Hatena::ブログ(Diary)

20120229

[][]#07 ドラゴンタワーの再会

 ドラゴンタワーのメインコンピューターを探索に行ったらスレイブプレイヤーのアミが守っていたよの巻。パーティー人数が増えてきたので分割、その内容がバン&ラン&オタクロスとジン&ヒロ&ジェシカというのはなかなかバランスがよい。ここで早くもアミが来るのはちょっと意外ながら、すでにスレイブプレイヤーとしては3人目だっけ。港の探索が本当になんの役にも立っていなくてワロタジェシカが一度見た地図は頭の中に入っているというのは今後役に立つときがくるのだろうか。

[][]#19 全員集合!

 かつてアクセラに助けてもらったソルティが、今度はアクセラに傘を差しだして、インテグラさんもそこへ合流、アンダーソン兄弟もローズを探してやって来たから「全員集合」。もちろん即ツッコむしかないよね、してねーよと。ロイさんが「生きていてさえくれれば」って言ってたからローズはいいとしても、シルビアセリカがいないのに全員なんて言わないで欲しい。前半のワイワイキャッキャが夢だったみたいな展開だよ……。
 そして、ついにアシュレイが直接ソルティに接触してきたりして、急展開続く。

[][]#20 訪レル災い

 ゴミ捨て場から回収されたソルティはジョセフのおかげで修復はできたものの、記憶が飛んでいる模様。そもそもソルティというのはロイが名無しでは困ると与えた名前。ロイになつくまえは何をしていたのか全く不明だったけど、そういえば最初にプロシードがソルティっぽい人を探していたことがあった。あれはアシュレイの指示だったわけか。
 インテグラも、一人でアシュレイに戦いを挑むがアシュレイには軽くあしらわれ、捕まって囮に。もう少しこらえてほしかった。

[][]#21 真実の刻

 ロイんちを捨てて地下へ逃げる一行、ジョセフの口から明かされる真実アクセラの乗り込んだあの巨大マシンは地下都市時代遺物かな?もうアクセラぶっ壊れまくっちゃって、とにかくインテグラたちの敵討ちしか考えてない。インテグラさんはまだ生きてるはずなんだけど。

[][]#08 喧嘩、売ります!

 リアス先輩の婚約者ライザー・フェニックスがイヤな奴だったのでケンカを売ってみました。「ハーレム王に俺はなる!」という一誠の野望をすでに叶えた男。駒が全員女とか趣味悪すぎるだろ……。しかも子安武人あなたは謎こうもりで自主規制係をやっておればよろしい。

20120228

[][]#08 Hair stand -紺碧-

 千曳先生の話では夜見山市から出れば災厄の影響は受けないという話だったのに、夜見山市外へ出たはずの一行から犠牲者が。またこれが溺れる→ボートに巻き込まれてスクリューでズタズタというひどいもので……中尾くん、今回目立ってたから。つまるところ、「夜見山市内」で「3年3組とその縁者」に災厄が降りかかるのではなく、災厄はその他の条件で発動しているというわけですわな。
 災厄から視線を外すと、赤沢さんがわかりやすいぐらいに恒一を意識していたり、出先でまで鳴と会ったり。特に自分のところの車で来ておきながら、勅使河原ハブって自分は恒一のいる車に乗り込む赤沢さんのヒドさったら。

[][]#09 タケ兄と就職

 イメージ的にタケ兄は「昔からずっと家に居るよね」かと思っていたら、ちゃんと就職なさっていて、この間までは彼女もいたらしい。しっかりしたお兄ちゃんやんか。

[][]#04 いつか夢見た世界が閉じる

 マトはバスケ部カガリは他に友人を作っていて孤立を深めるヨミ、そのトドメがカガリからの「どうすれば解放してくれるの?」。異常なまでに執着していたのはカガリだったはずなのに、憑き物が落ちたどころか別のものが憑いたかのようにヨミから離れていって、それどころか関わりを最小限にしてきている。そこにサヤちゃん先生悪魔の囁き。もうヨミはだめだ。
 OVAもマト(ブラック★ロックシューター)がヨミ(デッドマスター)を助け出す、みたいな話にはなっていたけれど、それもうちょっと明るく描きませんか?Another→リコラン→BRSという流れだと、リコラン終わったあとのしばいぬ子さんのところで「ふぅ、火曜日オシマイ」って思いたくなる。バカでエロでどうしようもないハイスクールD×Dの方がまだよっぽど見られる。「黒塚 KUROZUKA」的なしんどさ。早くカタルシスの解放を。……あるの?すんごく不安

20120227

[][]銀魂' #248 マダオドッグマダオネア

 バラガキでシリアス側に振っていた分だけマダオが際立つというか……1問ごとにどんどん凹んでいくマダオに、こちらは笑いが止まらずに死ぬかと思った

[][]#08 勇士誕生

 上田への帰路でとうとう根津甚八も合流。って、甚八が中井和哉でもう頭の中では奥州筆頭がぐるぐると。

[][]#08 先輩がPINCH,

 肝試しで海人と二人きりのチャンスをゲットした柑菜だったのに、イチカが無人救命ロボットに襲われる(?)事態になって、やっぱり海人がイチカのもとへ。もうこれはフォロー不可能な領域。りのんが必死で何か工作していたのは救命信号の件だった模様で、帰りたくないイチカは救命ロボットに収容されたくなかったと。これ、救命ロボットを壊したら「何事かがあった」と判断されてしまいそうな気が。ロボットを見つけても何も言わずにイチカを助けることにした海人はカッコイイけど、その決断力が普段も欲しい。

[][]#08 陽だまりに翳りなく

 未来がクリスを助けたら、クリスを狙ってノイズが沸いてきてしまって「何してんだアタシは!」と。やっぱり悪い子ではないみたいなんだけどな。ノイズの襲撃で、結果的に奏と未来は仲直り。第1話のアバンがあるから、ここで仲直りできずに未来が死んでしまうなんて展開は期待してなかったけれど、それにしてもあっさりな。

[][]#07 ぶんかおてだまできばせん

 文化祭お手玉騎馬戦。やすなのテンションが上がる→ソーニャを巻き込む→痛い目に遭う、の鉄板コンボが飽きない。ソーニャもやすなにだけは負けたくないという意識がバカさせてるよね。没キャラは今回もやすなたちとは絡まないままに消えていったのでした。さすが没キャラ

20120226

[][]#01 特命戦隊、集結せよ!

 アニメは1クールに何十本もスタートするからよほどの作品でもない限り第1話だからと身構えないけど、戦隊モノはここから1年間付き合っていくことになるので、やっぱり構えてしまう。ブルーバスターイエローバスターはすでに実戦に入っていて、あとからレッドバスターが合流するというこの感じはデカレンジャー的。バイクの登場もデカレンジャー以来だそうです。マーベラス@ゴーカイレッドが「ド派手に決めるぜ」だったので、比較すると地味に見えるヒロムだけれど、そこまでウジウジした感じもなくて、まずまずの滑り出し。
 ポジションはヒロムが落ち着いたレッド、リュウジが熱血お兄さん、ヨーコが猪突猛進っ娘?ヴァグラスの怪人メタロイドは、まずエンターが個体を呼び出して、そのデータからヴァグラス本拠地で巨大怪人(メガゾード)が作られるという、珍しいタイプ。ヴァグラスは亜空間にあるのでメガゾード転送まで時間がかかり、そのカウントダウンリアルタイムで表示されるというのも面白かった。今回はメガゾード転送までに怪人を倒せなかったのでダブル戦闘戦隊モノといえば、まず小さな怪人を倒して、その怪人が巨大化するというパターンなのでこりゃ斬新。メインライター小林靖子なので、まだまだ意外性で楽しめそう。

[][]#24 英・雄・願・望

 キッグナスの正体は江口くんのヒーロー願望を体現したものだったのだよ!なんだってー!!ゾディアーツスイッチは誰かに無理矢理押させられてもOKなら、そのうち流星が無理矢理みんなにスイッチを押させる姿が見られたりするのだろうか。

[][]#04 直球勝負!風のキュアマーチ!!

