Hatena::ブログ(Diary)

智の木協会・「木」への思い入れリレー随筆

2011-10-06

智の木協会・「木」への思い入れリレー随筆 第五回:智の木協会 理事 大塩 裕陸 「椎の実の味を知っていますか」

| 17:46

 私は東京板橋区で幼少期から25歳まで育ちました。今では地下鉄有楽町線を利用すれば池袋まで10分足らずの便利な土地ですが、当時は東上線西武池袋線に挟まれた田園地帯でした。「武蔵野の影 消え失せて 人家続きの 上板橋 ・・・・・」これは母校の校歌の一節です。(因みに作詞は、「ふるさと」「春が来た」「春の小川」「もみじ」などの作詞で有名な高野辰之先生です)

歌詞には人家続きとありますが、まだまだ水田や畑が多く、晴れた日には彼方に富士山を望むことが出来、武蔵野の面影を残した土地でありました。今となっては叶いませんが、高野先生は実際に母校を訪問されてこの詩をお書きになったのか尋ねてみたい気がいたします。農家の人たちが初夏には田植えや野菜つくり、冬には麦踏をする姿を日常的にみられたものです。

 武蔵野といえば雑木林やケヤキを想起する方が多いでしょう。でも私の記憶に強く残っているのは椎の木です。テレビやゲーム機のない時代ですから子供たちの遊びは専ら魚とりや虫とり、鬼ごっこやかくれんぼなどの野外での遊びでした。実家の周りには椎の木が4〜5本植わっていて一人で遊び相手のいないときにはよく木のぼりをして遊んだものです。

 椎の木は枝が混んでいて登りにくいのですが、適当に枝を切ってそこにリンゴ箱から採った板を渡して今でいうツリーハウス風のものを作って遊びました。椎や樫、枇杷の木などは足をかけても丈夫で折れることが少ないので安心です。一方柿の木は折れやすいから登ってはいけないと教えられていました。これは昔の人の知恵で柿泥棒を戒めるための話かも知れません。

                            写真説明: 椎の実・・・熟して落ちるのはあと1カ月

f:id:chinoki:20110923112543j:image:w360:right 戦後の貧しい時代には甘いお菓子をおやつに頂くような習慣はありませんでしたので、子供たちは自力で野外の植物を採集して食べたものです。食べられるものとそうでないものとの区別は多くは農家の友達から教えられました。ノイチゴやグミ、カキやクリ、ビワ、イチジクなどを食べた記憶がありますが私の一番のお気に入りは椎の実でした。椎の実はどんぐり(樫の実)やおかめどんぐり(クヌギの実)と違ってそのままでも、鍋で炒っても食べられてほのかな甘みがとても美味しいものでした。近所の神社の境内や林のどこに椎の木が植わっていて、いつ頃行けば椎の実を収穫できるか当時は良く記憶していました。

                            写真説明: 東大赤門の両側に配置された椎の木

f:id:chinoki:20110809122236j:image:w360:right

 先年母校を訪れた時は丁度椎の実が熟れて地上に落ちる季節でしたが、一面に落ちている椎の実を拾う人は全く見られず、わずかに銀杏イチョウの実)を拾う人の姿を見たのみで寂しい思いをしました。

 椎の木はブナ科シイ属に分類され、スダジイとツブラジイがあると知ったのはかなり最近のことです。常緑の広葉樹で日本の照葉樹林帯における代表的な樹種であり、関東以西では山野に群生しているのを普通にみられる一方で平地では庭園樹としても広く観察することができます。文京区では東京大学椿山荘、その他区内の公園内でも樹齢100年を超す立派な大樹を見ることができます。私の住んでいる北摂地域では、今は丁度クリの収穫最盛期でクリ拾いの季節です。椎の実が落ちてくるのはまだ1カ月くらいかかりそうです。今年は久しぶりに椎の実の味覚を味わってみたいと考えます。

ところで万葉集の142番歌に有間皇子の歌として

   家にあれば笥(け)に盛る飯を草枕

        旅にしあれば椎の葉に盛る

という歌があります。私の会社の先輩でこよなく歌を愛する人と道を歩いているときに、傍らのマテバシイ街路樹をみて、ふっと口にした言葉が今でも気になります。「万葉集にでてくる椎の葉というのはマテバシイではないだろうか、椎の木では葉が小さすぎるとおもう。」皆さんはどうおもいますか。私はマテバシイでもご飯をその上に盛るには小さい気がします。ホウの木やトチの木、カシワの木なら十分な大きさがあります。あるいは神事として形だけ椎の葉に飯を盛る習慣があったのではないでしょうか。いろいろ想像するのは楽しいものです。

