Hatena::ブログ(Diary)

しあわせは日々のなか

 | 

2006-12-31 Sun

 一応今年を振り返って何か書こうかと思いましたが、まとまりません……。

 大学入学とか、それに伴い上京とか、初のオフ会参加とかを考えれば、「変化の大きい年」って言っちゃってもいいのかもしれませんが。日々いっぱいいっぱいで過ごしているのも、本を読むことと日々思ったことをこうして発信するのが好きなのも相変わらずで、大して変化してないなあ……と思うのでした。

 なるべく周囲に迷惑をかけないように、なるべく役に立てるように、来年もすみっこで小さくなって生きていたいです。

 この日記を読んでくださっている皆様へ。いつもありがとうございます。よいお年を〜。

今年最後の読了本

 2006年最後の読了本は、『悪女について』(有吉佐和子新潮文庫)でした〜。同級生Nさんからのおすすめ本。おもしろかったー。

 ちなみに、今年最後の購入本は、今日本屋さんに行って買った『穴』(ルイス・サッカー講談社文庫)です。

今年読んだ本から・大好き本(国内・小説編)

 10冊以内にしようかと思いましたが無理でした。

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)

 2006年最初の読了本。『ぼくは勉強ができない』も『A2Z』も好きだけれど、この作品世界の濃密さは殊に印象深かったのです。山田詠美作品、全部読みたいけれど、読むたびくらくらしてしまうので、ちょっとずつしか読めないのです……。


空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

 「感想書いていないけれど好き」な本。文章が好き。雰囲気が好き。


僕はかぐや姫

僕はかぐや姫

 表題作の、「少女」の自意識過剰さ全開っぷりが大好きです(全力で褒めてます)。


ぶらんこ乗り (新潮文庫)

ぶらんこ乗り (新潮文庫)

 静謐な物語。


The End of the World

The End of the World

 短編集。わたしの一押しは『約束』です。


古道具 中野商店

古道具 中野商店

 川上弘美さんの小説だと、今のところこれがいちばん好き。


 小学生のうちに読みたかった。


天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド)

天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド)

 完結を見届けたいシリーズです。


永遠の出口 (集英社文庫(日本))

永遠の出口 (集英社文庫(日本))

 わたしも「永遠」に弱い子どもだったので。


ライオンハート (新潮文庫)

ライオンハート (新潮文庫)

 恩田陸作品あんまり読めてないなあ……。今年読んだ中では、『蒲公英草紙』も『蛇行する川のほとり』も好きです。


丹生都比売

丹生都比売

 すごく惹かれる。


銃とチョコレート (ミステリーランド)

銃とチョコレート (ミステリーランド)

 新作が出ただけで嬉しい。読めてなお嬉しい。


しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)

しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)

 今年は、『一瞬の風になれ』以外すべての佐藤多佳子作品を読んだはず……。裏表紙の紹介文でちょっと興ざめして、読むのを先送りにしていたのですが。読んでみたらすごくおもしろかった。


100回泣くこと

100回泣くこと

 うーんうーん言葉にできない。再読したらまた感想書きたいです。

 

白河夜船 (新潮文庫)

白河夜船 (新潮文庫)

 『TUGUMI』と悩んだのですが。今年読んだよしもとばなな作品の中では、これが一番好き。


探偵伯爵と僕 (ミステリーランド)

探偵伯爵と僕 (ミステリーランド)

 S&Mシリーズは、あんまりのめりこめずに『笑わない数学者』どまりなわたしなのですが、これは心から楽しめました。


クドリャフカの順番―「十文字」事件

クドリャフカの順番―「十文字」事件

 小市民シリーズも『さよなら妖精』も好きなので、今年読んだ中からどれを挙げようか迷いますー……(『ボトルネック』は未読なのですが)。

今年読んだ本から・大好き本(国内・エッセイ編)

今年読んだ本から・大好き本(海外・小説編)