 大家族の頼れるお姉さん、緑川なおがマーチに変身。キュアミントのこまちさんはちょっと天然で技も防御系だったけれど、こちらはアグレッシブ。技もりんちゃんさんを思わせるシュート。みんなパクトへの力の込め方がバラバラで、マーチの力づくというのはいずれパクト壊すんじゃないかと。

[][]#45 天空の野菜畑・ベジタブルスカイ!

 一龍の助言を得てベジタブルスカイに挑むトリコ小松、その前に立ちはだかるモンスターぞろぞろ。ジャックと豆の木みたいなビジュアル。

[][]#20 赤いモビルスーツ

 フリット編でクソガキだったデシルがゼハートの兄とな……最後はフリットにやられて宇宙漂流してたのに、ちゃんと回収されてたか。そんなゼハートは赤いMSイドラを受領して、能力をフルに発揮するためマスクをつけてガンダムとの戦いに出撃。シャアへのオマージュはたいがいのシリーズで出てくるからいいんだけど、ゼハートとアセムの因縁をどうこうしたいなら、やっぱり学園編をもっと深くやっておくべきだったぞ。エンディングのイラストで補完させるな。

[][]#21 光る涙

 ファイ・ブレインへの目覚めが近づいておかしくなりつつあるカイトを支えてくれたのはノノハ。これだけ言われても心配してくれる女の子はめったにいないので、カイトはノノハスイーツを有り難くいただくべき。そしてキューちゃんも復活、軸川先輩に頭を下げてまで協力してもらうなんて、どんだけカイトが好きなのか。
 そしてキーパーソンジンはというと、ルークが確保してましたと。どう見ても廃人です。カイトもあと少しであちら側だったのよな……なのに、なぜルークは無事なのか。ファイ・ブレインって、そんなに何人もいるものなの?

[][]#309

 イベントまであと2週間。ずっと在庫が残っていたからどういうことかと思ったら、ポートピアホールをぎっしり埋める数だったのですね。それだと座席の当たり外れ、けっこう大きいと思うんだけれど……。
 あと突然の新コーナーは「小野坂編集長の声優雑誌斜め読み」。2chとかでネタになるようなものだと週刊昌鹿野批評でやるけど、そうじゃない声優ネタをわざわざ小野坂&鹿野でいじる必要あるんだろうか。アニメ雑誌いじりの方が「こんなポスターのっけてていいの?」とか、ポイント多そうだよ。2人ともあんまり出てないからやりづらい?

20120225

[][]#07 砂漠エルフ

 早朝のうちに館を立ち去ろうとするタバサを引き留める才人だが、そこへ元素の兄弟が襲撃。それぞれに因縁のある相手に勝負を挑むが、勝手な襲撃に怒った長兄ダミアンによって戦いは強制的に中断されてしまう。その間に才人とテファはエルフ族の町へと攫われていた。
 据え膳食わぬはなんとやら、そこに巨乳があれば前後の状況などはともかく、とりあえず揉んでみる。そんな才人はルイズにもっとおしおきされるべき。ヒィヒィ言うまで。

[][]#08 つきひフェニックス 其ノ壹

 暦と火憐の歯磨き回。直接的な描写だけでいえば今までにもエロいところはいくらでもあったけれど、ここの演出はすごかったなぁ。声優の演技も含めてエロい。でもなんか、個人的にはキタエリには不遇ヒロインが似合う気がしている。さやか@まどマギだけじゃなくて、ミキタン@フレプリとか、奈緒@おにすきとか、亜美ちゃんとらドラ!とか。出番まで含めて内田@みなみけがパーフェクトかもしれん。

[][]#08 愛おしいよね

 崩壊したホームズ探偵学院の前で、ミルキィホームズと怪盗帝国はアンリエット/アルセーヌ探しを開始、コーデリアが作り出した妄想世界に囚われてしまう。ストーンリバーとエリー活躍でこの妄想を打ち破った7人は、それぞれアンリエット/アルセーヌに見合った力をつけるために、それぞれの道を歩むことを決める。
 相変わらず現実逃避を続けてきたミルキィホームズがようやく現実に向き合った。トイズが使えないままのミルキィホームズ探偵学院を再建したところで何ができるのかは疑問。アンリエットさんの手がかりすらないしなぁ……。4人とカマボコが手を合わせたところにもう1本の手が伸びてきたときはアンリエットさんかと思ったら、第1期最終話以来の森・アーティかよ!結局、お前は何者だよ!

[][]#08 姫と海賊

 弁天丸への密航者はセレニティ王家の第7正統皇女であるグリューエル姫。ゴンザエモンを頼ってきた彼女を茉莉香は受け入れるが、状況は失踪扱いでもしも弁天丸に居ると知れれば大事になるので、白凰女学院への留学というミラクルCで切り抜ける。
 グリューエルの持ち込んできた「黄金の幽霊船」捜索はいかにも海賊っぽいお仕事でワクワクするが、今のこの世界海賊ってそういうのでもないっぽいから、どうするどうする?

[][]#06 小泉八雲の巻

 島根の有名人といえば小泉八雲小学生のころに八雲旧宅とか行った覚えがある。

20120224

[][]#08 スペシャルミッション

 リョーマ、忍足、田仁志の3人は三船から、合宿所から練習用品と酒を盗むというミッションを言い渡される。なぜこの3人って感じの組み合わせながら、赤外線センサーをすり抜けていくところでのリョーマと忍足のコンビネーションはお見事。でも、田仁志が期待したほどにお笑い担当になっていなかった。むしろ、切原がおいしいところ持って行った。

[][]#08 願い、ふたりで

 なのはさんを相手としての模擬戦、スバルティアナは極秘練習していたコンビネーション攻撃を繰り出すが、なのはと行っていた練習では見せていなかった攻撃がなのはの逆鱗に触れてしまう。
 今回の放送がTV放送版ではなくて修正版だと気付いたのは、この話の模擬戦のときのヴィータちゃんの顔でした。本放送では(みんなそれなりにひどいながらも)ヴィータの崩れは看過できるレベルを超えていたので。「少し頭冷やそうか」はこちらの無表情も怖いけれど、やっぱりあの魔王顔でぶっ放して欲しかった。そして、せっかく修正するのなら、顔の描き直しよりも、安っちいエフェクトを修正して欲しかった。ティアの射撃、ひどいですよ。

[][]#07 男子高校生と一発芸/男子高校生と室内の冒険/男子高校生と室内の冒険2/男子高校生と兄/男子高校生ありのまま自分/男子高校生と進路/男子高校生とミツオ君/男子高校生とミツオ君2/女子高生は異常「女子高生力」

 ヤナギンと生島のベルフェゴール正解はワロタけど、それを出題してくる方も出題してくる方です。

20120223

[][]#07 ふたりのよる

 妖怪の襲撃でセキュリティシステムが作動した妖館では、それぞれの部屋で結界が発動。凜々蝶は双熾とともに一晩を過ごすことに。
 ただでさえ空気を持たせるということが苦手な凜々蝶が、特に意識している相手である双熾と二人っきりで過ごす時間の、なんとも息苦しそうなこと。息苦しいというか、本当は双熾に色々言いたいことがあるのに、素直に言えない凜々蝶様がもどかしい。ふだんは天然ブラックなところものぞかせる双熾だけれど、凜々蝶に対する忠誠は間違いなく本物。御狐神くんが家事やってくれたら安心できるなあ……。
 結界内はごはんがいくらでも出てくるカルタにとってのパラダイス。でも、渡狸のピンチにはすぐにかけつける。そこは逆でないといけないのに。

