20170422

[][]#053 輪廻の輪 一斉清掃/恨み無限大/雨の中の子犬

 やっぱりドタバタにはアホの子・鳳は欠かせない。れんげが架印に弱いことは忘れてた、なんかりんねの隣室の人で口が悪いという印象しかないんよな。あのいつぞやのマスクのせいだ。そして、それも鳳のせいだったな……。

20170421

[]バーニング・オーシャン(Deepwater Horizon、2016)

 2010年に起きたメキシコ湾重油流出事故現場の様子を描く。ドキュメンタリーではないが再現映画なので、わりと情けも容赦もない。数字の上では、これだけの大事故でありながらも犠牲者が11名にとどまったのは不幸中の幸いのように見えるのだが、実際のところはBP社が工費圧縮のためにわりと無茶させたせいなので、本来はもっと安全にできたものがコケただけの話であり、憤懣やるかたなし。作中、ジョン・マルコヴィッチ演じるヴィドリンとその同僚(BP社から派遣された幹部)が現場作業員圧力をかけたシーンもあって「こいつら……」とも思うのだが、どこの現場でも横行していることで、まず問うべきはBP社の責任なわけです。

 なお、マーク・ウォールバーグの演じたエンジニアマイクウィリアムズ氏が操縦士のアンドレアさんを助けたのは、映画演出ではなく史実に基づいた話だそうで、事実小説よりも奇なりとはよく言ったもの。

 特にドラマティックにするでもなく事実映像化したのは、トム・ハンクス主演の「ハドソン川の奇跡」に通じるものを感じる。構成はあちらの方が一枚上。

 ちなみに字幕ではプラットフォーム名「ディープウォーターホライズン(14文字)」が横一列に入らないためか、すべて「ディープウォーター」表記になっていて、どうでもいいところだけれど、それなら吹替版見たのにーと思った。「ディープウォーター」でも9文字食うから、いったいどれだけの情報量が削られてしまっていることか。

20170419

[][]#03 暴走メタルリー!!

 奈良家のヌシが完全にテマリリーくんは親子でギャグ担当であるが、母親出ないと家族ネタ伸びないよねえ。

20170418

[][]#03 デレラジ…ゲスト…フヒ…/にゃん にゃん にゃん/絶賛放送中!

 みた。

20170417

[][][]名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)(2017)

 今回は思いっきり平次×和葉で、和葉の「恋のライバル」が出てくる以上、その他のキャラクターの出番は控えめに。「純黒の悪夢」で活躍した少年探偵団は完全に脇役に、小五郎&蘭は「純黒」に引き続き出番少なめ&ピンチにもならない。園子にいたっては風邪で寝室から2カットだけの登場。鈴木財閥の財力&阿笠博士の科学力を使えると無敵なので、制約がかかるのはしょうがない。

 ちなみに、和葉の出番が増えるとみやむーが和葉にしっかり入り込めるだけの時間が取れるからか、あるいは見ている側が声に慣れるからか、後半のシンクロ率はとても高く感じた。和葉が去り際に言った「ほなね」とか、ポイント高すぎてもう何も言えない。それだけで100点上げたいレベル(単なる宮村優子ファンの戯れ言)。実際、本作では平次、和葉ともにいつもより声が若く聞こえたので、キャラテンションに引っ張られるところはあるのかも。

 ゲストは吉岡里帆と宮川大輔コナンゲスト的には及第点だと思います。

 「純黒」では黒の組織大暴れで水族館の観覧車をヘリで襲撃&爆破とむちゃくちゃやりましたが、今回は黒の組織ですらない一般人テレビ局を爆破しちゃって、もうとんでもねえテロリストですよ(爆破では死者は出てないとはいえ)。動機と犯行とのバランス悪すぎィ!ここから考えると「東京タワーとか東都水族館とかボロボロにした?まぁ、やりかねないよね」と思える黒の組織存在はありがたい。

 それにしても名頃先生が「名頃会」を作って「皐月会」に挑んでいた理由が「初恋の人にいいところを見せたかった」からと知ると、その扱われ方があまりにも不憫でならない。皐月さん、3年前に病死してるから何もなく済んでるけど、ひどすぎるやろ……。

[][][]映画きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち THE GREAT RACE(2016)

 メインランドでグレート・レイルウェイ・ショーが開催される。なんとかして出場したいと考えるトーマスはあの手この手でトップハム・ハット卿にアピールするがすべて空回り。ついには事故を起こし、本来なら出られたかもしれない貨車押しレース代表をパーシーに譲ることになる。失意のトーマスだったが、スピードレースに出るため流線型に改造したゴードンのパーツ不足が発覚、その輸送のためメインランドへ向かい、パーシーに代わってレースへ出ることに。