2006-12-30 Sat

 はてなブックマークパブリックにしてみました。なんとなく。

 ほぼ私的な読みたい本メモ(読んだら消す)として使っているのですが。

2006-12-29 Fri

 家の障子の張り替えをお手伝いしました。

江國香織 『きらきらひかる』 新潮文庫

きらきらひかる (新潮文庫)

きらきらひかる (新潮文庫)

 今までは、江國香織作品に共感することはあんまりなくて、あっても「ほんのり」くらいで……なんとも言えない怖さとか不気味さを感じることもあったけれど、それもやっぱり「ほんのり」で、きれいな言葉で構築された世界に心地よく浸れるものが多かったのでした。それで、江國さんの作品は読んでへこむことはないだろう、とこの本を読むまで思ってました。

 でも、この作品は、笑子の不安定さが……共感しているわけではないのだけれど、すごく胸に痛くて。笑子が真剣にした「もっと具体的で、何ていうかひどく突飛な相談」の生々しさと痛々しさに、がくがく揺さぶられてしまいまして。読後、なんだかへこんだのと似た状態になってしまいました。

2006-12-28 Thu

 高校のクラス会でした。

 この日着てたブラウスが「メイドさんぽい」と評されてびっくり。そ、そうかなあ……?

 恋愛話に花が咲いていて、みんな女の子だなあ……と思いました。

 やっぱり女子校のときとは違うね、と発言した子がいて、そうか、クラスの中で女子大に行ったのってわたしだけだったんだ……とふと再認識。でも、わたしが共学に行っても、恋愛ざたが起きないところは変わらないだろうなあ。豊島ミホ『底辺女子高生』の「男子こわい」の項みたいに、数えるほどしか男子と喋ったことない状態になりそうだし(笑)。

2006-12-27 Wed

緊急事態発生

| 09:52

 自分の部屋に入れません。

 ……や、オートロックなので、鍵を中に置いたまま部屋を出てしまい、入れなくなったことは何度もあるのですが、今度は違いまして。

 昨日ダンボールにつめておいた実家に送る荷物を、よいしょと受付まで運んだあと、自分の部屋に入ろうと鍵穴に鍵をさしこんだのですが……鍵が回ってくれません。

 まさか部屋を間違えてるのかと思って確認しましたが、やっぱりちゃんと自分の部屋ですし。何度か試みてみましたが開けられず。寮母さんに来ていただいて、マスターキーでも試したのですがやっぱり開かず。どうやら鍵じゃなくて鍵穴がおかしいらしい、業者さんを呼ぼう、という話になりました。


 うわー……な、何も帰省当日におかしくなることないじゃないかー。早く帰りたいよー(ちょっと泣きたい)。

 ……この一騒動の後、寮を出て、市立図書館に行って本を返して、それから空港に向かいました。電車の中で、少し離れた席に座っていた半袖のおじさん(今日はあったかかったけれど、それにしても半袖は寒いと思う……)が、しばらくすると何故かわたしの隣に移動してきて、いろいろ話しかけてきました。「勉強しすぎると身を滅ぼすよ」とか「いい結婚をするには四の五の言わずに自分を磨くこったね」とか言われてた気がしますが、『きらきらひかる』(江國香織新潮文庫)に没頭してて聞き流してたのでさだかじゃないです。

2006-12-26 Tue

 明日、実家に帰ります。帰省準備の合間に、『ホリー・ガーデン』(江國香織新潮文庫)を読んでました。

 既になじんでいる本をまた読むときの安心感が好き。死ぬまでに一冊でも多く本を読みたいとも思うけれど、再読の楽しみも手放せないです。

2006-12-25 Mon

 再読モード。冬休みになると『ネバーランド』(恩田陸集英社文庫)を読みたくなります。

 夕方からバイトで、終わったこの日。

2006-12-24 Sun

 児童文学専攻の先輩4人と遊んできましたー。

2006-12-23 Sat

 ゆと部オフ会に行ってきましたー。

赤木かん子編 『Little Selections 12 結婚』 ポプラ社

2006-12-22 Fri

今日の読了本

2006-12-21 Thu

頭のかたい子どもでした

 『クリスマス・キャロル』(ディケンズ/村山英太郎訳/岩波少年文庫)読了。あらすじは……小さいころにNHKアニメか何かで見て知った覚えがあるけれど、ちゃんと読んだのは初めてです。