[][]#07 毎度おさわがせします

 三姉妹のことが佐古先輩や莱香さんにバレてしまう。14歳をオバサン扱いの佐古先輩はちょっとほんまもん過ぎて……莱香さんのお仕置きは一般的にはご褒美なんだけれど、この人にはそこまでのご褒美にはならなさそう。でも、莱香さんは子ども好きらしく、祐太にとっては幸運、空にとっては不幸な方向に。
 もうじき新学期、空と美羽の学校をどうするのか、そしてひなをどうするのかという点には、まだ明確な答えは出せず。すでに通学させるためのパスケースは購入しているし、「通わせない」ではおばさんから引き取ってきて言い訳が立たないぞ。かといって、ひなは3歳だお!さらに、大学単位の問題もある。14歳や10歳の姪に心配されていてどうする。
 そして最後は管理人さんによる立ち退き要求へ。まぁ、大学生用単身アパートなわけで、これまで苦情が出ていないのが不思議ではあった。艱難辛苦です。

20120222

[][]#06 ダックシャトル発進

 暴走する列車を止めたのはA国留学中だった海道ジンとその新たなLBX・トリトーン。ジンを仲間に加えた一行は、オタクロスとも合流、一連の指令を出しているのが中国にあるコンピュータであることを突き止め、中国へ向かう。
 A国だけのゲストかと思っていたジェシカパーティーにさらっと加わっている。シャトル内の座席は2人掛けになっていて、みんな基本は1人で座っているのに、なぜヒロとランだけ隣同士なのか妙に気になった。それなら、憧れているバンの隣にランが座っていてもいいし、それこそバンとジンでもいいし、ジェシカがバンの隣でもいいのに。疑問疑問ギモーン!

[][]#16 冗談です、半分

 自分を助けた青年ウィルとともに飛行機を組み立てるソルティ。無事初飛行を迎えるが、すでにウィルの体はボロボロ。血を吐いて死んでしまう。彼のために、ソルティはもう一度飛行機を作り上げる。一方、ロイもミランダからの激しい叱責を受け、ソルティを捜しに出ることに決める。ロイってば、なぜその「ソルティまで失うことになる」という発想にたどり着けなかったのか。娘さん、もう一人で立ち直りつつあるよ。
 一方で、R.U.Cではプロシードのリーダー役としてローズが大復活するなど。先日からアクセラが何やら駆り出されていたけれど、力不足だそうです。あれ、ロイがたしかローズの遺体を確認して叫んでいた気がしたんだけれど……?まぁこの展開はSoltyReidioで聞いていたのでよいのですが。

[][]#17 LADY

 ロイがジョセフのもとに到達したと思ったら、ソルティが帰還な入れ違い。R.U.Cではローズ隊長に不服なシルビアがアシュレイによって殺されてしまったり。もともと黒幕な男だったけれど、もう黒い部分を隠しもしない。アシュレイの目的に必要だからアクセラを使ってきたけれどどうやら役に立たないらしく、ローズが適合するので、もう他のプロシードたちは不要ってわけですね。

[][]#18 おかえりなさい

 シルビア殺害がインテグラたちのせいになってしまって追討を受け、一人反撃に出たセリカもここで散ると。おおお、もう誰がどこで死ぬかわからんな……。セリカを撃ったのはローズではないんだけれど、ローズとしては不本意な結果なのかどうか。やってきたソルティとロイを見たときのばつの悪そうな表情は、以前のローズ雰囲気を感じさせるものだったし、R.U.Cのオフィスでの姿もあくまで以前のローズと変わらない部分があるのだけれど。

[][]#07 使い魔、ゲットします!

 リアスから使い魔を許可された一誠とアーシア。しかし、使い魔獲得に必要なザトゥージは月1度しか仕事を受けてくれないため、ちょうど同じく使い魔を手に入れるタイミングになっていた蒼那(シトリー眷属)とのテニス対決、ドッジボール対決に。勝利したグレモリー眷属はザトゥージのもと、使い魔探索に出かける。
 前半が眷属同士のバトル、後半がポケモン獲得話で、パートごとに1話ずつ立てられそうな内容だったけれど圧縮されていた。ストーリー的には箸休めで、エロ成分は全開。特に、ドッジボール魔球体操服がはじけ飛んだり、スライム女性陣の服だけ溶かしてしまうなんて、もうテンプレ通りのエロ展開でして笑うしかなく。

20120221

[][]#07 Sphere joint -変調-

 突然の久保寺先生自殺によって「いないもの」を作ってのおまじないは中止。クラスに一人紛れ込んだ“死者”によって災厄がもたらされているけれど、死者に関する事実記憶まで改変されてしまうので、終わってみないと誰が死者かは不明なまま。15年前はクラス合宿が行われて災厄が途中でストップしたとか。
 まるで急に赤沢さんがデレた感。久保寺先生教室虐殺するものかと思ってしまったので自殺は意外なんだけれど、もっと楽な死に方はいくらでもあろうのに、なぜにあの死に方。水野姉の事故は本人の意思が介在していないからわかるんだけれど……。

[][]#08 あつしとひなまつり

 「あつしがヒナちゃんにお呼ばれ」の時点でもう犯罪香りなわけです。ヒナちゃんがあつしの友人2人を同時に誘っていればあつしも無事にたどり着けたのに……。

[][]#03 こらえた涙があふれそうなの

 カガリの束縛から解き放たれたヨミだが、マトはバスケ部が忙しかったりして、ちょっと微妙な気持ち。サヤ先生に悩みを打ち明けようかと思ったり、そうじゃなかったり。そのサヤ先生の行動もなんだかちょっと不審。ヨミも美術部に友達を作ればいいところではあるんだが。

20120220

[][]銀魂' #247 バラガキからの手紙

 バラガキ編もおしまい。真選組白夜叉=銀時っていうのを知ったのはここが初なのかぁなどとどうでもよい感心を。他人に勧めるほどの内容ではなかった。今井信女がポン・デ・リングで釣られるのは原作からそういうネタ?信女役が平野綾平野綾といえば偽物語の忍野忍役(好物はミスタードーナツ)を降板していて、代わりが坂本真綾真綾のダンナが鈴村健一(沖田総悟)。いやいや、まさか。

[][]#07 剣と扇

 家康の催した茶会に出向くことになった幸村。六郎、才蔵、伊佐那海だけを連れて行くが、もちろん黙っているわけのない清海と鎌之介がこっそり追走。そして、望月六郎(弁丸)もパーティーに加わることになったりしてみたり。

[][]#07 先輩の気持ち。

 千春のアタックが生んだ美桜と哲朗の急接近。一方、海人も自分の気持ちに素直になってイチカに急接近。
 いやいやまあまあなんとやら、柑菜一人負けの構図が出てきてしまって焦る。「青髪キャラ敗北の法則」はさやか@まどか☆マギカに始まったことではないけれど、ちょっと鉄板すぎる。

[][]#07 撃ちてし止まぬ運命のもとに

 クリスの説得を目指す響だが話は通じず。一方、未来に「嘘つき」呼ばわりされてしまった響、2人の間は修復不可能?
 フィーネがクリスを捨てた理由は、響の方が実績を上げつつあるからなのか。

[][]#06 へそからくりでてるごおり

 かきごおり&ソーニャん家訪問。まぁソーニャの家にそう簡単に行けるわけもなく、あぎりさん家に落ち着いてしまうわけですが。そもそも家とか以前に日常生活が謎すぎるだろうこの人たち。やすなが学校以外でどう生活しているかとかさ。家でもバカやっているのか、それともソーニャと絡まないときには普通なのか。

20120219

[][]#51 さよなら宇宙海賊<終>

 自分たちだけで戦うことを決めたゴーカイジャーバスコのガレオンまで使っての総力戦と、最後にばらまいたレンジャーキー、次に狙うは「宇宙第二のお宝に決まってるだろ」って、もう格好良すぎるぜマーベラス。実にマーベラス。
 なんといってもこのシリーズを支えたのは過去のスーパー戦隊たち。さすがに199人全員オリジナルキャストで集合とはいかなかったけれど、充実したキャストが出てくれて、作品を彩った。最後のアカレンジャー誠直也が演じたのは当然ながら、変身後もちゃんと当時のスーツアクターである新堀和男が演じていたって、ファンにしかわからないこだわりが嬉しい。
 こうなると気にかかるのは劇場版スーパー戦隊VSシリーズといえば前の戦隊との共演なわけで、そうなった時に特命戦隊ゴーバスターズvsゴーカイジャーで、ゴーカイジャーは何に変身するのだろうか……。仮面ライダーの集合映画カオスと不完全燃焼感を見ると、ああはなって欲しくないと思う。

[][]#23 白・鳥・同・盟

 ゾディアーツの中にもいいやつがいるのかも?と思わせる、正義の味方っぽいキッグナス。信奉者の集まりでも一切疑問を持たない弦太朗とユウキのアホっぷりがステキ

[][]#03 じゃんけんポン♪でキュアピース

 始まる前からアヘ顔ダブルピースで大人気のキュアピース。しかもお絵かきキャラだから属性つけ放題じゃないですか、やだー!
 「変身させるためにどうするか」というのは毎回見せ所で、変身済みの子たちがやられる→イヤボーンパターンが多いわけなんだけど、スマイルでの必殺技不発(外れる)→ピンチというやり方は新しいと思う。スマイルアホの子だからこそだね!これはキュアドリーム2トップいけるで!

