Hatena::ブログ(Diary)

しあわせは日々のなか

 | 

2005-02-24 Thu

期末テスト

 怒涛の期末テスト(14科目)が3月3日から始まるので、終わるまで更新はお休みします。でも、どーしてもネタにしたいものごとがあるときには書くかもしれないです。

2005-02-23 Wed

とるこ日記

 定金伸治さん・乙一さん・松原真琴さんの3人のトルコ旅行記、「とるこ日記」の連載がスタートしましたねー。・・・まず、トップに載っていた3人のプロフィールを読んだ時点で笑がこみ上げてきました・・・。特に乙一さんっ!「少し前に小説家としてプチブレイクしたが、貯金が貯まった途端に仕事をしなくなったことで有名。現在、行方不明。」って!!・・・ひーん、私はそんな乙一さんが大好きなので(何)無理に仕事しろとは言いませんが、乙一作品も大好きなので、気が向いたら仕事してほしいです(笑)。

2005-02-21 Mon

昇天

 けっこう前に聞いたのだけれど、文ちゃん、私が死んじゃった夢を見たそうです。しかも形見としてハリー・ポッターの第6巻をもらっていたそうです。

 そういや京ちゃんも私が生死不明になった夢見たって言ってたな〜。自分が人の夢に出てるって、不思議な感じです(笑)。

えりなの青い空(あさのあつこ)

えりなの青い空

えりなの青い空

 えりなは、「ちょっと変わってる」と周囲の人に言われる。「ぱたぱた走ったり、さっさとかたづけたりするのは苦手だ。あわてると、なにがなんだかわからなくなる」という、マイペースな小学五年生の女の子。

 私もえりなの真似をして、芝生の上に新聞紙をしいて寝転がって、空を見てみたくなりました。

 学校に来なくなったクラスメイトに対して、えりながとった行動は、えりなにとってただそうしたかっただけのことなのだろうけれど、周囲の大人は「友だちを心配するいい子」のレッテルを貼りたがっているような、定型にはめこもうとしているような、そんな印象を受けました。

2005-02-20 Sun

2005-02-19 Sat

相変わらず著者別索引鋭意作成中。

 西尾維新さんと瀬尾まいこさんの著作リストをアップしました。

すべての雲は銀の・・・(村山由佳)

すべての雲は銀の… Silver Lining

すべての雲は銀の… Silver Lining

 恋人とひどい分かれ方をし、ずたずたに傷ついた主人公・祐介は、友人の紹介で信州・菅平にやって来ます。

 分厚いけれど、エピソードのひとつひとつ、信州の自然や、季節の移り変わりの描写ひとつひとつが、心に語りかけてくるようで、すんなり読めました。まるで主人公の人生を追体験したような感じ。

市立図書館にて

 補講と部活が終わったあと、学校から図書館へてくてくと徒歩で向かいました。『すべての雲は銀の・・・』を返却して予約していた『六番目の小夜子』『QED百人一首の呪』を引き取って。あと1冊借りたいなあと児童書のコーナーへ。あさのあつこさんの『えりなの青い空』にしようか『NO.6』にしようか散々迷った末、(・・・『バッテリー?』があれば迷わずそれにしたのだけれど、見当たらなかったので)『えりなの青い空』に決定。

2005-02-18 Fri

続・韓国から

 韓国からお客様がいらっしゃることは昨日書いたのですが、歓迎演奏の曲目から「花かげ変奏曲」ははずされました(時間の都合とか色々で)。「吟遊歌」と「箏四重奏曲」の2曲を演奏しましたー。

 ・・・それで、演奏の後には、「みんな演奏のプロを目指している子たちなのかと思った」との何だかすごい褒め言葉をいただきました・・・わおわお。

2005-02-17 Thu

日日日さん

日日日さんの近影(情報元・モノグラフさん)

 ・・・とりあえず文庫で出ている『ちーちゃんと悠久の向こう』は、買って読んでみようかなーとか考えていたのですが。

韓国から

 ・・・明日は韓国の姉妹校の校長先生や教頭先生がいらっしゃるので歓迎演奏がありますー。・・・あー、「花かげ変奏曲」大丈夫かな・・・(←私が出だしの合図出す曲です)。

