Hatena::ブログ(Diary)

20120331

[][]「ふしぎの海のナディア」徹底研究

 岡田斗司夫にお話聞いたり、鷹森淑乃日高のり子堀内賢雄といったキャスト陣にお話聞いたり、氷川竜介の解説があったり。概ね見たことあるから、改めて見る必要はなかったが、鷹森さんの顔出し出演は珍しいかも。

[][]Fate/Zero Remix

 今回は主に雁夜おじさん龍之介龍之介からの流れはキャスターが大型魔法を詠唱しているラストシーンへと繋がり、そしてFate/Zero 2ndシーズンへ……。ufotable撮影はスゴいけれど作画は並って声もあったりするけれど、そうかなぁ。週に50本近く見てるけれど、やっぱすごいすよ。

[][]#13 茉莉香、招待する

 白凰女学院に戻ってきた茉莉香。その茉莉香を追うようにグリューエルも戻ってきて、さらにグリュンヒルデも転入してくる。ヨット部にも入部を決めたグリュンヒルデを、茉莉香は加藤家の晩餐へと招待する。
 セレニティ王家のお話の締め回。茉莉香はグリューエルから勲章ももらっていて、もう十分に有名な船長さん。セレニティ王家としても、王女2人を留学させる先として、加藤船長のところであれば安心なわけですね。

20120330

[][][]ルパン三世 カリオストロの城 (1979)

 27年ぶりにルパンの新テレビシリーズ「LUPIN the Third 峰不二子という女」が始まるということでなのか、久々にカリ城ローマ水道からカリオストロ城内に侵入していくところ、クラリスを伴って時計台を上がっていくところと、上下へのアクションがほんとワクワクさせる。色褪せないよねえ。

[][]#13 輝ける君たちへ<終>

 一度は脱落したリョーマたちが2番コートに戦いを挑む。決して自分の右を抜かせない「ライトセーバー」、徳川とリョーマの10球打ちと、ネタを高めきった最終回。前のシリーズが全178話もあったので、今回も1年(4クール)ぐらいは覚悟していたけれど、まさか1クールだとは……。

[][]#13 命の理由

 通常より25分遅れだったところに世界卓球延長で90分繰り下げ。「なんで男子高校生の日常最終回4月なんだよ」と思ったら、これ放送予定入れてたら危なかったな。
 アギト古代ベルカ式ユニゾンデバイス、つまりリインフォースと同じ存在ゼストルーテシアと一緒に居るのにはいろいろと理由があるみたい。
 目覚めたヴィヴィオはお母さん捜しで、なのはさんになついてみたり。なのはさんって末娘なのに人の面倒を見るのがうまいんだから。シスターシャッハちょっと早とちり。あんまり幼女を脅かしてはいけない。
 機動六課設立秘密騎士カリムの大予言。レジアス中将にとっては、あまり嬉しい存在ではないようで。

20120329

[][]#12 二人になった日<終>

 タイムカプセルを埋めることになって、未来自分手紙を書いたつもりの凜々蝶は、双熾に渡すべき手紙と取り違えてしまう。もともと双熾は凜々蝶の態度が表面上のものであることは知っていて、そこにあのお手紙。もうそりゃ気持ちが抑えきれなくなったっておかしくない。この2人って、もう最初からベストカップルなんですよねぇ。割って入れない。だから、ちょっかいもかけづらくて、ただただ見守ってしまうというか。おいしゅうございます。
 きれいにまとまったのでこれで終わってもいいんだけれど、原作もうちょい進んだら改めて第2期やって欲しい。

[][]#12 世界で一番パパが好き<終>

 ひなのお遊戯会だけれどパパとママは来てくれない。祐太は一計を案じ、ママ代わりに莱香さんに声をかける。一方、信好おじさん、よし子おばさんとも話し合いを持ち、4人一緒にいること、そして池袋の家に住むことを認められる。
 わーいハッピーエンドだー。今度は祐太が大学まで2時間弱かけて通うわけですね?やっぱりバイトできなくない?佐古先輩や莱香さんが助けてくれるとわかっていても、次は「ダメだぁ、同じバイトを続けていくのは無理だ」の流れだとわかるわけで……。あと、一視聴者として祐太視点になることが多いので、同居している親戚の子をエロ目線で描かれると、なんか違うなぁって。アニメ的にはそこがウリですけどもね。
 キタエリに続いて、「ひなだお!」で五十嵐裕美(ゆきんこ)がブレイクしてくれれば、それだけでいいや。

20120328

[][]#12 約束、守りに来ました!<終>

 ライザーとリアス婚約発表式典、サーゼクスの差し金もあってリアスを取り戻すために一誠が再び戦いを挑む。
 軽薄なエロ主人公というだけなら最も苦手とするタイプなのだが、ある程度のラッキースケベはありつつも、熱血型主人公でもあった一誠。ドレスブレイクで大喜び、でもその思いは基本的にリアス先輩のポーンとして恥じないようにと一貫していて、格好良かった。だって、一誠にはリアス先輩を助け出すためならと腕一本を赤龍帝ドライグにくれてやるという覚悟がある。その覚悟を描くだけの下地もあったし、これだけ強い思いと強い力を持ってすれば、ライザーに一矢報いたのも十分に頷ける結果。
 最初はもううんざりしていたけれど、これなら第2期があっても納得です。

20120327

[][]ももへの手紙 (2012)

 @なんばパークスシネマ シアター10
 沖浦啓之監督がなんか作ってるという話だけは知っていて、絵柄を見て「うえぇ、これで今の時代いけんのかなぁ」と思いつつも、ふとなんばパークスシネマの上映スケジュールを確認したら舞台あいさつアリの先行上映会があって、席も若干空いていたので、足を運んできました。
 父を亡くした小学6年生のもも(CV:美山加恋)は母のいく子(CV:優香)とともに瀬戸内海の汐島へと引っ越すことに。そこで他の誰にも見えない妖怪(?)のイワ(CV:西田敏行)、カワ(CV:山寺宏一)、マメ(CV:チョー)と出会う。周りをうろちょろとして、食べ物を盗んだり小物を盗んだりしてくる彼らにももは呆れつつも、だんだんと馴染んでいく。しかし、彼らの盗みが原因でももはいく子とケンカしてしまう。
 雰囲気は同じ瀬戸内で妖怪も出てくる「かみちゅ!」っぽい。かみちゅ!はもっと萌えやすいデザインだったけれど、こちらはむしろ写実的で、影とか抜いてる部分はあっても、鼻がなくなったりしないし、目玉も切れ長じゃない。近いところで探すと「おもひでぽろぽろ」か。小学6年生の女の子が水着になって飛び込みをしているのに、サービスシーンって感じよりも健康さを感じるのもデザインのたまもの。イワたちも初見はかなり不気味なんだけど、愛嬌がある。
 ももは決して特別な女の子として描かれているわけではなくて、イワたちだって「すごい神様」なわけではなく、だからこそ1つ1つのドラマが生き生きとしている印象。「悪人」は出てこないけれど、それでも事件は起きるし、問題も起きる。日常を積み重ねて積み重ねて、そしてクライマックスの一大事件へという構成も丁寧で、2時間強でも退屈しなかった。
 芸能人起用映画だと出てきた瞬間に「うへぇ……これを聞き続けるの?」って思うことがあるけれど、それもなく、むしろ美山加恋の上手さはちょっとビビった。声質は若いころの高山みなみっぽく、演技も自然体で、十分に「声優」と呼べる仕事内容。優香も西田敏行も違和感ナシ、特に西田敏行はアテ書きしたかのようなハマり具合。山ちゃんとチョーさんの技術は言うに及ばず。
 キービジュアルだけ見て「なんか地味っぽい」とか、出演者を見て「タレント起用か」とか、そういう理由では敬遠して欲しくない作品。いいアニメーションしてますよコレは。ちなみに、来場者は19時開始ってこともあってけっこう大人が多め。ラスト近くでは隣に座っていたおじいちゃんと、反対側の席にいたビジネスマンがともに泣いてたよ。

