Hatena::ブログ(Diary)

20070731

[][]#16 ひとり〜いとしくて〜

 ころころとキャラの変わるハーマイオニさん。女性同士だともっとドロドロともめそうな印象なんだけれど、結構あっさりとした感じでしたね。デレたか。

[][]#03 海坊主 序の章

 最初の話はとにかく不気味な話だったのでそういう話しかないのかと思っていたが、こちらコミカルな中に不思議感覚の漂う話だった。加世のポジションが限りなく巻き込まれ主人公というか視聴者に近かったので話に入りやすかった。

[][]#04 2月と言えば 節分と/くさめの朝

 鼻水垂れ流していてもかわいいもんですな。

[][]鋼鉄三国志 #16 関羽の咆哮、陸遜を撃ちて覚悟を迫る

 凌統かわいいよ凌統。味方である関羽に疑似玉璽を仕掛けたり、弟子である陸遜を使って玉璽の力を増幅させたり、孔明ろくなことしてないな。なんでここまで来て、陸遜覚悟を決められないのかのう。

[][]#18 翼、再び

 OP変更。ティアナはさすがにスバルとギンガの秘密を知っていたみたい。知らなかったのは視聴者とちびっ子組だけか。捕まったヴィヴィオがなんかイケナイことになってる…。

[][]#17 Zeal is runaway horse.

 改めてミコトの虐げられていた時代をふり返るとなんて辛いことか。憧れるゆきの存在と、そのゆきからのお誘いはどれほど支えになったんだろうなぁ…あんなアホ面しているのが信じられないよな。

[][]#18 夜

 雪歩の巧みな罠により単独行動で撃破されるネーブラ、そしてキーを奪われる春香。たぶん、春香は一瞬たりとも雪歩を疑ったことなんてなかっただろうからな。
 雪歩がスパイであるように、真もまたスパイをしていたりするのかとかすかな期待をかけていたんだけれど、本気でネーブラをぶっ壊しに来たな。デコの子が不憫すぎる。

[][]#05 偽りの死角

 スカルマン候補だった宇佐神がそのスカルマンによって殺されてしまった…正体自体はどうでもいいのかもしれないんだが気になるよな。中身は若いと思うんだが。
 霧子が見つけてしまったのは、いなくなったはずの兄とかだろうか。

[][]#17 報復軍勢

 ひめしってるか、メヒタカは鉄しかたべない。

20070730

[][]#18 シュレッダーの逆襲 パート2

 シュレッダーがどこまでも悪人すぎて困る。シュレッダーといえば、タートルズを追いつめながらもドジ踏むキャラだったのに。今回は無能な中間管理職がいないおかげか。ってことはあのブタとイボイノシシのせいか。そうか。
 いつからケイシーとエイプリルはいい感じになったんだ。

[][]結界師 #30 烏森の適任者

 限のいないところで悩む良守。でも、良守が思っているより限と良守は分かり合えているんじゃないか?

[][]#04 ヒジニモ負ケズ ヒザニモ負ケズ

 あびる、芽留の回。確かにパロディとか時事ネタとか、やってることはハヤテと大して変わらんのかもしれないけれど、見せ方の問題は結構大きいのかもしれない。あと個人的に久米田贔屓もあるか。
 芽留のカエレへの「パンツ見せキャラメールパンツ見せ、電池切れ→電池ずらーりコンボは良かった。エロスは感じないけれど、見せ方がいい。

[][]もえたん #04 時の中のアイドル

 テレビ大阪規制しすぎか他が緩すぎるかといわれると、さすがにフラッシュで消すのは勘弁願いたいものの過度のエロにも問題はあるよな。今週もそんなえろたんでした。アイキャッチTVO規制
 タコ=触手は主にすみの妄想内だけ。多少服は破けたが肝心なところは見えず。見えたら番組終わる。
 予告はみんなの気持ちを代弁する、放送時間重複ネタ。「頑張って録画して下さいね」って、努力にも限界ってモノが…。

[][]#17 お天道様のもと

 こなた達も受験生なんだよな。とてもそうは見えないのがすごい。こなたは本は雑誌マンガしか読まないのか…大丈夫かそれで。
 中盤は柊家をフィーチャー。なんだかんだで仲良し一家。
 らっきー☆ちゃんねるアニメ店長。実況としては盛り上がるんだけれどねぇ…。アニメに重要な3要素は「愛情時間、制作費」。後ろの二つがちょっと切実ですな。ED白石もってけ!セーラーふく。誰かが書いていたが、ニコニコ動画見ているような気分になる。

[][]#01 Out of bounds

 2005年WOWOW版の続きらしく、ストーリーはすでに宇宙リーグに殴り込んだあと。一応Webコミックで全部読んだので話はわかっているけれど、できれば第1期も地上波でやって欲しかった。完全にヒデヨシ自意識過剰のイカレ野郎にしか見えず呆れるしかなかった。もっと努力型バリバリのキャラクターだったような気がしていたんだが、テングになったなぁ。
 続編モノとしては第1期で築いたものがゼロになって、それをもう一度やり直すのは王道といえる。1クールでさっくり終わって、10月からカイジやってくれると嬉しい。

20070729

[][]#18 聞かせてもらうぞこの世界の謎を

 ムガン(無顔?)を倒してその破片も全て打ち落とせば問題なしというシモンの発想は螺旋王をブチ倒した戦士っぽい発想で悪くはないんだけれど、トップが戦士として出て行くのはやっぱまずいよなぁ。面倒なことは全部ロシウがやっている感じで、そりゃロシウが勝手にロージェノムを復活させてみたりするさ。
 シモン逮捕するのは、市民の反感をなんとかそらすためにやることなのかねぇ。ロシウが7年前と変わっていなければ、シモンをあの役職から解任して一パイロットに戻すつもりなのかなぁとも思うんだが、もうそっちはギミーたちに任せるという手もある。

[][]#25 プリキュア合宿大作戦!

 合宿に行って大騒ぎ回だと思ったら、準備だけで一本作ってしまった。どういう合宿をするつもりなのか知らないけれど、お菓子ばっかり買っても余りますよ。

[][]#18 レアカード水着です

 ハヤテメタ言及したとおりキャプ職人の腕の見せ所な回。やったぜ水着回!…といっても、水着EDだから目新しい感じはしないよね。
 ヒナギクは同行しなくてもサービスカットが入って優遇されていて、3バカは色気たっぷりの水着でかなり目を引いたが、ナギが全く目立ってなかったな。おかしい、メインヒロインのはずなのに。

[][]#06 わたらせ渓谷鐵道と廃線跡歩き

 目当ての女の子が隣に座っているのに、正面から邪魔されるというのはある種の拷問。横見は4人で行けばキクチとカミムラをうまく放置してデートに近いことができると思っていたんだろうなあ。でも最後は大暴走。鉄の血は他の何にも勝るというのか。

[][]#30 残されたコイン

 ヴァルジャンはファンティーヌとの誓いを決して忘れたりはしないし、それがなくてもきっとコゼットを守る覚悟なのだよ。老いたかと侮っていた。
 マリウス日和見な態度はヴァルジャンをジャヴェールの手から救ったが、テナルディエのことだから聞かれてもいないことまでペラペラ喋りかねない。アゼルマまで捕まってしまって、残されたエポニーヌはどうなるんだろう。マリウスが面倒見ないと収入0だよね。

[][]#04 ヴァリエールの三姉妹

 ツンデレはもうどこへやら、今回は姉妹シエスタの超ぱやぱやでした。ついでにサイトルイズの小舟エロゲ展開。サイトスクイズの誠はやっていることはほとんど同じ(乳もみとか)なのに、なぜこうもサイトは嫌われず、誠は腹を切って死ぬべきなのだろうな。
 シエスタが顔と展開から雪歩に見えて仕方がない。黒化は時間の問題ですね。

[][]#15 自滅

 「羊羹切らないで手首切ってどうすんだよ!」はアニメ版キリエ唯一の見所。原作ではおどおどしながらも、きっちり決めるべきところで決めてくれる男前だったのに、これはただのヘタレ。そもそも、ウシロとキリエが語らう図というのは違和感あるよ。カンジ以外とはあまり口をきかないウシロと、みんなの発言のあとにボソッと一言のキリエですよ?いったいどんな会話をするのかと。
 カナちゃんは無防備すぎ。どこからみても不審者なオヤジを家に入れたあげくシャワーまで浴びさせるってどういうことですか。
 敵の切腹が理解できなーいー。キリエは動かなかったから生命エネルギーを使わず済んだということらしいけど、どうせ次戦もパイロットです。敵性地球人の攻撃でなければ撃破扱いにならないという話もあったような気がするので、敵の自滅のメリットって0ですな。

20070728

[][]#16 妖怪ゲームの達人?!

 ネット対戦格闘ゲームで強いやつに出会ったことがないということは彼は相当やり込んでいるということなのかな。あれは運より実力だからなぁ。
 今回は美少女が登場したので鬼太郎を牽制するネコ娘が可愛かった。撮影会まで!

[][]#30 新たなる怪物オル

 まるで1話飛ばして見たかのような感覚。6つ目の宝石編に入ったところだから展開が急に感じるだけか。
 レジスタンスたちはかなり久々の登場だから、できればもう一度人物説明が欲しかった。この程度の暗号が重要な秘密なのに、よく今までレジスタンスは全滅せずにやってこれたね。
 デルトラパーティからジャスミンが抜ける?ハハハご冗談を。このパーティがぎりぎりやってこれたのはジャスミンのおかげですよ?

[][]#17 水車燃ゆ

 トーヤGJ。相手はプロなんだから尾行されるのは仕方がないところ、むしろ向こうに地図を渡さず、バルサに危機を伝えることが出来たのだから十二分の出来。
 シュガはえらく上から目線バルサにものを言う。チャグムは状況に混乱してはいたが、すぐにシュガにくっついて都に帰ることは選択肢として無かったのでは。

[][]#17 ホメロンは死んだ

 せっかくのチャイナ娘があああああああ!!なんとなくこのチャイナが一番情報握ってそうだと思ったけれど、男だなんて…。しかもホメロンさん、ちょっとおネエっぽい。

[][]#16 あなどるな

 このサブタイトルでアッー!だからもうどうしようもない。三橋のいとこ登場、顔が全く一緒だからきっと「◇」口になったりするんだな。脱ぎっぷりがよかったのは評価に値するのだが、ただでさえ影の薄いマネージャーの出番がなくなっちゃうぜ。

[][]#17 永遠陽炎

 ブルー追悼ED。ジョミーがようやく主役っぽい顔になってきたなぁ。キースは同士討ちも躊躇しないあたり、人間側にとっても厄介な存在になるぞ。メガネの判断は悪くなかった、というか株急上昇。

[][]#12 ダイチ、発毛ス

 NHKがこわれた。発毛といってもヒゲだったけど、ダイチのオヤジはケンコー全裸系だし、イサコや黒客を除く主要メンバーはみんなヒゲになるし、星間戦争になるし、ネタ多すぎる。教育の方では分速300に達したとか。
 イサコにヒゲの生えたところが見たいわけではないが、全く出てこなかったのは残念だよ。

[][]#21 動き出した謀略

 陰謀は見えないところで張り巡らされるから陰謀なんだな。玲とのデートイベント発生で、ようやくヒロインっぽい扱いになってきましたが、その一方で栞が淳貴と玲のデートを目撃してしまって、このままではいられないよね。栞はガディオンのキーを持ったままだから、黒化→ガディオン搭乗という流れは十分にあり得る。

[][]#41 制空権の恐怖!龍は舞い降りた!

