Hatena::ブログ(Diary)

しあわせは日々のなか

 | 

2008-02-29 Fri

動揺って怖いな

 普段なら絶対しないようなことをしてしまう。

今月の読了本

  1. 穂村弘・東直子 『回転ドアは、順番に』 全日出版
  2. 枡野浩一 『結婚失格』 講談社
  3. 伊藤左千夫 『野菊の墓』 新潮文庫
  4. ジャック・ケッチャム 金子浩訳 『隣の家の少女』 扶桑社
  5. 石井睦美 『レモン・ドロップス』 講談社
  6. 吉本ばなな 『N・P』 角川文庫
  7. 江國香織 『落下する夕方』 角川文庫
  8. 石井睦美 『キャベツ』 講談社
  9. 新井素子 『くますけと一緒に』 徳間デュアル文庫

 少ないなあ……10冊いかなかった。石井睦美はいいなあと再確認。

2008-02-28 Thu

過去日記は突っ込みどころ満載

センセイの鞄 (文春文庫)

センセイの鞄 (文春文庫)

「育てるから、育つんだよ」(中略)

「恋情なんて、そんなもんさ」大叔母は、言ったものだった。

 大事な恋愛ならば、植木と同様、追肥やら雪吊りやらをして、手をつくすことが肝腎。そうでない恋愛ならば、適当に手を抜いて立ち枯れさせることが安心。(P.224)

 A5サイズのノートにつけている方の日記に、ここが引用されていて、その下に「うわああしみるーわたし大事に育てる気満々だったんだけど枯れさせないとだめかな!」と書いてある日がありました。

 落ち着け自分、と言いたい。

2008-02-27 Wed

yomyomはやく読みたい……!

http://www.shinchosha.co.jp/yomyom/

http://andante-d.way-nifty.com/blog/2008/02/yomyom_vol_2fe4.html

 雑誌はあまり買わないので、興味がありつつスルーしていた新潮社の雑誌「yomyom」ですが、今回のvol.6ばかりは見逃せない。「特集:ファンタジー小説の愉しみ」ですよー!! 十二国記新作! 上橋菜穂子インタビュー! 荻原規子による海外ファンタジーの紹介記事! 垂涎ものです。

 うわーん、なんでこんな時に限って半径十数キロ以内に書店がない実家にいるんだろうわたし……東京戻りたい……。

2008-02-26 Tue

寝てたんだ

 昨晩は、こたつでぐうすか寝ている弟*1をつっついて起こし布団にひっぱっていったのでした。一応目は開けたので一度起きたんだろうと思っていたのですが。

  • 「……あー、俺いつ布団に行ったのか覚えてねー」
  • 「え、覚えとらんと?」
  • こたつにいたところまでしか記憶に無か」
  • 「……つっついて起こして、それでもまだこたつにもぐりこもうとするけん、もう一回つっついてひっぱっていったっばってん」
  • 「うわー、覚えとらん。お姉ありがとー。ナイスフォロー」
  • 「どーいたしまして」

 今日こんな会話を交わしたのでした。起きたんじゃなかったんだね。寝たままあんなにごそごそ動いたのか……

 しかし、こんな些細なことで実の姉にまでちゃんと「ありがとう」を言ってくれるのが……わが弟ながら良い子だなあ。うん。血が繋がってなかったら結婚相手になってほしいくらいだ(いきなり何を言いだしますか)。

 ……ちなみに、このエントリのタイトル、「寝てたんだ」をわたしの実家あたりの方言にすると、発音では「寝とったと」「寝とったん」となるのですが……一発変換では「寝取った」とされてしまい、ああそうか書いてしまうと外聞の悪い言葉になるんだな……ということに気づいたので、タイトルでは方言不採用にしたのでした。

*1:高2

2008-02-24 Sun

なんとなくまとめてみた

 あちこちで「ザ恋愛インタビュアー」を見かけるのでつられてやってみたついでに、過去にやったことある、ネットでできる性格診断みたいなものをまとめてみた。高校生の時にやったやつが多いなあ。