[][]#366 変わりゆく歴史、変わらぬ心<終>

 8年ほどにわたって続いてきたロングランアニメ最終回ということで録画してみた。開始は2004年10月で、アニメでいうと「魔法少女リリカルなのは」「プリンセスアワー(Φなる・あぷろーち/W〜ウィッシュ〜)」「神無月の巫女」「月詠-MOON PHASE-」「スクールランブル」「巌窟王」「げんしけん」などと同期。とんでもないベテランですな。スクランはその間に連載もアニメも完全終了しているし、GONZOもこんなことになってるし。
 総集編的最終回ではなくて「死神代行消失篇」最終回がそのままアニメ最終回になっていて、そもそもBLEACHは連載でほとんど追っかけておらず、アニメもみておらず、わずかに「劇場版BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ」ぐらいしか見てないから、キャラクターがほとんどわからん!いまだに藍染がどうこう言ってるのかと思ったら、銀城か。キャプサイトか何かで見たことあるぞその名前。
 銀魂が終わり、BLEACHも終わり、週刊少年ジャンプ連載作品の長寿アニメが終わってゆく。ワンピースって化け物っすな。

[][]#12 Stand by oneself -死者-<終>

 混迷の合宿は最終段階。桜木が死んだことを恨み、恒一が死者だと考える風見は女生徒を2人殺害して恒一に迫るが、赤沢によって防がれて殺されてしまう。その赤沢は鳴こそが死者だと考えてつけ狙うが、落雷によるガラスの飛散を全身に浴びて死亡。風見くんがまさかこんなことになるとは思っても見なかったのだが……もし勅使河原が仕掛けていなかったら。テープのおかげで災厄を止める方法はわかったけれど、それゆえに悲劇が拡大した側面も大きい。赤沢さんの死は、あまりにも美しすぎる。手の記憶は、1年半前に出会ったときの記憶。ほんと、ウソでもいいから覚えてたって言ってあげて。こちらも、赤沢さんは恒一のことだけを考えて動いていた部分があって、恒一の立ち回り次第では生き残っていたよなぁと思うと、惜しい人だった。
 そして、とうとう鳴が特定した死者は、三神玲子。このためにわざわざ声優を1人でっちあげて、事務所に偽ページまで作ってたという念の入れよう。こんなメタ部分でバレてちゃしょうがないしね。ここでようやく恒一も1年半前に夜見山に帰ってきていた記憶は玲子の葬式だったと思い出して、「さようなら、おかあさん」。母を早くに亡くした恒一を慈しみ、まるで息子のように接してきた玲子さん、そんな玲子さんを母親かのように慕っていた恒一。そんな人にとどめを刺したなんて記憶、忘れてしまった方が辛くないんじゃない?
 あと、管理人さん夫妻は高林くんの母方の祖父母で、高林くんが死んでから精神が不調だったとのこと。災厄の犠牲者だったというわけです。

[][]#13 花見と姉弟<終>

 すでに二期も決まってるし、変わらない日常END。花見で飲酒もどきで逮捕されなくてよかったね。

[][]#08 世界を超えて<終>

 マトもユウも救われて、みんな仲良しでよかったねェ。いいところ探しでいえば、今石洋之がいっちょ噛みしているらしいグリグリ戦闘。これだったら戦闘パートのみで20分ぐらいのOVAでもイケるかも。でも、あんなワケのわからん鬱な日常パートはいらんです。声優アニメとしてはなかなかだったのに。
 ノイタミナでいうとフラクタルがわりとひどかったけれど、それと双璧をなすレベルでつまらんかったな。フラクタルの場合は、第1話からは「いけるかも?」という雰囲気があったのにガタガタ崩れていってしまって、ブラック★ロックシューターは「またダメなんだろうな」と思っていたら、やっぱりダメだった。

20120326

[][]銀魂' #252 ごめんなさい<終>

 5年間続いてきた銀魂最終回ってことで、これまで迷惑をかけてきた関係各所に謝罪……するかと思ったら「老け入るタマキュア」とかもっと謝る要素増えてるんじゃねーか!一応ゴリラ作者のファックスによると、問題を起こしたからとか何とかで終了ってワケではないみたいで、そこだけは一安心。しかし、そろいも揃って最終回にゲロ吐きまくるんじゃないよ!
 来週からはこの枠ではGONがスタート。原作ストックが溜まったらまた再開するかな?でも、このペースで追いついたことを考えると、1年に1クールとかって話ですかい。それでもいいんだけど。

[][]#12 光の勇士<終>

 伊佐那海の力をナメてかかった半蔵は闇に取り込まれてしまい、「伊佐那海は伊佐那海だ」と向かい合った才蔵が伊佐那海を助け出してハッピーエンド。十勇士の戦いはこれからだ!
 アナってば、あっさり甚八の雷の力に負けて懐柔されて、出戻りですか?六郎の目を潰したことは忘れないよ?その六郎、力は目だけかと思ったら、水の力も持っていたのに、活躍の場が少なかった印象。
 十勇士モノを、わずかにBRAVE10新釈 眞田十勇士 The Animationだけで語るのは乱暴ながら、なぜこれから十勇士活躍するってところで終わっちゃうのか。集めるところは前段じゃないですかね?

[][]#03 野獣の吠える街

 初っぱなからひどい目に遭った恭平職場替えを狙うもセイに呼び出されて逃げられず。
 ジョウとメグのお仕事ウォンという男の拘束。でも、目の前でウォンはヘンな薬を打たれて連れて行かれて、追ってみたらカプセル内で液体漬け。同じようにウォンを追っていた男に疑われたりして、またも前後編。メグの仕事の役回りがよくわかりませんが、ピンチになる役ということでよろしいか。

[][]#04 兄弟 暁に死す

 ウォンを追っていたのは弟のリャン。かつては普通の兄だったのに、薬漬けにされてしまって今みたいにオカシくなったのだそうで。さらわれたメグを追ってジョウがジャンゴで出撃。化け物として目覚めたウォンをぶっ倒すかと思ったら、メグだけ助けて、列車は大爆発。兄を助けに来たリャンは、化け物になったウォンに重傷負わされて、兄弟ともに爆死です。うーんうーん。

