智の木協会活動報告

2014-02-05

新年交流会レポート

| 18:41

f:id:chinoki1:20140205184010j:image:right新年交流会レポート

平成26年1月15日(水)午後18時〜19時30分

於:大阪富国生命ビル4階 

   【社団】テラプロジェクト Aゾーン

    司会:智の木協会 事務主幹 小林裕子 氏



2014年最初の集まりでしたので、講師の西原力先生のご紹介の後、黒田副理事長様に新年のご挨拶をいただきました。続いて、小菅事務局長の音頭で、会員相互の健康と協会の発展を願って日本酒で乾杯をしました。f:id:chinoki1:20140205184232j:image



f:id:chinoki1:20140205184720j:image:right講演 西原 力 先生

     大阪大学兵庫医療大学名誉教授

    タイトル:「化学物質とウマく付き合うには」

「くすり」と「どく」は表裏一体であること、また、一般に天然科学物質は安全とのイメージがありますが、必ずしもそうではなく、「どく」作用は同じ強さであることを教えていただきました。どのような化学物質にも「くすり」作用と「どく」作用がありますので、「くすり」作用の方が「どく」作用を上回るようにすれなよいことも知りました。

 お話の後、認知症に対する質問も出たりして、会場は終始和やかなムードでした。

f:id:chinoki1:20140205185047j:image