Hatena::ブログ(Diary)

しあわせは日々のなか

 | 

2008-04-30 Wed

4月の読了本

  1. 田代裕彦 『キリサキ』 富士見ミステリー文庫
  2. 田代裕彦 『平井骸惚此中ニ有り』 富士見ミステリー文庫
  3. 近藤史恵 『サクリファイス』 新潮社
  4. 駒井れん 『パスカルの恋』 朝日新聞社
  5. 埜田杳 『些末なおもいで』 角川書店
  6. 松居直 『絵本の森へ』 日本エディタースクール出版部
  7. 中村とも子編 『雪の夜に語りつぐ』 福音館文庫
  8. 寺村輝夫 『ぼくは王さま』 フォア文庫 
  9. あさのあつこ 『ガールズ・ブルー 2』 ポプラ文庫
  10. ルーマー・ゴッデン 石井桃子訳 『ねずみ女房』 福音館書店
  11. 夏目漱石 『文鳥夢十夜』 新潮文庫

2008-04-29 Tue

終電直前に乗り過ごしてハラハラした

f:id:sagara17:20080429145529j:image

 ホットケーキミックスマーガリン+牛乳でスコーン作り、2回目。前回とおんなじでもつまらないので、コーヒーの粉を混ぜてみた。

「わたし、自分の力で見ることができるんだわ」

わたしは、そういうものを忘れてしまうだろう。もうだれも話してくれないし、おまけに、子どもたちは、あんなにたくさんいるし、パンくずや、巣につめる毛ばのことも考えなくちゃならないというのに、どうしておぼえていられるだろう。(P.41)

 先週、授業で紹介された本。

そして、ねずみ女房は星を見た〈大人が読みたい子どもの本〉

そして、ねずみ女房は星を見た〈大人が読みたい子どもの本〉

 このあいだ図書館うろうろしてたらこういうのも見つけたので、忘れないようにメモ。

2008-04-28 Mon

あさのあつこ 『ガールズ・ブルー 2』 ポプラ文庫

([あ]1-2)ガールズ・ブルーII (ポプラ文庫)

([あ]1-2)ガールズ・ブルーII (ポプラ文庫)

 『バッテリー』より『ガールズ・ブルー』が好きなわたしとしては、その続編が出るというのはたいへん嬉しい知らせで、わくわくしつつ買って読んだのでした。高校三年生になり、進路と向かい合わざるをえなくなった理穂たちが描かれます。高校生の理穂や如月や美咲が大好きだったから、彼女たちが高校生でなくなる未来が示されたことは少し寂しい。描かれた関係性の変化の兆しにどぎまぎしました。それにしても睦月の思いが報われていなさすぎて泣ける。荻原規子『樹上のゆりかご』の加藤くん並みに報われてない気がする……

2008-04-27 Sun

バイトのこといくつか

 ほぼ同じ時期に入った女の子二人が可愛くて癒されてます。バイト帰り、同じ方面の電車に乗る子といろいろ話してたら、「お嬢様っぽいですよね」と言われてびっくりした。いや、こう言われるのは初めてではないのだけれど、言われるたび不思議。服装とか髪型とかがお嬢様っぽいわけではないと思うのだけれど。

 それにしても、バイトで帰りが終電間際なんて、門限のあった寮生活時代は不可能だったことだなー。

2008-04-26 Sat

乙一ファンつながりの方々とオフ会でした

  • 渋谷ハチ公前集合、だったのですが、そういえばハチ公口で待ち合わせたことはあってもハチ公そのものがどこにあるかは知らなかったな……と行きの電車の中で気づいてちょっと焦りました。それは行ったらわりとすぐわかったけれど、今度は乙一ファンつながりの方々をなかなか見つけられなくて焦りました。結局黒子さんから「柊さんじゃない?」と声をかけられるまで気づかなかった……
  • わいえすさんからお借りしていた傘をお返ししました。後々役立ったようでよかったです
  • ネゴシさんと「今何年生でしたっけ」「三年生です」「早いですね、最初(ネゴシさんのサイトに行った時とか乙一FAN!に出没しだした時とか)高1か高2でしたよね」という会話をする。そうでしたね……このブログを始めたのも、オフでお会いしている方々と最初に(ネット上で)お会いしたのも高校生の時だったのでした。セーラー服着て自転車乗って学校通っていた頃。大学生になって、上京して、もうその大学生活も折り返し地点を過ぎているなんてすごい。時間が経って自分や自分の生活が変化していくのはのは当たり前だけど、当たり前のことなのに、やっぱり「すごい」と思ってしまう
  • お昼ごはん。黒子さんに『キリサキ』を渡しました
  • その後わたしは離脱。いちごさんに渡す「ゆと部報」をわいえすさんに託しました。いちごさんに会えなかったのが残念だなあ……

