智の木協会活動報告

2012-07-21

智の木協会 グリーンツーリズム 「両備HD 植物工場 やさい蔵(京山ソーラー・グリーン・パーク)・三菱自動車水島製作所・湯郷温泉」見学会レポート

| 18:37

 6月29日(金)、大阪国際サイエンスクラブ主催、智の木協会後援の見学会に33名で参加しました。JR岡山駅から北へ約2キロに位置する京山の麓から頂上までは、ジャンボタクシーで向かいました。

 私は両備HD水田満氏から【社】テラプロジェクトの塾SiNで「最新型植物工場の現状」の授業を受けました。京山が遊園地だった頃のイメージがあり、円形の建造物が植物工場として蘇っていることは、非常に興味深い出来事でした。

集光型太陽光発電装置と円形植物工場

f:id:chinoki1:20120629112804j:image

 京山ではソーラー発電(集光型太陽光発電)の電気を使って野菜を栽培していますが、雨天や曇天で発電不足の場合は電力会社から調達しているそうです。

 工場では葉物野菜が栽培されており、LEDでの栽培試験も行われていました。使用される水は除菌されており、また、種から育てることにより、出荷までほぼ無菌状態を保つことができます。応用範囲が広く、既にショーケースタイプや船舶用に回転ドラム式小型野菜栽培装置も開発されています。

やさい蔵

f:id:chinoki1:20120629114153j:image

 リーフレタスを試食させていただきました。「パリパリした」食感で、初めて食される方が多く、新鮮さに驚いておられました。40種くらいの野菜と数種類の根菜類を栽培することが可能で、レタスの主な納入先は、機内食用やホテルとの説明でした。今後は、低価格でしかも果菜類栽培していきたいと担当者は話されました。安定供給・高い安全性などの長所を生かし、さらに発展していく分野だと思いました。

リーフレタスの試食

f:id:chinoki1:20120629120214j:image

 岡山名物の「まつり寿司」弁当をいただきながら、次の見学先、三菱自動車水島製作所を目指しました。各生産ラインで、最新鋭のロボットが主要な働きをしている様子を目の当たりにして、この分野の発展ぶりを実感しました。耳栓が必要なほどの騒音の中、いろいろな音楽が流れていました。これは工場内をカートなどが行かって危険なため、注意を促すためだそうです。電気自動車に試乗したかったですね。

三菱自動車水島工場

f:id:chinoki1:20120629160131j:image

 帰路は湯郷温泉でゆったりし、ポピースプリングス リゾート&スパではスイートルームを見学しました。皆さん食事にも満足のご様子でした。

中身の濃い見学会となりました。

Connection: close