写真説明: シイとマテバシイの葉の比較

f:id:chinoki:20110809122120j:image:w360:left また最近カシノナガキクイムシ(略称カシナガ)という害虫がナラやクヌギ、シイ、カシを食い荒らし枯死させる現象が広がりつつあり、林業関係者の間で大きな問題となっています。私も京都御所の立派な椎の木が被害に遭い完全に枯死しているのを目の当たりにし、何とか対策がとれないものかと憂慮しているものの一人です。

 日本列島を上空からみれば緑に包まれた美しい島国であることを再認識させられます。地球環境をささえている森林、樹木の大切さを肌で感じるためにも是非一度椎の実を味わってみてはいかがでしょうか。(平成23年9月30日)

2010-09-08

第四回:智の木協会 理事 吉田 茂男 「ユーカリの薫りに包まれた世界」

| 10:22

1979年4月7日(土)は私と家族にとってオーストラリア体験の初日であったため、いまも鮮烈なビジュアル画像として私たちの記憶に残っている。成田空港からのカンタス航空シドニー行き夜行便は、約8時間後に明け染めた空の下に広がるシドニー国際空港に着陸した。すると間もなく2名の検疫官が無表情で乗り込んできて、キャビンの前方から後方までスプレーで乗客の頭上に向かって消毒液を散布し始めた。この時代のオーストラリアニュージーランドでは、外来病原菌や害虫に対する防御のためであれば、旅客の不快感など問題外であったようだ。その後、私たちは飛行機を降りて空港ターミナルに進み、厳しい入国審査を受ける緊張の瞬間を迎えた。その時、消毒液の臭気がようやく薄れたこともあり、建物外部の方向から漂ってくる植物質の爽快な薫りを感じた。これがユーカリから発せられる薫りであり、オーストラリアで目立つ大きな樹木の大部分がユーカリであることを気付かせる体験であった。当時は日豪経済協力が急速に進んでいたが、一般の日本人にとっては遠い未知の国であり、一般的な情報はほとんど手に入らない時代であった。

 私が勤務したオーストラリア国立大学(ANU)は首都キャンベラにある。英国植民地時代のオーストラリアではシドニーメルボルン大都市に発展していたため、独立国家の首府を両市の中間に設置することとし、アボリジニーの言葉で「出会いの場所」を意味するキャンベラと命名された。その後、国際コンテストで斬新な都市計画を採択し、半世紀以上の時間をかけて建設を進め、1960年代後半にようやく初期計画の完成が宣言されたのである。合理的に計画されたこの街では歩行者自動車の動線が完全に分離していて、幼子をかかえる私たちには本当に安心できる居住環境であった。私たちの住居は「5 Hopegood, Garran, Canberra」の職員用集合住宅であったが、庭先と外の緑地が一体となって広がっていて、ところどころに大きなユーカリの木が配置されていた。この場所の現在の様子はグーグルマップによって手に取るように見る事が出来る。キャンベラ東京23区の広さに30万人程度の人が住んでいて、中心部には人工湖(バーリーグリフィン湖)やブラックマウンテン、マウントアインズリーなどが配置され、その周辺には自然林緑地が広がっている。その一角を占めるANUのキャンパスは、大きなユーカリの木々の間をさわやかな風が吹き抜け、カラフルなインコや小鳥が飛び交う美しい光景が当たり前のように存在する場所である。

 私がANUのクロウ教授から依頼された研究の対象は、グランディスというユーカリが大量に生産しているG−インヒビターという発根阻害物質であった。グランディスはローズガムという俗名で一般の人にも有用な大木として知られている。ユーカリは、実際には700種以上に分類されるフトモモユーカリ属植物の総称であり、形態や成分は実に多種多様である。温暖地を好むグランディスは30メートル以上の直線的な巨木となるだけでなく、木質が適度に軟かくて加工しやすいので産業的に重要視されている。ところがユーカリは広範囲の異種間で容易に交雑してしまうため、種子から良質のユーカリ品種を育成するのは非常に難しい。そのため、当時のANUでは優れた性質のグランディス挿し木や接ぎ木でクローン苗にする技術の可能性を検討していたのである。