2008-04-24 Thu

ずっとずっと

 人間扱いされていない気がしてた。そんなことないよってきっと否定されるけれど。「自分が癒してあげられる傷を持った女の子」というキャラクターとして扱われている気がしてた。

2008-04-23 Wed

 自分の「ものの感じ方」がほんとうにわずらわしくなることがある。なんでこんななんでもない会話から嫌な気分をひっぱりだすのかと。へこむのかと。

 ああ意味なく涙出てきたなあ、わたしの涙腺のゆるみどころは意味不明だ、ほんと。意味不明ってほどでもないか、自分ではわかる、どの言葉が出来事が自分のどこを刺激したのかは。でも誰かにわかるように説明はできない……したくもないかな。その根っこにあるのは劣等感とか卑屈なものの見方とか、自分で自分が嫌になるものばかりだから。

るんるん

 今日は、ぽっぽちゃんに靴かわいーって言われたり美少女先輩に服装を褒められたので嬉しかったです。わーいわーい。

Story Seller

Story Seller (ストーリーセラー) 2008年 05月号 [雑誌]

Story Seller (ストーリーセラー) 2008年 05月号 [雑誌]

 感想をかんたんに。うわあ、好きかどうかしか書いてないぞ。

  • 伊坂幸太郎 『首折り男の周辺』
    • 「人違い」から始まる騒動。おもしろかった。
  • 近藤史恵 『プロトンの中の孤独』
  • 有川浩 『ストーリー・セラー』
    • ああ……うむ、やっぱり有川さんの登場人物及び同情人物同士の関係性の描き方が好きではない……
  • 米澤穂信 『玉野五十鈴の誉れ』
    • ちょっとだけ、ほんのちょこーっとだけ、桜庭一樹っぽいと思った。
  • 佐藤友哉 『333のテッペン』
    • わー、いまいち「好き」とは言えないユヤタンだけれど、物語の効用について語っている箇所は興味深かった。ただ、『100万回生きた猫』に関しては……ああ話がずれるからやめよう……
  • 道尾秀介 『光の箱』
    • 構造は好き。全体を通しては好みでないけれど、それはわたしが拒否反応起こすエピソードが入ってたせいか。
  • 本多孝好 『ここじゃない場所』
    • どこが嫌いというわけではないけれど、本多さんはやっぱり好みでないなあと思いました。

うん、嬉しい

 一緒にいると落ち着く、と言ってもらえるのは、やっぱりすごく嬉しいことです。

2008-04-22 Tue

眠気ざましのおさんぽ

どうしてまだ

欠けたら痛いだろうなあ

忘れてくれたらいいのに

わかってもらえなくていいや

つらくないですか

自分ずるいずるい

2008-04-21 Mon

フルーチェ食べた

 実家にいる時は、作っても、弟妹のぶんとっとかなきゃなあと少なめにしか食べなかったけど、ひとりだとそういう心配がなくて思う存分食べてしまうなー。

2008-04-20 Sun

ふー

 ようやっとバイトのある生活リズムに慣れた……かな?

  • 好きな本に105円ラベル貼る瞬間はちょっと切ない。
  • 身長のせいで踏み台必須
  • 支給されるシャツがLサイズしかなかったらしくてそれ着てるけど、ぶかぶかです……

2008-04-19 Sat

こっぺりあーのーひーつーぎ

 春香も美希もかわいいけれど、パンキッシュゴシックだとやっぱり雪歩がツボすぎます……(昨日も言ったろ)(しつこいな)

2008-04-18 Fri

いろいろたかいです!