 主にケンイチボコボコにされて再修行ってな話。いままで第一拳豪には見逃されていたらしい新白連合目標に入ったことで新島涙目。ハーミットを新白に入れるためにジークフリード使うとか何やってんだって話だ。魂のこもったピアニカジークフリードを揺り動かしたみたいだ。

[][]#17 拒溶(ツナガリ)

 サイボーグ樹vsシュウ。七生との戦い以降シュウの意識は変化しているのか、しっかり樹を救出していた。イエラはここ2回ほど死にかけているのでちょっと気をつけて行動して下さい。

[][]#24 崩落 の ステージ/#25 ゼ ロ<終>

 1時間でスレッド15本消費、ラストは超アレゲ。図ったな谷口ィィィィィ!!
 途中までは良かったんだ、生徒会メンバーをうまく黒の騎士団に監視と見せかけて守らせながら、自分はコーネリアとの決着をつけに行く燃え燃え展開。さらにぶっ壊れたオレンジさんが執拗に狙ってくる、ランスロットも現れる。ただ、ここでスザクをぶち殺しておけばよかったものを放置しておいたこと、ヴィレッタの記憶が戻ってしまったことでカオスへ。
 ナナリーをさらわれて以降、ルルが完全に平静を失ってただのヘタレシスコン野郎になってしまった。藤堂に黒の騎士団の全権丸投げして自分は妹救出へと向かってしまい、ゼロの抜けた騎士団はボッコボコ。せっかくの井上が死んでしまったではないか。ゼロは腹を切るべきである。
 正体バレは結構あっさり。カレンはショックを受けていたが、スザクは薄々感づいていたらしい。というか声がそのままだからバレてない方が不思議というのは魔法少女にも通じるお約束ルルーシュを殺せばサクラダイト爆弾が爆発してスザクカレンも巻き添えってところで暗転、サヨウナラスザクには「死ぬな」のギアスがかかっているから、何としても生還する必要があるんだよねぇ。
 ルル母を殺したのはコーネリアではなく、むしろ護衛を断ったらしく実行犯は不明。第一皇子無能皇帝はセリフ無し。伏線は残ったけれど、この投げっぱなしエンドにはさすがに笑うしかなかった。なぜ母が死なねばならなかったのか、皇帝との対決だけで第2期やることになるのかねぇ。まぁあんまり期待はせずに待とう。
 #23までの勢いで最後まで放送していたらわからなかったけれど、やっぱり4ヶ月も空いてしまうとテンションが変わってしまう。オレンジさんことジェレミア・ゴットバルト卿のおかげで、序盤と終盤楽しむことができましたが、第2期もちゃんと出てくれるでしょうか。

[][]#04 休日の街角

 通信士お披露目。設定画見たときはボーイッシュ少女かと思っていたのに男かよ!いらないよそんなの。
 瑛花が完全にデレってしまい、一緒にお出かけしてプリクラ撮った上にニコッて笑ってました。これはこれでアリかもしれんね。

[][]#10 怪異猫変化

 金さんいじりまくり。お奉行って呼んだらすねるし、面倒な人だよ。ネコミュージカルは元に近いらしいんだけど、ナシではないね。ずっとあのままネコでもよかったのに。

20070727

[][]#17 霧火先輩の告白だしー

 霧火先輩が女だった事実が吹っ飛ぶ一枚の写真。姫香の両親の写真花梨の両親の写真=みちるいわく九条教授=和音の両親。本当にイコールでつながったら和音花梨と姫香は三兄弟ってことか。誰もその事実に気付かないわけがないからどこか誤認があるんだろうな。みちるは真実を知っているけれどごまかしているっぽい。

[][]#01 第壱夜 拳武編「拳武十二神将

 前期は期待せずに見てヤラレタ。中盤以降ぐいぐいと引き寄せられる作品だが、今回は第二幕ということもあって最初からそこそこ入っていけた。髪型なんて気付きませんよね、普通。

[][]霧のエリューシヴ

 一昨年は能登しか印象になくてストーリーがどんなのだったかさっぱり思い出せないが、今回は時をかけるルパン。若干テンポの悪さはあったが、話の方はまだいい。中村獅童as魔毛狂介もなんとか見られる。だが、お不三はヒドイ。絶対に芸能人を起用しないといけないという縛りでもあるのか、関根麻里だったのだが、とにかく棒。せっかく桑島法子石田彰を使っているのに、なんとかならんでしょうか。

#一部修正。能登は去年じゃなく一昨年で、去年は見逃してますな。

[][]#12 逃げるが勝ち

 劉輝が花街をうろうろするのはやっぱり問題あるよね。

[][]#17 月

 真琴の"月"のパワーで上津未原大混乱。いちいち胡蝶三姉妹が説明してくれるので悩むこともなくて助かりました。ありがとう三姉妹エロネタは任せた三姉妹。香陽が前回ほぼ下着で登場したのはこういう理由か。
 しかも次回は水着回か。これ以上エロくなって大丈夫桃華月憚

[][]#16 父と子と

 親子むちゃくちゃ仲良しじゃないか。ギャグ回になると綾乃のツンデレが映えるなぁ。バトルの作画はかなり適当なんだけど、なんか楽しそうだった。

[][]#04 厄醒し編 其の参 予定調和

 トミー空気読めてなさに泣いた。そりゃ死ぬってもんです。
 梨花は諦めモードで、一人追いつめられる沙都子。梨花を守ることより、自分の身が危ないぞ。

[][]#16 マイノリティ・リポート

 新キャラを入れなくても十分回せるのにもったいないなぁと思ったけれど、入れてて良かった不知火明乃。あなた存在が悩ましいです、誤用ではなく。

[][]#04 無垢

 誠は下半身直結、言葉妄想文学少女、さらに世界は間に立つように見せかけて誠を焚きつけているわけで、これで鮮血展開が無かったら許せませんな。このままでは誠への殺意でこちらが死んでしまう。

20070726

[][]#02 旅うさぎさん登場!/怪物をやっつけろ〜!

 旅うさぎさんのテント、あの大風で飛ばされてたりして。子安だし。キツネはどいつもこいつも信用できないやつばかりだなぁ。

[][]#08 嘘つく女

 裸で拘束されてエリス画像ハァハァって、L.Aの変態度は底なしか。エリス活躍しすぎで困る。対してナディのタコスの歌はひどいな。

[][]#07 Wishes Come True

 願いを叶えたら命を取られるような単純な話ではないんだな。誰かを殺したいという願い以外叶えてくれることはなさそうな。

[][]#02 涎小豆

 虎眼のアレは地上波では不可能。かなり力の入った描写が続き、思わず手に汗を握る。伊良子は最初から虎眼流に弟子入り狙いで来たのか、それとも冷やかしで来たのかがよくわからんが、命は惜しかったところを見ると舐めてかかったか。

[][]ムシウタ #04 砕ケ散ル夢

 みんみんさんのしゃべりが全部黒なのはに変換されて聞こえてきます。「どうして撃たなかったのかな。少し、頭冷やそうか…」とか。そして、むしばねの皆さんの仮面がハクオロに見えてきました…いよいよ本編はどうでもよくなってきたってことだな。
 日々野が立ち往生、なのか?虫が死んでも人が死ぬわけではないっぽいんだけれど。

[][]#01 副社長は自身が主役である可能性について語らない

 オサレ若本。ストーリーはさっぱりわからんというか、まだ糸がより集められている途中っぽいな。全員が鉄道に集まってスタートってな感じか。キャラクターが多いのでしっかり把握していかないと大変っぽい。

[][]#17 掃きだめでラブソングを歌う…(前編)

 ビバップのロコ(中尾隆聖)みたいなチンピラ登場で大喜び。しかもなんですかあのドールは。政さんみたいなアニキは乳もんでるし、前めくるし、そりゃ連れて逃げたくなるってもんです。エロすぎる。頼るのはもちろん黒。
 アパートの面白外人さんが「おたく」と書かれたシャツを着ていて、なんかの罰ゲームかよくわかってないから着ているのかと思ったらホンマモンでした。日本のアニメ世界一いいいいいいい!

[][]#14 疾走王女

 ツェペリは本気で姫をさらってくるつもりはないよな、どう見ても。姫のホームランもよかったけれど、さりげなくリザの治療の時に看護帽をかぶっていたフランドルがかなり良かった。

[][]#04 おやめください、ご主人様

 ちょっとBパートが先週出し尽くした感じでおとなしい進行だった分、Aパートが盛り返していた。なじみはドM
 下書が7/2で売るのは約100日後ってことで、今はどのあたりの作業をやっているんだろうか。来週もまたお勉強しに行くらしく、また止め絵で大暴走だったりするのかもしれないので期待。

20070725

[][]#17 とりかえて、魔法

 ちかげの暴走魔法で人と獣が入れ替わり。パナ子さん遠野さんさしみハツあたりはあのまま残ってくれても良かったですよ。すずたちも多少かわいくはなっていたが、他の破壊力が高すぎて後半は目に入らなかった。
 ランプの魔人に対してはお約束の「いまのナシ」とかで、誰も願いの数を増やそうとせず、最後はまちが持っていった。まーくんはあのままレギュラー化するんかな。

[][]#16 不穏

 眞人は肉体が侵食されすぎてカプセル入りになっているが、その初代トランスレーターだった真名の妹・神名も肉体や精神を侵食されて地下に幽閉中。眞人はデータ採取などに役立っているようだが、神名の方は使えないという判断なのか。真名トランスレーターをやっている理由は適合率以外にそのあたりの事情がありそう。
 司令の弟は一人でスサノヲを動かしていたらしいが、それと正反対の値をはじき出す慎吾。きっかけがあればマイナスがプラスに転じて、一人で動かせるようになったりするのかも。真名が歓迎しなさそうだが…。肉体的には真名慎吾もかなり侵食が進んでいるようだが、このへんの事情は他国も同じなんだろうか。だとしたら、それほど長い期間戦争を続けるわけにはいかないはず。スサノヲが再び出るのは遠くないか。

[][]#03 電磁波と研究のこと。

 光太郎は千波美を実験協力者として見ているんだが、もちろん園美にそれが伝わっているはずもなく誤解が広がっていく。美術室が学校一の逢い引きスポットだということを知らないとか、遅刻してきても先生が怒らないとか、どうも光太郎は伏魔殿からほとんど出てきていないみたいだな。
 斎橋さんは早々に千波美の電磁波体質に気付いたみたい。自分と同じだからかな。

[][]#04 見せてあげるんだから

 さらにエロスへ。水着(は普段から)、合宿風呂漂流エロ要素詰め合わせてカオスに。
 みれいは合宿だとわかっていてもあの下着で来るんだから確信犯(たぶん誤用)だ。風呂シーンはこういったところには珍しく湯気ガードが一切働かず、泡ガードと視点切り替えだった。これぐらいできるのなら他の番組でもやって下さい。
 後半は一切下着を隠さない状態でサービス満点。武田のぎゃぼおおおおおにて幕。みれいさんはいてない

20070724

[][]#15 自我〜進むべく道〜

 ロミオ鉱山編の続き。ロミオ、鉱山で人望を集めるの巻。ロミオの頑張りはもちろん認めるところなのですが、その理想はあまりに険しい。

[][]鋼鉄三国志 #15 憂いし陸遜孫権の微笑に再起を誓す

 趙雲を動かしていたところを見ると、孔明にとって魯粛は玉璽を取ってこさせるための道具に過ぎなかったんだろう。陸遜もどう見られているか怪しいもんですよ。

[][]#03 聖夜の奇跡/それは大晦日 突然に

 ぽてまよ吐きすぎ。外見にみんな騙されているが、ときどきこの生物は恐ろしい行動に出ているよな。

[][]#02 座敷童子 後編

 場面作りは好きなんだ。好きなんだけれど、話は難解で参った。あの宿はかつて女郎屋だったから、女郎の産む子を殺していて、座敷童によって久代と徳次は取り込まれてしまったようなんだが、志乃の子は結局無事なんだよな。薬売りは剣を抜いて童子を切ったのか。怪異譚というより、怪談をモチーフにした不思議話か。

[][]#17 その日、機動六課(後編)

 詰め込んできたなぁ。戦闘機スバルをはじめとしてほぼ全滅に近い損害を受けていたりとむちゃくちゃ盛り上がってはいるんだけれど、なんでそれを最初からできないんだろうとも思ってしまう。

[][]#16 We are going to climbing.