 オーストラリアは乾燥・高温にさらされる厳しい気候が支配的な大陸であるため、独特な環境適応能力を獲得した固有の生態系が成立している。オーストラリアの森林に入る場合には「トータル・ファイア・バン」という情報に注意を払う必要がある。これは、暑い日に屋外での火気使用を厳禁する一種の戒厳令で、気温が高く乾燥した日には山火事が極端に発生しやすいことを示しているのだ。オーストラリアにはブルーマウンテン、ブラウンマウンテン、レッドヒルなどという地名が数多く見受けられるが、暑い日に山林のユーカリが大量の精油成分を放出して太陽光線の一部を吸収するので、山林の遠景が色づいて見えるためと言われている。そのときの山林全体はガソリンを撒いたような状況となり、小さな火種から爆発的に燃え上がって大規模な山火事となる。面白い事にオーストラリア原生のフトモモ科(ユーカリカリステモンなど)、ヤマモガシ科(バンクシア、マカダミアナッツなど)、マメ科アカシアミモザなど)の樹木は、いずれも山火事を利用して勢力拡大を図るという生存戦略を採用している。例えばユーカリの樹皮の下には普段は発芽しない無数の休眠芽があり、火災の際には精油成分の効果で表面だけが焦げる。すると休眠を誘発していた樹皮内の物質が消失し、次の降雨によって動物の体毛のように密集した芽を一斉に吹く(写真1参照)。また、バンクシアやアカシアなどの種子は、炎にあぶられて加熱されると発芽の準備が整う。これらの驚くべき環境適応により、オーストラリアの自然林は黒焦げになっても数年で元の姿に戻るのである。

f:id:chinoki:20100908101919j:image

写真説明:オーストラリア山火事で黒焦げになったユーカリから一斉に発芽が始まる。

 ANU化学科のクロウ教授と植物学科のペイトン博士は、ユーカリを全く知らなかった私に辛抱強く正確な知識を与えてくれた。この頃、ペイトン博士はユーカリ専門家として、コアラの餌になるユーカリが日本で栽培可能であるかを豪政府の依頼で調査していた。その結果を受けて、5年半後の1984年10月に東京名古屋鹿児島の3都市でコアラを公開飼育する事が許可されたのである。また、一般のオーストラリア人がユーカリの薫りや精油成分をいろいろな形で日常生活に取り入れている事も教えられた。例えば、ユーカリ蜂蜜、キャンディー、湿布薬、化粧水、入浴剤など多種多様である。このような生活環境は、それまで植物に対して無関心であった私の感性を根底から変えることになったのである。

 ところで、この国の人々が愛唱する「ワルチング・マチルダWaltzing Matilda」という歌曲は、英語の堪能な人が歌詞を読んでも全く理解できないはずである。私もこの歌の題名が「ズタ袋担いで行こう」という意味であると聞いて、オーストラリア俗語オージースラング)と英米語とのギャップに驚いたものである。冒頭のフレーズ、”Once a jolly swagman camped by a billabond, under the shade of a coollibah tree…..” は、「昔、陽気なswagman(放浪者)がbillabond(池)のほとりのcoollibah(ユーカリ)の木陰でキャンプした・・・」という意味なのだ。この歌全体がオージースラングで表現されていて、「警官に追いつめられて池に飛び込んだ羊泥棒の幽霊を偲ぶ」というペーソスに溢れたストーリーを独特な情感の曲に仕立てている。これがユーカリの薫りが育んだオーストラリア人の感性を表現するものであり、そのために50年前の名画「渚にて」のサウンドトラック曲にオーストラリアを象徴する曲として採用されたのであろう。

 ユーカリ温暖湿潤な日本で栽培するとオーストラリアの数倍のスピードで成長する。このため、焦土と化した戦後の都市を復興し緑化するためにユーカリの植樹が推奨された時代があった。ところが、日本ではユーカリが容易に水分や養分を吸収できるため、根を十分に張らないうちに巨木に成長する。このことが台風シーズンに倒木被害を多発することになり、ユーカリが日本の都市緑化の舞台から降りることにつながった。また、ユーカリの薫りとなる精油成分などの生産量が極端に低下することも判明した。つまり、ユーカリは激しい気候のオーストラリアの大地に育つことによって本来の生き方ができるのであり、日本の優しい環境では単なるウドの大木に成り下がってしまうのである。なんだか身につまされるユーカリの生態である。