 相変わらずすぐに調子に乗ってしまうトーマスさん。アニーとクララベルを側線に放置するとか、この人ほんと何やってんだろう……。そのトーマスと知り合うインドの機関車アシマ役にゲストの渡辺直美。可も不可もなく(個人的には予告編だけならもっと上手いかと思える出来だったので、思ったほどではなかった)。メインランド行きの船が一時寄港したソドー島で誤って降りてしまい、メインランドへ向かう線路を求めてうろうろするアシマだが、ソドー島鉄道って迷子の機関車がうろうろしてて許されるんですか。そういえばトーマスさんは日々ダイヤ無視してウロウロしてましたね。

[][][]映画クレヨンしんちゃん 襲来!宇宙人シリリ(2017)

 野原家に墜落したUFOから出てきた宇宙人のシリリの「バブバブビーム」によって、ひろしとみさえが子どもにされてしまった。シリリの事情を知ったしんのすけたちは、ひろしたちを元に戻してもらうべく、種子島にいるというシリリの父のもとを目指す。

 シリーズを貫く「家族の絆」は、たとえひろしとみさえが子どもになってしまっても健在。おそらく小学校低学年ぐらいまで縮んでいるのに、必死家族を守ろうとする姿はぐっとくる。なお、声が森川智之に代わって初の映画なので、声の違和感を減らすために子どもにしたのかな?などと邪推するが、テレビシリーズではそこそこやってるから、そんなことはないか。

 クレヨンしんちゃんってどんな話に振ろうとも、しんのすけキャラをブレさせず、野原家の絆さえ守っておけば成立するので、突っ込むところがあんまりないよね。毎回、80点は楽しませてくれて文句ないです。今回はしんちゃんの「オラ、忘れたことも忘れちゃうタイプ」ってのが気に入ったのと、なにかと「ホラー映画なら……」でマサオくんを泣かせるネネちゃんが好き。そして、わかっていてもそれで泣かされるマサオくんもだ。

 シリリは沢城みゆきで、ゲストはシリリ父が宮迫博之、シリリ父の配下に蛍原徹。宮迫は声の仕事はかなり上手い部類で、もはや言われないと気付かないレベル。志田未来も出てるけど、番組内ドラマでの出演。

[][]#02 魔女狩り

 獣堕ち・魔女一般の人々との関わり合いが多少描かれる。かつて疫病の流行があって、魔女ソーレナはその治療をしたのだが、むしろ疫病を広めた原因と誤解されて捕らえられ火炙りにされた。以後、魔女はウェニアス王国に対して敵対行動を取り、王国王国で獣堕ちの力を借りてでも魔女を狩ろうとしていると。

[][]#03 弁当戦争/ああ、愛しの583系

 1本目は遅かれ早かれ母親か彼女かの選択を迫られるところだったわけで、喪黒さんいなくても成立しますやん。もっとこう取り返しのつかない感じ、たとえば母親が彼女を排除するために弁当に毒入れてくるとか、息子を取られないために息子を弁当にしちゃうとか、そういうのが欲しかった。原作でもさすがにそこまでひどくはないか。

 2本目の人はそのうち餓死しそうだけど、あれで幸せそうだからいいんじゃないですかね?

20170415

[][]#052 呪われたエース/私を描いて

 意外とりんねががんばって金出してた。「出したいのはやまやまだが、ぐぬぬ(血涙)」「まったく、しょうがないなあ」で桜の助けを借りるパターンかとおもたが、わりと貯まってるのね。

[][]#28 南西へ

 コニーの村にいた動けなくなった巨人が「オカエリ」と声を発する。ライナーは聞かなかったことにしたが、不穏。そして、ウォール・ローゼには穴は見つからず、夜になってもなぜか巨人たちは活動を続ける。獣の巨人は壁上っちゃってるし。

 そしてニックから唯一、鍵はクリスタであるという情報が明かされる。

[][]#02 一握の砂

 そもそも思春期ど真ん中をターゲットに作っていそうなので、「こんなむずがゆいもの見てられない」というのはターゲット外の人間の反応としておかしくないと思う。つまり、むずがゆいです。

 でも、どう盛り上げるのか、どう落とすのかには興味ある。サブタイトル文学作品で来てるってことは、作品タイトルの「月がきれい」は「I love you」ってことでせう?涼子先生とろまん君のところ、気になるなあ。(なんだかんだでハマるパターン)

20170414

[][]#01 剣姫と妖精

 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」でベルくんを助けてくれたアイズさんサイドの話。でもアイズさんより褐色姉妹に目がいくという。

20170413

[][]#52 狙われたアイドル!?

 四ツ星学園vsアイドル海賊エルザ。執拗にゆめを誘うエルザは、ローラには見向きもしなかったが、1年生のためにゆめとローラが見せたパフォーマンスを見て考えを改める。

 引っ越し離脱していた小春ヴィーナスアークに……。

20170412

[][]#02 火影の息子…!!