[][]#12 あの夏で待ってる。<終>

 みんなの協力でようやくイチカの記憶の場所、木崎湖に到着。でも、そこにあった宇宙人接触の証拠は消えてしまっていて、イチカも連れ去られてしまって……。「思い出」を語る声を、おねがい☆ティーチャーみずほ先生を演じた井上喜久子にやってもらうあたりでくすぐってくる。なお、みずほ先生監視駐在員としてやってきた地球人と宇宙人のハーフなので、時代として見るとあの夏のほうが古い模様。あくまでファンサービスってことで。
 後日談まできっちり描かれていて、イチカがお姉ちゃんのお土産の服を着ていたからまた地球に戻ってきたことが示唆されるハッピーエンドめでたしめでたし。あれは、地球に残されたりのんをMIB研究したことで開発レベルFを脱したのか、なんなのか。そのへんはどうでもいいというか、そもそもMIBが実在して、檸檬先輩がエージェントだった時点で「ああ、さよか」としか言いようがなくなった。

[][]#12 シンフォギア

 クリスが倒されたのを見て激昂し我を失う響。しかし、その暴走を翼が受け止める。かつて響が助けた少女クラスメートたちの歌が響に戦う勇気を与え、さらにクリスと翼を立ち上がらせる。
 翼はいいけど、絶唱したクリスが復活した理由ってなんじゃい。フィーネさんはラスボスにするには小物感。わざわざ響が絶唱しなくてもいけそうに見えちゃうんだけど。

[][]#11 ふろたこもちてはつゆめし

 竹キル物語にキル太郎、やすなが見る夢はファンタスティック銭湯ソーニャが一瞬躊躇したのは、殺し屋として回避したかったのか、ただ恥ずかしかったのか……きっとやすななら風呂上がりには腰に手を当てて牛乳を飲んでいるであろう。調子に乗るからね。

20120325

[][][]映画プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち (2012)

 @梅田ブルク7 シアター1
 プリキュアオールスターズDXでの戦いで、プリキュアたちがフュージョンを倒したことで横浜の町ではプリキュア大人気だったが、フュージョンは完全に消滅しなかった。残るフュージョン探しに出かけていたみゆきは響、そしてあゆみ出会う。引っ越してきたばかりのあゆみ不思議な生き物フーちゃんを拾ったが、フーちゃんはフュージョンの一部で、友達のいないあゆみのため、嫌いな学校などをどんどん飲み込んでいく。
 ついに総勢28人にまで膨らんだオールスターズはDXシリーズからNSシリーズ(?)へ。フュージョン戦の再戦だとかはさすがのアクションを見せてくれたんだけれど、最大の変更点はフレッシュ以降のプリキュアしか喋らないということ。同じ5人組のプリキュア5とどんな会話をするのかが楽しみだったのに、そもそも喋らないとは予想外であった。まぁ28人全員変身させて喋り始めたら収拾つかないわけで、DX3ではチームを3分割する方法で乗り切っていたけれど、同じ手法はダメか。オールライダーでの旧作ライダーファンがどういう気持ちなのか、本当に感じることができた気がする。これだったら、いっそ戦隊モノ映画みたいに、現行作品と1こ前の作品だけでやればいいんだよ、「スマイルプリキュア!vs.スイートプリキュア♪」で。それならそれで文句は言わない。旧作まで勢揃いするやつは何年かに一度、お祭り的にやってくれればそれでいい。
 梅田ブルク7のシアター1は初めて入ったが、非常にイイ。かなり後ろの方の座席だったけど、通路の広さなどなど、満足度高し。ひたすらエスカレーターで上がらされる構造は好かんが、これだけのシアターなら文句はないです。(※と書きつつ、前年のオールスターズもシアター1で見ているというボケ具合である)

[][][]BUTA

 @梅田ブルク7 シアター4
 袖触れ合うも多生の縁、ちょっとした繋がりを得たキツネ少年のために海賊に戦いを挑むブタ剣士のお話。友永和秀監督・脚本作品で、ブタの剣劇アクションが生き生きと動いている。キャラクターの頭身が低めでギャグ仕立てに見えるのに、やるところはきっちりやってる。これは続きも見たい。刀語的な香りはするけど。

[][][]しらんぷり

 @梅田ブルク7 シアター4
 いじめ問題テーマにした絵本原作主人公はいじめを「知らんぷり」している少年で、いじめられっ子を最後には助けてあげるというヒロイックなお話かと思いきやそんなにうまくはいかなかった。重くなりがちなテーマだけれど説教臭さがないのは、屋台のおっさんの語らせ方かな。

[][][]わすれなぐも

 @梅田ブルク7 シアター4
 前2作「BUTA」「しらんぷり」を見ると、冒頭からいかにも現代アニメっぽくて「なんでこの作風なんだ!」って思うけれど、この内容だとなかなかやれるところは少なそう。クモ娘がもう可愛すぎて。ときどき見せる蜘蛛の本性が恐ろしいのに、だんだんと可愛く見えていってしまって……うん、そりゃあのエンドにもなる。

[][][]ぷかぷかジュジュ

 @梅田ブルク7 シアター4
 いつも接待ゴルフ約束を破ってしまうパパとの海へ行く約束がまた破られてしまったミカはがっかり。かわいそうにおもったママが用意したビニールプールで、ミカの目の前の浮き輪ジュゴン・ジュジュが動き始め、彼女を海の世界へと連れて行く。ファミリーには効きそうなお話だったけれど、ミミカ様とかどうなっちゃったのかは気になる。

[][][]映画ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマルアドベンチャー〜 (2012)

 @TOHOシネマズ梅田 シアター4
 パパに買ってもらったカブトムシで虫相撲に負けたのび太は、強く大きなカブトムシを求めて昔のオーストラリアから連れてこようとするが、とりもちで間違えてモアを捕まえてしまう。モアの処遇に困り、絶滅動物を集めているというベレーガモンド島へ送ることに。そこには、黄金のカブトムシがいるという伝承があった。
 「モアよ、ドードーよ、永遠に」をフリとして使った上でオリジナルストーリーへ。個人的にあのエピソードは大好きで「大晦日だよドラえもん」録画して置いていたぐらいなので、ざっくりと粗く料理されたのが残念。絶滅動物たちをわざわざ出しているにもかかわらず、今回の悪党シャーマンたちの狙いはゴールデンヘラクレスなのでモアにもドードーにも目もくれないし、その絶滅動物たちが活躍するでもないし……。そもそもこのベレーガモンド島、ケリー博士の使っている技術などを見ると22世紀レベルなのに、島の先住民族であるロッコロ族は武力も持ってない。いつの時代っていう設定なんだコレは?
 あと、ファミリー映画とはいえ、「家族の絆」みたいなのをそこまで説教臭くやる必要はあるんだろうか。自分だって子どものころに同じようにドラえもん映画を観ていたけれど、ここまで露骨には描かれていなかったよ。
 オリジナルストーリーなのでゲストキャラにやいやい言ってもしょうがないが、ロッコロガールズの無意味さがスゴイ。のび助の子供時代野沢雅子が演じていて、まだまだ少年役をやれそうなところを見せていた。

[][]#05 キケンな熱暴走

 エネトロンタンクを破壊された地区のために、ゴーバスターズらは直接エネトロン輸送することに。
 ヒロムのニワトリ嫌い、ヨーコのエネルギー切れと同じく、リュウジにもある弱点が「熱暴走」。攻撃的になって、味方すらも判断できなくなる、バーサク状態なわけですな。ゴリサキが氷をぶっかけてたけれど、それはスーツに冷却システムを組み込むことでもうちょい軽減できるのではないかとおもたが。ヒロムの空気読めなさ(読まなさ)すごいよね。

[][]#28 星・嵐・再・起

 メテオに変身できなくなった流星が、ライダー部を助けてタチバナからメテオストームスイッチをもらい、再変身。メテオストームのおもちゃの仕組みがとてもわかりやすい回だった。あれだけの強敵ホロスコープスの一員にもなっていた鬼島だが、速水の不興を買っていたので裏切られ、ヴァルゴによってダークネビュラ送りにされてジエンド。

[][]#08 みゆきキャンディがイレカワ〜ル!?