はわふわほわひー(何)。

 本当に、ギリギリな時期なんだなあ、と黒板ぽさんを見て改めて思ったのです・・・。うーんうーん。

2005-02-16 Wed

本を読む習慣

荻原規子さん「アンダンテ日記」(2003年11月17日)より一部引用。

もしも、「一日一冊」とか、「一日三冊」とか、読書を自分に課す人間を読書人と言うなら、わたしは読書人でもありません。

べつに読まなければ読まなくてもかまわないと、思っています。読書記録をつけるなんて、もってのほかだ。

はっきりいって、読書をそれほど「他人に誇るに足るたいそうなこと」だとは、きれいさっぱり思っていないのです。むしろ、他人に誇る読書はうさんくさい。

読書は、後ろめたい思いで行う悪徳だからこそ、多少は甘美に思えるものなのです。

その点では、わたしは文章表現にもマンガ表現にも優劣をおきません。

どちらも同等に「悪徳」でいいです。

田畑で汗して収穫にはげむ人々に比べれば、道路工事を行いビルを建てる人々に比べれば、ほとんど「すみません」と平謝りの行為ですよ、読書で日をつぶすのは。

 話が飛ぶけれど、小学生の時からやたらと本を読む子であった私は、先生や友達から「えらいね」とか「すごいね」「よく読めるね」と言われることが多くて。自分としてはただ楽しいから、好きだから、夢中になっていただけのものごとで、感心されるのはひどく不思議でした。

 なんで本がそんなに好きなのと訊かれると、とっても困ります。読書は、自分にとっては何か理由があってやることではなくて、ごく自然に、いつの間にか身についていた習慣のようなものだから。

 読書記録をつけるのも、習慣に近くなってきているかな。読了本リストを作って、1年の間にこれだけ読んだのだなーとか、ふりかえってみるのも楽しいです。

自宅学習

 今日と明日、うちの学校は入試のため、在校生は自宅学習なのですよ〜。

ユヤタン

 Yahoo!ブックスでの佐藤友哉さんのインタビュー読みました。眼鏡かけてるの初めて見た・・・フリッカー式とか、ファウストvol.4とかの写真とは印象が違うなーと。

2005-02-15 Tue

じゅーでーんちゅう(クビキリサイクルより)。

 京ちゃんに、朝さっそく「『ネコソギラジカル』読み終わったよー」と読了報告を受けたので、思わず軽く抱きついてしまいました(何)。ネタバレトークができて嬉しい限りですようっ。以下戯言シリーズネコソギラジカル上』と『零崎双識の人間試験』の、物語の本筋に関わるネタバレにはならないと思うけれど一応反転。

 ちなみに私は「自殺志願(マインドレンデル)」という言葉が本文中に出てきた時、零崎双識ファンの京ちゃんは絶対これに反応を示すだろうと思ったのですが、やっぱり予想通りでした(笑)。ちょこっとでも関連するものが出てきたの嬉しかったよね、と一緒に飛び上がって喜びました(何)。人間試験思い出して切なくなっちゃったよーと話し合ったり。

2005-02-14 Mon

バレンタインの収穫

f:id:sagara17:20050214181010:image

 今日の収穫物です!(笑)。部活の後輩からももらっちゃいましたー。あげていない人からもらったぶんは、ちゃんとホワイトデーにお返ししなくちゃな、です。

 昨日作ったクッキーはクラス全員(といってもうちのクラス、少人数なのだけれど)に配りました。

騒ぐ。

ネコソギラジカル (上) 十三階段 (講談社ノベルス)

ネコソギラジカル (上) 十三階段 (講談社ノベルス)

 京ちゃんに『ネコソギラジカル上』を貸して、「なるべく・・・無理にとは言わないけど早く読んでね!!ネタバレしたくてしたくてしょうがないから!!語りたい欲求に駆られてるから!!」とむちゃくちゃなお願いをしました。テンションおかしいです。おいおい私って感じです。

 さらにMちゃんに『羅刹の腕を振りほどけ』を貸し、「・・・なんていうか・・・あのふたりは幸せになんなきゃダメなんだよみたいな!!」とかネタバレにならないように気をつけつつ思いを叫んでいました(笑)。こちらの感想はけっこう抑え気味に書いちゃったのですが、実際もう十冊以上読んできたシリーズですし、感情移入しまくってるので、語るときにはもう・・・はちゃめちゃな調子です。

 でもほんとに・・・、この巻はすっごくすっごく気になるところで終わっていて、早く続きが読みたくて読みたくてしかたがないのに・・・あとがきによると篁破幻草子を書くために、少年陰陽師の次巻が出るのはちょっとばかし先になるようで・・・。あうーひどいです結城光流先生っ。・・・でも篁破幻草子の方も、ちょっと前から読んでみたいなーとは思っていたのですが・・・どーしよっかなっ。

悪い人って。

 京ちゃんと話していたら突然、「智穂はほんとに、悪い人に騙されちゃあかんよ?」と言われました。・・・京ちゃんには前に「知らない人についていっちゃあかんよ」とも言われたことがあったような気が。・・・私ってそんなに危なっかしいですか?(笑)。

