智の木協会活動報告

2016-04-13

智の木協会第8回シンポジウムレポート

| 18:50

・平成27年12月4日(金)17時30分〜18時30分

・於:大阪富国生命ビル4階 (一社)テラプロジェクト Aゾーン

司会:智の木協会 事務局長 小菅喜昭氏


f:id:chinoki1:20160413174606j:image:medium:right

開会のご挨拶:智の木協会 特別顧問 平井堅治氏

 参加のお礼を述べられた後、ちょうどフランスでCOP21が開催中でもあり、そのことに触れられながら「しかし、それだけでは難しく、植物とか自然の力を借りて補助していくことが必要だと考えます。まさに、これは智の木協会の趣旨そのものです」と話されました。

また、鳩山内閣が「グリーン・イノベーションによる環境エネルギー大国戦略」を閣議決定する4年も前に、小林先生は愛知万博で「植物の潜在能力の活用により、低酸素社会の実現や野外の心地よさを日々の生活に導入することによって、快適な生活圏を作り生活に潤いをもたせることの重要性」について講演されたと説明されました。

そして「温室効果ガスの排出の削減と植物の力・自然の力を活用して、これを両輪とすることにより初めて地球温暖化を防止することができるのではないかと考えていますし、今こそ、智の木協会から日本であるいは世界に情報発信していく時ではないかなと考えています」と結ばれました。


講演:西田律夫氏 京都大学名誉教授


f:id:chinoki1:20160413175521j:image:medium:left

座長:智の木協会 代表幹事 小林昭雄氏

 講師の西田先生について次のように紹介されました。「長年、智の木協会で講演をお願いしたいなと思っていましたが、4月に学会でお会いし、本日の講演会が実現しました。先生は昆虫がお好きで、先生が22歳、私が27歳の時に西表島で出会いました。私は植物採集、先生はきれいなチョウチョを追い求めておられたという印象でした。」

 「智の木協会は木を守りみどりの環境を保つという趣旨で活動しておりますが、それを食う虫がいるということで『実のなる木を害虫から守る』という観点からお話していただきます」とバトンを西田先生に渡されました。


f:id:chinoki1:20160413180126j:image:medium:right

講演

 西田先生からご講演タイトルをいただいた際には、ミカンコミバエの名前は初めて目にした虫で、ネットでも調べましたが実感が無く、漠然と12月4日、講演当日を迎えました。しかし、ご講演の最後に奄美大島でミカンコミバエが発見されたというお話がありました。そして、12月15日朝のニュースで「〜〜蔓延防止のため、ポンカンの島外持ち出し禁止、廃棄処分を始めた」と報じました。国内で一度は根絶したミカンコミバエでしたが、奄美大島で幼虫が見つかったということで、あらためて果樹の害虫の大変さを知ると共に、タイムリーなご講演だったと思いました。

 昆虫少年だった先生が学問として果樹と昆虫との関係、農薬使用の軽減を目指す、ひいては地球全体の環境に配慮した果樹栽培に繫がる研究を進めてこられた過程と結果についての分かりやすいお話、また、チョウチョの美しい映像に参加者は引き込まれていきました。

 まず、青森県弘前市のリンゴ畑での体験から、農家の人達は開花から収穫まで、日夜害虫、鳥害、病気の防除等世話が大変なことを実感、また、近くに放置農園があり、そこで駆除・防除等無しでは収穫がほとんど出来ない悲惨な状態になることを目の当たりにされました。

 梨、りんご、桃などの果実の中に食い入るナシヒメシンクイについて説明していただきました。ナシヒメシンクイは果実が大きくなると殺虫剤が浸透せず、どんどん食害していく大害虫です。成虫の蛾は7〜8ミリ位で非常に小さいですが、一匹でも入ると商品価値が無くなり、腐って落ちてしまい被害は大きいそうです。

 西田先生は、この蛾の配偶行動、求愛行動を観察されました。雌と雄が出会うのは、匂いでお互いに交信、つまりフェロモンを体内から体外へ放出し同種の個体を呼んでいるのだそうです。先生は、フェロモンの構造を突き止めていき、それを実際に害虫の防除に役立てられるかどうかという研究をしてこられました。   

 性フェロモンは一般に雌が分泌し、それぞれ蛾の種類によって出す物質が異なり、それを感じて雄の蛾が間違えることなく自分のパートナーの雌を見つけ出すことが出来るのですが、ナシヒメシンクイの場合は雌を見つけるとオスもフェロモンを出すのだそうです。

蛾の行動が分かると、フェロモンを別の原料から多量に合成することができ、それを農業に役立てる研究が進んできました。

 梨畑にフェロモントラップ(フェロモン1〜2mg)をぶら下げてフェロモンによる害虫の発生調査を実施されたところ、一晩でたくさんの雄の蛾が飛び込んできたそうです。人の目では確認できていなくても、害虫はそこかしこに潜んでいるもののようです。雄がトラップされたということは、その果樹園付近に雌も相当数いるはずです。このような捕獲がピークを迎えた数日後には産卵が始まります。蛾の場合は1匹が数百個の卵を産みますので、「フェロモンに集まってくる時期を知ることにより発生のタイミングを知ることができます」と西田先生。色々な種類の蛾、それぞれの蛾がそれぞれ異なる構造のフェロモンを雌が発散し、雄が間違えることなく自分のパートナーを見つけ出すということにより、フェロモンによる害虫の大量誘殺が可能であり、これまで使用されてきているそうです。