ジャック・ケッチャム 金子浩訳 『隣の家の少女』 扶桑社

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)

 要するに、これはわたしの小切手なのさ。期限を過ぎてるし、借り越しになってるけどね。

 地獄で現金化するんだな。(P.26)

 とっっっにかく残酷なことが作中で起こって、その描写を読むのがほんっっっとに嫌だったな……。実際、ところどころ飛ばしてしまったから、読了本リストに入れていいものかちょっと迷う。……もう読むのやめたかった……*1。でも、それだけじゃなくて、ルースの強烈な女性性憎悪(という表現が適切かどうかわからないけれど)に、共感……とまではいかないまでも、それは自分にも身に覚えのある一端とつながっている感じがしたから余計に痛々しかったような。

 とにかくもう開きたくないな……とくに後半は。うん。

*1:人から借りた本じゃなかったらやめてただろうな

2008-02-23 Sat

中和

 ジャック・ケッチャム『隣の家の少女』を、もうやだー、もう読むのやめるー、と思いながら結局読み終わりました。(感想:「ぎゃああああ」)

 ……これは読後感を中和しなきゃ、中和しなきゃだ……!と、石井睦美『レモン・ドロップス』をゆっくり読んで、ようやく落ち着きました。ふう。

石井睦美 『レモン・ドロップス』 講談社

レモン・ドロップス

レモン・ドロップス

「ああ、あと何回、好きだとか、もういいとかを繰りかえさないといけないんだろう」と、綾音が言ったので、あたしは綾音の顔をじっと見て、

「驚くほどたくさん」

と、答えた。

「ああ、めんどっちい」(P.69)

 友達でも、恋人でも、家族でも、いつもいっしょにいて、なんでもよく知っていると思っているひとたちの、ほんとうのとこなんて、ほんとはちっともわかってはいなくて、でも、ふとした瞬間に、ある一瞬に、ほんとうのそのひとに出会えたりする。そういうのじゃないかと思った。(P.194)

2008-02-20 Wed

久しぶりなこと

 久しぶりに自転車をこいだり、久しぶりに友達と会ったり、久しぶりに自動改札じゃない改札を通ったりした。

2008-02-19 Tue

熊本県民だから!

アイドルマスター やよいコミュCM撮影(偽) 熊本のデパート鶴屋百貨店

 鶴屋といえばデパート名です!

D

 「たかすぎ〜、たかすぎ〜♪」この曲でも作ってほしいなーとひそかに思ってる……

いっしょに観た

 弟がガンダム00第18話を観てて、わたしはこたつの向かい側で本読んでたんだけど、ついつい一緒に観てしまった。

2008-02-18 Mon

帰省

 午前中、生理痛がひどくてぐったり。午後になってからようやくそろそろと動き出す。部屋を掃除して大家さんに帰省することを伝えて出てきたはいいものの、電車の中でスカイメイトのカードを忘れたことに気づいて青ざめる。えー、今から取りに戻ったら最終便に間に合わないし……!た、たぶん忘れたって受付で言えばなんとかなるだろう、と居直ってそのまま空港へ。空港職員さんにカードを忘れたことを伝えたら、学生証で大丈夫だと言われましたー。ほっとした。

空港の書店で買った『むかしのはなし』文庫版

むかしのはなし (幻冬舎文庫)

むかしのはなし (幻冬舎文庫)

 解説に、気になるところがありました。

男は三十過ぎまで生き延びることができない不幸な家系に生まれ育った

「家庭に」ならともかく「家系に」生まれ育ったっておかしくないかなあ……生まれついた、ならわかるけれど。

2008-02-14 Thu

よしもとばななを読みたい気分だったので再読

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

 愛情はいくらだって注げる、まるで日本国の水道のように、いくら出しっ放しにしてもきっとつきない、そんな気がするものね。(P.10)