ハンドル

 「相良和都」から「遠野智穂」にハンドルを変えてからすぐに、・・・やっぱり「ちほ」って響きが自分に合わないかなー失敗したかなーと思っていた時期があったのです。先日シギさんにそのことを言ったら、本名より「智穂」の方が合うよ、と言われました。・・・むー、ちょっとばかし意外でした。

 バレンタイン仕様だったデザインは元にもどそうかと思っていたのですが、結局別のものにしちゃいました。今回はひまわりの小部屋さんの写真素材です。

2005-02-13 Sun

クッキー

f:id:sagara17:20050213150934:image

 明日学校に持っていって配りますー。

読む予定の本

図書館から借りている本・予約した本

2005-02-12 Sat

契約更新しなくちゃだ。

 ロリポップレンタルサーバーから契約更新お知らせメールが来ました。2月22日にアカウント契約が切れるそうです。6ヶ月契約にしているので、次の半年分をちゃんと入金しないとアカウントが無効になっちゃいます。

 ・・・はー、もう本館って、ジオシティーズからロリポップに移転して(サイト名も変えて、ついでに私もハンドル変えて)から半年経つんだー。

クッキー作りましたが・・・。

f:id:sagara17:20050212162630:image

 今日は練習です(笑)。明後日に配る分は明日作りまーす。・・・というか表面でこぼこだし・・・うーん・・・。

京ちゃんのイラスト

f:id:sagara17:20050204203806:image

 ↑タバコ持ってるんですよー。

f:id:sagara17:20050204203939:image

 むー写メじゃやっぱし原画の魅力は伝わらないなー・・・。京ちゃんがさらさらっと描いてくれた、戯言シリーズの登場人物・兎吊木垓輔さんです。

2005-02-11 Fri

 昨日の日記を書かなかったのはネコソギラジカルを読み終わった後すぐに寝たからです。あは(何)。

 読んでいる時は母にも「まー幸せそうな顔しとるよー」と言われました。ちなみに私の場合幸せそうな顔とはもともとちっちゃい目が「それって目開いてる?てか前見えてる?」と言われるほど細くなっている状況を指します。

 追記。上の文を書いた直後に文ちゃんから「日記書いてないのは絶対に読みふけってるからだと思ったよ!」とメールが。うわー思考パターンとういか行動パターン読まれてるー(笑)。

 ちなみに彼女の夜神月を襲いたい発言をネタにしたことは、本人に一応許可を得ていたのですよ。その際私、「じゃあイニシャルでAちゃんって表記するねー」と言っていたのですよ。文ちゃん、というのもハンドルネームではあるのですが。と、とにかくごめんなさい(思いっきり私信)。

ネコソギラジカル上 十三階段(西尾維新)/講談社ノベルス

ネコソギラジカル (上) 十三階段 (講談社ノベルス)

ネコソギラジカル (上) 十三階段 (講談社ノベルス)

 やっぱりおもしろかったですっ。戯言シリーズを読める楽しみをしっかりばっちり味わうことができました。これまで語られていなかったけれど気になっていたことも、徐々に明らかにされていく兆しが見えたのが、うれしかったな。あの人やあの人の過去や生い立ちにもちょっとだけ触れられています。

 →ちょっとしたネタバレ感想

羅刹の腕を振りほどけ(結城光流)/角川ビーンズ文庫

 あとがきに「まさかあの人たちがそんな!になってしまった・・・」とありますが、そのとおりの展開でした・・・。

 →ちょっとしたネタバレ感想

唐突に。

 デザインをバレンタイン仕様にしてみる。・・・ただ単に久しぶりに改装したい衝動に襲われただけですが。

2005-02-09 Wed

Grace*さんの2月5日付けの日記に掲載されていた、古文の先生の話がとっても興味深かったので、引用させていただきます。

大学入試で問われる問題が人生において何の役に立つという訳ではない

今勉強しているのは大学入試の為ではあるが特にに何の役に立つという訳ではない

大学入試で問われるのは

“決められた時間内(高校3年間)に与えられた問題(入試問題)を処理する能力”である

 ・・・無断リンクすみません。不都合があればご連絡下さい・・・。

デスノート

DEATH NOTE (5) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE (5) (ジャンプ・コミックス)

 京ちゃんに借りて読みました。・・・なんだか”L”が可愛く見えてきたあ・・・。

 ちなみにこれを読んでいた文ちゃんは、夜神月の寝転がっているところ(鎖骨プラスお腹ちら見え)とか、後姿を見て「お尻ちっちゃいー」「襲いたいー」と足をじたばたさせて言っていました。・・・誰か彼女を止めてください。