 マジョリーナの作った指輪「イレカワール」を偶然見つけたみゆきキャンディの中身が入れ替わってしまう。もちろん、この状態では中身がキャンディみゆきは変身ができず、代わりにキャンディ(中身はみゆき)がキュアキャンディに変身。耳を使って格闘戦もこなすしハッピーシャワーも撃つし、しばらくそのままでもいいんじゃないかと。

[][]#48 衝撃の出会い!謎の生物現る!

 トリコたちの前に現れた不思議生物トリコたちを無視してオゾン草を一口かじって去って行った。一龍も、ノッキングマスター次郎も、これから何事か起きることを予感している。これからまだトリコ環境適応をしていかなければいけないところなのに。なお、しばらく出ていなかったサニーとココも修行に出るっぽく。
 タッチーノ川越は改めて誰得。2度も出すか。

[][]#24 Xラウンダー

 フリットは出獄したグルーデック元艦長から連邦軍内にヴェイガンへの内通者がいるという情報を得るが、それが誰なのかを聞く前にグルーデックはアンバット司令官だったギーラ・ゾイの子、アラベルに仇討ちを果たされて死亡。アラベルも手引きした内通者に消される。「人が多いから明日にしよう」はいいけど、耳打ちするんならそこで大事情報を伝えておけよグルーデック……。内通者情報消えちゃったし。最初はフリットがやったのかとおもたわ。
 ゼハートはまたもアセムに接触してガンダムを降りるよう説得するが失敗。失敗の理由は主にロマリーで、しかもロマリーがゼハートばっかり気にするからアセムが怒ったわけですけど。だから、司令官が一人でやって来るのはどうなのかと思うの。
 一方、ゼハートのことをちょっと信用してないヴェイガンのXラウンダー部隊「マジシャンズ8」は、ガンダムAGE-2の新装備ダブルバレットの餌食になって2人が死亡。ただの二刀流ですよね?アセムはXラウンダーじゃないのに、そんなにもあっさりと……?

[][]#313

 昌鹿野フェスティバル公録反省会。声帯を酷使しすぎて「紅白声帯」な小野坂昌也、もうほんと休んだ方がいいと思います……。確かに公録で2時間30分喋ったのに放送は1時間で、しかも面白いところがカットされてたけれど、放送できませんからー。
 声優雑誌は今月もきゃじきゅん(梶裕貴)。小野大輔へのライバル視も忘れない47歳、昭和の男前はアレだからいいんです。

[][]#11 森島はるか 前編 セクシー

 ラストヒロイン、森島先輩は変態紳士を上回る妄想力の持ち主なのである。完全に先輩に引っ張られてるやないですか。
 しかしジェシカさんが2Pカラーすぎて、親戚どころか双子レベル。そんな純一の妄想した2Pカラー美也が面白げ。

20120324

[][]#12 日常の第十二話<終>

 最終回ゆっこ祭。麻衣ちゃんのボケにツッコまないと心に決めたのに「丸暗記かよ」でついついツッコんでしまって、ツッコミの快感を再認識するゆっこ勘違いが空回りしまくったあげくにハロウィンは先週終わっていて恥かきっぱなしなゆっこゆっこスキーとしてはご褒美でしたが、いいんかこれラストで。
 いまさら「日常って面白いよね」って言っても「売れてねえしwww」とか「ステマwww」的な反応が多そうなんだけれど、でも、こうしてシェイプアップした日常はやっぱり面白くて、ゆっこはかわいいんです。バカかわいい。
 ちなみにこの麻衣ちゃんにツッコんだゆっこのエピソード「日常の71」は、ここまでキャラ表に忠実だったキャラクターたちの描かれ方が微妙に異なっていて、それが余計にゆっこの可愛さをパワーアップさせてるわけですが、原作でもプロトタイプ版の話らしい。この程度の違いですらも結構な差異に見えるあたりが、京アニアニメでの作画の安定っぷりを示している気が。
 む?日常ゆっことか、キルミーのやすなとか、あるいはキュアドリームことプリキュア5のぞみとか、ウザいくらいにアホの子キャラが好きっぽい自分に気付いた。こういうキャラ、他に誰がいるっけ……。

[][]Fate/Zero Remix

 「Fate/Zero」第1期総集編その1。それぞれの陣営がどんなコンビなのかを解説する内容で、さらっとかなり後半の内容まで含まれていたけれど、それこそ第1期放送前にやってくれても大丈夫なぐらいのまとめ方。

[][]#12 アンリエットの帰還<終>

 横浜へ帰還したアンリエットさんをことごとく華麗にスルーし続けるミルキィホームズ。その決着はマスコットガールコンテストの決勝戦に持ち込まれることに。
 ミルキィホームズのトイズは戻っているのでバトルするなら派手になるなぁと思っていたら、肩透かしの様なダンス決戦。さほど意味があったのかなかったのか、アンリエットさんにはミルキィの成長が伝わったみたいで、またトイズを失ってしまった4人と学院に戻ってやり直し。
 結局第2期はミルキィホームズのことが気になってしょうがないアンリエットさんが一度は愛想を尽かして出て行くけれど戻ってきて大団円というお話で、バトル面は「ラードの神」ことブー太がなんとかしてくれました。カオスを極めた#06 エノ電急行変人事件をはじめ、今回はミルキィホームズにトイズを取り戻そうという気概がまったくなくて、それがよかったような、消化不良の様な。あれだけ思わせぶりだった森・アーティって何だったんだとか、ミルキィにツッコんでもしょうがない。

[][]#12 永遠(とわ)よりの帰還

 幽霊船ことかつての移民船、初代クイーンセレンディピティへと乗り込んだ茉莉香たちが、実は「王家ゆりかご」だったというお話。物質的なお宝はすでに経済危機で売り払っていて、残っていたのは星系の生態系データと、もはや遺伝子タンクの枯れた人工子宮「薔薇の泉」だけだったという……。ラストベイビーを生んで「薔薇の泉」の機能はオシマイ。セレニティ王家の復権をかけたグリュンヒルデがこの子を利用するのかは明らかではないが、これ以上泉から王家の者が生まれてこないという意味ではグリューエルの思いが通る形。
 移民船内の移動で使っていた推進器がかなりオシャレ。というか、あの船内が興味深すぎて。この船がいまのセレニティ星系にたどり着いたというお話だけで1つの作品が作れるもんね。
 次回にはグリュンヒルデも白凰に転入してきて、またヨット部の出番もあるっぽく、あと1クールも楽しませてくれそう。