 ヒルクライムの面白さ、ミコトと大和の奇妙なほど強い友情。面白いエピソードなんだけれど、さすがにオッサンに喋らせすぎの感があった。

[][]#17 迷子の兎

 雪歩が寝返ったぞー。響があんな態度だったのはスパイを焙り出すためだったのか天然なのかはわからん。最後まで雪歩の中では春香が消えなかったが、最後は春香が雪歩に贈った言葉が決め手になって千早のもとへ…。

[][]#04 散歩する幽霊

 探偵かっこいいよ。スカルマンの狙いがもうさっぱりわからんのだけれど、隼人にかぎつけられるとまずいことがあるのかしら。あやしいやつが多すぎてどいつがスカルマンなのかさっぱりわからん。

[][]#16 幾つの定めを超えて

 メヒタカがアルゴノート降伏情報は役に立つが、戦力としては数えられないな。ディアネイラはエイジが帰ってきてご機嫌、ユティもカルキノスにご機嫌を取られて小康状態か。

20070723

[][]#17 シュレッダーの逆襲 パート1

 シュレッダー復活、でも荒天下で鎧を着たり剣を振り回すのはよくないと思うよ。落雷→敗北フラグ

[][]結界師 #29 呪力封じの魔方陣

 ヘタすると良守ダークサイドに落ちそうな展開が続いている。限はバケモノだったのでいったん夜行が回収、時音にはケガをさせてしまう。火黒が「美学」とやらでせっかくの刺客をあっさり5体も使い捨てるのはちょっと都合のいい話だな。

[][]#03 その国を飛び越えて来い

 マリアとカエレの海外組が合流。楓の声にはちょっと無理を感じたけれど、カエレのキレっぷりはよかった。千里は正面から見たらきっちり分けだが、斜めから見るときっちりではないんだなぁと思いつつ、その斜めの角度は結構可愛いなぁと見ていた。霧の出番少ないなぁ、籠ってるから受動的な登場しかできないのは不利だ。まとい映りすぎ。

[][]もえたん #03 恐怖大作戦

 水着温泉で大サービス回。テレビ大阪は変身規制がはいっているので温泉はもうダメかと思ったけれど、尻でした。尻。
 麗美百合で、里奈は別に百合ではないが麗美に付き合っているのか。ナオさえいなければ怒濤の百合スパイラルなのになぁ。

[][]#16 リング

 メイド喫茶のキョン長門とハレハレのライブはいいとしても、繰り返されるアニメ店長ハルヒに頼りすぎのような気がする。学園部分でも十分面白いのに、なんでわざわざ入れるんだろうなぁ。もっとさっぱりやってくれていいですよ。
 ゆたかはそもそも身長が無く、みなみは背はあるけどスレンダーみゆき以外はみな貧しいんですかね。

[][]#37 新世界<終>

 「ジェバンニが一晩でやってくれました」、実に名言。逃げ道のないよう追いつめるニアと、そこから醜く逃れようとする月が良かったのだが、月の最期は世紀の大犯罪者にしては綺麗すぎるよな。海砂に救いゼロ。

20070722

[][]#17 あなたは何もわかっていない

 7年後、性格の変わったやつもいれば、7年前からそのままのやつもいる。ロシウは副官として清濁併せのめる人材だけれど、シモンとの性格の差がちょっと埋められないかも知れないな。大人は少し守りに入っているぐらいが適当で、熱血は若い世代に任せておけば良いような。若いといっても、シモンはまだ21歳だけど。

[][]#24 新たなる5人の力!

 ギリンマは第三形態になっても勝てませんでしたとさ。うん、きっと向いてなかったんだな。
 ココのおかげでのぞみが復活、のぞみパワーで全員復活と、プリキュアになった順番と一緒でしたな。のぞみがさっくり4人を目覚めさせてしまう展開かと思っていたので、ちょっと意外。ココとのぞみがいい雰囲気に見えたのは気のせいか。

[][]#17 あなたのためにメイっぱいナギ倒します

 いつも以上に伏せ字が多かったなぁ。多ければいいってもんでもないような気はするけれど…。
 ナギって何もできないのかよ!努力しようというカケラが見られず、しかもハヤテが甘やかすから成長しないんだと思うな…。ハヤテの才能は世渡り上手なその二枚舌だな。

[][]#05 岩手県の自然を味わう旅

 東北の鉄道旅はよさそうだなぁ。時間はかかりそうだけれど、ゆっくりのんびりと乗っていられそう。

[][]#29 テナルディエの罠

 さすがに長く暮らしていただけあってコゼットの勘は鋭い。ヴァルジャンはたとえあれがテナルディエだったとしても救う気らしいけど、もともと貧乏でもない(はず)のにボッタクリ宿を経営、落ちぶれたら何でもするような男に同情の余地があるのかね。
 思い人コゼットの父親を救うか、自分の父親の恩人だというテナルディエを救うか。ジャヴェールが踏み込んできた場合、ジャン・ヴァルジャンとしてもあまりよろしくない展開だからなぁ。

[][]#03 聖職者の剣

 ヘンな美形登場でギーシュあたりがもろにあおりを食らって可哀想な境遇に。興味がないのはタバサだけで、ルイズですらも頬を赤らめているってことは相当いい男ってことなんだろうね。シエスタが完全に乳要員になっていて、しかも出番がむちゃくちゃ少ないんですが…。特に好きなキャラじゃないけれど、ここまで出番が減るとかわいそうになる。
 戦争状態なので銃士隊の権限が強いのはわかるけど、生徒徴集するなら学校にそう言えばいいのでは…。

[][]#14 迷い

 キリエが戦うまでに間に合うかはわからないが、田中さんが頑張ることで子供たちの命は救われるだろうか。田中さんが妙に首を突っ込む理由は、ウシロのせいか…そりゃ、自分母親でしたとカナに言うわけにはいかんかな。
 あと実況、デッドガールズCMで盛り上がりすぎ。BOX絵がなんかみんな裸っぽいんですが、どういうことですか。なぜあの百合百合グレース委員長はいないんですか。名前忘れたけど。

20070721

[][]#15 働く!目玉おやじ

 萌えるおやじ。電脳コイルといい、オヤジに萌えるブームでも来てるのかね。猫娘もなかなかのアピールだったが、今回はおやじ回だ。
 上の者が下の仕事をやりたがるとろくなことにならない法則。頑張りはなかなかのものだったよ。鬼太郎が練習して自転車に乗れるようになって、妖怪横丁を走り回るようになったらイヤな感じだ。

[][]#16 夏の思い出

 ディーンの言葉で、エミリー詩人から作家へ。ナンシー大叔母さんの「あんたのことは好きだけれど、飽きた」というのはなんかわかるような気がする。

[][]#29 カーン部隊を叩け!

 ジャスミン以外はほんっとに役に立たないことを実感する総集編。頑張ってるんだけれど、バルダは結局力仕事にしか役に立ってないぞ。かなり冒険の旅も長くなってきていて、3クール目に入ったんだなぁと実感する。

[][]#16 ただひたすらに

 いよいよシュガがチャグム探索へ。見つけたらすぐに連れ戻せるような前提で話が進んでいるが、バルサを殺すってことかな。最近のチャグムを見ていると、そう言われたところで国へ戻るとは考えにくいんだよな。だが、サグムが死んだ以上、チャグムが返ってこないと困るだろうしな…。
 トーヤ達はバルサと一緒にいたことがあるとはいえ戦いのプロではないから、このあたりから足がつくか。

[][]#16 はじまりの書

 あそこで町を見捨てるようじゃ主人公じゃないものな。改めて、ブルードラゴンと相対してのシュウの決意表明。

[][]#15 先取点

 桐青高校の応援に思わずニヤニヤしてしまう。高校野球の応援ってなんか好きなんだよな。
 三橋は一挙手一投足が面白いなぁ。

[][]#16 赤い瞳 蒼い星

 ブルーが死んじゃうー!あの兵器はさすがにでかすぎるだろう、ブルー一人がバリアを展開して防げたらむしろびっくりだよ。
 ところで、ブルーはフィシスの中にテラを見たとか言っているが、要するに幼女フィシスをさらってきたってことなのだろうか。やるのー。

[][]#11 沈没大黒

 金魚イリーガルに取り憑かれていたかのようなダイチの愛しっぷりはなかなかアレゲ夏休みはまだ始まったところなのに、なんとなく夏が終わっていくような寂しさを感じた。
 オバちゃんがコイル探偵局の2番だったのはちょっと驚き。ってことはかなり初期のメンバーってことだよな。1番はメガバァだっけか。

[][]#20 止まった時間

 外の敵より内部の敵の方が厄介とはよくいったもので、白鷺部隊は淳貴を入れても4名しかいないから実力行使されると弱いな。いざとなるとときどき頼れる男になる前田崎だけど、相手は同期の首席とあってかなり不利。安藤の狙いは六王子人質解放ではなく、この交渉で異星人から何かを引き出すことなのだろうか。ライディーン自分の手元に置きたいということだけではなさそう。
 玲がヒロインパワーを見せ始めた。こうなったらやっぱり栞がガディオンに乗るか、淳貴にガディオンのキーを渡して乗せるしかないぜ。

[][]時をかける少女

 たいがいの考察とかは劇場公開時点で山ほど出ていたので、視聴の助けになった。細かいところに突っ込み始めると、未来人が現代に来ること自体は問題ないのかとか、タイムリープ間の記憶のつじつまとかいろいろあるけれど、青春ドラマとして面白かった。この時期に放送だったというのも良かったのかもしれない。

[][]#40 約束の地!すべてはここから

 うわー、バッジ交換した相手が第一拳豪だと信じていたわ。なるほど、ケンイチとオーディンは昔の友達、美羽がそこに通りがかったというわけね。縁は異なもの味なものとはよく言ったもの。第一話からケンイチがかつてバッジを交換した相手ではないかと思いながらも聞かず、道場で暮らすことになっても聞かなかったというのは不思議だな。それほど重要なことではないけれどねぇ。

[][]#14 マイティにキュン死にや!