悩み中

 カーテン無料お試しレンタル利用中。3種類借りてきて、どの柄にしよーか悩み中。むー。

2008-02-13 Wed

150cmライフ。

150cmライフ。

150cmライフ。

 一番高いところにある収納スペースには、背伸びしても指先しか届かない。いや椅子に乗れば届くんだけど……なんか悔しい……

2008-02-12 Tue

今日のできごと

 市役所に行って転入届を出したり、大学に行って住所変更届を書いたり、郵便局に転居届を出したりしてきました。

Hazel Nuts Chocolate「キスしてこどもができたなら」

アイドルマスター 「キスしてこどもができたなら」

キャベツのベッドじゃ足りなくて レタスまできっと使うから

サラダに困ってしまうわね

2008-02-11 Mon

寮を出たばかりなので

 外に出るのに、外出届書かなくていいのが未だに新鮮。

2008-02-10 Sun

お引越し(と書くとひこ・田中を思い出す)

 今日がお引越しでした。本入り透明ケースがいくつもあるせいか、寮母さんに「本大事にしてるんだねえ」と言われました。

 引越し先から一度寮に戻って最後の大掃除。空っぽの部屋を掃除するのがけっこう楽しかった。点検受けて寮母さんにお土産お渡して出てきた時にはもう暗くて、その時ちらっといやーな予感がしたのですが、案の定でした…道に迷いかけました。昼間と夜じゃ印象違うんだもん!当たり前だけど!

 曲がるとこ間違えてあれこっちじゃなかったーと角まで戻ったりしてました。あー怖かったー。たどりつけないかと思いました。なんとかたどりつけましたが。

2008-02-09 Sat

本名の説明がちょっぴり面倒(……と、電気水道使用開始の連絡の電話をかけた時に思った)

 苗字も異体字が入ってるから要説明なのだけれど、それはまあいいとして。名前の説明を口頭でするのはちょっぴり面倒だなーと思いました。漢字三文字だし。ふつーそうは読まないだろう、という字や、例として挙げられるわかりやすい熟語があんまりない字を当ててあるから。

 といっても凝った名前なわけではなくて、読みはよくあるものなのだけれど……字面もいたって平凡な印象なのだけれど……初対面の人には必ず読み方を間違えられるしなー。書く方でも間違われることが多くて訂正する気力をなくすしなー。ううむ。自分が名前をつける側になる場合は、もっと説明しやすい字を当てたいなあ、と思うのでした。

2008-02-08 Fri

だって一寸先は闇すぎるんです

 一寸先は闇すぎるとtwitterでつぶやきたくなるようなことばかり起こるので、せおちゃん(id:seo19114)と「一寸先は闇を乗り越えよう!てかむしろ迎え撃とう!」同盟を結成しました。

池田理代子 『ベルサイユのばら』1〜5 集英社文庫

ベルサイユのばら (1) (集英社文庫)

ベルサイユのばら (1) (集英社文庫)

 図書館から借りて読みました。おもしろかった。

「心のみにくい実子と、心の清い継子」が昔話にはよく出てくるけれど、ロザリーの性格は「心の清い継子」そのものだなあ、と思った。もちろん昔話ではないから、そんなロザリーが抱えた葛藤も描かれるのだけれど。清く正しくやさしく、最後には幸せになる、昔話の主人公みたいな子だなあ、という印象でした。

2008-02-07 Thu

市役所へ

 住民票とったり転出証明書もらったり。引っ越し準備。

 市役所で順番待ちをしているあいだに、『ベルサイユのばら』を読み終わりました。おもしろかった。

そんな、

 そんな怖いこと言われて、会いたいと思えるわけないよ。

2008-02-06 Wed

言葉で先回りしようとする

 こんなにこんなにいやな人間だけどそれでいいの?ってやたらと確認したがるのはわたしの悪い癖だと思う。

 こんなことばかり言っていたら、そのうちうざいと思われるんじゃないかと怖くて仕方ないのに。「そんなことないよ」って言ってもらっても、一時的にしか安心できないことは自分が知ってるのに。