2009-09-18

第三回:智の木協会 副理事長 黒田 錦吾 「ガーデンオフィスへの思い」

| 14:25

私達は今日、豊かさと便利さを手に入れましたが、それと引換えに多くの自然や動物、人間性までも無くしそうになっています。そのことに漸く気付き、各国の行政、民間レベルで環境保護ための啓蒙活動、保護活動、国際間の合意が地球規模で進められていますが、それぞれの思惑やエゴにより総論賛成各論反対で本質の解決に向かって順調に進んでいないのが現状です。

我々の日常生活でも、満員電車の通勤、無味乾燥なオフィスで長時間勤務、ほとんど自然を感じる余裕すら無い毎日・・・ふと鏡に映った正気の無い無表情な自分の顔に驚かれた経験はありませんか?

本来、私達の祖先は太陽が昇ると活動をはじめ、沈むと休むという自然との共生生活を長らくしてきましたが、今日のような高度情報化社会で生活をするようになり、自然を皮膚感覚で感じる心の余裕が無くなり、感激や感動する五感も衰えてきています。

特に都会では真っ青な空、真っ白い雲、満天の星空を眺める機会も少なく、空の青さに清清しさを貰ったり、新緑の木の勢いに元気付けられたり、せせらぎの音や傍らにさりげなく首を傾ける野草に愛しさを感じる機会はめっきり少なくなりました。子供のころに夢中で遊んだとき目にした、蝶、トンボ、フナ、メダカドジョウなどの小動物や、緑などの自然はどこに消えてしまったのでしょう。

日本は、江戸時代には既に樹花の種類が豊富で、造園技術の高さは諸外国の使節や宣教師に驚きを与え、高い関心と評価を得ていましたが、反面、その価値を過小評価したためか、多くの樹花が海外へ持ち去られ、その原種が日本に存在しないという話を聞きますと残念に思うのと寂しさも感じます。

山紫水明の国「日本」には四季があり、土壌や水に恵まれ、梅、桜、つつじ、五月、菖蒲紫陽花、菊、楓と樹花は豊富です。また、花見俳句の会などを開くことで季節を詠み、衣装までも季節の色に合わせる文化レベルの高い国でした。

その後、文化レベルは後退したものの、梅、桜、紅葉の季節には花見紅葉狩が身近なものとなり、特に桜は開花情報が報じられるほど国民に人気の高い花となりました。寒かった冬から抜け出し人々の活動が活発になると、否、桜が咲くから人がソワソワするのか、一斉に花が咲き、満開になる勢い、上品な薄ピンクの華やかさ、アッという間にはらはらと散る儚さが日本人の美意識と心情に合い、数多くの歌が残されているのも桜の花が一番です。

個人的にも四月生まれのためか何か桜の花に惹かれます。

さて、長らくオフィスワーカーとしての経験より、オフィスに対する思いを述べておきます。

人生のゴールデンタイムを会社で過ごすオフィスワーカーは知的創造性の高さと効率のよい働き方への変革を求められています。その為には働く場所が快適で創造力を発揮できる整備された空間でこそ初めて仕事の変革ができると考えています。

疲れた目を休めてくれる緑、開放された時にリラックスできる緑、スペースにほどよく配置された緑、あたかも自然の中で働いているようなガーデンオフィスの提供です。室内の光や水遣りが少なくても育ち、冬の低温に強く、乾燥した室内でも調湿能力を持つ樹花、バクテリアの発生しにくい土壌等、関連技術の開発も必要になってきます。

「智の木協会」は、産、学を中心として広く一般人を巻き込み、樹花に関心、知的好奇心を持つ人達が共に智恵を集め、樹花が持つ不思議な力と可能性を更に研究、開発、情報発信して、身近に樹花を感じる環境を作る、ユニークな協会です。

人間性豊かな環境を取り戻すことで樹花に対する関心が高まり裾野の広い活動に繋がっていきます。智の木協会が多くの方々の関心とご支持を受け、力強く連綿として続く活動になっていくものと多くの期待を寄せています。

智の木協会 副理事長 黒田錦吾(2009.9.18)

(1)海外のオフィス事例

f:id:chinoki:20090918142801j:image

(2)(3)(4)海外のオフィス事例(個人ワークスペース

f:id:chinoki:20090918143051j:image

(3)

f:id:chinoki:20090918143234j:image

 