[][]#44 白熱!トリコ対IGO会長

 トリコとその“オヤジ”IGO会長・一龍。味方側の中では最強クラスの腕を持つトリコもまるで子ども扱い。岩山が崩れたり大地が割れたりするバトルがドラゴンボールめいていてワクワクする。子どものころにドラゴンボールを楽しめたのはこういうことかーって。

[][]#19 アセムの旅立ち

 軍隊に入ったアセムはガンヘイルの娘・アリーサ、そしてウルフ隊長出会う。ロマリーが軍隊に入った理由がアセムのそばに居られるから以外に思いつかないよ。しかも艦長はミレースさん。バラバラだとドラマにならないとはいえ、その偏り具合はいかがなものか。アセムはここでもガンダム担当なんだけど、これがコネ以外の何に見えるか。

[][]#20 加速する挑戦者

 カイトを愚者のパズルで殺しにかかるギャモン、ルークには「最良の駒」扱い。エレナには強気な態度で煙に巻いているが、目的を見透かされているのでは?こういうときは女の子の感を信じる。一方のカイト未来予知のようなビジョンが見える重症。オルペウスの腕輪の反応が変わってきていて、これがファイ・ブレインになるということなのかもしれない。
 この状況下でカイトのそばにいてくれるのはノノハだけ。アナー、早く来てくれー!

[][]#308

 2/14収録、どこかにお出かけするからチョコを買ってくれるのかと思いきや、「集まれ昌鹿野全集10〜旅〜」のためのジャケット撮影だったという。一応、鹿野さんを満足させたのでチョコはもらえた小野坂昌也47歳。いやいや、大全集10が出るというのは十分にニュース。今回の収録分は2010年10月〜2011年3月分。そういえば大全集で追っかける内容が#214(大全集9)まで来ているので、そろそろ出ないと追いついてしまう。

20120218

[][]#07 日常の第七話

 メロンパンの賞味期限がわからないままにもふもふ食べてるゆっこは、シャナを超えるメロンパンキャラとなれるであろう。ちなみに、なのがはかせに風邪薬を飲ませようとする「日常の風邪」は本放送分ではなく第0話(OVA収録)のものらしい。OVAだからといって肩肘張ったネタでもなく、こうして紛れ込んでしまうぐらいのネタなのが日常らしい、とする。

[][]#06 波乱の露天風呂

 温泉温泉温泉。コレがなければ萌えアニメではないといっても過言ではなさそうなイベントですよね。シエスタタバサ、テファ、アンリエッタと強力ライバルが名を連ねる才人の周辺で、ただでさえ巨乳好きな才人に対してのルイズ不安というのはいかほどであろうか。最後にはちゅっちゅしてるんですけどね。

[][]#07 かれんビー 其ノ漆

 暦&ガハラさんが貝木との最終決戦に挑むというのでどんなバトルマンガになるかと思ったら、戦ったのは暦vs火憐ちゃん(主に火憐ちゃんによる虐殺劇)。ガハラさんは貝木との舌戦でいろいろと秘密を明かされて、「今夜は私に優しくしなさい」。いつもの「今デレてるわよ」感のない、素直なデレなので非常にかわいく。

[][]#07 そして希望なくなった

 ミルキィホームズに完全に愛想を尽かしたアンリエットさんがホームズ探偵学院の廃校を決定。アルセーヌvs怪盗帝国は意外な図式ながら、誰相手であろうとアンリエットさんが無敵すぎる。第1期でミルキィホームズが勝ったのは奇跡か。

[][]#07 平穏ままならず

 船長と女子高生の二足のわらじを履く茉莉香と、それを支えるマミ、そしてチアキ、と。チアキが最初にやって来て茉莉香に会ったときにマミもいたりして、学校仲間の中では一番チアキとの距離が近いのはマミなのかも。エンディングの3人の組み合わせはやはり必然なわけです。
 お次は密航者。宇宙船といえば密航ですよね。

[][]#05 荒神遺跡加茂岩倉遺跡の謎

 荒神遺跡とか加茂岩倉遺跡とか、フツーに行きたい場所ばっかりなんですけど。島根観光アニメとして成り立っちゃってるよ!どうするね吉田くん!

20120217

[]大人女子のアニメタイム 川面を滑る風

 結婚生活に疲れた女性故郷に帰ってきて以前好きだった男に再会、でも男も結婚していて娘もいて、という、いかにもドラマをそのままアニメに落とし込んだらこうなるよね、というお話。こういうアニメをシリーズとして22時とかから放送したら女性は見るだろうか?
 脚本は直木賞作家で“恋愛小説の名手”唯川恵。主人公である乃里子の行動に説得力があって、今放送しているヘタな連ドラよりはしっかりしてる。それだけに、この主人公にはドン引きですよ。選ぼうと思えば菓子職人を選ぶこともできたのに、打算で結婚生活に入って、その結果が破綻帰郷。しかも子どもは不義の子ときたもんで、夫が乃里子に興味を持たないのは本能的に気付いているからなのではと。
 「大人女子」ってなんだろうというのはおいといて、こういうコンセプトはまさに初期のノイタミナが担っていた部分だと思う。たしか、仕事から帰ってきた女性が一息つきながら見られるようなアニメみたいなコンセプトがあって、「ハチミツとクローバー」から「のだめカンタービレ」あたりは、まさにそれに合致した作品だった。いま人気のある声優の茅野愛衣社会人時代にこのあたりの作品を見て癒やされて声優を目指したらしいし、内容が良質で女性じゃなくても楽しめたから「さすがノイタミナ!」と言われていた時期があるわけですよね。でも、その後は方針がブレてる感じ。「東京マグニチュード8.0」は質は良くても癒やされないし、「屍鬼」もそれに同じ。ノイタミナはあまり数字を意識してないなんてプロデューサーが言っていた時期もあったけど、どうなんじゃろ。

[][]#07 ゼロからのスタート

 三船コーチのもとで脱落組の特訓がスタート。ちらっとやっていた残留組のトレーニング内容は相当ハードだったので、これぐらいやっても追いつけない感じがある。

[][]#07 ホテルアグスタ

 召喚ルーテシアの攻撃でピンチに陥った六課のためにティアナ暴走管理局の白い魔王をはじめとした化け物に囲まれていても自分があくまで凡人であると自覚して、調子に乗っていないのは彼女のいいところなんだけどな。スバルに対してもコンプレックスがないわけではないから、フォローなんて嬉しくもなかろう。
 ナンバーズ出てくるまでのたるたるした展開の中、「ちょっと頭、冷やそうか」が楽しみでしょうがない。ナンバーズが出てきても面白くなったという記憶はないけれど。

[][]#06 男子高校生と聖なる夜/男子高校生新学期/男子高校生と妹の悩み/男子高校生りんごちゃんの悩み/男子高校生とモトハルの悩み/男子高校生と必殺シュート女子高生は異常「過去」

