Hatena::ブログ(Diary)

しあわせは日々のなか

 | 

2008-02-03 Sun

なんだか全部が悲しい

 やさしい人たちに、自分を大事にしてねと言ってもらえるの、嬉しい。

 でも、自分の投げやりな発言を聞いて、その人たちが大事に思ってくれてるほど自分では自分を大事に思ってないんだな、と思った。

 わが身はかわいいけれど。自分の印象を取り繕うのにせいいっぱいではあるけれど。自分を心配してくれる人たちが言う意味で、自分を大事に思えないのが、なんだか心苦しい。

今日のできごと

 昨日に引き続き学校であるばいと。チャペルの屋根や木立の上に雪が降り積もっている様はいい雰囲気だなあうちの大学、と思いました。……雪の降る中、敷地内を何度もつっきらなきゃいけないとなるとそうも言っていられなくて、同じ教室担当の子の「見るぶんにはすごくいい風景だよね……」という呟きにうなずきながら雪をふみふみてくてく歩いてました。

穂村弘・東直子 『回転ドアは、順番に』 全日出版

回転ドアは、順番に

回転ドアは、順番に

 穂村弘さんと東直子さんがメール交換で作った歌と散文(って言い方でいいのだろうか)という言葉の世界で生まれた、「……かも知れない、ひと夏の物語」*1

いつのまに消火器にガム張りつけて青空くさいキスのはじまり(穂)

「青空くさい」ってすごいと思った。「青空」と「くさい」をくっつけるという発想はどこをどうやったら出てくるんだろう。ほむほむ好きだよほむほむ*2

ささやいてください春の光にはまだ遠いけどきっと遠いけど(東)

名前を呼ぶよ。

名前を呼ぶよ。

ほんとうに、ほんとうの名前を呼んじゃうよ。

名前を呼んだら、かえれなくなるよ。


名前を、はじめてしった日に。(東)

 本では、穂村さんの言葉が青、東さんの言葉が赤で印字されているのでした。

*1東直子さんのあとがきから

*2:なんかこう言いたくなった

 |