 フェロモンによる害虫防除法には、発生予知(Monitoring)、大量誘殺(Mass trapping)、

交信撹乱(Mating disruption)の3種類がありますが、世界中で使われている大量誘殺の方法でさえ、全部を殺すことは難しく、最近世界で脚光を浴びている方法、交信撹乱について説明していただきました。ごく微量で雄は誘引されるため、細いチューブに合成したフェロモンを封入し、果樹数本に1本の割合でぶら下げると果樹園全体にフェロモンが充満し、雄は匂いを嗅いでいますから興奮して雌を探し回り撹乱が起こってしまいます。この方法は、広大な土地での利用が有効で、殺虫剤との併用でかなりの効果があり、ヨーロッパオーストラリア等の果樹園で使われているそうです。信越化学がコンフューザーNという交信撹乱剤を生産・販売しており、この中には複数の蛾のフェロモンを混合して入れてあり、それぞれ発生の時期が異なっても防除できるそうです。殺虫剤散布回数を減らすことができ、環境負荷が少ないということで総合防除という形で使われてきています。


f:id:chinoki1:20030902224309j:image:w360


          アゲハチョウ.ミカン葉に産卵


 次に、チョウの超能力について、説明していただきました。アゲハチョウはミカン科の植物に、キアゲハはセリ科の植物に、アオスジアゲハはクスノキに産卵します。サンショウの葉が丸裸になってしまった経験をお持ちの方、また、パセリの収穫の際に横縞模様の幼虫にびっくりされた方も多いと思います。

先生は、アゲハチョウがたくさんの植物の中からミカン科の植物を、他の害虫も特定の植物を目ざとく見つけることに興味を持たれ、また、その能力の解明がなされていなかったことから、卒論のテーマとして研究されました。アゲハチョウは葉に触れると前足でトントンと叩き、雌の前足は歯ブラシのようになっており雄にはないことから、そこで何かを感じているのではないか、と的を絞って進められました。「その実験にはマニキュアを塗りました」とのお話に、参加者達に笑みがこぼれました。その頃、「モンシロチョウキャベツの葉を前足で感じる」という論文が発表され、前足にレセプターがあることが分かり、遺伝子をブロックすることによって産卵を阻止することができる可能性が出てきました。

ミカン科植物の葉には数百種類の化合物がある中、10種類がエッセンスで必要だということが分かり、その10種類にアゲハチョウは反応するそうです。色紙の模型にその物質を塗布すると、アゲハチョウは産卵するのですが、「野外では1匹も来ないことから、匂いやしなやかさ、艶やかさなども重要だということが分かっています」と西田先生。これらの研究は、まだ応用には至っていませんが、害虫のウイークポイントが分かってくれば防除手段を見つけ出せるのではないか、と研究を続けておられます。

 ミカン農家の方々からするとアゲハチョウなんて可愛らしいもの、ミカン科の害虫数ある中で本当に怖いのはミカンコミバエで、先生のもう一つの研究になっています。トロピカルフルーツの大害虫で、「40年前小林先生と沖縄で出会った頃には、ミカンコミバエがウジャウジャいて、マンゴーもミカンも絶対育てられない状況でした」と、当時の様子を説明されました。その防除方法では、誘引物質メチルオイゲノールに雄がやって来て舐めますので殺虫剤を入れておくと死にます。メチルオイゲノールと少量の殺虫剤をダンボールに染み込ませ、ヘリコプターからばら撒くと効果的で、沖縄では雄特異的誘引剤を用いた大量誘殺によるミカンコミバエの根絶事業(1972〜1986)により、根絶されたはずでした(が、奄美大島で発生)。


f:id:chinoki1:20160413181636j:image:w360


             講演会の様子


 マレーシアフィリピンで研究の続きをされたところ、メチルオイゲノールを発散している植物は多くあり、そこへミバエがやって来てその植物の受粉を手伝い、逆にミバエは貰った香りを蓄えて雌を誘惑する性フェロモンとして利用する、いわゆる虫側と花側とが共進化しているそうです。実際に舐めていくと背中に花粉の詰まった袋(花粉塊)が付き、ミバエは別の花に運んで花粉が授受されるという仕組みになっているとか。ミバエランでは、ミカンコミバエが花の中心にある可動式の唇弁部を舐めた途端にミバエの重みで倒れ込み、その際に雄しべに受粉するそうです。その成分はZingeroneという生姜の成分で、全く新しい誘引物質で、オーストラリアマンゴーのミバエの防除に利用できないかと目下研究がなされています。

 今後も生態系情報化学物質で植物を守る見地から、害虫駆除のヒントがまだまだあるはずと、現場からヒントを得て研究を続けていきたいと話されました。「これまでの方法は、有効に使えば問題はありませんが、タイやマレーシアでは本来ミカンコミバエと仲良くしている植物があり、この虫を駆除してしまったらミバエランは滅びてしまう可能性があり、やっつければよいという訳ではありません」「農業生態系と自然とのせめぎ合い、これをどのように解決していけばよいかにも配慮しながら進めていきたい」と結ばれました。



質疑応答

Q:生物農薬、いわゆる天敵について。

A:本来土着のものをアタックするなどの問題が出てきているようで、一概に評価がプラスだけとはいかないようだ、と聞いたことがあります。一つ一つ慎重にしなければいけないということです。

Q:チョウチョの色はきれいですが、あれを抽出しても色は出ないですね?