 大谷のフォローをするなら、リサは「大谷恋人ではなくてもいい、普段通りの阪神巨人でいい」と言っておきながらもやはり大谷に振り向いて欲しい気持ちが強すぎて、結局普段通り接してくる大谷に傷つけられているという独り相撲状態。
 子供っぽい大谷を相手にしていると、いかにも大人でしかも理想の男性像に近いマイティにキュンと来るのは当然で、むしろ一気に心が傾いてしまうぞ。ただでさえ、大谷は全くリサの気持ちに応えないので、揺り返しは大きい。大谷は海坊主さえあれば安泰と思っているような気がするんだよな。

[][]#16 胎慟(ノロシ)

 いったいOPはどこまで信じられるのやら。
 樹とハーディアン3体との戦闘シーンは今までになく動いていて、やればできるじゃないかキスダムって感じだったんだが、相変わらずあっさり人が死ぬし、シュウや七生の戦闘シーンは並だった。
 新しく兵器を生み出してなんとかハーディアンに対抗しているようなのだが、それだけの物資はどこから調達したんだろう。量産するのはそう簡単ではないと思うがな。

[][]#09 恋愛で勝負

 先週のノズル入手に続いて今週はロケットブースター部分が手に入り、これで打ち上げることが夢物語じゃないことは確かになった。ただ、鐘の問題はあるけどね。まだロケットがすぐには完成しないので清吉を一緒にいられることを喜ぶおソラさんは、清吉の心を惑わす悪い人ですよ。

[][]#03 飛翔

 先々週、先週とエロ分が少なめだったのは今回のためか。エロスーツでの訓練に飛行と盛り沢山だったが、やっぱりあの姿で飛ぶのはかなりの違和感があるな。今さらだけど。
 瑛花はあれだけ努力していての失敗なわけで、助けられた相手が初飛行の音羽ならブチ切れ→険悪になるのかと思った。結構素直なのね。春日基地での一件は引きずっているみたいだけど、きっともうあの相手と飛ぶことは無いんだろうな。

[][]#03 金いろ願い星

 金髪でツンデレっぽいライバルプリマ・アスパラス登場。すももはちょっとトロいので、星のしずく争奪戦になってしまうと不利だ。そもそも、星のしずくってのは時間さえあれば集まるものなのか、数がある程度決まっているのかわからないんだけどね。早めに集めてくれた方がユキちゃん=正晴は助かる。
 夏休み前の突然の転校生。といえば謎の転校生相場は決まっていて、正晴も多少は不思議に思ったようだが、さすがにハルヒのように転校生=謎の能力者とは結びつけないみたい。
 次回は早くも水着回っぽい雰囲気

20070720

[][]#16 プレゼントは謎の指輪だしー

 操られた霧火にいいようにされる花梨。いつも霧火絡みでは和音が邪魔者扱いで可哀想なのだが、ようやく霧火が女であることがバレたので一安心か。
 姫香と妃路が夢の中で出会う。妃路はどうも黒いよね。

[][]#11 恋の病に薬なし

 みんな秀麗にベタベタしすぎだぞ。

[][]#16 星

 寧々と香陽が守東の家の人間を巻き込みながらぱやぱや。千三百ウン年たってもあいしてるー、ってのろけ話。いちいち寧々さんの反応がエロいのよ。
 絶対宇宙。

[][]#15 キャサリンリターンズ

 サブタイトルの通り、キャサリン話。要するところ、ツンデレvsツンデレで和麻の取り合いということですな。キャサリンには悪いんだけれど、和麻が綾乃のためにキャサリンを練習台にしたような感じに見える。

[][]#03 厄醒し編 其の弐 無力

 羽入の姿こそ出ていないものの、中心は梨花と羽入。世界ループについてはどれだけ語ってもネタバレにはならないけれど、圭一たちは毎回忘れてしまうので話が進まない。
 沙都子に羽入との会話を聞かれてしまって、その後必死で普段以上に明るく振る舞う梨花は健気だけれど、沙都子には逆効果だよな。他の誰も異変には気付かずか。

[][]#15 君の名は

 委員長回。メガネを外したら美人ネタで、正体を知ってもらえないなんて…。永澄は委員長だと知らなかったとはいえ、あれだけされると例えそんなに好きじゃなくても誤解する可能性は大。メガネさえ変えればすぐに分かってもらえるハズなんだけれど、それはできないお約束
 地味に海と巡のドキドキなんかもあるけど、この二人はただ異性との付き合いが少なすぎるだけなのでフラグは立たないのかも。

[][]#03 すれ違う想い

 言葉を「桂」と名字で呼ぶのに、妹は「心ちゃん」で世界は「世界」。電車の中で抱擁してみたり、鈍感というより配慮が足りないだけのような。あげく、仲を取り持ってくれた世界に「言葉は疲れる」て。
 確かに言葉が何を考えているのかなかなか口に出さないので、誠がその分積極的に動かなくてはいけないんだけれど、そこが恋愛妙味のような気がする。「理想恋愛像」からは外れていたのかも。最初から世界と付き合っていれば丸く収まったのに。

20070719

[][]#01 三日月森にようこそ/三日月森のお宅訪問

 わざわざ朝に起きて見たが、これはさすがに無理かも知れない。対象年齢がさすがに低い…。

[][]#07 働く男

 幼女かわいいよ幼女。そして、ヒゲダンディ大活躍だね。L・Aがあまりに変態すぎてやられちまうかと思った。

[][]#06 Rock Queen

 悪魔に魂を売って幸せになることなんて不可能なんだな。一番身近な人は自分よりも自分のことをわかっていたりするものですよ。

[][]#01 駿府城御前試合

 まさかのアニメ化なので、どんなものになるかと思ったらかなり忠実に原作をなぞっていくらしい。影腹からの臓物掴みだしはキタな。ただ、キャラデザインで若干キャラクターの印象が変わっていて、伊良子清玄はもっと男でも色香を感じるような妖艶さが原作にはあったんだが、そういうのがちょっと感じられずに残念だ。今後、演技や動きの中で見せてくれるかもしれないので期待。

[][]ムシウタ #03 夢ノ虜タチ

 利奈がレジスタンスリーダーで、何人もの"虫憑き"を束ねているのね。んで、大助が所属している組織は虫を捕らえるなりなんなりしていると。で、虫憑きは虫が殺されると死ぬんだか"欠落者"になるんだかだと。第1話、数年前に大助="かっこう"は詩歌を欠落者にしているが、大助と詩歌はお互いに気付いていないのか。
 正直、わかりにくすぎる。虫憑きがいっぱい出るからムシキングみたいな昆虫バトルでもあるのかと思ったら別に無いのね。大助も詩歌も鬱陶しくてあんまり好きになれないキャラクターなので、ちょっと見続けるのが辛い。みんみんがちょっと面白いかな。

[][]#16 裏切り記憶は、こはく色の微笑み…(後編)

 アンバーさんの能力はザ・ワールド、すなわち最強。あれだけの能力なら、さぞかし支払う対価も大きいことだろうな。
 ジュライ君が気に入りました。

[][]#13 生贄王女

 夏にあわせてなのか怪談っぽい。ヒロとケガした姫だとこれほどまでに非力に感じるものなんだな、ヒロが殺されるけれども夢でしたってオチにでもするのかと思った。

[][]#03 私…うれごろ?

 「いい紙ね、いい紙だわホント。うん。初出版でこんないい紙に出会えるなんてなじみはついてる。手触りもいいし光沢も申し分ない。技術は無いけどなじみがこめた思い、読者には伝わるわ」
 あれはまぁさすがにひどいかなと思ったけれど、きちんと学んできたわけでもなくぶっつけならあんなもんだよね。30部出して売れたのが1部というのは戦果としてどうなんでしょうな。 本編は二人の掛け合いではなく、とらのあなの人と真面目に同人誌を売るためのお話だったのでそのへんはまぁそれなりでした。何がこやまきみこに親近感を抱かせたのか気になる。滾るパッションをぶつけた上でそれなりの絵なら売れるんじゃないかな。

[][]#01 悪魔のZ

 頭文字D Fourth Stageと同スタッフでのアニメ化。主人公のアキオが小栗旬だが、以前「獣王星」のサードで感じたような「ちょwww」って感じはなくなっている、というかむしろ違和感ゼロ。映像もかなり美しく、最初に「実写じゃないよ、マネするな」というテロップが出ていたが、本当に一部では実写かと見まごうような車の造形。これはなかなかいいぞ。
 EDはなんなんだエイベックス

[][]#02 ブラックバード

 ん?どうして達也はアキオがZのドライバーだと気付いたんだろう。勤務先まで知ってるってことは調べたのかね。アキオはこのZを見かけたときから魔力に取り憑かれていたっぽいので、その時に乗っていたえりこのことを覚えていたのは多少納得いくんだがな。
 それでもZはアキオを裏切るか。場所が同じなんだけれど、あそこが事故を起こしやすい場所なだけだったら悪魔の名が泣く。

[][]#03 GT-R少女

 秋川零奈も参戦して湾岸三つ巴バトルへ。車盗んで事故ったらどうするつもりだよ。みんな超絶テクの持ち主ばかりなのですか。

[][]#04 第3の男

 ダンディ参戦。なんか1話に一人ずつ増えていて、バトルが毎回えらいことになってるぞ。
 どうもアキオとイシダのバトルは相当レベルが高めのようで、調子に乗ったGT-Rが絡んできたもんだから面倒なことになってる。先生は同乗してないで、バトルさせないように止めるべきなのでは…。

20070718

[][]#16 勝ち取って、主の座

 今回は島の人間ではなくて動物メイン。てんこ盛りだった分、目があちらこちらに向いてしまって全体としては虎カッコエエぐらいしか。

[][]#15 全能

 ついにアメリカ出撃、相手はドイツ。通常戦力が桁違いで、しかもギガンティック自身に宿った神がゼウスか。無敵のマントを羽織り精神感応すら防ぎ、神の雷を落としてくるのではどう戦えというんだ…。

[][]#02 科学と幸せのこと。

 光太郎の科学に対する責任感の強さが、あの積極さなんだろうね。さすがに強引すぎると思うけど、彼のやる気は買う。
 今度の学校ではクラスにとけ込めたようで何より。問題は特異体質の持ち主であることがバレた時だけれど、だからといって友達やめる!なんてことにはならないと思うけどねぇ。

[][]#03 魅せる!!!

 魅せるってイカマサかよ!潜水はそういえば学校で怒られた記憶もあるが、ちゃんとそういうルールがあるとは知らなかった。
 みれいって露出癖というか、見られて嬉しい人なんだね。みんな、騙されちゃダメだ…。

20070717

[][]#14 重責〜この腕の中で〜

 うぜえええ、と鉱山長も坑夫も思ったに違いない。この処置は誰が得するんだよ。腐った貴族が遊んでいるからペトルキオのような不幸なやつが出る→貴族を内側から変えていけばいい!ああ、ロミオのことすごく嫌いな理由がわかった、こいつはスザクなんだ…。

[][]鋼鉄三国志 #14 孫呉慟哭、六駿鎮魂に揺らめく

 陸遜甘寧がいちばんウェットだったのね。特に甘寧黄祖周瑜と玉璽絡みで主を失っているわけだしな。六駿の中では陸遜リーダーっぽいけれど、まとめているのは太史慈だな。さすが古参

[][]#02 愛しのあの子/日曜日

 今回はぽてまよでもみかんでも素直でもなく、無道の回だな。女の子たちはぽてまよに触りたければ「かわいいー」って寄っていけばいいけれど、なかなかそうはできない気持ち。イイナ。
 ぐちゅ子は学校に住んでいるのかね。素直に京のところに行けばいいのに、ひねくれているというかシャイというか。

[][]#01 座敷童子

 真のオサレアニメとはこういうものを言うのかねぇ。音楽、作画によっていい雰囲気が出てる。

[][]#15 All good things come to an end.