20120323

[][][]ルパン三世VS名探偵コナン

 2009年3月27日(初回放送時)の感想はこちら
 2度目だと意外と見られたのは、その後のルパンTVSPの惨憺たる有様ゆえか。さほど感想もないけれど、ルパンオリジナルキャストはやっぱり痛々しかったので、若返って正解だと思いました。コナンの若さの秘密が気になる不二子ちゃんとか、年相応のおばあちゃんにしか聞こえないッス。

[][]#12 革命の火蓋

 三船コーチの特訓がいよいよ仕上げ入り。越前は徳川と戦えるレベルと言われた8球同時返球までいけたし、金太郎も6球まではいけるようになってるし、真田もなんかみんなから同時攻撃受けて返したり、著しく成長を遂げている……けど、落ちこぼれ側が何昼夜も描かれているあいだに、1軍が描かれたのは5番コートと3番コートの入れ替え戦だけで、それ以外は練習してるわけだから、やっぱりそう簡単にこの差は埋まると思えず。
 入江の本当は腕はまだ上がったけれど跡部の気迫に負けたという後付けな敗戦理由ってカッコワルイ。まだまだ実力差はありますよって、跡部を愚弄している感が。

[][]#12 ナンバーズ

 エリオたちが確保したレリックを巡る争いはヴィータらの援軍でルーテシア逮捕するに至るが、ナンバーズ活躍ルーテシアを奪還されてしまう。ディエチのヘリへの砲撃は乗ってたキャラからしても落ちちゃいかんでしょって話なんだが、ここでなのはさんだとは。煙が晴れてそこに管理局の白い魔王が立ってたら漏らすレベル。はやて限定解除で済むかと思いきや、トーレの活躍で逃げ切られかけて、結局はなのは&フェイトともエクシードモード。結果的には効率が悪くなってしまった感じ。
 2度目となると、ナンバーズも多少は覚えやすくなった。というか、ココで覚えておかないと、来るべき「魔法少女リリカルなのはVivid」のアニメ化の時に苦労することになりそうだし。いつ来るか知らんけど。

[][]#11 男子高校生と父/男子高校生文学少女4/男子高校生と闘争/男子高校生と缶ケリ/男子高校生雑談/男子高校生ラブレター/男子高校生と間合い/男子高校生とイラ/女子高生は異常「闘争」

 ヨシタケが間合い女子高生に接近してたのは逆嫌がらせ?これ、男がやるとすごく危ないよね。それにしても缶蹴りといい映画といい、ヨシタケ、ヒデノリ、ミツオの3人行動が多いんですが……誰か忘れてるから!
 ヤナギンと生島の変態行動を止める役割が多いはずの羽原なのに、いざ戦いとなるとレベルが違った。闘争本能の違いか……殺される。きっと殺される。いよいよ最終回、ちゃんと動くタダクニの出番はあるのか。

20120322

[][]#11 陽炎

 御狐神くんの半生。天然ブラックだったのはちらっと素が見えていた瞬間だったのかと、いろいろ納得。あんな性格なのも、凜々蝶と出会ったとき、出会ってからの反応も、そういうことだったのな。あまりにもゾクゾクしてしまって、見た直後に原作既刊全巻(0巻〜6巻)と藤原ここあ短編集とBD全巻をポチったレベル。これぞドラマ。ここまで書いてきたホンと、シリーズ構成の力。#01からイケると思っていただけに、予想よりはるか上を飛び去って行ってくれて、嬉しい。

[][]#11 逢いたい時にあなたはいない

 よし子おばさんが祐太に正論をぶちかます。ここまでの祐太の計画性のなさは驚きってもんじゃなくて、14歳と10歳の姪に負担かけっぱなし。この祐太の生活は佐古先輩、莱香さん、仁村、管理人さんなど、有形無形の助けがなければ成立不可能なもので、とても安心して任せてられるレベルじゃない。バイトは限界に近いような描写だったし、大学の授業も遅刻していてって、それ、できてないですよ。
 いよいよ次回最終回。「これからもいろいろとありそうだけれど、みんなで力をあわせてがんばっていこうよ」っていう丸投げエンド以外思いつかんぞ。未来への先送りは何も生みません。

20120321

[][]#10 仮面のスレイブ・プレイヤー

 カイルへ向かったヒロたちはLBX集団に襲われて危ないところをM・ゴジョーに助けられる。って、五条さん何やってんの!予告でちらっと顔を見せてて、五条さんっぽいキャラクターがここにもいるんだなぁと思ったら、M・ゴジョーて。ホストコンピュータの位置を特定して行ってみたら、今度はスレイブ・プレイヤーとして登場だって。最初からスレイブだったの?ヒロたちを助けたところまで普通だったっていうなら、スレイブ化ってずいぶんあっさりとできるもんだなと。
 一方のオメガダイン組は会長と直接話をするも、調べたメインコンピュータの場所はMチップ製造ラインだったので空振り。そんなことしたら疑いがより濃くなるだけなんですが。

[][]#11 絶賛、決戦中です!

 敵クイーンからの攻撃で子猫がリタイアし数を減らしたリアス側。一誠の活躍で一気にライザーの駒を減らすも、朱乃、木場と脱落者を出し、さらにアーシアも失神で離脱。フルボッコにされても膝を折らない一誠の覚悟は、ライザーを本気にさせるのに十分だったが、一誠のことが大事だからこそリアス先輩は敗北宣言を出すわけです。ここで一誠を灰にされてしまうわけにはいかないんだもの。
 ゲーム敗北、即婚礼の儀ではなかったはずなのに、なんか次回は結婚式ですよ。しかも最終回。こりゃ、一誠が乱入して花嫁奪って逃げますか。

[][][]ストライクウィッチーズ劇場版 (2012)

 @TOHOシネマズ梅田 シアター7。この劇場、スクリーンはさほど大きくないくせに劇場が縦に深く、しかも高低差が少なくて非常に見づらい。TOHOシネマズ梅田は地雷スクリーン多すぎ、改装したときになんか思わなかったのか。設計者は自分で映画観ないのか?
 すべての魔力を失い医学の道を志す芳佳のために、美緒が欧州の学校を手配してくれる。随行員の服部静夏とともに欧州を目指す芳佳だったが、そのころ欧州ではみたびネウロイの活動が活発化していた。
 なぜウィッチたちが必要なのか、ストライカーユニットとは何なのか、一応説明はあるけれど、「ストライクウィッチーズ」「ストライクウィッチーズ2」を見ている人向けであるのは間違いなく、第2期見てなかった自分としては、芳佳が全魔力失ってるのはネタバレなんじゃなかろうかと思いつつ黙って見ておりました。劇場のスクリーンでパンツ……じゃない、ズボンやら水着やら大写しにされるとどうしていいかわからない恥ずかしさがある。
 ストーリーとしては、各戦線での苦戦から芳佳参戦、瀕死からイヤボーン、全員集合ストライクウィッチーズ!で「つづく」。要するにコレ、芳佳の復活劇なわけですよね。とにかく芳佳はブレがない、たとえ自分の命が危なくても他人のために頑張ってしまう。その描写が重ねられているので、クライマックスでの無茶も受け入れられるんですな。そこにいたるまで、軍紀を重んじる静夏に感情移入してしまうんだけれど、芳佳は芳佳なのです。
 ……で、坂本さんがウィッチじゃなくなって眼帯もなくなってるんですが。2期必須やん?しかも3期作ると芳佳が復活していることになるので、3期見る人は映画必須やん(たぶん)?幅狭い商売だよね。パンフレット1200円というのもなかなか挑戦的価格だと思うよ。