A:チョウチョは何度か抽出しましたが、あの色だけは抜けないですね。でも、その中の特に目立つ色のカロチノイドだけはスポッと抜けます。

Q:信越化学が売りだしているコンフューザーN、他にこのような撹乱剤を作っている会社は?

A:中国はこれから頑張る可能性があります。ヨーロッパアメリカにもあるとは思いますが、信越化学はかなり安全なものを作っています。

Q:毒を持つ蛾も、食べているものを身体に蓄積するということを聞いたことがありますが・・・

A:実はチョウチョを追いかけた原因はそちらで、沖縄へ行くと毒チョウがたくさんいて、その成分は食草から蓄えていました。未だにチョウチョを追いかけている理由です。


f:id:chinoki1:20151204185702j:image:w360:left


事業報告:智の木協会 代表幹事 小林昭雄氏

 智の木協会のこの1年間(第7期)の活動について報告されました。

自主事業:

 第8回ワークショップ(平成26年11月、岩本将稔氏、柿渋の話)、第9回ワークショップ(平成27年2月、大阪芸術大学教授 池田光惠氏、錦影絵、お話とデモンストレーション、大阪国際サイエンスクラブと共催)、新年交流会(平成27年1月、日根野文三氏、「数値を実感しよう」)、第17回イーヴニングトーク(10月、信州大学名誉教授 廣田満氏「信州キノコの森を語る」)、創立記念講演会(5月、京都大学教授 平井伸博氏「花粉はなぜ光る」。

グリーンツーリズム

 京町家見学と扇子絵付け体験、京風お弁当を楽しむ一日(6月。扇子のお披露目会、8月)、柿渋工場見学会(9月)。

・後援事業:

(1)平成26年11月19日、「都市未利用空間活用で“みどりの風”を感じる大阪つくりシンポジウム

(2)平成27年7月4日、シンボルグリーン東梅田を起点とした大阪みどりの風つくり

・花壇「フラワーケーキ」完成記念式典

 富国生命保険相互会社、平井常務様にもご臨席いただきました。

シンポジウム

(3)平成27年11月7日、いのちの森のパンバザール

当日の様子がテレビニュースで報道されました。

また、パンノキの粉を使って日本人が作ったレシピが、現地サモアで新聞ニュースとして取り上げられました。

非常に大きな関心を持っていただきました。

「Go Greening!」植育(育てる喜び、収穫する喜び、分かち合う喜び、食する喜び)という言葉を智の木協会から発信しています。これを国際語にしたい!

(4)平成27年11月29日、大阪みどりのサンタ・ラン参加

 大阪あかるクラブ創設者やしきたかじんさんの遺志に「みどり化」があり、みどりのサンタ・ランとして参加のチャンスをいただきました。クリスマスツリーを作ろう!ということで、人工のツリーを、智頭町小国町四万十町から杉・檜の枝を寄付していただき、網に枝を差し込んで5m高のツリー、他に2本、合計3本のツリーを作りました。ツリーには、願いごとを書いてぶら下げていただきました。

 今後の抱負について、“みどり化”に相当する英語がありませんので、「智の木協会の植育と共に、“みどり”を国際語にしたい」また、「智の木協会の活動が市民にまで浸透するよう、事務局として更なる努力をしてまいります」と決意を示されました。


f:id:chinoki1:20160413183747j:image:medium:right

閉会のご挨拶:智の木協会 副理事長 黒田錦吾氏

 先ず、ご参加のお礼を述べられました。次に、ご子息が中学生になられた時にレモンの木を植えられ、良く育って長い間レモンを100くらい収穫されたそうですが、ある時突如として枯れたこと、また、ビワが実って収穫段階に入った頃に鴉にやられてしまったこと等、実のなる木を育てることの難しさを披露されました。そして、「フェロモンのお話を聞いて、これからは防除の仕方が私共の課題では」と話されました。

 次に智の木協会の活動について、「シンポジウムワークショップ、イーヴニングトーク等、非常に勉強になる話ですので、参画することが楽しみです」「富国生命保険相互会社の平井様からお話がありましたが、フランスで行われているCOP21という国家間の約束もさることながら、草の根として、会を通じてもっと植物に関心を持ってこの輪を広げていくことが大事ではないでしょうか」と結ばれました。


交流会


f:id:chinoki1:20160413184806j:image:w640

                        交流会の様子