 大和と戦ったことがミコトの急成長につながり、兵藤を脅かすほどのスプリントを見せるまでになる。だが、山で苦しくなるあたりはまだ経験不足かな。

[][]#16 その日、機動六課(前編)

 襲撃キタキター!なのはとフェイトデバイス無しで建物内に隔離されてしまったため、動けるのはディータ以下若手勢。融合体vs融合体ってスゴイんだろうなぁ。

[][]#16 アイドルアイドル

 やはりモンデンキント内にトゥリアビータのスパイがいるようで、それは真よりは新しい人間らしい。該当者はあまりにも多いが、細かい描写から見ると響か雪歩だろうなぁ。響はモロに怪しすぎてスパイというよりはモンデンキント本部の枝っぽいのよな。自分アイドルマスターになれなかったのに、春香はアイドルマスターとしてもアイドルとしても成功していく…ってね。
 インベルのためにアイドルを頑張ることにした春香だけれど、その分インベルと会う時間が減っていては本末転倒ってやつではないのかね。
 課長、勝手に本を出してしまうなんておちゃめすぎます。その本ください。
 ああ、黒展開。

[][]#03 真紅の雨は午後に降る

 人間、骸骨男、そして獣人。この町にはなにがあるんだ…。小夜子は獣人だったから殺されたとしても、鬼塚結衣は女優とはいえ一般人。それを殺したというのはただごとではないぞ。真行寺姉弟が結衣を狙ったのは、本当は獣人である小夜子を狙ったのかな。スカルマンと真行寺姉弟が連携して動いたわけではなさそうで、霧子が無事だっただけよしとするしかない。

[][]#15 光降るとき

 いい最終回だった。エイジの姿になったのは3話ぶりぐらいか、ベルクロスの時はまさに荒ぶる神かと思わせるほどに暴れるのに、エイジになったらかわいいもんよ。ディアネイラとエイジが交差するとこはよかったねぇ。
 ユティがそろそろ暴発してしまいそう。ヘタに運命を変えるとカルキノスが死ぬし、さらにヘタすればメヒタカたちもアウト。だが、銀の種族としてはベルクロスを倒さないと話にならんようだし。

20070716

[][]#16 ドナテロ不思議な絵描き

 まるでドラえもんの道具みたいな、描いたものが現実に出てくるペン。絵の中で敵を拘束することで勝利をおさめたけれど、ヒーローを描いて増やすって手もあったんじゃないかな。まあ、あんまり画面中にアメコミヒーローが増えても暑苦しくて困るか。
 シャワー上がりのラファエロがのっぺりしてて怖かった。あのハチマキを外すと黒目が復活するみたい。

[][]#02 トンネルを抜けると白かった

 千里、霧、まといとクラスメートがどんどん増えてきた。なんか、望がハーレムアニメ顔負けのモテ具合。「一緒に死んであげます」は天然かも知れないが無敵の落とし文句だと思うよ。しかも、本人いざとなったら本当に死ぬだろうし。

[][]もえたん #02 ライバルなんていらない

 変身シーン、いんくは下から、すみは上から。「修正が入ったらしいよ」と黒板ネタになっていたが、修正してあれなのか!次回からもうすみの変身シーンはなくなってしまいそうなほどにスゴいんですが。

[][]#15 いきなりは変われない

 OPに小アレンジ。
 4月を迎えてまたクラス替え。「涼宮ハルヒの激奏」でこなたに場所をゆずったりしていいやつなのに、クラスは一緒になれないかがみ。いるよね、一人だけクラスが分かれてしまう人…。背景状態のかがみのクラスメートはもっとかわいそうだね。
 こなたユニーク」。父とだから盛り上がらんなぁ。
 ED白石稔で固定になったのかな。

20070715

[][]#16 総集片

 アニキーっ!アッーアッー!Aパートはアニキ追悼で、Bパートはニア加入から。ところどころに実写が入っていた以外はオーソドックスな総集編。
 今回の本編はED。ツイン・テル子て。そして次は7年後!?シモンが大人になってる!本当に宇宙編か!

[][]#23 大ピンチ!悪夢の招待状

 中盤の山場、4人の仲間がナイトメアに操られて敵対。一人ずつ精神的に揺さぶっていくナイトメアのやり方はなかなかきつい。全員でのぞみ糾弾してバラバラになったのではなく、うららはのぞみの味方をして、こまちは仲裁に入ってだからなぁ。りんはのぞみとずっと一緒にいるから、それだけ思うところも多かったのかも。
 ギリンマはついにナイトメアから最終通牒を突きつけられた形。ナイトメアを辞めるか、命を賭けて忠誠心を見せるかという酷な選択。バーサク化しては戻れないような気がする。
 デスパライアとパルミエ王国組が初対面。提供後の1枚絵が怖すぎる、これで「また見てね」はないわー

[][]#16 負けてもマケンドー

 セーフティーシャッターは攻撃技じゃありません。なんか色んなコーナー詰め合わせだったBパートだけど、嫌いじゃないな。クラウスさんは芸達者すぎるぜ。
 次回予告は空気を読んだのか。

[][]#04 南東北・横見スペシャル

 キクチのあのやる気の無さを見て、さらに冷たいセリフを受けてもそれをひっくり返せるという横見の自信はすごいものがある。だが、この人とだけは旅したくないな…景色はもちろんだけれど、やはり名物とかで食欲を満たしたいよね。

[][]#28 拾われた手紙

 ノオオオ、無事だった手紙はよりにもよってジャン・ヴァルジャン宛のものか。
 多少頑張っても上の階層に上がることができない時代だとはいえ、このオヤジのもとではまともな暮らしなんて不可能だ。
 テナルディエとヴァルジャンがお互いに気付くかと思ったけれど、よく考えたらワーテルロー亭でコゼット引き渡しの時に顔を合わせただけだから、10年も経てばわからんか。だが、きっとコゼットはテナルディエ一家に気付くぞ。さあどうする。マリウス君が助けに出てくるだろうか。
 次回予告で、テナルディエとエポニーヌは正体に気付いてるっぽかったな。にげてー、コゼットにげてー。

[][]#02 風と水の誓い

 ウェールズがあのとき仮に生き伸びていたとして、何の説明もせずアンリエッタを王宮から連れ出すようなことはしない人だったと思うんだけれどね。たまにはサイトも良いことを言うんだけれど、まったく恋は盲目というか…迷惑女王様だこと。
 ルイズの詠唱中にサイト時間稼ぎをするという、まさに伝説のガンダールヴと同じ働きをしたサイト。真剣になるとこれほど頼りになる男はないねぇ。

[][]#13 地球

 子供たちがかなり田中さんを頼るようになっているので、「ぼくらの」じゃなくて「たなかの」になってきた。マキが弟の光を探すのはカットされたが、平行世界崩壊して光が消えていき、自分とこの宇宙に戻ってきて星が光っていくというのはなかなかよかった。

20070714

[][]#14 鬼太郎死す!?牛鬼復活

 鬼太郎ねずみ男のちょっといい友情話になってた。鬼太郎にため口聞いてくるような友達って確かにねずみ男ぐらいしかいないもんなぁ。普段あれだけ迷惑かけられているのに友達というだけで助けてくれるんだから義理堅い男だこと。

[][]#15 幽霊屋敷

 あらゆる会話が皮肉に満ちたナンシーとキャロラインの会話は聞いていて飽きない。二人はエミリーをちょっと驚かせようとしただけなんだけれど、あの家だったら子供は誰でもびびる。
 マレー家の人はどこへ行っても嫁いでもマレー家の人間なんだな。エリザベスの誇りの高さもこのへんにあるのかも。

[][]#28 巨大ゲリックを倒せ

 ゲリック退治に夢見の泉を使うとは、リーフなかなかやりますね。「心の悪しき者は報いを受けよ」か、そんな設定あったなぁ。ジャスミンがやられた時にはもうこのパーティーは全滅だと覚悟した。

[][]#15 夭折

 自由に生きることを決めてのびのびと健康に育つチャグムと、皇太子としての責務を背負うサグム。帝や聖導師ヒビトナンがどう考えていたのかはわからないが、サグムはずっとチャグムのことを大事に思っていたようで、これはチャグムにとっても惜しい人を亡くしたな。ガカイがサグムの遺言を受けて、ちゃんとシュガと連携すれば真実は簡単に明らかになるんだけれどなぁ。

[][]#15 希望への指針

 七英雄の子孫ならあの影の強さも納得…なのかな。影の能力は血で受け継がれるものなら、絶えてしまったらどうするんだという危惧がある。現行パーティーが全員子孫だとしても一人足りないのは、まさかロギあたりがそうだったりするのかな。

[][]#14 挑め!

 みんな心の中でいろいろ考えすぎじゃないのかっていうほどに語ってくれる。田島はあっさり打つかなぁと思ったので、まーさ三振するとは。
 お母様方がきゃあきゃあ言ってる様子が微笑ましかった。三橋母は浮いたりしないかと心配だったが、おばさん達の中だと問題ないね。

[][]#15 変動の予兆

 あああ、カリナって初めてジョミーがシャングリラに来たときにいた子どもだったのかー。そういえば、ジョミーは年をとらないけれどみんなは年を取るんだったっけ…。キースに逃げられ、ナスカでの戦いは避けられないことに。

[][]#10 カンナの日記

 イサコが電話している相手はオバちゃんではなかったのか。オバちゃんとイサコが連携しているわけではなく、イサコより先にメタバグをおさえるために出てきていたのね。
 ヤサコの夢に出てきた、過去に出会った少年「4423」。ハラケンのところにも4423という単語が出てきていることから、この町の秘密に関わっているっぽいな。そして、今は見あたらないということで、イサコの兄って可能性はあるんじゃないか。キラバグを集めてその復活を目指しているとか。

[][]#19 望まぬ力

 星川姉さん回後半。姉さんが助けに動く動機は、淳貴が自分のことを気にかけていたから。立った立った、フラグがまた立った。仕事場ばかりで栞や玲の出番がない中、順調に株を上げているね。香水をキーにして淳貴を目覚めさせるとは…あの飲み会で、淳貴が星川の香水瓶を持ち帰ったことが効いてるんだけど、匂いってなんだかエロい
 ゴッドワンドを使ったゴッドアロー把ね撃ち(みたいなの)は初の全体攻撃か。この調子だと、本当にゴッドボイス出そう。

[][]#39 しぐれの個人授…ぎょう

 しぐれのしゃもじ=アパチャイのヒザ。ヘタな武器より、達人の使う道具ってか。いつもギャグ担当っぽい扱いだったので、しぐれの強さはあまり目立っていなかったけれど、さすが梁山泊の一人だ。
 キサラもラグナレク離脱。残念ながら、ケンイチの伝言ミスで子猫はもらわれてしまったが…。

[][]#13 発熱!あいつの部屋でファースト・キッス?