クリスマス・キャロル (岩波少年文庫 (2001))

クリスマス・キャロル (岩波少年文庫 (2001))

 キリスト教的教訓(……こんな言い方でいいのかな)が下地になっている物語のせいか、なんだか『若草物語』や『小公女』が愛読書だった小学生の頃に戻ったような気分になりました。


 ……教訓がはっきりしている話の方が、安心して読めて好きだったのかもしれない、と思う。……頭のかたい子どもだったのかも。

 同時期に初めて読んだ『不思議の国のアリス』は、わけがわからなくて、言葉が通じない、誤解がとけない感じが怖くて怖くて仕方がなくて、楽しめなかったからなあ……。

2006-12-20 Wed

 市立図書館にて。今借りた本の返却日は、1月10日になることを今日知りました。わーい。帰省しているあいだも借りていられるー(笑)。

 午後からは、子ども文学研究会のみんなとカラオケでした。楽しかった〜。

 昨日、Nさんに、借りていた京極夏彦『絡新婦の理』を返しました。厚さが聖書並みだよねーという話になりました。

 『絡新婦の理』は、これを読み終えるのに何時間かかるかなーと、(かなり適当にですが)測ってみたんですね。たぶん7時間半くらいだったと思う……。

2006-12-19 Tue

 帰省までに、市立図書館から借りた本はきっちり返しておきたいので、あと何回図書館行けるか、今借りすぎていないか考えてみたり、大学の図書館から冬休み中何を借りようか悩んだりしてます。楽しいです(笑)。

 帰りの電車の中で、降りる直前、読んでいた本を鞄に入れたつもりで落としてしまっていたらしいのです。そばにいた人が拾ってくれて、「落としましたよ」と手渡してくださいました。

ロイス・ローリー 足沢良子訳 『モリーのアルバム』 講談社

 メグの心の動きや暮らしている場所の風景が、すごく丁寧に描かれていて好きです。

 ラストのウイルの台詞はきっと、メグがずうっと誰かに言って欲しかったことなんじゃないかと思う。

2006-12-18 Mon

 まりこちゃんに、休んでた間に出た課題のことを教えてもらいました。ありがと。

 日本児童文学原典講読Cの期末レポートは、宮沢賢治注文の多い料理店』(角川文庫)か『新美南吉童話集』(岩波文庫)に収録されている作品からどれか選んで論じなきゃいけないみたいです。たぶんわたしは、新美南吉の方にするだろうなあ……。

びっくりしたびっくりした

http://www.pandreamium.net/info/02.html

拙作『春期限定いちごタルト事件』が漫画化されることになりました。

 漫画化て…!あ、もう、びっくりした。びっくりしたびっくりした(それしか言ってない……でもほんとにびっくりしたんだよう)。

 う〜ん、わたしは、文章で表現されたものに、特に愛着を持ってしまう性質らしいので……漫画を読むも大好きなのだけれど。「小説原作の」漫画となると、やっぱりどうしても原作の方に肩入れしてしまう、漫画の方にはいろいろ文句をつけたくなってしまう、のが目に見えてるんだなあ……。


野性時代」誌に、短篇を載せていただくことになりました。

 題名は『手作りチョコレート事件』。……〈小市民〉シリーズのような題ですが、〈古典部〉シリーズです。

 掲載は2007年1月12日発売の2月号。

 楽しみですー。

2006-12-17 Sun

ここ1週間(くらい)の読了本

 あと、『島田荘司全集1』読んでます。まだ『占星術殺人事件』しか読み終わってないです。

赤木かん子編 『Little Selections 11 自立』 ポプラ社

 『ガールフレンド』、衝撃的でした。

赤木かん子編 『Little Selections 16 クリスマス』 ポプラ社

クリスマス (Little Selectionsあなたのための小さな物語)

クリスマス (Little Selectionsあなたのための小さな物語)