2005-02-08 Tue

ネコソギラジカル

 セブンアンドワイで予約していたのですが、明後日到着するようですよ。てへへー楽しみですっ。

 ちなみに少年陰陽師シリーズの『羅刹の腕を振りほどけ』は今日引き取ってきました。このシリーズは弟もはまっているので、買うのには半額出してくれます(笑)。・・・どーしても先に読みたいらしいのでゆずりましたけど・・・私のほうが読むスピードは速いんじゃないかな、とか思ったり・・・(笑)。

・・・むぅ。

 ・・・私が無表情の時って、どうも眠そうに見えるらしいです・・・。あと元気な時も顔色が体調悪そうに見えるらしいのですよ。・・・ちょっとそれって困るなあ。

 そういえば私、「病室のベッドから窓の外眺めてそうな感じ」だと言われたこともありました。・・・これは去年の日記にも書いたなあ、確か・・・。

2005-02-06 Sun

西尾維新で

 市立図書館ホームページで「西尾維新」で検索してみたら、ちょっと前まで『クビキリサイクル』と『きみとぼくの壊れた世界』しかなかったのに、戯言シリーズ既刊すべてと『新本格魔法少女りすか』が入っているではないですかーっ!!りすか、予約したかったのですが、既に貸し出されていました・・・残念。今度借りようー。

 あ、それと、セブンアンドワイから「予約品が入荷しました」メールが来ていました!!何を予約したかというと『ネコソギラジカル』です。十三階段です。戯言シリーズ最新刊です(しつこい)。

 その前に少年陰陽師の『羅刹の腕を振りほどけ』もセブンアンドワイで注文して、既にセブンイレブンに到着しているので、引き取りに行かなきゃなのですが。

 ・・・「セブンアンドワイ」より前の名称の「イーエスブックス」の方が、響きがいい気がして好きだったり・・・。

2005-02-05 Sat

テニスの王子様

テニスの王子様劇場版は、笑いの致死量を超えた!

 黒板ほ゜さんで知りました。私、テニプリ自体にあんまり思い入れは無くて特に好きなキャラもいなくて話がおもしろいとも思ってないのに(うわ言っちゃった)、何故かテニプリ夢小説とか読むのは好きで、夢小説などをより楽しむために原作のマンガの方を読んでるみたいな本末転倒な状況なのです(笑)。

2005-02-04 Fri

夜のピクニック(恩田陸)

夜のピクニック

夜のピクニック

 おもしろかったー。印象的だった部分を引用します。

(前略)あえて雑音をシャットアウトして、さっさと階段を上りきりたい気持ちは痛いほどわかるけどさ。もちろん、おまえのそういうところ、俺は尊敬してる。だけどさ、雑音だって、お前を作ってるんだよ。雑音はうるさいけど、やっぱ聞いておかなきゃなんない時だってあるんだよ。おまえにはノイズにしか聞こえないだろうけど、このノイズが聞こえるのって、今だけだから、あとからテープを巻き戻して聞こうと思った時にはもう聞こえない。おまえ、いつか絶対、あの時聞いておけばよかったって後悔する日が来ると思う(P144より)

中身あるから。

 シギさんが後ろから私を持ち上げて一言。

「・・・うん、見た目より重い」



「ひどっ。どうせ重いよ」

「いやだって、見た目軽そうってかふわふわ浮きそうなんだもん。魂半分抜けてそうっていうか」




 ・・・私一応人間なので、中身空洞なわけじゃありませんっ。

2005-02-03 Thu

天才高校生作家・日日日堂々のデビュー!モノグラフさんより)

 「乙一にちょいと西尾維新風味ミックスしてみたという印象?」・・・って。私に読めと言っているようなものではないですか(笑)。

2005-02-02 Wed

ほわほわがらがら

 朝から文ちゃんに「智穂、声がほわほわじゃなくてがらがらだよ?」と言われてしまいました遠野です。・・・声変わりかな(ただの風邪です)。というか私の普段の声はほわほわなのか。えらく頼りなさげですね(何)。

図書館の神様

図書館の神様

図書館の神様

 高校時代のアクシデントにより、それまで懸命に打ち込んでいたバレーボールをやめざるを得なくなった、清という女性が主人公。国語講師として高校に赴任し、バレー部を指導することを希望していたのに、垣内くんという男の子がひとりきりの文芸部の顧問になってしまいます。この垣内くんがむちゃくちゃ素敵。彼氏になってほしいと思いました。

 最初は「文学なんておもしろいわけはない」と思っていた清。その彼女が文芸部をバカにするような発言を職員会議でされた時、それに反論するシーンが大好きです。

 |