 大谷リサキスしても面白いだけー、とかお互いに思っていても、やっぱりリサは女の子だな。でも、熱で浮かされた状態だし、完全に覚えてなくても仕方がない。しかも風邪までうつされて、かわいそうなことです。

[][]#15 風揺(サザメキ)

 ハーディアンの仕掛けた罠なのか、基地で目覚めたシュウ。由乃とイエラが厨房で働いている時点でホンモノではないんだが、シュウは由乃と一緒にあのペンダントに触れるまで思い出せなかったみたい。基地の女性隊員になった妖精たちがキャーキャーいいながらシュウに群がる図が面白かった。
 これは、シュウが狼騎や亜久里たちのことを吹っ切ったということでいいのかな。まだ樹が残っているけれど。
 真崎ってああいうキャラクターなんだ。円周率のπ、パイ生地のパイ、おっぱいのぱい。

[][]#08 恋も殺しもやるってさ

 赤井は完全に人の道を踏み外したな。長屋の連中が楽しそうにやっているのがうらやましいだけか。いつも、くるぶしくるぶしーと言っているヘンな連中はちゃんと戦えば強いらしく、無事一体の分離体を退治。
 源蔵…。

[][]#02 ソニックダイバー

 パイロット3人娘が勢揃い。パイロットスーツがかなりエロいので、それだけでもかなりいじれそう(例:ロケットガール)なんだけど軍の話だからサクサク進んでしまって残念。そこはもっとじっくり…。

[][]#02 あじさい色の記憶

 イヤッッホウウウ、すももと撫子の百合百合展開がいい感じです。淫獣がその手助けをしていて、とてもGJだった。
 地味ながら、正晴にすもものことを任せた撫子はユキちゃん=正晴ということに無意識的にか気付いているのかな。正晴のことはすももを怯えさせたからよく思っていなかったわけで、たった数日で印象が変わってすももを任せるとは思えないのだが。

20070713

[][]#15 サマータイムブルースだしー

今回はキリオ回だったなー。ウナギソテーを食べた時のリアクション、ゴッドサンダー*3をはじめ、キリオには参った。霧火の勘違いツッコミも決まっていた。この兄弟、面白すぎ。
 

[][]#14 綾乃ちゃんの更なる災難

 金髪青眼縦ロール高飛車お嬢様。これはなんか、金髪お嬢様の基本スペックを満たしたキャラクターですな。いつも制服の綾乃がドレスでおめかしは褒めていいポイントだと思ったけど、戦闘でボロボロに。和麻はラーメン屋に連れて行ってる暇があったら、服をなんとかしてあげた方がいいと思います。

[][]#15 暦

 繰り返される一日。由美子め、自然にヘンな力を使ってからに…気付いたのは真琴など一部だけ。同じ日を過ごした人にとってはキングクリムゾン状態で、最初の10日はなかったことになるのかな。真琴歴史を変えてしまったけれど、もともと最初の10日がなかったことになるから11日に問題はないと。

[][]#02 厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ

 対思春期青年用石化魔法!なんて恐ろしい…。第1期と同じく、各編前半は明るい学園モノで後半は奈落へ落ちていくような展開になっているのだろうか。
 沙都子が他の雛見沢での同じセリフを言ったため梨花が反応するが、沙都子はループには気付かず。今回も圭一しか気付かなかったりするのだろうか。気付いたとして、救えるのかねぇ。よくわからん。

[][]#14 子猫物語

 さすが魚介類、ネコはダメか。瀬戸内組関係でネコ大丈夫なのは政さんだけだったけど、シャーク藤代とかの反応が見てみたい。しかし、やつは鮫だからな…食いかねん。
 OPにさりげなくエラ呼吸三兄弟が入っていて、EDは変更に。

[][]#02 二人の距離

 積極的になれなくてお互いにドキドキなんてのはあるけれど、誠の態度はひくわー。世界世界で、誠に誤解させるようなことばっかり吹き込むしな。んで、言葉の方も合わせようとはするけれど気を使って何も言わないから誤解が広がる、と。
 押しかけヒロインのいる作品では、幼なじみがずっと主人公の世話を焼きつつもヒロインと敵対しないなんてのもあるけれど、世界の面倒見のよさは異常。なんか、言葉を誠と付き合わせて狙うモノがあるんじゃないのかと疑ってしまう。
 しかし、なんでこの男がハーレム状態なんだろうな。

20070712

[][]#06 恋する男

 ナディはダメ男に弱い、と。金をせびる典型的なヒモなんだけれど、きっとミゲルが死んだことで泣いている女は多いんだろうな。

[][]#05 In Private

 からかっていたわけではないけど、ダンテがえらく楽しそうだった。

[][]#13 鋼鉄神になれ!!<終>

 さすが最終決戦、人間からはWジーグビルドエンジェル隊つばき美月、邪魔大王国も妃魅禍を筆頭に壱鬼馬らが出陣。複数の巨大要塞や、悪鬼にとらわれた剣児、そして鋼鉄神ジーグの登場と全編ド迫力のバトルで充実していた。悪鬼云々が突然出てきて、その状態から剣児がえらくあっさりと帰ってきたもんだとか、妃魅禍自身の強さはどうなのよとかあるのだが、1クールモノでこれ以上求めるのは酷かも。

[][]ムシウタ #2 夢ノ絆

 この作品のジャンルをいまだにつかみかねる。どうやらコメディではないというのはわかったが、学園恋愛モノなのか何なのかはまだわからない。
 どうして薬屋くんはあんなに必死なのかとか、詩歌はなぜ大助にホイホイついて行ってしまったのかとか、よくわかんね。あの家のホコリ具合から見ると、詩歌はかなりの間家から離れていたみたいだ。なんか、家族や周囲からかなり疎まれていたようだし、思い出が全部暗いな。唯一、詩歌にやさしかったお姉ちゃんも行方不明って、重いなぁ。

[][]#15 裏切り記憶琥珀色の微笑み…(前編)

 DTBって、前編は話がすっ飛んでるから理解までにちょっと時間がかかる。ちょっとキャラが増えすぎで覚えきれないぞ…。

[][]#12 消耗王女

 姫に頼られたヒロが一晩頑張る話。どうしても絵が単調になりがちだったが、すぐにヒロが死ぬのではなくてしっかり踏ん張っていたのはよかった。でもMVPはリザだと思うぜ。

[][]#02 はだかのお嬢様

 エロゲを届けてくれるなんて、なんていい人だ!きわどいところで危険を回避してきたが、積もりに積もった分だけバレが悲惨なことに…。
 斎藤桃子は無難に絵がうまいので、どえらい同人誌を出す羽目になる事態は避けられそう。リアルブルマくんはきっついわー。きっとかなり似てるんだろうな。こやまきみこは…うん、頑張ってるとは思う。

20070711

[][]#15 直したくって、梅梅

 不屈の被虐キャラあやね。彼女が動けば動くほどに藍蘭島は面白くなる。メインは梅梅なんだけど、この子のキャラクターはずっと見ているのがしんどい。あやねぐらいの抜け具合がちょうどいいのかも。

[][]#14 純真

 ドイツvsイタリアのドイツ視点ミネルヴァスの砲台形態や、ルクレツィアをやられたレオンが突撃かけるところとか、グッとくるシーンはいくつかあるんだけれど、後編担当の方がどうしても優遇されているように感じる。次は前後編構成ではなく、AパートBパートで国を分けて、戦闘だけで丸一話やってくれんかなぁ。

[][]#01 転校生告白のこと。

 最速放送より早くノンテロップOPが流出したりしてちょっと話題の作品。まーたしょうもない作品が一本…となめていたんだが、ちょっと興味を引かれた。この電波体質っ子だけでは話が持たないだろうけど、どう転がるのかが気になる。

[][]#02 興味……ある…かも…

 直接的間接的にエロスで、しかも話も結構興味深いというのがなかなか。除毛ネタで部員全員盛り上がりすぎだ。みれいは、清楚と見せかけてエロスってことですか。別に、要に個人的に興味があるというわけではなく、そちら全般に興味がおありだと。

20070710

[][]#13 脈動〜導かれて〜

 捕らわれたジュリエットをキュリオたちが救出。先週捕まったところなんだし、もうちょっと時間がかかったり苦戦したりしてもよさそうなものだ。かなりあっさりだった。

[][]#01 ぽてまよ/来襲!謎の生物!!

 すごいゆるさ、ゆったりさ。これは深夜じゃなく、夕方時にやってもよさそうに見えるんだけどなぁ。
 次回、素直がスカートをはいて「えー」らしいんだけど、この制服だと誰が男で誰が女か、喋らないとちょっとわかりづらいな。最初、あのごついやつが女の子だったらどうしようかと思った。

[][]鋼鉄三国志 #13 美周郎、戦野に立ちて陸遜を導く

 孔明信者乙。陸遜は呉の家臣だというのに、呉のためではなく、孔明のために働くのか。てっきり、一人で砦に突っ込んでボコボコにやられて「そらみたことか」だと思ったのに、周瑜様が身代わりになるなんて。こんなことで呉が軍師を失うなんてひどいぜ。

[][]#15 Sisters&Daughters

 なのはママの育児日記。多少厳しいなのはの方が子供のためにはなりそうだ。きっと、あの環境で育つとヴィヴィオもケンカしたら相手をフルボッコにするような子に育つぜ。
 ギンガがスバルに隠し事を…戦闘機人との戦闘に、何か問題があるんだろうか。
 ED変更、大なのはと小なのは。

[][]#14 The devil's children.

 うわ、ミコトと大和ってやっぱり似てる。それも、変なところばっかり。遥輔が見つけ出したわけではないが、ミコトは本当に掘り出し物だ。しかも遥輔が今までに持っていなかった"チーム"になり得る存在寺尾が言っていたとおり、ミコトの入部を一番喜んでいるのは遥輔なんだろう。

[][]#15 格納庫天国

 春香画像を大量に抱えたままインベル暴走。だいたい春香が乗っているときはいい子だったのに暴走したと言うことは、春香以外の起動キーが嫌なのかな。
 インベルが保存していた千早ムービーを見つけて嫉妬(?)の春香。なんだこの三角関係
 やっぱり課長がやってくれた。そうそう、頼りになるのはあずさではなくて課長だ。

[][]#02 過去から来た男

 暗躍する骸骨男、女優怪死事件、10年前の製薬会社社長放火殺人、ダムの底に沈んだ村、7年振りに帰ってきた故郷。なんかつなぎ方を変えるとひぐらしにでもなりそうだ。隼人記者として事件を追うってことで納得だけれど、霧子が何の理由もなく来たとは思えないよね。絶対に昔の事件の関係者だ。
 立木のオッサンは刑事に見えるんだけれど、違うとしたら隼人とご同業だろうな。

[][]#14 荒ぶる者

 狂乱のエイジ。王家名誉とエイジ、両方を助けるために動くディアネイラ。ほんと、このサル王子たちは何の役にも立たなかったな。
 カルキノスがボコボコにされ、レクティも大きなダメージを負い、再び飛び出していくメヒタカ。このおかげで王子が助かったのは何の皮肉だろう。ユティはまだ出ないか。

20070709

[][]#15 クリスタルの謎を追え パート3

 地下都市に住む孤独な男。クリスタルのおかげでキュアリーたちはもとの姿に戻れるようになったが、それも地下のクリスタルパワーの届く範囲内だけ…って何も解決してないな。
 家を追われたタートルズエイプリルの家に居候。ケイシーのところとかあるのに。

[][]結界師 #28 黒芒楼の宣戦布告

 繁守はたとえ黒芒楼を頼ることになっても、雪村だけは頼らないというが、どうも本家だなんだというだけの事情ではないような気がする。良守時音が仲良くしてマズいことが今後発生したりするかもしれんね。
 なんか、人の皮を被ったやつらがちょっとコミカル。冗談を言えるような連中なのね。

[][]#01 さよなら絶望先生

 期待せずに待っていると面白いのが来たときにより楽しめるの法則。心底期待してなかったわけではなく、どこかで「それでもきっとやってくれる」と思っていただけに、嬉しさもひとしお。ということで、久米田マンガ待望のアニメ化キャラが動いているだけで喜んでいてはダメなんだけれど、全体的にクオリティが高くて満足です。ED曲もかなり好みです。

[][]もえたん #01 マジカルティーチャー<新>

 小学生じゃなく高校生だという方が無理があるよな。ロリコンアヒルめ、あの変身はあいつの趣味か。よくやった、もっとやれ。
 うえだゆうじがこういう主人公って久々のように感じる。
 もともとストーリーにはそれほど期待してないけれど、絵はなんかロリロリむちむちしていて妙にエロいね。

[][]#14 ひとつ屋根の下

 2クール目なので新キャラゆたか投入。こなたのいとこにしてはまとも、というと失礼か。病弱キャラか…ほんと、こなたの周囲はネタに困らないキャラクターばっかりだな。

[][]#36 1.28

 ニアvs月。魅上の変態っぽさが際立って見える演出は素晴らしい。それに、あと40秒で勝利が確定する月の、笑いがこらえきれない演技がいいわ。ラストは月がニアに対して勝利宣言で終わったが、犯人側が丸一話かけて本当のトリックを解説したんだから、次回は探偵側の反撃ですよ。

20070708

[][]#15 私は明日へ向かいます

 いい最終回だった。本当にここで終わったら打ち切りマンガだけれど、本当によかった。Bパートはとても15分ほどとは思えない長さに感じた。これを前後編にせず、しかも不足を感じることなく見せてくれたのはすごいな、満足。
 世界で最大の螺旋力を持つ者が、この螺旋の星を月から守る義務があるのか。本当の螺旋力、そしてラゼンガン。さらにガンメンを捨てて生身で戦ったロージェノム、こいつのおかげでむちゃくちゃ盛り上がった。
 次回は総集編か…次からはヴィラルが予告やるのかな。ヴィラルは永遠の命をもって、大グレン団の語り部となるのだろうか。

[][]#22 ミルクの家出で大騒ぎ!