2006-12-16 Sat

 だいぶ体調もよくなって、部屋でずーっと本読んでました。

2006-12-15 Fri

 この日、学校に行けなかったのが残念で仕方がありません。うう……日本児童文学原典講読と児童文学入門を一回休むなんて、わたしの人生においては大損だよう……。

2006-12-14 Thu

尾篭な話で恐縮です

 朝から体調が悪くて、2度吐いてしまいました。熱を測ってみたら38度ありました。ありゃ、こんな熱出したの中学生以来です。うーん、病院に行かなくちゃだなーと、夕方になってようやくのそのそ動き出しました。

 寮母さんに近くの病院を教えてもらって、てくてくあるいて行きました。順番待ちをしているあいだ、「きついなー、寝そべりたいなー」と思いながらじーっとうつむいて座っていたら、看護師さんが「こちらで寝ていていいですよ」とベッドのある部屋に案内してくれたので、ありがたく横になってました。

 3日分の薬を処方されたのですが、その中に粉薬もあったので、薬局でオブラートも買ったら(粉薬が苦手なので、これなしじゃたぶん飲めない……)「あらー、粉苦手?」と笑顔で訊かれてなんだか恥ずかしくなりました。

2006-12-13 Wed

 今日、電車の中で読んでいた本は、『いしいしんじごはん日記』でした。学校から帰ってきた後、市立図書館に行ってきました。

上橋菜穂子 『狐笛のかなた』 新潮文庫

狐笛のかなた (新潮文庫)

狐笛のかなた (新潮文庫)

 オフ会ジュンク堂に行ったときに買いました。(単行本も、持っているのですが)

 文庫版で、どうしても気になって気になって仕方がないのが、裏表紙の紹介文。

小夜と野火の、孤独でけなげな愛が燃え上がる…愛のために身を捨てたとき、もう恐ろしいものは何もない。

 ……いや……間違ってはいないと思うのですが……うーん、ちょっぴり違う気がする。

 上橋菜穂子作品に一貫して描かれているのは、「自分のせいではないことで苦しめられ、やり場のない思いを抱えながらも、生きていくしかない人々の姿」で……その中で生まれるそれぞれの想いの中にはもちろん「愛」も含まれるのだけれど、その部分が強調されていることに違和感があるのでした。

2006-12-12 Tue

児童文化入門

 江國香織『デューク』『子供たちの晩餐』が取り上げられて大興奮。

 先生から、『つめたいよるに』(理論社)が出てまもない1990年頃、いくつかの学校で『デューク』を題材にした授業を行った話をお聞きしました。とある授業で読み聞かせをしたら、さりげなく男の子が電車の中で主人公をかばうシーンに「かっこいい」という声があがり「そういう読み方もあるのか」と衝撃を受けたという話や、とある男子が『デューク』についてのレポートに「初めて読んだときはいい話だと思ったが、今はいらいらする」「この話を受け入れる心の余裕がない」「この主人公は、(作中に登場する)男の子がかっこよくなかったら、絶対ついていかなかったに違いない」というようなことを書いていたことなど。おもしろかったです。

つめたいよるに (新潮文庫)

つめたいよるに (新潮文庫)

2006-12-11 Mon

 バイト先にて。ダンボールにつまずいて転んでしまったところを、しっかり他の人に見られていて恥ずかしかったです。

2006-12-10 Sun

赤木かん子編 『Little Selections 10 父』 ポプラ社

2006-12-09 Sat

鷺沢萠 『途方もない放課後』 新潮文庫

途方もない放課後 (新潮文庫)

途方もない放課後 (新潮文庫)

 タイトル、好きだなあ。「途方もない」と「放課後」の組み合わせが、いいなあ、って思う。

 エッセイ集。おもしろかった。

 いちばんどきりとしたのは、「援助交際に関する一考察」の項。

 この国の女子中高生たちが「気軽に」、「簡単に」、身体を売っているとは私は思わない。そんなもの、ちょっと考えればすぐ判ることだと思う。十代の女の子にとって、身も知らない中年(であるとは限らないらしいが)男性との性的交渉は苦痛以外の何物でもないはずだ。「気軽に」、「簡単に」売れるような代物であるはずがない。