 意外なことにタダクニ妹の悩みがガチだった。あの妹なら殴られたら相手が動かなくなるまで殴り返すかなと思ってたので、てっきり唐沢に相談するためのウソ悩みかと。でも、ちゃんとフォローに入る唐沢は期待通りのいいやつ。もちろん話を聞いていたモトハルも、そもそも居なかったはずのヒデノリとかヨシタケまで来ちゃって。順調にタダクニの出番が減ってきてます。
 ヤナギンや生島を越える羽原の過去。これ、あとで「女子高生は異常」だけまとめた円盤出ませんかね。

20120216

[][]#06 考えるよりも

 カルタちゃん回。何も考えていないぼーっとしたキャラクターに見えて、実は周囲のことをよく見ている子。渡狸がいつもカルタのことを見ているように、カルタもちゃんと渡狸のこと見ていたんだなぁって思うと、夏目みたいにニヤニヤとちょっかい入れたくもなる。まぁ、カルタちゃんの最大の問題は髏々宮、つまりがしゃどくろ先祖返りってことだな……。渡狸と逆ならかわいいのに。いや、この狸とドクロのギャップがいいのか。

[][]#06 素晴らしき家族旅行

 足りなくなってきた服の補充を兼ねて、池袋の家へ一泊旅行。空や美羽みたいな年頃の女の子たちが、どうやって服を着回しているのかという疑問は解決するけれど、勝手に親戚が管理する家に行って電気や水を使った上に一泊するのはいかがなものだろうかという話になるわな。てっきり、服だけ回収したらすぐに帰るのかと思ってた。
 そういえば、今は夏休みなんだっけ。新学期とかどうする?

20120215

[][]#05 Nシティ大捜査線

 A国Nシティでキタエリ声の金髪娘が仲間入りして、「スピード」みたいな地下鉄での爆弾捜索バトルへ。ヘタするとレギュラー入りしそうなキャラの立ち具合。
 ディテクターがLBXテロを起こせることはすでに明白で、その原因がMチップだというのは判明済み。バンやヒロ、ランの使っている3機は山野博士の特製LBXだからチップ非搭載という話だったのでてっきり外したらLBXが動かなくなるようなものなのかと思いきや、ジェシカのLBXはチップ外してディテクター対策済みなんだって。じゃあ世界中のLBXからチップを外せよ!まずは!!

[][]#13 distance

 実の親子だと分かってもすぐに割り切れるわけがない。それはローズも、もちろんロイもわかっていることで。だからこそ、ローズローズ・アンダーソンとしてロイ・レヴァントの娘であることを受け入れたのはすごく嬉しかったんだけれど……。
 SoltyReidio聞いてから本編入りしているので、「亡きローズ・アンダーソンをイツクシんで」ですでにネタバレされており、その後の大復活も知ってるとはいえ、第2話から顔を見せていたメインキャラを時計台の下敷きとしてあのタイミングで殺すのは衝撃的。CV浅野真澄ということもあって、どこかで「ちょっと痛い目に遭えばいい」と思っていたのは事実だけれど。

[][]#14 心覆う闇のために…

 ロイさんが止まるところを知らない堕ちっぷり、その極みがソルティへの「機械人形が!」。時計台崩壊のときにローズではなく自分を助けたことにすら当たってしまって、そんなのソルティには酷すぎる仕打ち。ソルティだってローズとは仲が良かったんだから。地味に、無言でごはんをひっくり返されているシーンが心に来ました。ごはんとか贈り物とか、むげにされていると自分のことじゃなくても辛い。
 R.U.C.はアシュレイが陰謀ねりねり。アクセラを使っての実験はどうも数字が芳しくないっぽい。

[][]#15 たどり着いた場所

 都落ちしたソルティ。なにこの「島編」臭は。

[][]#06 アクマ、やってます!

 いったんバトルはお休みで、再び修行編。アーシアが一誠宅に同居することになったり、不気味な魔法少女もどきが出てきたり、鎧武者な留学生の恋を手助けしたり。

20120214

[][][]黄金時代覇王の卵 (2012)

 @なんばパークスシネマ シアター2
 ベルセルク待望の映画化……待望なのかな?映像化は深夜アニメ黎明期に「剣風伝奇ベルセルク」で蝕までやっているので、今回のこの「黄金時代篇」も同じところまでやるっぽく、比較することになりそう。もちろん時間が流れているのでキャストは全入替。ガッツ仮面ライダーバース(伊達さん)の岩永洋昭グリフィス櫻井孝宏キャスカ行成とあ……誰だろう?
 ストーリーはガッツが鷹の団に出会うところから、グリフィスシャルロット王女談話(真の友について)の夜まで。原作の1巻〜3巻、蝕より後の話の部分(黒い剣士篇)をカットして、鷹の団のみに集中。混乱が起きなくてよかったと思うが、序盤が駆け足になって、ガッツがガンビーノに裏切られて云々がちょっと薄かったかなぁと思わなくもないが、尺的に限界か。
 制作手法キャラクターが多いだけにCGIに頼った部分も多かったが、コレがちょっとな……。滑らかさが足りないというかなんというか。

[][]#06 Face to face -二人-

 クラスからハブられる2人だけに、そらそう(一緒に行動することに)なるわな。デートシーンも見所だったが、作品的に大事なのは「3年3組の呪い」解説。呪いが及ぶのは二親等まで、そして夜見山市内だけ。クラス分けで3組だと決まったら、とりあえず1年間夜見山市外へ引っ越せばいいわけですね。「村から出ても呪いが発動する」というひぐらしタイプではないらしい。
 そういえば、千曳先生が出してきた過去の名簿、「無知無知で愚者愚者 : 『Another』#06「Face to face -二人-」感想・考察<Bパート>」でも指摘が入ってるけど、「赤沢」の名前は目にとまった。これなら赤沢さんが対策係としてあれだけ力を入れている理由も分かる。

[][]#07 映画勘違い

 沙夜のよろしくない勘違い。実害が出ない範囲ならいいけれど、薄い本は盛り上がりそう。

[][]#02 夜明けを抱く空

 ヨミがあれほどカガリに脅かされていた理由は、かつてヨミが引っ越そうとしたときに車を追いかけてきたカガリがケガをしてしまったから。だんだんヨミがマトと仲良くなっていくので、カガリの行動もエスカレート。一方でマトもその原因を知る。
 どうやらカガリのヨミへの依存は、あちら側の世界ブラック★ロックシューター(マト)がチャリオット(カガリ)を倒したので解消できたんだと思うけれど、倒し方として首を切っちゃうのはいいんだろうか。デッドマスター(ヨミ)もブラックゴールドソーのせいで助けられていないし。あちら側に出てくるキャラクターはみんな誰かの痛みを背負ったキャラクターだから、ブラックゴールドソーも誰か知り合いなんだろう。

20120213

[][]銀魂' #246 悪ガキどもの祭典

 知恵空党の人質になった鉄之助を巡って土方と異三郎が対立、さらに銀時も乱入して事態は三つ巴の混戦に。
 沖田が信女と人斬り対決。食えないキャラクターの異三郎、見廻組局長だけあって腕前も確かなようで。

[][]#06 大山鳴動

 「大山鳴動して清海一匹」。伊佐那海が三好伊三である以上、「妹探しをしている兄キャラ」とくれば三好清海。それにしても仲間が多い作品のお約束で、鎌之介がどんどん弱体化している気がしてならないのですが……。

[][]#06 先輩にライバル

 映画撮影のために沖縄へ行ったら、海人が小学校時代クラスメイト佳織と再会。海人争奪戦がまたややこしくなって、さらに、佳織の友人の千春は哲朗に手を出してきて、こっちもややこしく。檸檬先輩のシナリオが膨らんでしょうがない展開ですね。

[][]#06 兆しの行方は

 ここまで際どくごまかしてきたけれど、とうとう響が未来に身バレ。機動2課は「シンフォギアのことは口外無用」とだけ指示していて、あとのフォローが雑すぎやしないか。

[][]#05 むしをまつりてうみにんぎょう

 水着回だからといって別に嬉しくもならないのがキルミークオリティ。でも、お祭りせっかくだから浴衣ぐらい着せて欲しかったところ。パペット回はふと藁人形のエピソードを思い出したけれど、今回もソーニャは容赦なし。

20120212

[][]#50 決戦の日

 ザンギャックを消すためにスーパー戦隊の力を使うのか、それとも使わずに戦うのか。どうせ「戦隊の力は使うけれど、奇跡なり何なりでスーパー戦隊自体の歴史が消えることはなかった」的な展開になるのかなと甘く見ていたが、使わない選択。マーベラスなら使える力なら有り難く使わせてもらうかなと思っていたけれど、もっと熱い魂を持つ男でした、さすがはスーパー戦隊のレッド。

[][]#22 馬・脚・一・蹴

 ペガサス・ゾディアーツは落研の鬼島で、先生は無関係なのでした。速水は別の候補者を探していたけれど、鬼島が拾ってしまったという経緯。しかし、ペガサスはキャンサーに進化して、結果オーライ

[][]#02 燃えろ!熱血キュアサニーやで!!