 衣装「パンキッシュゴシック」の中でいちばん好きなのは雪歩のなのですが。ロリトリオもかわいーなー。みんなかわいーなー(ぽわぽわ)

2008-04-17 Thu

埜田杳 『些末なおもいで』 角川書店

些末なおもいで

些末なおもいで

はっきり好きだってあたしに言うなんて信じられない(P.103)

他人の好意がずっと自分に向けられるわけがないと思っていたから。自分にそこまで価値があるとは思わなかったし(P.120)

2008-04-15 Tue

すこーん

 知人がニコニコ料理タグで見つけたというスコーンの作り方(ホットケーキミックスマーガリン+牛乳)を試してみた。おいしかったでーす。あ、写メとっとくんだったかな……。

2008-04-14 Mon

ネット開通!

 自分の部屋でネットできるようになりました。わーいわーい。

2008-04-13 Sun

死神の精度

 わいえすさんとせおちゃんと一緒に観にいきました。おもしろかったです。千葉役金城さんの音楽聴く時のノリノリっぷりとか。原作と違う部分(相棒?っぽい感じの黒い犬の登場とか)も好きだった。

 しかしほんとに、オフ会(今回はもう、オフ会っていうには抵抗のある感じなのだけれど)以外で映画観てないなあ、わたし……。

2008-04-12 Sat

MYSCON9

 ゲストは近藤史恵さんと田代裕彦さん。

 事前に行われた「ミステリイメージ調査」に基づいた、お楽しみ企画も楽しかったです。参加者の皆さんの回答がいろいろで。

 id;mmmichyさんから、「最近(ゲストのお二人の著作を)読んでたから、来ると思ってたんですよ」と声をかけていただいて嬉しかったですー。

2008-04-11 Fri

駒井れん 『パスカルの恋』 朝日新聞社

パスカルの恋

パスカルの恋

 「駒井れん」は、石井睦美の別名義。ゆっくりゆっくり読みました。

 石井睦美『卵と小麦粉それからマドレーヌ』は、中学生の菜穂と亜矢が友達に「なっていく」ようすが描かれていて、それがとっても好きだったのでした。『パスカルの恋』の語り手・皓子とその女友達の香苗が、お酒をのみながら話すシーンを読んで、菜穂や亜矢が大人になったらこういう交流のしかたをするんだろうなあ……と思いました。『パスカルの恋』というタイトルの意味も、その二人の会話の中で明らかになります。

 「母と娘」という関係のやっかいさとか、「家族」のややこしさとか、誰かを好きでいる時の不安定さとか……生々しい部分に踏み込んでいるはずなのに、生きているとどうしてもまとわりついてくる嫌なことに向き合っているはずなのに、どろどろした感じはしないところも、『卵や小麦粉〜』に通じるなあ。

 しかし、皓子の恋する相手であるところの藤沢さんの、「僕のこころは、あなたのこころのように丈夫でもないし真っ直ぐでもない」って台詞には少々むかついたかなー。誰かの心が誰かより丈夫だとか真っ直ぐだとかどうやったらわかるのさっ。いや、自分より自分以外の誰かの方が丈夫だとか真っ直ぐだとか生きていきやすそうだとか思う瞬間はあるのかもしれないけれど、そうそうかんたんにそんなこと口に出してほしくはない……というか、わたし自身が口に出したくないと事柄のひとつだなあ、とか考えました。

2008-04-10 Thu

一人暮らし

 いまだに生活するのにいっぱいいっぱいというか、自分をちゃんと動かせてない、って感じがする。

2008-04-09 Wed

必死なんです

 ストーリーテリング*1研究という授業の中で、学生ひとりひとりがストーリーテリングを聞いた経験はあるかどうかや、この授業をとった動機などを話していたんですね。それで、1年生の話を聞きながら、あー……絵本の読み聞かせとかに興味ある子いるんだな……うちのサークルに入ってくれたりしないかなー……と思ってたんです。それで、「あと質問がなければ終わりますよー」と先生がおっしゃった時に、「質問じゃないんですがちょっとお時間いただいてサークルの宣伝していいですか……?」と許可をとって、月2回実際に図書館子どもたちに向かって読み聞かせをしているので、そういうことをやってみたい人はぜひどうぞーみたいなことを話したんです。そしたら授業が終わった後、1年生が2人話しかけてきてくれたので、部室はこっちにあるんだよーとご案内しました。やったー。嬉しかったな。入ってくれるかどうかはわからないけれどっ……!

