Hatena::ブログ(Diary)

しあわせは日々のなか

 | 

2004-08-19 Thu

読了本

| 23:46

パイロットフィッシュ (文芸シリーズ)

パイロットフィッシュ」(大崎善生

 語り手の山崎の現在と、由希子という恋人がいた大学時代が交互に描かれます。「人は、一度めぐり合った人と二度と別れることはできない。」という言葉から始まる冒頭の1ページがまるごと全部印象的で、すーっと引き込まれてしまいました。ただ、エロ雑誌の編集、とか物語の題材がまったくもって好みじゃなかったけれど・・・というか読む前にそれを知っていたら間違いなく敬遠していたと思う・・・(苦笑)。それだって、いい意味で濃厚じゃないというか・・・全体に、本当に水槽の中を覗き込んでいるような、透明感があるのが不思議。

文庫サイズ。

| 23:47

 朝から本の整理をやってました。

 どうしてコバルト文庫集英社スーパーダッシュ文庫集英社文庫では高さが違うのかなと、本を並べるときにいつも思うのですが。コバルト文庫スーパーダッシュ文庫は同じくらいなのですが、それらと比べると集英社文庫はちょっと(2ミリくらい)背が高い・・・。講談社文庫講談社X文庫も背の高さは変わらないのにな〜(関係ないかな?)。角川文庫角川スニーカー文庫角川ビーンズ文庫も同じくらいだしな・・・。

 なるべく大きさをそろえて並べちゃうんです、見たときに気分がいいので。なんだかこんなこと書くと几帳面(というか、神経質)っぽく思われそうですが、そうじゃないですよ。基本的に面倒くさがりやです。ただ、ときどき妙に細かいところにこだわったりする奴です。

| 23:47

 夕方私の家に小中学校の同級生AちゃんSちゃんがやってきました〜。Sちゃん前に会ったときより髪の色がさらに明るくなってる〜・・・あ、夏休みだからか(笑)。部屋に上がってもらってアイス出して、2時間ちょっとくらい喋ってたかな。・・・なんかそれぞれの学校ごとに、人間関係の形成のされ方、というか・・・そういう事情が全然違うな、と話を聞いていて思ったのでした。

 | 
Connection: close