 自己紹介にネタを求めるようなノリがいい熱血系、関西弁キャラを絵に描いたようなあかね。メインのみゆきが天然系ということもあって、ポジションも色もりんちゃんさん被り。ルージュ関西弁じゃないし、お好み焼き屋でもないけど。
 プリキュア「みゆき」といえば4人目戦士の話もあったフレッシュのミユキさん、「あかね」といえば無印Max Heartアカネさんを思い出すわけだけれど、なぜこの2人はわざわざ被る名前つけられているんだろう。オールスターズで一緒に出ることもありそうなのに。

[][]#43 絆の一品!パートナーは永遠に

 トリコ、ココ、サニーが取ってきたものはそれぞれ個別では気に入ってもらえなかったが、そこから小松が見事な一品を作り出す。

[][]#18 卒業式戦闘

 アセムたちの卒業式学校内にヴェイガンのスパイがいると疑われたので、ゼハートの部下が陽動出撃、そしてついにアセムとロマリーはゼハートの正体を知ることに。
 冒頭でアセムが同級生を助けに出たくだりは前後のつながりがぬけていて、1話見落としたかと思った。どうやら「アセムは心優しい人物」という描写らしいが、唐突すぎるよ、ここまでアセム編3話あったんだからそこに織り込めよ……。
 フリット編全15話がなければ、アセムの学生生活をじっくりやって、もっと感情移入できる主人公にできたのでは?少なくとも、16話〜18話はペース早すぎである点を除けば、長編シリーズの初動としておかしくない内容でできてると思う。

[][]#19 裏切りの証明

 ギャモンが本気でPOGに入ったのか確認するべく、ビショップバイクレースを挑む。
 ルークはさほどギャモンを警戒している様子はないっぽい。むしろ、カイト以外には興味自体がないのかも知れない。ギャモンが突っ走った分のしわ寄せみたいなのが全部ノノハのところに来ていて、なんだかなぁ。わざわざミハルを投入してきたのは、どうみても「ギャモンはやっぱりいい人なんですよ」にしか思えないが……。

[][]#307

 2月7日収録分で2月12日放送。ネタ的にバレンタインチョコにこだわっていたら、ちょうど来週の収録が2月14日だと気付いて盛り上がる小野坂昌也47歳。鹿野さんにすらチョコレートをねだる姿は悲しいものがあります。天女には「チョコくれよ!」って言えないけれど、鹿野さんになら言えるもんね。うんうん。

20120211

[][]#06 日常の第六話

 ウェボシーとフェッちゃんのくだりは電車で見ていて笑いをこらえるのが大変だった。本放送でも見てるし、フェッちゃんがアイスくわえてる時点でだいたい先が見えてるのに。くやしい。
 「日常の67」、ゆっこが東雲研究所にやってくる話はベストゆっこエピソードではなかろうか。「そうそう、今日はそれを言いに来たのだったよー」ってさらっと言ってしまうゆっこ。バカな役回りを演じるゆっこがたまにこうやってマジメに決めるからこそかっこいいよね。魚雷跳びでも見せたように、基本的にゆっこはいいやつなんだよ。

[][]#05 ド・オルニエールの乙女たち

 晴れてアンリエッタから領地を賜った“サイトシュヴァリエ・ド・ヒラガ・ド・オルニエール”。二人っきりのつもりがシエスタに加えてタバサまでついてきて不満なルイズは、ささいなことでまた才人とケンカ。さらに、館にあった鏡がアンリエッタの部屋と繋がっていたことで、才人とアンリエッタが密会しているところまで見つけてしまう。
 ルイズも才人も頑固だから一度対立したらそれを解くのが大変。今回はケンカに才人の浮気まで重なって、よくあっさりルイズが許せたものです。いくら「浮気性」でもこの才人の猿レベルの本能では、ルイズとのケンカが止むことはないと思うんですがね。「エレオノール姉様と結婚するわけじゃないだろ」という才人の言い分が正しかっただけに、その口で何しとるねんと。

[][]#06 かれんビー 其ノ陸

 貝木への攻勢に出るガハラさんと暦の、のろけめいた話。正しくは、ガハラさんは常にのろけていると言えるのかも知れないけれど。

[][]#06 エノ電急行変人事件

 鎌倉までの車内で起こる連続事件。ミルキィってもともとまともにストーリーを進めようとしていないからカオスなんだけれど、今回は輪をかけてカオス。パロディやらネタやらてんこ盛り。シャロに爆破ボタンを渡した時点で爆破オチ確定。

[][]#06 茉莉香、初仕事する

 「宇宙海賊って何するの?」をここまで詳しく説明しなかった理由はコレか……という、まさかのアトラクション海賊。船長修行になぜかプラモ組み立てがあったりするけれど、弁天丸の船内構造把握だよね。ワイワイ楽しそうでいいな。

[][]#04 ヤマタノオロチ伝説の巻

 ヤマタノオロチは描くのが大変だから雑。

20120210

[][]#06 心の崖

 負け組の崖登り。桃城が脱落しかかったのを海堂がフォローして、真田もやる気になって……なんだコレは。

[][]#06 進展

 ひたすら特訓、とにかく特訓。白い悪魔が「模擬で徹底的に叩きのめす」と仰せです。
 そういえばカラオケに行って「SECRET AMBITION」入れたら映像が流れるわけですが、それだけ見てるとバトルの連続で面白そうなんだよねえ。特訓シーンがほとんどカットされているので。この作品も「日常」みたいに再編集されるべき。絵を描き直すとか、そういうレベルじゃなくて。

[][]#05 男子高校生アテレコ/男子高校生年功序列/男子高校生救世主/男子高校生と旧友/男子高校生偉人伝/男子高校生文学少女3/女子高生は異常「怨恨」

 北高生徒会絡みはわりかし鉄板。中身は作中でも特に常識的なのに、外見がアレな副会長以下生徒会メンバーの気の効き方が尋常ではないだけに、りんごちゃんの空気読めないクラッシャーぷりが際立つ。文学少女はもう出てきただけで面白いので。
 羽原、唐沢になにやったよ……帽子の理由がソレとか……。

20120209

[][]NARUTO疾風伝スペシャル 父の決断 母の涙〜ナルト出生の秘密〜(#248 四代目の死闘!!/#249 ありがとう)

 普段は全く見てないナルトだが、せっかくのスペシャルなので見てみた。この前週がナルト出産でなかなか凄かったらしいので若干残念。バトル部分はともかく、とにかく説明台詞が長くなりがちで、どうもだるだる……。

[][]#05 春の蜻蛉

 変態キタ!野ばらさんもヘンな人だと思ったけれど、蜻蛉は格が違う。EDの謎のSM判定はありとあらゆるものにつけられてるし、このキャラ、あまり出られると作品が破綻しちゃうよ。

[][]#05 少女に何が起こったか

 祐太に携帯電話を届けに行った帰り、空が迷子に。正直、電車なら知らない路線に乗っても何とかなるけれど、バスで路線を間違えたときの絶望感は異常。ここは祐太が男を見せたなぁと。そして「お兄ちゃん」呼びへ。むしろひなぐらいの年齢の方が素直に「おにいちゃん」と呼んでくれそうなのにね。