(4)

f:id:chinoki:20090918143336j:image

(5)(6)コクヨ株式会社 品川オフィス「ECO LIVEOFFICE(エコライブオフィス)」

f:id:chinoki:20090918143424j:image

(6)

f:id:chinoki:20090918143515j:image

2009-08-11

第二回:智の木協会 代表幹事 小林 昭雄 「林檎によせる想い」

| 15:12

f:id:chinoki:20090811172524j:image

信濃の春はネコヤナギがまろやかなビロード状の芽を膨らませ、庭先で福寿草が黄色の丸い芽をのぞかせる時から始まる。やがて、梅が咲き、桃が続く。そして、4月中旬、桜の季節となり、しばらくして、リンゴの花が追いかける。遠望すれば、山懐が深く黄昏(たそがれ)を演出する中央アルプスの山々が鎮座し、そこには、まだ、雪化粧が残る。4月に入ると伊那の谷を渡る南風が春の息吹を運び待ち焦がれた信濃路の春となる。

しんしんと冷える二月のかかりの寒さに耐えてこそ、花の色や木々の緑は深まる。信州と言えばリンゴを思い起こす人は多い。ご存知のようにリンゴはバラ科に属する植物である。小学校の理科の時間に「リンゴはバラと同じ科の植物」と聞いても全く納得しなかったことを思い出す。「イチゴもバラ科で果実が食べられる植物はバラ科のものが多い」と聞いた。イチゴとバラとサクラとリンゴ、子供心には結びつかなかった。

当時、それなりの秘策を考えついた。 4月中旬から下旬に咲く、伊那公園、高遠公園の桜の香りを記憶し、しばらくして咲き始めるイチゴとリンゴの花を待つことにした。

地面に伏してイチゴの花に鼻を近づけ息を鼻からいっぱい吸い込んだ。香りは嘘をつかず、白い花びら5枚からなるイチゴの花は期待どおり、清潔な甘い香りを示した。雄しべもいっぱいあった。バラ科の果実を比較してみると、花びらを支え、まとめる花卓や子房の部分は、花びらが落ちると徐々に膨らみ、それを食することになる。バラであれば、紅茶にも使われるローズヒップであり、小リンゴと言われるカイドウ(サクランボ状に果実がつく)を見ると、確かにローズヒップによく似ている。この実もパリパリして、いかにも野生リンゴの味がする。 

私的にみても、バラ科植物に結構お世話になった。

父は戦時中、浜松から信州伊那疎開し、65歳の定年を待って果樹園を始めた。定年後の人生の設計図を50歳代後半から着々と描き、畑に紅玉リンゴと二十世紀梨を植え始めた。そして、退職金の一部と年金をつぎ込み、まともに果樹園を始めたのである。今までと全く違う専門分野に乗り出して、未経験を見よう見真似で始めたのであるから、ベンチャー事業を始めたと言ってよいのかもしれない。ついに農業共同組合員となり、梨やリンゴを出荷し、数百万円の年収を上げ大いに自慢していた。

そのドライビングホースは何であったかと親父が果樹園を始めたのと同年代になった今、あれこれ考えてみた。

果樹には、当たり年と裏年があるが、一般的に、植物は嘘をつかない。季節・気候を読み適切な手入れをすれば必ず結果が伴う。

また、退職金年金の投入は、私を例にとってみると、テニスクラブへの入会金と月々の会費にあたる。見返りに、親父は、結実の楽しみを手にいれ、成果物を友達に送り感謝され、一部を売って利益をあげ、当時の私への学費を生み出した。私は、友人づくりと健康増進にとテニスに精を出している。やはり、親父は、生き甲斐ばかりでなく利益をあげたのであるから偉大かと思いつつも、どちらの生き方が望ましいかは考えないことにした。

信州の厳しい冬に耐えた、梨やリンゴは五月晴れの太陽を浴びてひたすら生長する。そして、秋には立派な実をつける。

現在、室内緑化・屋内緑化を進める活動の中で、「花が咲き実のなる植物には、明日につながる夢がある」ことを強く実感し始めている。そして、2008年末、果樹の開花、生長と結実に一喜一憂していた両親の生き様をあれこれ考えていたおり、マルチンルターの名言に出くわした。

"Wenn morgen die Welt unterginge, würde ich heute ein Apfelbäumchen pflanzen."

