Hatena::ブログ(Diary)

月のしずく このページをアンテナに追加

2018-05-21

こんな時間に。 02:36

尼神インターの回のブンブブーンを観ました。

ツイッター光一さんのファンブログを読んで免疫ができていたためかどうにか観られました。

台本があったのだとしたら、誠子さんが気の毒な感じもします。誠子さんのボケ光一さんのファンにとっては不愉快レベルに達していて、ボケって難しいなとつくづく感じました。

あの番組お笑い番組ならアリかもしれないけど、ブンブブーンではナシでしょ。

あの回は、Tくんあげの回だったのでしょうね。

と思うことにします。

渚さんと光一さんの存在感がかなり薄くなっていて、こういう回を放送したいのであれば、舞台で大変な時期にやってほしいなぁと思ったりもしました。光一さん、お休みで良いじゃん。

でもそうなると渚さんが困るのか…

2018-05-20

あっという間の連休22:04

あっという間に3連休が過ぎ去って行きました。

連休初日は、愛犬サクラ去勢手術

おかげ様で無事手術は終わり、今日も元気に過ごしています。

2日目の昨日は、娘とリニモに乗って、愛・地球博記念公園で開催されている介助犬フェスタに行ってきました。

介助犬になるために訓練を受けても10頭いたら3頭くらいしか介助犬になれないらしい。

介助犬になれなかった7頭は、最後まで犬の面倒を見てくれるお家に飼ってもらったり、生まれたお家に引き取られるらしい。

会場では、介助犬のグッズなども販売されていて、私もクリアファイルやトートバッグを買いました。

その後は、GAPに行って、娘と私の夏物の服を買いました。

買い物の後はカラオケ

そして、夕飯を食べて帰りました。

今日は、お昼過ぎまで寝て、その後は、家の掃除に明け暮れました。

休みってあっという間に過ぎてくなぁ。

2018-05-17 訃報。

西城秀樹さんの訃報を聞いてとても驚きました。

私は、幼い頃、幼稚園運動会ヤングマンを踊りました。

YMCAの所を両腕を使って秀樹さんのように真似て踊りました。

私は、年齢的に新御三家世代ではなのですが、西城秀樹さんと言えば、傷だらけのローラヤングマンとハウスバーモンドカレーのCMが印象的でした。

でも、後年は、2度の脳梗塞に見舞われながらも懸命なリハビリのあと、ステージに復帰を果たした努力の人という印象へと変わりました。

努力の人と書きましたが、努力だけではいかない部分も沢山あったのだろうと想像します。

復帰するまでにどれほどの我慢精神力を求められただろうと。

リハビリも人の倍以上頑張ったのではないでしょうか。

普通一般人の人でも、麻痺が残ったり、言語障害が残ったりすると、知り合いには会いたくないとかそういう方がいます。

私の東京に住む叔母は、脳梗塞発症し、うちの父や姉の見舞いを断り、脳梗塞発症して数年経ちますが、まだ会うことはかなわないままです。

おそらくずっとこのままだろうと思っています。

一緒に仕事をされていた芸能人から訃報コメント西城秀樹さんの生前の人柄の良さが偲ばれるものばかりでした。

自分を律する強い心を持ちながら、他人には、とても優しく接することのできる方だったのだと思います。

63歳。まだまだ若いです。

3人の子どもさんが立派に成人する姿を見届けたかっただろうと思います。

ご冥福をお祈りします

2018-05-16

母の日14:42

母の日は、母の日から随分と前に娘から2000円の商品券スヌーピーマグカップと同じくスヌーピータオルハンカチを貰い、その上焼肉をご馳走して貰いました。

シングルマザーで、元夫からは1円のお金も貰っていなかったので、金銭的に大変な時期もありましたが、その事を誰よりも娘がわかっていてくれるのかなぁと思っています

ジャニ友Hさんからも、娘を褒めて貰っています

Hさん自身は、独身子どもはいないけど、甥っ子、姪っ子がいて、職場の人から子どもの話を聞くから、その大変さも感じるようです。

私自身、実現不可能な夢は見せない親なので、娘もその影響を多分に受け継いでいると思います

夢は叶えるためにあるもの

叶えられない夢は、見るだけ損だと思っています

自分が生きて感じた経験談です。

羨ましいと言われたこともありますが、その人よりかは頑張ってきた自負があります

だけど、私自身も羨ましいなぁと感じる人がいます

そういう人は、私が遊んでいるときに私の何倍も何十倍努力した人です。

私には、その努力は無理。

から、この程度でしかない。

自分限界を感じる今日この頃です。

2018-05-11 報われる。

皆さんがゴールデンウィーク満喫している頃、私は、仕事の只中、そして、残業の憂き目にあっていました。

昨日も仕事が忙しくて、なんだかなぁ・・・と思っていましたが、なんか、これはいけるんじゃないか?という予感がムクムクと自分の中で大きくなっていきました。

私のジンクスに、仕事めっちゃしかったりすると、チケットが取れたり、良い座席が届いたり・・・ということがあるのです。

今回の忙しさは、滅多にないことに見舞われたので、これは、もしや・・・と思っていたら・・・

ナイツ・テイルのチケットが取れた。

しかも、帝劇と梅芸。

理想的だ!!

生きていればこんなこともあるんだ。

こんな幸せなこともあるんだ。

この幸せ幸運大事に噛み締めないと。

とにかく身体に気をつけ、日々頑張る。頑張れる。