20120208

[][]#04 空の上の危機

 カズとアヤを乗せた飛行機がA国へ向かったので、バンたちもA国へ乗り込むことに。その飛行機に潜んでいたディテクターからの刺客とのバトル。1vs1が3セット。

[][]#10 トレジャーレスキュー

 容疑者を追いかけていたソルティとローズが落盤で地下に閉じ込められてしまったの巻。この地下都市、放棄するには惜しいぐらいに発展してる。相変わらずローズのピンチをソルティが助ける展開。ロイのデレデレっぷりも見物。

[][]#11 バースデーゲーム

 ロイの誕生日が近いのでソルティはミランダらと協力して誕生会を企画するが、脱獄した爆弾犯ホウ・チュウがロイを狙ってくる。ソルティだったらあの爆発でも大丈夫だろうと信じられるけれど、その他はそんなに強くないので不安プロシードなんて主人公側のキャラでもないし、ここで1人ぐらい抜けてしまっても不思議はないんだもの。さりげなくローズが攫われちゃってるし、アンダーソン兄弟も巻き込まれてるし、クールの終わりで1つのヤマです。

[][]#12 決着の果てに-na-mi-da-

 爆弾魔後編。ソルティがローズから教えてもらったという歌、ローズがアンダーソン家に引き取られたときにつけていた服装など、ローズがやっぱりロイの娘だったということで、「親の顔が見てみたいぜ……」というロイの呟きが全ブーメラン。でも、「今度は一緒にいる」と命がけの救出劇に惚れ惚れする。ロイさん男やで。今回ばかりはソルティの出番なしかと思いきや、ロイとローズをまとめて助けちゃうんだから、よくできた娘ですよ。
 ホウ・チュウについてはプロシードも追いかけていたけれど、ラリーがとどめを刺してしまった。ローズにさえ危害を加えていなければこうはならなかったかもだが。

[][]#05 元カノ、倒します!

 アーシアを狙ったレイナーレとの決戦。リアス先輩を怒らせてはいけないし、イッセーをナメてもいけないということです。
 堕天使やら悪魔やらが出てきて、ここにも「アザゼル」の名が。レイナーレみたいな配下が居たら大喜びでセクハラしそう。

20120207

[][]#05 Build limbs -拡散-

 恒一に真実を語ると決めた高林くんが「見崎鳴という子はいるの?」という質問に答えようとしていきなり死亡。恒一も鳴と同じく「いないもの」扱いに突入して、共犯関係みたいなヘンな関係に。
 3年3組で何度も事件が起きている以上、委員長、水野さん、高林くんという今年の3つのケースも偶然ではなく、何らかの現象が発生していると考えることになるのは当然。「対策係」の赤沢さんが何やらピリピリしているのも納得。で、今まで何度も起きていて、対策係がいるのに発生してしまうということは、止める手立てはないということですね?死者は誰?

[][]#06 あつしとチョコ

 あつしがヤバイぐらいにモテてるけれど、みんな!市販チョコでいいから!凝った手作りとか、ほんとどうしようもないことがあるから!

[][]#01 あとどれだけ叫べばいいのだろう

 もともとキャラクターだけしかなかった「ブラック★ロックシューター」がOVAを経て、とうとうテレビアニメに。監修に山本寛(ヤマカン)の名前が入っているけれど、本人いわく作品自体には触れていないとのこと……なのだが。
 OVAはスタイリッシュな映像とわけのわからないストーリーで、「意味はわからんがバトルはすげー」だったのに、今回は「陰鬱なストーリーとスタイリッシュかつグロめなバトル」って感じで、なぜ見ていて鬱々とせねばならんのかと。必要があればグロテスク表現でもやればいいけれど、精神的に攻めてくるお話は、見ていて愉快じゃない。
 ED曲(次からはOP?)が「ブラック★ロックシューター」で、OVAよりも力が入っているように思えて、やっちまった感も強烈。このアニメ見てBRSのfigmaとか買おうとは思わんよ……。

20120206

[][]銀魂' #245 茨ガキと薔薇ガキ

 バラガキ編の2話目。土方にスポットの当たった話ではあるが、さほど見所もなく……。

[][]#05 竜の懐

 政宗のもとから伊佐那海を奪還。簪のパワーが未知数過ぎて。

[][]#05 先輩はヒロイン

 イチカをヒロインとしての映画撮影がスタート。檸檬先輩、もう事情を全部把握の上で楽しんでいるよねコレ。ここでも柑菜は勝てなさそうな感じがプンプンとしていて……哲朗は柑菜の応援をしたわけではなく、まったく柑菜の気持ちに気付かない海人に嫌みの一つもやりたくなるだろうから。

[][]#05 なお昏き深淵の底から

 完全聖遺物デュランダル」を巡って響とクリスの奪い合い。といっても、響があっという間にデュランダルを手にしてクリスをぶっ倒してしまったけれど。クリスに鎧を与えていたのはやっぱり了子さんだったようで、もう誰が見ても分かるようにヒントを散りばめてあったけれど、二課のみなさんは気がついていない模様。そもそも、了子さんの狙いがイマイチわかんないんだよな。翼以上の適合者探し?

[][]#04 あいするすいかよがしかく

 本当にこのアニメの面白さはやすなとソーニャの「実はすごい仲良し感」みたいなところをにんまり見ているというところにあるので、他人にはオススメできないし、しない。今回のスイカ割りでいえば、スイカを割ってから日が暮れるまであの海岸に2人でいたわけで、最初は乗り気じゃなかったソーニャもなんだかんだとやすなに付き合ってるんじゃーん、というところとか。
 「らき☆すた」とどちらが面白いかという質問を受けたけれど、こなたとかがみ(時々みゆき)がオタクネタを交えずにイチャイチャしてる感じというか、ネタには期待せずにただ脳を空っぽにしてやすな気分で見てればいいアニメというかー。……ほんと他人にはオススメしようと思わない。

20120205

[][]#49 宇宙最大の宝

 追い詰められたインサーンの猛攻を、バスコから回収したレンジャーキーの力で撃退。インサーン姉さん終了のお知らせも、ザンギャックにとっては本体を呼ぶまでの時間稼ぎでしかないわけなのね。
 大いなるスーパー戦隊たちの力を使えばザンギャックたちを消すことができるが、そうするとスーパー戦隊存在が消えて歴史が変わる。ディケイドラスボスとして君臨したのに対して、ゴーカイジャーは35年分の歴史を背負わされる感が。どうするマーベラス。

[][]#21 進・路・誤・導

 ペガサスゾディアーツはキック中心で戦うのでハイキックの宇都木先生と見せかけて、扇子だから落研の部長って話ですね。元ハリケンブルーの長澤奈央、今はこんなに生身で戦えるようになっているのか。

[][]#01 誕生笑顔まんてんキュアハッピー!!

 新プリキュアシリーズスタート。始まる前からキュアピースのせいでネタにされまくりだよ。どうしても5人編成だと色がプリキュア5とガチ被りするので、どう個性を出してくれるのか。ひとまず、5人全員が同級生という点で違いは出ているが、ピンク(主役)がアホの子というのはいずれの作品でも共通しているから……ちなみにキュアドリームプリキュア史上でも最強のアホの子(ex.「けって〜い!」)なので、果たしてキュアハッピーがどこまで戦えるか。「ハッピー」という時点で相当なものではあるけれど。

[][]#42 美食王決定戦!究極のスイーツを探せ!