 去年新入生が入らなくて、現2年生がいないので、今年1年生が入ってくれないと大変なことになるんです……必死なんです……。

*1:お話を覚えて語ること

2008-04-08 Tue

授業開始!

 自己紹介しなきゃいけない授業がけっこうあるんですね。毎度のことながら緊張する……

2008-04-07 Mon

クラブオリエンテーション

 新入生に向けて学内サークルの紹介をする行事があったのでした。部長とせおちゃんと一緒に舞台の上に立って、私は「新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。子ども文学研究会です…(以下活動内容の説明)」としゃべってきました。いざとなるとあがってしまって言い間違いをしたよう……うーん、これで興味を持ってくれる人がいるといい、な。

2008-04-06 Sun

のんびりすごしたにちようび

 電車の中で田代裕彦『平井骸惚此中ニ有り』を読み終える。

2008-04-05 Sat

健康診断

 3年生は内科検診だけだったから(教職とってる子は血液検査とかレントゲンとか必要らしいんだけど、わたしとってないから)すぐ終わっちゃいました。待ち時間に、駒井れん『パスカルの恋』をちょっとずつ読んでいました。

 その後学内PCに向かって、間違いはないかなーと、時間割表をためつすがめつしてました。そういやわたしが入学した頃にはすでに「WEB登録」と呼ばれる学内PCから各自で履修登録する方式になってたけど、その前はどういうやり方だったんだろ。紙に書いて提出……?

 修得しなきゃいけない司書科目はとりあえず全部入れられたから、落とさなければ、来年度は必修の宗教科目と卒論(……と、卒業に必要ではないけど趣味で顔出す授業)だけになるはず。がんばろ。

バイト決まった

 ブックオフでバイトすることになりました。

2008-04-04 Fri

第二次履修登録

 大学に行って履修登録してきました。今日と明日は人数制限のある科目を登録する日。1年次抽選で漏れて、2年次他のとかぶって取れなかったストーリーテリング研究を今年度こそ……!

2008-04-03 Thu

塗装が終わったらしい

 やっと洗濯物が外に干せるよー。

石井桃子氏逝去

 ご冥福をお祈りもうしあげます。

2008-04-02 Wed

ざーんねーん

 階段の塗装は終わったのはいいけれど、今日は窓枠が塗装中だから外に洗濯物が干せないのでした。うむむ。

田代裕彦 『キリサキ』 富士見ミステリー文庫

キリサキ (富士見ミステリー文庫)

キリサキ (富士見ミステリー文庫)

 おもしろかったけれど、イラストに突っ込まずにはいられない……この表紙の女の子の服装が女子校(魔法学校の類じゃなく、現実世界に存在する学校、という設定の)の制服だっていうのは無理があるよう……!

2008-04-01 Tue

入学式あるばいと

 入学式のお手伝いというアルバイトをしてきました。スーツとか久しぶりに着たなあ……。主に父兄の方をモニター会場にご案内する役割をしてました。

 青空の下、桜の花びら舞い散る中……という入学式のイメージ通りの風景内にいたのですが、ちょっと風が強すぎました……。仕事中ほとんど外にいたので、寒かったです……。

 式の最中は腕章と名札をつけていたからいいけれど、これなしで単なるスーツ姿だと絶対1年生に間違われてサークル勧誘されるよなあ……と思っていたのですが、案の定でした。帰りはいっぱい声かけられた……。すみません3年生です……。

 昼過ぎに仕事は終わったものの、アパートの階段が塗装中(2階の私の部屋に行くにはその階段を通る以外の道はない)で帰れないので、大学に残ってネットやったり商店街をうろうろしたりしてました。

 |