 この言葉が流行りだした(?)頃、わたしは小学生で、そのときから今まで、そういうことを遠い世界のできごととしか捉えてなかった気がするから。「ちょっと考えればすぐ判ること」なのに、ちっとも考えたことがなかったから。

2006-12-08 Fri

 基礎演習の登録結果発表がありました。第一希望が叶った〜!嬉しい嬉しい。

2006-12-07 Thu

 ども研部室で、折り鶴を作りながら、本の話をしてました。

 「石田衣良さんの『スローグッドバイ』はあんまりにも遠すぎてファンタジーだった」と言ったら、言い方がおもしろかったらしく(?)笑われてしまいました。

2006-12-06 Wed

 昼休みに、昨日からちょっとずつ読んでいた『太陽の塔』を読み終えました。

 学校から帰る途中に買った『トリツカレ男』を寮の自室で読み終わってから、市立図書館に行きましたー。帰ってきてから、借りてきた『水没ピアノ』を読みました。

2006-12-05 Tue

今日の読了本

2006-12-04 Mon

Kちゃんとの会話

 来年度から始まる司書課程の説明会がありまして。佐藤友哉ファンでもあるKちゃんの隣に座ったので、「昨日エナメル読んだよー」と報告しました。説明会が終わった後、Kちゃんと佐藤友哉さんのこととかファウストのこととかについて話しながら、駅までの道をいっしょに歩きました。Kちゃんは、『エナメルを塗った魂の比重』がいちばん好きらしいです。


 ……なんだか、そんな話をしてたら、実家に置いてきたファウストを衝動的に読みたくなりました。

 あ、実家に置いてきたものだと、活字倶楽部のバックナンバーも、オフ会のときにそれに載ってた伊坂さんのインタビュー(04年春号掲載)のことをわいえすさんに話したあと、読み返したくなりました(笑)。

2006-12-03 Sun

オフ会レポ(なのかな)

 わいえすさんがmixiメッセージに「迷う自信のある人のためのガイドライン」を載せておいてくださったおかげで、無事に集合場所までたどりつけました〜。み、南口ってここでいいよね、間違ってないよね、と改札を通る前に行ったり来たりして確認してました(あやしかったかも)。

 前回ちょこっと顔合わせたとき、あんまり話せなかった(というかわたしがまともに顔あげてないし言葉発してなかった気がする……)ネゴシさんと話せたのが、自分としては快挙でしたっ(笑)。

 なんだかほとんどの場所でいちごさんについてってた気がしますが、迷惑じゃなかったかなあ……でもいっぱい話せて幸せでしたー。



 以下いろいろ自分の迂闊な発言の言い訳をしますっ。

 佐藤友哉さんと聞いて川島誠さんを連想したのは、わたしの主観からすると、「自分にはわからない場所に踏み込んでいる作品」という共通点(?)があるからですっ。作風に通じるものがあるわけじゃない。はず。うまく言えないですが。というかそもそも佐藤友哉作品あんまり読んでないのに、こんな偉そうなこと言う資格ない…(でも言い訳しておきたいので書いておく)。

 わいえすさんに、荻原規子作品は何か映像化されてるんですが、と訊かれたときに、「ないです」とうっかり答えてしまったけれど、『西の善き魔女』はアニメ化されてましたそういえば。でもあれは、「マンガ版西魔女をアニメ化」だから、正確には違うのかなあ。

暗いところで待ち合わせ

 ネタバレ全開かもしれないので一応。なにか思い出したら追記する、かも……。

続きを読む

2006-12-02 Sat

 オフ会でした。映画「暗いところで待ち合わせ」観ました。

 5月のオフで会ったけれど、あんまり話せなかった方ともいろいろ話せて幸せでした〜。

 詳しいことは明日……映画の感想とか……書けたらいいなあ。

2006-12-01 Fri

日本児童文学原典講読A

 室生犀星『寂しき魚』について発表しましたー。緊張した緊張した……ふう。

ここ最近の読了本

 |