2008-02-05 Tue

ありがちなこと

 本をダンボールにつめてて、ついつい再読に没入するというたいへんありがちなことをした。『ナラタージュ』(島本理生角川書店)好きだなあ……文庫版も出たら買っちゃうだろうな……

2008-02-04 Mon

今日のできごと

 用事を済ませに大学へ。昨日積もった雪で、テニスコートが真っ白で、照り返しがまぶしかった。

 テスト前だと人がいっぱいでざわざわした雰囲気だった大学の図書館も、今は人がほとんどいなくて静か。落ち着くなー。ずーっと居座りたくなってしまう。市立図書館もよく利用してるけど、好きだけど、いつも人がいっぱいでがやがやしてるから、長時間いたい場所ではないのでした。

 高校の友達とメールしてて、寮を出ることを報告したらすごくびっくりされた。(あ、そういやtwitterでつぶやいたことはあったけど、ここにちゃんと書いたことなかったな。もうすぐお引越しなのです)「春休みはいつ熊本帰ってくっとー」「帰ってきたらメールしてね」という言葉にほっこりした。そう言ってくれる人がいるのは幸せだなあ。

2008-02-03 Sun

なんだか全部が悲しい

 やさしい人たちに、自分を大事にしてねと言ってもらえるの、嬉しい。

 でも、自分の投げやりな発言を聞いて、その人たちが大事に思ってくれてるほど自分では自分を大事に思ってないんだな、と思った。

 わが身はかわいいけれど。自分の印象を取り繕うのにせいいっぱいではあるけれど。自分を心配してくれる人たちが言う意味で、自分を大事に思えないのが、なんだか心苦しい。

今日のできごと

 昨日に引き続き学校であるばいと。チャペルの屋根や木立の上に雪が降り積もっている様はいい雰囲気だなあうちの大学、と思いました。……雪の降る中、敷地内を何度もつっきらなきゃいけないとなるとそうも言っていられなくて、同じ教室担当の子の「見るぶんにはすごくいい風景だよね……」という呟きにうなずきながら雪をふみふみてくてく歩いてました。

穂村弘・東直子 『回転ドアは、順番に』 全日出版

回転ドアは、順番に

回転ドアは、順番に

 穂村弘さんと東直子さんがメール交換で作った歌と散文(って言い方でいいのだろうか)という言葉の世界で生まれた、「……かも知れない、ひと夏の物語」*1

いつのまに消火器にガム張りつけて青空くさいキスのはじまり(穂)

「青空くさい」ってすごいと思った。「青空」と「くさい」をくっつけるという発想はどこをどうやったら出てくるんだろう。ほむほむ好きだよほむほむ*2

ささやいてください春の光にはまだ遠いけどきっと遠いけど(東)

名前を呼ぶよ。

名前を呼ぶよ。

ほんとうに、ほんとうの名前を呼んじゃうよ。

名前を呼んだら、かえれなくなるよ。


名前を、はじめてしった日に。(東)

 本では、穂村さんの言葉が青、東さんの言葉が赤で印字されているのでした。

*1東直子さんのあとがきから

*2:なんかこう言いたくなった

2008-02-02 Sat

今日のできごと

 朝7時半学校集合の入試アルバイトがあったのでした。寮の開門は7時なのだけれど、7時に出ると間に合わないので、それ以前に寮を出るための許可証が必要だったんですね……出すの忘れてた……(後から出して事なきをえましたが)。

 バイト終了後に乙一ファンつながりのオフ会に行ってきました。映画『KIDS』を観るとゆーメインイベントには参加できなかったけれど。

 いつも通りに楽しかったです。でも申し訳ないほど毎回お世話になりっぱなしです……

2008-02-01 Fri

愛がなんだ

 何度目だかわからない、角田光代『愛がなんだ』再読。学年末試験から解放されたばかりだというのにどうしてわたしはこんな、読むと落ち込むランキング上位本(わたしの中で)を読んでるんだろーなー。

 |