

いずれにしてもかわいそうな人ですよ。

でも、こんな風に光一さんが自分感情を口に出すのってめずらしいなって。

だけど、言わないとわからない人っていますからね。

こういう気づかない人には、言わないといけないんだよ。

気づかせてあげないといけないんだと思います

今年は、明日からまた仕事です。

4日まで。5日からは少しゆっくりできます

大晦日は、ガキ使を観て新年を迎えました。

紅白全くと言っていいほど観ませんでした。

せっかくニノが司会だったのに・・・

うちでは、ガキの使いが人気でした。

いつもは、紅白も録画しておくのですが、それも面倒でしていませんでした。

なんか年末家事仕事に追われてやる気ゼロだったのです。

また明日明後日仕事の残りをやらねば・・・

2017-12-31 ひっちゃかめっちゃか。

わんこサクラがやって来てから慌ただしい毎日を過ごしています

年内は今日まで仕事があり、明日1日休みを取ったら5日までありません。

今年は、娘の高校卒業就職があり、マンションを35年の住宅ローンを組んで購入したりと色々ありました。

今年の前半は、そのことが大きなイベントでしたね。

娘は、社会人となり、頑張って仕事に励んでいます

残業も多く、夜遅く帰ってくることもあります

人手不足の忙しい部署に配属されたので、大変なことも多いですが、元々真面目な子なので、どれだけ夜遅くても、残業が続いても仕事を休むことをしません。

娘なりに責任感を感じているのだと思います

大変なことも多い仕事だけれど、やりがいも得られる仕事だと思うので、定年まで続けてほしいと思っております

土日で私が仕事休みのときは、2人で出かけることも多くなりました。

そのときは、娘がご馳走してくれることも多くて、ありがたいです。

シングルマザー子育てをしてきて大変なこともありましたが、娘がいたからこそ頑張ってこられたし、幸せ時間を過ごして来られました。

そういうことを改めて感じられた一年でもありました。

私自身も部署が変わりましたが、漸く人間関係にも慣れて来てどうにかやっています

今年一年は、幸せ一年でした。

光一さん関連では、2月3月帝劇でのSHOCK、そして、9月大阪SHOCK

今年も生で4回光一さんを観られることができました。

来年は、きっと、ソロコンがあると、やってくれると願っています

やっぱり、歌って、踊る光一さんが最強です。最高にかっこいいです。

今年は、あまり更新しませんでしたが、来年は、もう少し更新できたらいいなぁと思っています

皆様よいお年をお迎えください。