20120320

[][]#11 Makeup -惨劇-

 望月が対策係に例のテープを聴かせてしまって、おかしくなっていた杉浦さんにトドメ。鳴を狙っての惨劇の幕開けです。鳴が死者なのか疑問を持っていた生徒もいたにはいたけれど、バックドラフトで焼死。ヒドイ。そもそも杉浦の誤解は「見崎鳴」と「藤岡未咲」を混同してしまったことにあって(双子だからしょうがないけど)、序盤はアニメでもここに26年前の死者である夜見山岬を加えて、効果的に使われていたからな。その杉浦が鳴襲撃時に事故で死に、間の悪いところに赤沢さんがやって来て、もうドロドロですよ。鳴は死者じゃないとしても、なんか憑いてる。
 ちなみに、合宿所の管理人のおばちゃんがおかしくなったのはテープの件とは関係ないわけですが……なんなんです?

[][]#12 あつしと誤解

 交通指導警察のおねえさんに顔を覚えてもらえば捕まることもない。けど、そもそも声をかけた時点で不審者だと思われているのでどうしようもないという……。盛山先生、どれぐらいの頻度で警察署に通ってるんだろう。捕まらないとオチないので、今後もあつしの受難は続くね。

[][]#07 闇を駆ける星に願いを

 現実世界が辛すぎるユウはストレングスと入れ替わって戦い続けていたということで、ブラック★ロックシューターがユウを倒してしまうともうマトを呼び戻せなくなってしまうと焦るストレングス。あっちの世界の子たちには感情なんてなくて、ただただ戦い続けていると。死ねばその子の抱えている悩みはなくなり、でもまた悩みが膨らむと生まれると。
 でも、デッドマスターが倒されたことでマトのことをほぼさっぱり忘れていたヨミになにやら変調。デッドマスターもまた目覚めようとしているし……ん、あっちの世界の子が死んでも生き返ったら、思いもまた甦るんだろうか。
 バトルは相変わらずスゴイんですが、いまブラック★ロックシューターの痛みはダイレクトにマトに返ってくるんじゃないの?ユウが顔面殴打しまくってますが。その痛みを閉じ込めるために、さらに内なる世界に……いや、マトはそんな子じゃなかった。

20120319

[][]銀魂' #251 コタツで寝るときは○玉熟しないよう気をつけろ

 コタツとはブラックホールである。みんなのダメっぷりがもうどうしようもなくてツッコみきれないほどだったが、一番ヒドイのは3月も下旬になって新年のご挨拶だよね。そりゃメタ視点文句も出るわ。
 この「銀魂'」を放送中の枠は4月から別の番組(GON)になることが決まっているので、ここでまた放送終了してストックを溜めるのか、枠移動するのか……。アニメ誌の予告によると来週はこれまで迷惑をかけた関係各所に謝り倒す回らしいので、これでオシマイって可能性も。

[][]#01 地獄が静かにやって来る

 この時期のGONZOがノリにのっていたというのが実感できるB級娯楽ガンロボアクション。カンタンに稼げるお仕事ということで料理の腕を生かした仕事場かと思ったら、命がけのバトルに巻き込まれてしまうのでありました。主人公渡辺明乃豊口めぐみというのではそれほど古さを感じないが、男キャラうえだゆうじなので時代を感じる。
 2012年アニメを知った目でこのアニメをみているのでどうにもロボットバトルにチープな部分が見えてしまうんだけれど、これが放送されていたのは2004年蒼穹のファフナーとか機動戦士ガンダムSEED DESTINYとか魔法少女リリカルなのはとかのころ。……うん、やっぱりがんばってるといっていいと思う。問題は、GONZOCGがこのあとそこまで進化しなかったことだな。「鉄のラインバレル」でのへっぽこ爆発エフェクトは絶対に許さない。

[][]#02 情無用のガン・ファイター

 メグが攫われてしまって、恭平を巻き込みながらジョウは二足歩行戦闘サイボット・ジャンゴを駆り、敵サイボットを追撃する。キャラクター名とかロボット名にもあるようにマカロニウエスタン雰囲気を漂わせたガンアクション、ロボットもガンアクションするよってなもんですか。
 しかし、メインの2人(ジョウとメグ)よりも、セイの妙な下乳ドレスに目が行きます。なんなんですかあのお姉さん、田中理恵とか卑怯だと思います。

[][]#11 闇の慟哭

 アナが甚八を襲撃したり、半蔵の才蔵攻めが続いて伊佐那海がどんどん黒化していたりでピンチなのに、ここで鎌之介って!ここで鎌之介って!!
 本人は男だと主張していて、才蔵と幸村は女だと思っている鎌之介。どちらとも明言されないままに来ていたけれど、今回、幻術にかかった中で見せた裸体からして完全に女性ですよね。もともと「足をくじいた女性のふりをしていた」んで、どっちでもいいですけど。特に鎌之介の場合はどっちでもOKです。サイコーです。
 クシミタマが串(簪的な意味で)じゃなくて、奇(クシ)魂(ミタマ)だとようやく気付いた。ハズカシイ。

[][]#11 行かないで、先輩。

 連邦レベルで問題になっているイチカの行方不明。そもそも地球は恒星間航行とかできないからランクFに指定されていて、現地人との接触は禁止イチカ地球に残ることも、海人イチカについていくこともNGですって。悲恋だね、と思いきや「ランクFじゃない証拠を見つけ出せばいい」ってことで、イチカの中にある風景を探すラストミッション。見つかれば、かつて宇宙人地球にやってきたということで、ランクFを逃れられ、イチカ海人が結ばれる道が見えてくる。
 檸檬先輩がユーティリティプレイヤー過ぎるけれど、「まぁ、檸檬先輩だし」で許せるところがスゴイよね。追っ手が迫る中、求めていた景色へたどり着けるのか。柑菜の応援っぷりが胸キュン。すごく、すごくいい子なのに。

[][]#11 月を穿つ

 了子=フィーネの裏切りを知りつつ泳がせていた弦十郎、生身で着装状態のフィーネを追い詰めたけれど、情で負けてしまった。もともと了子さんは研究員としていたけれど、フィーネの意識が了子を食い尽くしたってことだそうで、かつての同僚だけにね。でも、この「らしさ」が弦十郎だから責められないよね。こんなことでくたばるとも思えないし。
 フィーネはといえば、了子として作ってきた学園地下のメインシャフトこそが荷電粒子砲カ・ディンギルだったので、これをぶっ放して月をぶっ壊して、風が吹いて桶屋が儲かって、世界統一しようとしていたんだと。ぶっ放すところまではたどり着いたが、クリスの絶唱に防がれ万事休す?チャージすれば何発でも撃てるものなの?命を安売りしないって言っていたクリスが、世界のために命を張って、盛り上がりました。