「もしも明日世界が終わるなら、私は今日リンゴの木を植えるだろう」

また、開高健氏は、ゲオルグの言葉に共鳴し、好んで、「明日、世界が滅びるとしても 今日、あなたはリンゴの木を植える」を書に用いた。この言葉をめぐっては諸々の意見が飛び交っているが、私には、明日に着実に夢をつなぐ存在として植物を位置づけることは、具体的に成果をとらえやすく、その例として果実のなるリンゴを引き合いに出したのであろうと思える。リンゴの花は花弁にはにかむような紅をさし、純潔で清楚、香りは上品である。寒さに強く、秋には、しっかり実をつける。ニュートンは、その落ちるのを見て、万有引力の法則を見出し、欧米では、「An Apple a Day Keeps the Doctor Away」 「毎日、一つのりんごを食すれば医者は要らぬ」の例えにもなっている。「Apple polish」は、良い例えではないかもしれないが、白粉(天然ワックス)が表面を覆い、もぎ取った手の跡が残る実をそのまま病人に渡す不届き者はいて欲しくない。食べる寸前に磨いたピカピカに光ったりんごは視覚的にも良く美味しいはずである。

 アルプスを背景に、明日への可能性を秘めながら清素に咲くリンゴの花は、万人が愛するシンボル花であり、私がリンゴと育ったことは、幸いに「植育」を実体験したことでもあると思っている。 

 私は、日々の生活の中で植物と深く触れ合うことで、緑豊かな環境の重要性を一人でも多くの方に認識してもらいたいとの思いから智の木協会の活動に打ち込んでいる。

今のような高齢化社会との遭遇は人類にとって初めての体験であり、いかに充実した思いで第三世代を送るかは極めて重要な人類共通の課題であり、その中で植物は、最有力な癒し要素となりえるし、また、我々の最良なパートナーでもある。  

2009-05-28

第一回:智の木協会 理事長 豊田政男 「咲き誇る「桜」か,散りゆく「紅葉」か」

| 18:34

f:id:chinoki:20090603195216j:image

 「自然」,これは響きの言い言葉で,「自然を大切に」がしばしば謳われるものの,あまりにも趣のない答えが多いのも確かである.地球サステイナブルであるために,我々に課された宿題も多いが,それにもまして,自然の力の偉大さは,自然を破壊すると言われる人間の力の及ばないところも大きい.人間,社会,地球の三つの要素が影響を及ぼしあって環境を作り出しているが,単なる「自然を愛する」の言葉で終わることのなく,地球が活きると人類が活きるを求め続けることは,「智の木協会」のメンバーに期待されているところでもあろう.

 「智の木」は,単に植物としての「木」を意味するものでなく,人が積み重ねた「智慧」の集まりを意味し,いろいろな局面でそれを活用することがメンバーの「望み」でもある.ただ,「木」には重みがあり,人類の生存を超えるはるかなる長さを生きてきた木は,時として思慮及ばない大きさを持つともいえる.

 風景としての木々は,人々に安らぎを与える.その中にあって,一番の思い入れの木はと聞かれると,その土地にあっての風景としての木々は,それぞれに思い出深い.ハワイマウイ島バニヤンツリーの大樹,ヨセミテ公園のセコイアの大木,ブラジルの国花ノウゼンカズラ科のイペー,沖縄で見た泰山木の大きな花,などなど,その場その場にあっての木と花なのであろう.さすれば,日本での想いを抱かせる木とはと問われると,答えるのが難しい.ただ,我が国は四季があり,その季節を一番に感じさせる木と言えば,「桜」と「紅葉」では無かろうか.

 君が代国歌であるが,海外では日本の国歌は,「君が代」よりは「さくらさくら」かもしれない.国歌でなくて国花の印象かもしれないが.海外の地元の民芸ショーなどでは,必ず日本の紹介に^さくらさくらが演奏されるのを見てもそうなのであろう.

 サクラは,バラ科サクラ属で,ウメ,モモ、スモモ,アンズなどを除く,主として花を観賞する植物の総称でもある.我が国には,桜の名所が点在しており,名所でなくとも日本そのものがサクラづくしとなるのが春でもある.「サクラ」の名の由来については,「コノハナサクヤビメ」のコノハナサクラを指し,サクヤが転じて「サクラ」に(本居宣長説など),とか,古歌が転じたとか言われる.サクラといえば,今はソメイヨシノかも知れない.そのサクラの開花時期は短く,高々一週間程度であろう.「時期を得た好機」などに,そう訪れられるものではない.