 忍者学校でなにかと突っかかられるボルトボルトは「青臭い生意気な小僧」ってイメージだったのに、そのボルト正論説かれるのはいかがなものか、ダブりのイワベエくん。最後には自分でダサいと自覚してくれてよかったけれど。

 まぁ、まだいのじんとかの顔見せ中って感じなので、1クール目は助走と思っておこう。……きっとNARUTOみたいに延々とやるんでしょ?

20170411

[][]#02 スプラッシュパニック/私のベストチョイス/アンニュイ楓

 第2話で水着回て。5分アニメにやーやーいうてもしょうがないけど、卯月スクール水着あざといあざとい。

[][]#02 飛べないスティ子はスティ子でいいのかな?/お掃除するぞ!

 スティ子はちょっと百合資質があるようです。あおと轟雷はまったく気付いていなくて、バーゼラルドは状況を面白がっている感じ。

20170410

[][]#01 魔女と獣堕ち

 金になるからと命を狙われる獣人のことを救った魔女天才だった。……ぐらいよな、今のところ。

 「汚い方の小山」こと小山剛志声の白いトラ男が活躍するお話ということでよろしいか。

[][]#02 温泉奇行/マボロシガイシャ

 1本目は起きたら嫁オチかと思った。喪黒さん、わりと取り返しが付かないレベルのしっぺ返し食らわしてくる(#01の「ご利用は計画的に」とか)ので、金で済むなら安いほうです。

 2本目はそれに比べると一般社会にはもう二度と復帰できない感じがいい。マボロシガイシャの他の社員のみなさんは同じように喪黒さんに集められたわけではないんかな?

20170408

[][]#051 ゴールドライセンス

 各キャラ説明&鯖人との対決と、基本を押さえた導入回。さすがの丁寧さ。

[][]#01 とくぎは、かかしです

 コミュ障っぽい子、演劇……「ひとひら」?

 本好きのくいなが、本好きすぎて食べてしまうくだりは「食べないよ!」という弾幕が目に浮かんだ。

 絵柄はあんまり好みの方向じゃないけれど、なんやかんやで作品自体は気に入るのではないかという気配を感じている。OPとEDのワヤワヤした感じは好き。

[][]#27 ただいま

 急を告げるべく各地へ散った第104期生たち。サシャは故郷の村の先にできた新たな村で、足の悪い母親のそばに取り残された子供を救い出す。一方、ウォール・ローゼを目指すエレンたちにはウォール教のニックも同行することに。

 芋食ってるだけかと思ったけど、サシャやるやん。

[][]#01 春と修羅

 中3の恋愛モノ。オリジナルでコレをやるって相当な度胸だなぁと思ったが、原作アリの恋愛モノと何が違うねんという話ではある。原作ファンだからってアニメが気に入るとは限らんものな(前例多数)。

[][]#01 妹と開かずの間

 高校生ラノベ作家和泉マサムネは、自分作品でイラストを担当している「エロマンガ先生が、1年前から自室に引きこもっている妹の紗霧であることを知る。

 「俺妹」のとき紆余曲折を経ての実妹ENDで白目剥いた人が多かったので「だったら義妹にするわ」感ある設定。このポジション松岡禎丞は安定して好き。

20170406

[][]#51 パーフェクトアイドル エルザ

 2ndシーズン開始ということでAパートでは四ツ星学園のおさらいアリ。逃げたゆず先輩をアトミックバズーカで捕獲ネットを発射して捕らえるリリィの、発射の反動での後退は細かくて笑う。「これそういうアニメじゃねーから」とみせかけてそういうアニメですけどね。プリパラシリーズにしてもアイカツシリーズにしても、すごく愛されてる感ある。

[][]#01 MEMORY in CHILDREN 1/3

 事前に仕入れていた情報だと、2年前に失った相馬さんを取り戻すために云々って話だったが、まだそこに至ってない模様。まずはメモリー能力リセット能力でどんなことができるのか見せてから本題へ向かうという構成っぽし。リセット能力は本人もリセットした事実を忘れるほかに「事前セーブが必要」「次のセーブまで最低24時間必要」と制約が大きい。

 ちなみに「泣いている人を見かけたらリセットする」というぐらい頻繁にリセットしてるなら、リセットされても記憶の残る主人公は「たまに時間の重複を感じる」というレベルじゃ済まないぐらいに記憶パンパンになりそうですが、よほど意識していなければ気にならない?

 春埼役は花澤香菜が演じているが、これぐらいのアニメでこの役だと安済知佳でもおかしくないなと思ってキャスト表見てしまった。これは一時期の能登麻美子早見沙織ぐらいには似てる。

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 |