 ミルクは調子乗るタイプだから、甘やかしてはいかんと思うよ。もし人間化することができたら中学生ぐらいになるってことは、きっとツンデレドリルみたいな姿に違いない。早く人間化して下さい!

[][]#15 サムライブシドー、動くヴァンダム

 雪路先生、それはハードル上げすぎ。それを営業スマイルで軽くクリアするハヤテすげーな。今度は学園で執事対決なのか。ホンモノのコンバットバトラーがいるのね…。

[][]#03 土合・湯檜曽…鉄子デートコース

 鉄道への興味より、階段を下りるのがだるくて合わせただけのキクチだけど、車両形式に詳しくなっているなんて…。レールクイーン候補に鉄分多いと言われるなんて、立派な鉄子だ。

[][]#27 飛び出した女の子

 コゼットと同じような境遇少女を、コゼットやマリウスが別々のアプローチから救う。結局コゼットとマリウスは会えないんだけれどね。
 今回割りを食ったのはガヴローシュだな。テナルディエに見つかってしまうとはなんたることよ。

[][]#01 女王陛下のゼロ

 第2期開始。そういえば、サイトルイズのために帰らないことを選んだんだったっけ。
 確かに、ルイズと出かけると決めたのにすぐシエスタのところに走っていくのは節操がないと思うけれど、年頃の男の子に「女を見るな」というのは無茶な要求だ。でも、サイトってここまで行動的な浮気性だったっけ。まるで諸星あたるみたいな性格にされとるよーな。
 ボロボロの服のルイズが、鞭打たれたサイトにまたがっていたら誰でもそういうプレイだと思うよ。というか、あの二人は年中そういうプレイを楽しんでいると言えなくもない。

[][]#12 血のつながり

 マキ編前編。マキが女の子らしい格好をして戸惑うところとかを見たかったので、カットされたのは残念。その分、田中さん関連が掘り下げられていた。
 戦いが、平行世界地球で行われていることがコエムシの言葉から明らかに。

20070707

[][]#13 奮闘!ぬりかべ用心棒

 ぬりかべに嫁がおったとは…。子どもはなかなか可愛らしかった。たまにはねずみ男もいいことをするみたいですよ。

[][]#14 海辺のピクニック

 海とかいうから、エミリーでも水着回があるのか!と思ったが、さすがにそんな無茶はしないようで。
 エミリーとイルゼのケンカはいつものこと…なのかねぇ。ペリーテディ迷惑かけすぎだろう。ケンカ自体はいいけれど、エミリーがローダの言葉を信じたのはちょっとショック。本当、迷惑な連中だ。

[][]#27 恐怖の山にひそむ者

 グノメ族が頭が良いという話を聞いているのに、どんどん誘導されるまま奥へ進んでいくあたりはさすがデルトラパーティー。夢見の泉の力でグノメ族の動きを見るのはいいが、その間に本体が死なないようにね。

[][]#14 結び目

 トロガイ師の大冒険。サグでもナユグでも、同じような対立があるようだ。チャグムの持つ卵は、渇きをもたらすものではなく、水の恵みをもたらす水の精霊の卵だったのか。気付かなかった星読み達の責任は重いが、聖導師はこの事実を知らなかったとでもいうのだろうか。

[][]#14 クルックの想い

 クルックからもなんか出たよー。今までは唯一影を出せず、どうしても活躍の場が限られてしまったけれど、これでブーケと対等にシュウの取り合いができるな。エロではブーケの勝ちだが。

[][]#13 夏大開始

 いうてもこれって埼玉県の地方大会なんだけど、なんか気分がすごく盛り上がる。花井母と三橋母しか来なかったけれど、他の家もきっと個性的なオカンが揃っているんだろうなぁ。

[][]#14 同じ記憶

 OPED変更。トォニィのチャイルドプレイ。キースが本当にトォニィを殺していたらまた憎しみの連鎖でどうにもならなくなっているところだったんじゃないか。フィシスの目が開かれ、ソルジャー・ブルーも目覚めたぞ。

[][]#09 あっちのミチコさん

 ダイチの怪談よりハラケンの民俗学話の方がむちゃくちゃ怖い。やっぱりイサコとつながっていたのはおばちゃんだったが、目的は異なっているみたい。学校内のキラバグを捕まえるために共闘態勢をとっているのか。

[][]#18 さよならの匂い

 星川姉さんがいなくなるなんて…。なんで階級が高いやつは無駄に偉そうなんだろうね。かといって、ライディーンについて前田崎たちの知らないことを知っているわけでもなく、ただ階級が高いだけ。淳貴に凄まれて手を離しているようじゃダメなんじゃないのか。
 淳貴がむちゃくちゃ行動的。やっぱりこの作品のヒロインが星川姉さんであるということが実証されたな。

[][]#38 かわいい子猫 女たちの肉弾戦!

 美羽じゃなくても、あの家に子猫を連れて行くのは躊躇する。だって、まさか梁山泊で猫を飼っていいと言われるとは思えないし、たとえ飼えたとしてもムキムキの猫にされてしまいそうだもの。アパチャイが猫好きなのはいいけれど、逆鬼はちょっとイメージと違うな。
 幼キサラはあんなにも可愛いのに、どうしてこんな風に育ってしまったんだ…。フレイヤから裏切り認定を受け、これで新白連合への加入フラグはバッチリだ。

[][]#12 愛を取り戻せ!本命チョコで女を磨く!!

 うーむ、確かに大谷は極端だ。フォローに入るととたんに天然女たらし状態だし、指摘されるとガチガチの硬派。リサはまたそういうのにバタバタさせられるタイプだから、お互いに振動させあう振り子みたい。
 大谷に自覚が生まれていっているのはいい傾向だわな。

[][]#14 再離(サイカイ)

 そうだ、哀羽シュウと七生愁って親友だったんだった。シュウのことを忘れた由乃を愁に任せて、シュウはハーレム旅を続けるのであったよ。
 イエラは生命力強いなぁ…

[][]#07 トンデモない飛んだ女

 おソラの正体バレ。おソラさんは、自分が異質な者だから嫌われると思っていたようだけど、清吉の言うとおり、長屋の連中はどう見てもそんな人たちじゃないよ。
 長屋SUGEEEEE!! ぶっ壊れても一瞬で元に戻るなんて脅威のメカニズムだな、ご隠居。「月女飛」でロケットとはとても読めないけれど、いい当て字だ。

[][]#01 候補者たち

 導入部、三人娘の性格やスタンスを明らかにしていくところで、そのうちの音羽可憐パイロットのお誘いがあった。瑛花はすでに軍人で、新兵器ソニックセイバーが気になるからテストパイロットになるという感じなのか。
 ちょっとゆったり目なのでドンパチはまだまだ先になりそう。

[][]#01 運命はなにいろ?

 淫獣になった主人公がなんとか元の姿に戻るために頭の弱いヒロインをうまく操って「星のしずく」を集める話。主人公は新しいクラスにとけ込めていない若干非コミュ傾向有り、ヒロインは頭の弱いぱやぱやでどうしたものか…。

20070706

[][]#14 渚だしー

 メガネっ子犯罪者みたいな方法で指輪を狙っているよー。キリオがやればやるほど、和音花梨の親密度が上がっていくんだよね。
 久我神って貧乏アイドルなのかね。

[][]#13 遊園地に行こう!

 またもギャグ回をはさんできた。和麻はこれが宗主が仕組んだことだと最初から気付いていたんだな。じゃあ、観覧車の中で綾乃の手に触ったのはなんだったのかな。綾乃の触覚は頑張って立ててたとか、他の服も制服とか、いらぬ事実が判明だよ。

[][]#14 旅

 「ヤミと帽子と本の旅人」のメンバーが桃華月憚世界に迷い込んだような。第1話で姿がわずかに出ていたハゲのオヤジがすだれの中から出てきた。全然印象が違う。気のせいか、ほとんど桃華たちが出てこなかったけれどもあんまり違和感がないのはこの作品のすごいところかもしれん。

[][]#01 サイカイ<新>

 おさらいと見せかけて「雛見沢大災害」の異説とか。この世界ではレナだけが生き残り、圭一らはみんな死んでしまったらしい。来週からはまた当時の話に飛ぶのかいな。
 EDのデザインで動いているところも見てみたい。

[][]#13 ある愛の詩

 第一部・完てな感じで、1クールの終わりにふさわしい前後編だった。そういえば、燦は永澄の嫁になるということで出てきて、永澄も流されるままに同居していたけれど、お互いに告白したわけではなかったね。留奈が下僕としてではなく、ちゃんと永澄を一人の男性として見て告白したにもかかわらず、それ以前から燦が好きだったと言い切る永澄は漢だ。

[][]#01 告白

 原作は知らないけれど噂は伝え聞いているので期待。おまじないを邪魔したから、誠と言葉が付き合えるように世界が頑張るってな筋みたいだが、実はお互いに気になっていたけれど相思相愛でしたってか。世界はどう見ても誠に興味アリアリなのに誠の態度はちょっとひどいよね。
 世界がかなり思い切ったみたいだが、やっぱり今後誠をめぐって戦いが…。

20070705

[][]#05 着る女

 年頃になると少女田舎の村から出て町に行きたくなるもんなのですよ。悪人に加担するのはさすがにやりすぎだが。
 ダグラスが見ていた映像はいったい誰の目線からとらえたものなんだか…そんな真っ正面にカメラがあったら気付くと思う。
 で、丸見えって何ですかナディさん。

[][]#04 Rolling Thunder

 トリッシュとレディ楽しそうだなぁ。ダンテは全く活躍どころがなかったけれど、レディがマジなだけによかった。ハンター3人が揃っているのに狙われてしまうなんて、アホウというか哀れだな。

[][]#12 最終決戦!大銅鐸、立つ!

 宇宙からスタートしたから、一瞬見る番組を間違えたかと思った。月へ向かうことにしたんだった。銅鐸は妃魅禍が使って消えてしまったが、つばきパワーで復活。Wジーグが敵をなぎ倒していくところはかなりあっさり倒していて爽快だった。
 ラスト、決めポーズで終わるんかい。

[][]ムシウタ #1 夢ノ始マリ<新>

 うーん、なんか設定深そうなんだけれど、語られるのは先かな。主人公の薬屋くんの性格とかもまだ見えてこないので、とりあえずは4年前にあったことと舞台についてしかわからん。虫バトルもの?