[][]#10 さんたつららてゆきだるむ

 「バカは風邪ひかない」は「風邪を引いたことにすら気付かない」の意だったかと思うので、風邪で帰るってのに雪でおおはしゃぎしているやすなこそまさにバカであると。ソーニャは仮にも殺し屋なので体調管理は万全でしょう。
 ソーニャがやすなにプレゼントをあげるところは思い浮かばないが、やすなからもらったぬいぐるみは裂くか刺すかかと思ってしまって。やすなの想像の中でキャラ違いながら泣いている貴重なソーニャ

20120318

[][][]映画プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち のすべて

 映画プリキュアオールスターズ」シリーズの続きになるらしい「プリキュアオールスターズNew Stage みらいのともだち」宣伝番組。本編のOPも映画仕様に変わっているので「うわあ知らないキャラクターが!」ってことはないんだけどもー。

[][]#04 特命と決意

 ヴァグラス対策の司令として、ゴーバスターズすら囮にする黒木司令の非情さ。エネトロンはこの世界を支える重要な資源なので、まずはメサイアを倒すことが至上命題。情も大事だけれど、それで世界の人々を危険には曝せませんから。ヒロムはヒロムで、亜空間に飛ばされてしまった人たちを救いたいという思いを持ち続けるのは大事なことよ。いつかは救出できるはず……ですよね?

[][]#27 変・身・却・下

 鬼島との戦いの中で、メテオであることがバレてしまった流星は変身能力を失う。よりにもよって知られた相手がホロスコープスですよ。普通のゾディアーツなら「正体を知られては生かしておけんな」で倒せば済むのに、キャンサーは一番の強敵……。いっそ弦太朗たちに話すことができれば楽になれるかもしれないが、流星が素直になれるなら苦労はしない。ほんとカニ、強すぎます。

[][]#07 どこなの?わたし達のひみつ基地!?

 みんなの探し求めるひみつ基地は、実は目の前にあったんだよ。どこからでもアクセス可能で、誰にも邪魔されなくて自由にできる空間。最初からふしぎ図書館が答えでしたけど。それぞれ性格がよく出てたけれど、やっぱりれいかさん天然かもしれん。完全にみゆき寄り。

[][]#47 大空の告白!不滅のコンビ結成!

 ようやく見つけたオゾン草は2人同時に葉をむかないと潰れてしまう、そこでトリコ小松コンビネーションってわけです。一龍はトリコの捕獲レベルに適した食材を教えただけではなく、小松の重要性も教えたわけですな。トリコが受けなの、納得です。
 GTロボっぽい外見のヘンな生物が出てきて次回へのフリ。予告には川越達也シェフ……誰得

[][]#23 疑惑コロニー

 中立コロニーが実はヴェイガンに加担してましたの巻。ヴェイガン憎しのフリットならコロニーごと吹っ飛ばしかねない。
 心優しきアセムくんは「話し合えば分かる」と主張してフリットに一蹴されて、脱走したらロマリーを危険に巻き込んでしまって、ガンダムで戦って営倉入り。やってることはガンダムでの戦いを嫌がってランバ・ラルと出会ったアムロと同じ流れなのだが、事情はいろいろ異なる。あと、ロマリーがいちいちゼハートを引き合いに出してアセムのトラウマを抉る。わざとやってんじゃないかコイツ。
 オブライト×レミは順調にフラグ消化。レミのキャラ立てはあざとすぎると思います。

[][]#24 永遠存在

 みんなに愛想を尽かされたルークが無邪気な姿でカイトの所へやって来たと思ったらすべて罠だった。すでに神の書を手にしてるし、とにかくカイトと二人っきりの世界がイイみたいですが、あっさりフられてやんの。カイトのノノハに対するキープ感がひどいです。ギャモンにとられちまえばいいんだ。そういえばギャモンはいっときのブラック顔じゃなくなってる感じ。君もよくわかりません。

[][]#312

 3月11日に行われた公開録音「昌鹿野フェスティバル2012」の放送回。ほんとこのイベントは行って良かった。だって、まさかコーナーが丸ごと2つばっさりカットされるとは思わなかったんだもの……。わずか1200円(+交通費)でアレならまた行きますんで、グッズも買いますんで、どうかよろしく。ほんと、なぜ空いている列があったのか問い詰めたい。その分詰めてくれれば、あと2列分か4列分は後ろの人が前に出られたのではないの?それだけは残念すぎるわ。

[][]#10 中多紗江 後編 オネガイ

 変態紳士教官は紗江ちゃん映像を撮りまくって、孕ませエンドなのでした、というか2人出産済みで3人目かよ!みんなが「これからもよろしくね♪」みたいな終わりだったのに、あの夫婦みたいなノリの梨穂子回ですらそうだったのに。

20120317

[][]#11 日常の第十一話

 オグリキャップとピョンに驚かされたやられたはかせが、サメの絵で麻衣ちゃんと仲直り。いつもポーカーフェイスだし、ボケにボケを重ねてきたりするのでその時々の感情がイマイチ読めない麻衣ちゃんなので、この仲直りでの「よし」ってのがすごく印象的。

[][]#10 災厄の目覚め

 エンシェントドラゴンがアクイレイアを襲撃して街はもうボロボロ。教皇を守るためにデルフリンガーが全ての力を使い果たして砕け散ったり、その教皇もジュリオを逃がしてドラゴンに食われてしまったり。えへへ、絶望的な戦いは大好物です。

[][]#11 つきひフェニックス 其ノ肆<終>

 たとえ托卵でも妹は妹と、月火のため余弦・余接との戦いに挑む暦と忍。「偽物は本物たろうとする意志があるだけより本物らしい」という貝木の言葉に救われる形になるなんて。なるほど「偽物語」でしたね。
 今回のバトルの赤齣黒齣はグロすぎてやれんわなぁみたいな部分もありながら、セリフと絵の不一致も多少あったりして、やっぱり作り込むとスケジュールが厳しいのかしら、とか。「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版予算が潤沢だから一から描き直しみたいな話になってるらしいんだけど、お金の問題じゃなくてスケジュールの問題じゃないの?とか。たしか傷物語か何かが劇場版決まっていたはずで、シャフト1社だけで全部作るわけじゃないとはいえ、ひだまりスケッチ富士山問題は忘れてないですよ。業界の内部事情なんてわかんないので、ただただ、無事に作品ができあがることを祈るのみ。

[][]#11 ラードの神

 ミルキィホームズとラードの神になったブー太との一大決戦。トイズ全力全開だとエリーがどうも目立たないのが残念なんだけど、はっちゃけたバトルで爽快でした。ラードだと思うと爽快とは180度逆だけどな。

[][]#11 閃光の彷徨者(ワンダラー)

 幽霊船争奪バトルは先に中に乗り込んだ弁天丸の勝利みたいな感じだけれど、ドックに閉じ込められたまま、再び亜空間に戻っていく幽霊船。それって人体は耐えられるんだろうか、ってそれはゴーバスターズのお話。

[][]#09 国譲りの巻<終>

 「〜〜って話だったんですよ」で現代に戻ってくるのはわかってたけど、かずおがフィリップかよ!!衝撃的すぎて!