 我が国では,桜前線が3月末から5月初めにかけて北上する.このような情報が大々的にテレビで放映されることも珍しいもので,それほどに関心の深さが感じられる.大阪にあっては,造幣局の通り抜けの八重桜は,まさに,浪速の春を飾る風物詩となっていて,夜間のライトアップには訪れる人も多く,屋台が川沿いに並ぶのである.毎年開花時期を予測して,通り抜けの期間が決められるが,昨年は,見事に満開直前の傷みのない見事な時期が選ばれた.通り抜けは,造幣局構内旧淀川(大川)沿いの全長560mの通路が1週間開放される.現在は,構内には,関山,普賢象,松月,紅手毬,芝山,黄桜,楊貴妃など約120品種、約370本もの桜が花を付けている.大半は遅咲きの八重桜である.明治16年に「通り抜け」が開始されたとかで,昭和58年春には100年を迎え,紅手毬、大手毬、小手毬及び養老桜などの他では見られない珍種も多くある.

 桜の中でも,一重のソメイヨシノも,木一面に真っ白に花を付け,木あるいは木々の集まりとしての美しさが,また,枝垂れ桜(平安神宮のしだれは魅力)は,小さな花が,垂れ下がる枝一面につけ,白い花の滝を形作る美しさがある.それに対して,八重桜,特に造幣局に多い大型の八重桜では,一つの花が美しく,また,それが花のボールのようにかたまった美しさは,ソメイヨシノと違ったものである.小の集まりと大きなものの塊の違った観点からの大・小対比ともいえる.

 一方,秋が深まると「もみじ」の季節となる.もみじといえば高尾といわれるほどに神護寺紅葉は美しい.神護寺への急な坂道を上り,最後の階段の上には元和9年建立とされる楼門に至る.階段付近は木々に覆われ薄暗い感じで,まだ色づく前の黄色いもみじの葉を空に透かして楼門と一緒に眺めるのも風情がある.その楼門を入ると広い参道とその回りに見事に色づいた紅葉が目に飛び込んでくる.

  カエデは,ラテン語Acer (アケル)で,“裂ける”の意味で,葉が切れ込んでいることに由来するらしい.英語のmapleは,ラテン語に近い独・仏・伊語とかなり違っている.日本ではカエデは,一般に「楓」の文字が当てられるが,植物学的には「槭」である.この楓は,同じような葉の形を持つ「フウ」の木の漢字が「楓」であるためである.でも,全てのフウがカエデではないのだ.

 その楓が,日本では何故「もみじ(紅葉)」なのか.まず,カエデは,万葉集の「かえるで」から来ているといい,カエデが,秋になって葉が紅くなることから紅葉する樹木をもみじというようになったという.カエデの中でも,イロハもみじ、ヤマもみじ、オオもみじなど,葉が5つ以上に切れ込んで掌状のものをもみじと呼ぶこともある.この定義でいくと,東福寺もみじは「もみじ」でないことになる.東福寺の黄色くなるもみじは,中国から持ち運ばれたものであり,その意味ではフウなのである.

 紅葉は,鮮やかな赤色に染まり,全体が真っ赤な感じとなるのも素晴らしいが,神護寺のもみじは,1本の木でありながら緑から黄緑,赤緑,それに真っ赤な色までの複合的な色合いのグラデーションを示しており,この色の対比がまた美しい.海外ではあまり見られない真っ赤なもみじもいいが,多様をよしとするか,均一をよしとするかは,単純に比較することは難しいものである.

 もみじといえば,NHK大河ドラマ天地人」で,直江兼続は,わずか五歳で景勝の小姓となったが,雲洞庵に入るときには「行きとうない」と必死で訴え,その泣き顔に,母親のお藤が主従の関係をもみじに例えて説得する場面がある.“燃え上がるようなあの色は,わが命より大切なものを守るための決意の色.そなたは,あのもみじになるのです.もみじのような家臣になりなされ.”と.もみじは,葉を落として,冬の寒さに耐える主木を助けるのである.

 桜といい,紅葉といい,四季があっての木々であり,その木々にとっての一瞬の時の「春」と「秋」を人々は愛でて楽しむのである.ただ,「愛でる」は,その人の想いの表れであり,常から愛でる気持ちでいたいものである.

f:id:chinoki:20090603195200j:image

智の木協会 理事長 豊田政男(平成21年4月21日)