[][]#11 猫舌王女

 猫のヒロコ。ヒロは妹萌えだったのかー。そりゃ姫とかリザ、令裡にあんまり反応がよくないわけだわ。

[][]#14 銀色の夜、こころは水面に揺れることなく…(後編)

 銀編の後編。契約者たちはみんな大切な人を失ったやつらなのかな。黒に仲間だと言われてちょっと反応したり、自分で頬を引っ張って笑ってみたりと、かなり銀が可愛かった。

[][]#01 はじめての×××

 勘違い話→「百合ヶ丘〜」→百合じゃない!はテンポがいいな。なじみの性格がちょっとアレだと思ったが、あれぐらい図太くないとダメなのかもしらんね。
 そして実写のBパート。絵は「たしなむ程度」の斎藤桃子と、絵は描けないというこやまきみこが9/9の即売会までに同人誌を作るらしい。ダメなら恥ずかしい格好で謝罪会見らしいけど、なぜか早くも会見にノリノリの斎藤桃子。売上が二人の打ち上げ代になるらしい。こやまきみこの言うとおり、1万円で売って数冊売れればウハウハというのも悪くない考えのような気がするな…ぶっちゃけた話、声優本ならそれでも買う人が出そうですよ。
 これ、Aパートもそこそこ動いていて悪くないけれど、本編はBパートだな。むちゃくちゃ笑った。

20070704

[][]#14 はずかしくて、着ぐるみ

 変な仲間が増えたよ。カッパはなんであんなに態度がでかいんだろう…。

[][]#13 動機

 なるほど、あのときイギリスとフランスが受けた攻撃はこうやって行われたのか。パイロット意志とは無関係に、国は勝ちたいから何でもするんだな。
 精神感応システムってサトラレ状態になるんかね。

[][]#13 血戦の章<終>

 ゲルニア王子退治編完。毎回いざこざに巻き込まれて解決するというほぼ一話完結に近いスタイルだったので、一話ごとに見やすかった。グリーダムまで書状を届けなければならないというストーリーものの中で、第一部としては1クールしか時間がなかったのでこれが限界かな。全体的に不完全燃焼感がある。第二部はいったい何をするのかがよくわからんけど、サンガトラスとの戦争はまだ回避されたわけではないのでそのあたりか。4月6月に放送された作品の中ではちょっと厳しいものがあっただけに、第二部に何を期待したらいいのかわからない。

[][]#01 ちゅらうみっ!

 タイトルがちょっとアレなので、ただのエロ話なのかと思っていた。まぁ期待通りに乳首券が発行されていないのが不思議なぐらいのエロスだったけれど、ただのエロ話じゃなくってちょっと面白かった。あむろがなかなか魅力的。これは見る。

20070703

[][]#12 安息〜このままで〜

 この世界を支える二本の根っこ、一本は腐りもう一本も長くないというのはキャピュレット家とモンタギュー家のことか。
 相変わらず若さが行動を支えているので、見ていてなかなか香ばしい。結局、ロミオが使える技は家名に頼ることじゃないか。誰の軽率な行動がこの状況を招いたのかをお坊ちゃんは顧みるべきです。自分が出て行けば、ジュリエットは助かるとでも思ったかね。

[][]鋼鉄三国志 #12 知略と鬼略、妖しき笛の音湖畔に木霊す

 孔明魯粛周瑜陸遜とたらしまくる話。孔明はちゃんと陸遜のことを愛しているらしいですよ。弟子師匠のことを深く愛しているみたいだし、もう好きにすればいいと思うんだ。
 せっかく全員変身できるようになったのになー、変身しないかなー。

[][]#13 世界×心<終>

 ラスボスをそんなあっさり倒さないで下さい…。それなら先週倒してしまって、今回は完全にエピローグに費やす形でもよかったと思う。なんか、三人が力を合わせれば!で本当に倒されてしまって、今までの苦戦はなんだったのかと思えてくるよ。
 最後の最後に、ソウマはキリヤではなくマオを選んだ。まぁそれはいいんだけれど、さんざんキリヤとのフラグを立てておいてそれはないだろうと。しゃにてぃアッー!

[][]#23 Lesson 23<終>

 のだめ、自力で復活しちまったよ。せっかく千秋が九州まで行ったけれど何の役にも立たず。気付けば、千秋は完全にのだめに取り憑かれているな。
 話としてはここからパリへ行って広がっていくところなんだろうけれど、2クールアニメとしては良い感じで終わることができたんじゃないでしょうかね。

[][]#14 Mothers&Children

 フェイトさんエロス。「古代ベルカ式魔法…」というフレーズが出たときに思わず反応してしまった。別の意味に聞こえてしまうよ。

[][]#13 Silent men are deep and dangerous.

 大和君の回想に全てが費やされた。昔から相当かわいげのない子どもだったみたい。

[][]#14 なんかうごきづらい

 伊織とネーブラは案外古い絆で結ばれていたのね。なんだ、真が割って入るところはなかったんじゃないのか。前にメカニックの誰かが、インベルは気に入ったヤツしか乗せないが、ネーブラは誰でも乗せる代わりに一度ダメになったらもう二度と乗せてくれないみたいなことを言っていたな。
 課長よりも、あずさや響の方が情報を持っているという不思議あずさは今は春香にやさしいが、時折見せる態度がものすごく冷徹だったりするから怖い。いざというとき頼りになるのはきっと課長。
 iDOLが5体揃えば何かが起こるらしい。テンペスターズは真美とともに消失したことになっているが、どこかにいるということなのか?

[][]#01 仮面が踊る街

 特撮ヒーローものをアニメでやったような感じ。もし実写特撮ならB級作品なのは間違いないけれど、アニメにしたことで結構スタイリッシュな仕上がりになっていると思う。あの横文字とかの戦前香りがいいね。ボンズってことで、どこかProjectBLUE 地球SOSっぽさもあるようなないような。

[][]#13 時空流の戦い

 感想飛んだ。時空流を越えて攻撃するエルマントスを更に上回って強いベルクロス。やっぱり、ユティ以外ではエイジに勝てないっぽくないか。

20070702

[][]#14 クリスタルの謎を追え パート2

 本当にクリスタルに上下の区別があるなんて。それは普通気付かないだろう…。おバカのミケランジェロだからこそ思いついた発想だな。

[][]結界師 #27 最高幹部十二人会

 黒芒楼に食い込んだ正守の狙いが読めないが、今回時守が手を出さずに猫を成仏させるよう仕向けたのは、繁守の言う「違うやり方」というやつか。

[][]#25 おもひでぼうえい/#26 今日もゆるゆる防衛です<終>

 攻撃的行動は防衛じゃないから防衛装備ダウンロードが許可されないというのはなーんかシリアス。ゆるゆるとエイリアンを退治せずに共存ってことでいいんじゃないの。

[][]#13 ソラ<終>

 周囲では高評価なんだけれども、正直なところ最後まで乗れなかった作品。長崎の描写はかなりしっかりしていたし、全てのキャラを放置することなく最後まで導いたけれど、蒼乃は救われているのだろうか。人間に戻ったことで、依人への執心は消えて昇華されたということなのかな。
 個人的には依人消滅、蒼乃と茉莉相討ち死亡、真名が空を見上げて「空、好きだー!」ってのが好み。別に鬱エンド好きではないんだけれど。

[][]#13 おいしい日

 またアニメ店長か。今回もむちゃくちゃ気合いが入っていたけれど、個人的にはこの作品の女子高生のよくある日常的風景が好みなので、そこまで力を入れられてもなぁという気がしている。あと、なぜEDは実写ですか。

[][]#35 殺意

 さすが月、高田清美を殺すぐらいなんともないぜ。利用するだけ利用してポイだ。海砂はあのアホさ加減で生き延びられたのかもしれんな。
 マットはさすがに状況を舐めすぎ。メロも、高田を目の届かない位置に置いてしまったのはまずかったな。第二部序盤で多少なりとも月を苦しめ、夜神総一郎を死に至らしめた相手としてはあっけない最期だった。

[][]#12 花<終>

 かつてウィリアムを振り切ったというエマさんの俊足が、二人の関係を結びましたとさ。最後は当然ウィリアムエマが結ばれなければどうするんだって話で、期待したとおりの幸せそうなエンディングでした。エマの背中を押したハンスはいい男だわ。

20070701

[][]#14 皆さん、ごきげんよう

 シトマンドラ様はやっぱりちょっと四天王の中では弱い人だったようで、グレンラガンにとどめを刺そうとしたところを援軍に邪魔され、真の力を見せようとしたところはダヤッカに一刀両断にされ…。ご愁傷さまです。
 ダイガンドを貫くグレンラガンドリル逆噴射で地面に叩きつけられ「おかげで先っちょが入ったぜ!」でグアームは自滅する形に。いよいよテッペリンがその姿を現す…って超巨大ガンメンか。ありゃーでかいな。
 ニア編の完結、ED変更は次以降か。

[][]#21 お世話役見習いミルク登場!

 三体目の淫獣登場。ポルンですら登場時あれだけ嫌がられたのに、この年少ウザキャラはもうどうしようもない予感が。子供に一番近い存在キャラクターではあるので、子供には受けるのかな。
 それでもプリキュアと戦いたいギリンマ。ミルクに邪魔されているようじゃプリキュアに勝つことなんてとうてい無理ですよ。

[][]#14 ちょっとちょっと!パーティー行かなあかんねん。早よして、ホント

 不合格に気付くまでの長ーいフリのコントを見ているみたいだった。長いまるわかりのフリにしてはかなり面白くなっていたのは桂姉妹天丼と、生徒会三人組のさっくりしたネタバラシのおかげかな。クラウスが妙にノリノリだった。

[][]#02 130円・一都六県大回り

 旅のはじめはかなり嫌がっていたキクチが、最後には時刻表を見るようになるなんて。横見も言っていたけれど、これはすごい成長だよな。おそるべし、大回り。

[][]#26 パリのすれちがい

 トゥーサンがうまく気を使ってくれたものの、コゼットとマリウスはまた惜しくもすれ違い。わざとやってるんじゃないのかと疑いたくなるぐらい、コントばりのすれ違い方だな。
 ガヴローシュも教会に行けばコゼットと会えたんだけれどなぁ。残念。

[][]#11 命

 鬱アニメなのにこんな感想はどうかと思うのだが、ツバサの声が名塚佳織だったのと、作画の雰囲気がちょっと似ているので「ギャグマンガ日和」に見えて仕方がなかった。頼れる仲間はみんな目が死んでる。
 敵が変更になって、合体キノコ型に。原作ではジアースではとどめをさせず、特攻での攻撃による撃破というパターンだったが、こちらはそれよりもモジが何に気付いていたのかということを重要視したらしい。これなら、相手も人間であるということがより明確にわかりやすい。あれだけ言われたら、みんな何となく感じ取ってしまうよな。
 細かいところだけれど、田中さんの家でジアースの男どもについて話しているとき、カンジについてはアンコは何も言わず頬を赤らめていたけれど、実は気になっているのか。原作ではカンジがアンコをからかうような描写があったはずだが、ひょっとしてお互い気になるのかね。あと、コエムシとモジが仲間なのではないかと疑っていた話で、やっぱりマチだけは加わっていない。地味に地味に伏線を張っているのだろうか。