 グルメ長者フォン・ド・ボーノペット、七色ネッシーのクリスが何も食べなくなったから何か食べさせようの巻。

[][]#17 友情と恋とモビルスーツ

 前回はヴェイガンに襲われたところを危うくアセムに助けられたロマリー、今週はシャーウィーの手元が狂って飛んできたスパナからゼハートに助けられて、どうやら「アセムとゼハートの間で揺れる心」的な演出らしいけれど、もうちょっとアセム側へ振ってからでないと……。
 MS部なのにMS大会決勝で抜けるゼハートとアセム。ゼハートは本当に自分スパイであることを隠す気があるのか疑問。

[][]#18 光への反逆

 カイトの過去が重すぎてキューちゃんもアナ天才テラスに来なくなり、ギャモンはいきなりの決別宣言。聞きようによってはノノハへの告白でもあるけれど、カイトもノノハもそういうのを一切汲まないので、ただギャモンが出て行っただけ状態。
 17話→18話の展開はわりと急。アナカイトルークに引っ張られているみたいなたとえをしたけれど、そんな時こそカイトを支えるのが仲間の役割のような……それでも離れないのがノノハだけというのがメインヒロインらしくはあるけれど。こんな状態でもノノハだけはカイトを見捨てないでいてくれるんだなぁ。
 ギャモンの妹(竹達彩奈)という謎テコ入れ。ここからはカイトではなく、ギャモンの掘り下げに入る?

[][]#306

 さっそくバレンタインネタ。チョコの数で神谷浩史置鮎龍太郎に勝ちたい47歳。怒った鹿野さんの「チョコあげない」宣言に謝りまくるヤング、ヨメに怒られるダメなダンナの図やん……。
 久々の昌鹿野イベントのお話。前回のラジオ関西祭では鹿野さん単独で「ANI-TAMA-ZOO Safariゲスト出演だけだったので、昌鹿野イベントとしては「昌鹿野うどんツアー」以来。ずいぶんと間隔が空いたもので。
 今週の「おっ」のメール職人間違い、ちんこギャツビーしなくていもいいの?植木Pならやられていたはず。

[][]#04 桜井梨穂子 後編 フウリン

 成り行きからのお泊まり。だいたい鈍い主人公だとこれぐらいの派手なキッカケがないと進展しないものなのだ。鉄板エピソードでしたね。

20120204

[][]#05 日常の第五話

 「日常といえばこの画像」ぐらいに広まった例のトランプタワーのネタが!本放送でも見たから、どこでどうなってオチがどうなるかも知ってるけれども、それでも笑える。本放送時は「日常おもしれー」といえる空気じゃなかったけれど、こうしてスリム化してから見ると「イケるやん」って人、多いのではない?

[][]#04 女王陛下の恩賞

 才人とイチャイチャしたいルイズのために領地をもらって学校を出たけれど、状況は学校より悪くなりましたとさ。ところで、シエスタっていつからか学院のメイドじゃなくなったんだっけ。

[][]#05 かれんビー 其ノ伍

 貝木との対決に敗れて「囲い火蜂」の毒を受けた火憐を看病する暦。火憐を助ける最後の手段として、暦は火憐から病気を感染させることを思いつく。暦が火憐の体を拭いてやるところとかじっくりねっとり描写していて、まるで薄い本の内容をテレビで放送しているみたいでムズムズする。
 自分にもイマイチわからない物語シリーズへの拒絶反応。これが現代で最もヒットするアニメなのだから、面白いハズなんだけれど……と思っていたら、ぐっとくる考察が。
のほほんダイアリー : 「化物語」は何故売れたのか?―情報量という観点から―

[][]#05 コソコソと支度

 少女探偵コロンちゃん登場でなおもカオスエリーが最近、そのエロオーラを隠さなくなってきている気がします。

[][]#05 茉莉香、決意する

 導入編のラストエピソード。非武装の練習帆船で戦うとか無茶にもほどがあるのに、太陽光という無限にして最強の武器でもって勝ってしまうのだから恐ろしい。天賦の才があるとしか思えないレベル。ぜひ船長をやってください。
 先行上映が第1話〜第5話まとめてだったというのは納得、この作品はとりあえず第5話まで見てみないと評価不可能だった。電子戦の描写がなにか凄いわけではないけれど、砲雷撃や爆発がなくてもこれだけ面白く戦闘を描き出せるというのはスゴイ。つかみが弱すぎた感じはあるんだが、ここまで見ると2クールあることでまだまだじっくり見られるという嬉しさが沸いてくる。これ、原作笹本祐一がスゴイのか、監督シリーズ構成サトタツが凄いのか、なんだろう?とにかく面白い

[][]#03 石見銀山の巻

 こうやって島根県をアピールするためのアニメだったのか!と今更。ギャグ交えつつ内容自体はマトモなので、あちこちで鷹の爪が重宝される理由がわかったような気がする。

20120203

[][]#05 勝者そして敗者

 リョーマは徳川と、金太郎は鬼と勝負。やっぱり高校生の本気は伊達じゃないということでして。

[][]#05 星と雷

 ロストロギアレリック輸送中のモノレールを巡って、機動六課とガジェットドローンのドンパチ。主にキャロの当番回で、竜召喚士として目覚めるまで。ガジェットドローンってやられメカにしか見えないので、あまり粘られると「えー」てな感じが。

[][]#04 男子高校生と立ち聞き/男子高校生文化祭1/男子高校生文化祭2/男子高校生文化祭3/男子高校生文化祭4/男子高校生と悩み相談女子高生は異常「滑稽」

 文化祭が楽しげで何より、お化け屋敷気合い入れすぎ。唐沢は作品さえ違えばラブコメ主人公なポジション住まいなのに、住んでるのはアレですから。

20120202

[][]#04 妖館ウォークラリー

 妖館の住民や関係者を一通り紹介するエピソード。住民もたいがい濃いのに、スタッフはそれに輪にかけた濃さ。第1話からちらちらと登場していたちのがようやく紹介されてスッキリしたけれど、その印象を軽く上書きするメイド2号のオカマとか、オヤジコックとか。本当、困る。

[][]#04 ワンダフルライフ

 祐太がバイトで不在になった1日。あんなアパートだと声なんて筒抜けに近かろうから、隣人にはご挨拶しておいたほうが、とは思うけど。しかし、お金の問題を感じているのなら風呂場で手洗いしかないと思うのですよ。祐太の下着はおいといても。そして最大の問題は食費よな、大学生1人暮らしのノリでは食っていけまい。
 祐太も引いてたが佐古先輩は危険。おまわりさんあいつです。
 追加:今回のお買い物絡み、前回のカラオケとどうにもモヤモヤしていた部分が全部アニメオリジナルだったと知ってもう笑うしか(→『パパのいうことを聞きなさい!』 落書きやクリーニング、コンビニで散財等はアニメオリジナルだったのか JAMぐる/ウェブリブログ)。深遠なる販促活動ですね。

20120201

[][]#03 選ばれし戦士たち

 3人目の仲間、ランが加入。最初「なんか花澤香菜モドキみたいな子だなぁ」と思ったら、花澤香菜だった。もどいてなかった。格闘大会で優勝してるだけあってこの子もアグレッシブタイプ、ヒロと意気投合してたりする。万能型のバン(エルシオン)はいいが、ヒロのペルセウスがパワー近接、ランのミネルバスピード近接っぽくて、このパーティー、誰も遠距離攻撃しなさそうなんですが。

[][]#07 小悪魔の訪問

 ロイの家にローズが転がり込んだ上に、ソルティを仕事に誘ってみたり。お父さんからしたら、娘の不良友達がやって来たようなものだからたまらんよね。ギャーギャー言えば言うほど、ロイがソルティを大事にしてるのが伝わってきてニヨニヨ。ソルティさんイノセントすぎ。

[][]#08 リベンジ

 ドロンジョ様のようなお気楽盗賊キャラクターに見えていたローズにも複雑な過去があるんです(1年前にも同じようなこと書いてら)。「ローズの銃」がカスタムっぽいのは確かなのだけれど、個人としての戦闘能力が低いのは間違いないんで、あんまり無茶しないで欲しい。

[][]#09 乙女達の休日

 ローズ仮面の男と気まぐれにデートして、それを追いかけるカーシャとシルビアローズが絡む順番はロイ→ソルティ→カーシャ→その他。仲良くなさい。

[][]#04 友達、救います!

 アーシアを助けるために教会に向かう一誠。リアス様はすべてお見通し、というよりも期待しているからこその軽挙妄動への忠告。うまく駒を動かすためにどうすればいいか把握してますね。それにしても十字架に吊されたアーシアがエロい。必要なのは神器だけだったみたいで、なんか、神器とられて死んじゃったけど……?