20120316

[][]#11 約束

 手塚を送り出して跡部vs.入江。バトル自体は跡部優勢→入江挽回→互角→僅差から跡部勝利で、スケスケだぜ!な跡部王国とか見せられるだけ詰め込んだ感じ。まぁ、バトルの展開はこれしかないし、でもわかっていても面白いからOK。

[][]#11 機動六課のある休日(後編)

 かわいそうな女の子を保護したら取り返しに来たヘンなのとバトルになったでござーる。空中に敵がわらわらやってきて、これはもう限定解除しかない→フェイトちゃんじゃなくてはやてちゃんでした、のちょっと残念感。戦力的に、そもそもなのはとフェイトを同じ戦場に投入するってのが間違いのような気がするんだけど……ヴィータ力不足ってことではなくてさ。

[][]#10 男子高校生と限界/男子高校生と結果/男子高校生と冬/男子高校生と走る/男子高校生と雑煮/男子高校生と地面/男子高校生自転車/男子高校生と料理/男子高校生学校女子高生は異常「傷痕をつけた女達」

 本当にタダクニがいらん子に。タダクニ妹には兄がいるらしいぜ、みたいなレベルだもの。生徒会メンバーにヒデノリとヨシタケ入れればもう十分だしね……だって、唐沢とモトハルと副会長の使い勝手といったら!唐沢は人気投票1位らしいですし。

[]プリキュアコンサート

 こんな深夜というか早朝というか(28時〜29時)にやるって何事かと思ったら、以前のコンサートの様子を使った宣伝番組だった。1曲ごとにCMが入るので、スマイルプリキュア!OPの冒頭部分だけ頭の中をぐるぐる回る。ちなみに、きっちりEPGで予約していたのに、一番最後がエルガー威風堂々の途中でちぎれていたのは何事……?

20120315

[][]#10 裏切りの妖狐

 双熾とのコーヒーの約束をみんなに邪魔された形の凜々蝶様が、今度は蜻蛉に捕まって一日振り回されるお話。表面上は現主人の凜々蝶と前主人の蜻蛉を立てながらも、凜々蝶のことになると黙っておけない双熾、ブラック。きっとそれを知りつつも凜々蝶を連れ回すドS蜻蛉。全面ギャグ回ってわけでもないのにEDSM判定フォーラムだと、ああギャグ回だったっけって気になってしまう。

[][]#10 私の青空

 がんばる空ちゃん回。合唱は大好きだけれどひなの面倒を見るためには続けられない。でも、好きな事だからできる範囲で頑張りたい。空の覚悟というかがんばりは、いっぱいいっぱいのラインなので「いいからもう休め……っ!」て言いたくなる。なんか燃え切らないし、萌えきらない。

20120314

[][]#09 潜入 オメガダイン

 A国Lシティのオメガダイン社への潜入計画と、エジプトでのLBX暴走を止めるためにチーム分割。
 潜入チームがバン、ジン、先週末に加わった灰原ユウヤの3人組+拓也で、うまく社内見学に紛れて潜入したけれど、監視カメラで見ていた風摩キリトにバレて叩き出されましたとさ。そりゃあんた、ランだって一発で気がついたわけですよ、LBX世界大会のトップ3だぞ。それが変装もせずに潜入って、アホですか。拓也さんもさほど役立っているようには見えないし……。
 エジプト側にはヒロ、ラン、ジェシカオタクロス、コブラが向かっていて、暴動鎮圧だけだったらあっさり抑えられるだろうけれど。

[][]#10 決戦、始まります!

 特訓を終えて、リアスとライザーのレーティングゲームが開戦。がっちりバトルでどうするよと思ったら、一誠のドレスブレイクが出て笑った。予想通りだし、期待通り。一誠の役回りはソレです。でも、剥かれた敵よりも小猫ちゃんのほうがエロかったよね。

20120313

[][]#10 Glass eye -漆黒-

 15年前に災厄が途中で止まったときと同じように合宿をする3年3組。今になって鳴ちゃんの義眼で死者、あるいは死が近い者が誰かが判別できることが発覚。そのパワーでクラスを助けて欲しいんですが……誰がそのことを信用してくれるのかという話ではある。「ミスト」に出てきた予言者おばちゃんみたいに“死者”狩りが始まったら大変だし。
 ミステリ的には、みんなでこうやって離れた合宿所に集まっているというシチュエーションの方が危険な気がするんですよ。「誰が死者かもわからないのに、一緒になんていられるか!俺は部屋に戻るぞ」ってな。

[][]#11 あつしと図書館

 いまだにあつしのことを勘違いしっぱなしの沙夜、今回もまたあつしの引き留めの言葉にときめいちゃって。気付いてもそれはそれでOKといいそうな気配はある。

[][]#06 あるはずもないあの時の希望

 すべては過去にさやちゃん先生がユウと交わした約束がきっかけ。でも、当時のさやとほぼ同級生ぐらいに見えるユウが、今はマトと同級生ってのはどういうこったい。そもそも、さやが知っているユウは家族にひどい扱いを受けていて、別世界の子に痛みを引き受けてもらっていたなんだか内向的っぽい子。今のユウは、マトと一緒にバスケ部に入っちゃうようなアクティブな子。でも、さやとユウが知り合いってことは、今のユウは過去のユウからネガティブな部分抜いたものみたいな?
 ブラック★ロックシューターの中へ入ってしまったらしいマトは、ブラックゴールドソーをぶち倒す寸前。もしもブラックゴールドソーがやられたら、さやはユウのことをきれいさっぱり忘れ去ってしまうのだろうか。ストレングスの介入でブラックゴールドソーは危機一髪、さやは「ユウのことを助ける」って約束したのに助けられてしまって……うーん、なんじゃこりゃ。
 そういえば、デッドマスターがブラック★ロックシューターにやられてしまったことで、ヨミはマトへの執着を完全になくしてしまったみたい。メールも全削除していて、執着がないというか、生きているのに死んでいるかのような状態。カガリにも反応しなかったし、あれはヨミの姿をしているけれどヨミじゃないよね。
 全8話なので残り2話。マトもヨミもカガリもユウもさやちゃん先生も笑って最終回を迎えられるとは、到底思えない。ここから大逆転なら相当なカタルシスかもしれないけれど、すでに不愉快ベクトルMAX値近いぞ。

20120312

[][]銀魂' #250 お年玉は×ネタとの相性がバツグン

 まぁ玉だけに下ネタに行くけれど、マダオ空間だけホラーだよ、こえーよ、目が虚無だよ。

[][]#10 惨劇の幕開け

 異形五人衆とのバトル、清海のおっさんがまったく見事なまでのやられ役。「力比べを挑んでくるとは」ってもう絵に描いたような負けゼリフだし、弁丸と2人あわせて1人に勝てないというのは……。
 予告でもイジられてたけど、半蔵生きてたんだね。軽く存在を忘れてました。

[][]#10 先輩と僕らの。

 イチカと海人はもう完全にイチャコラモードで、柑菜の敗戦処理。哲朗はすでに美桜という逃げ場を得ているからずるく感じるが、もっとずるいのは哲朗が振られるとわかっていて柑菜にぶつけるために背中を押した美桜か。ナチュラルブラック檸檬先輩は局外者なので、必ず1人だけ溢れてしまうこの関係ってば。
 もちろん、イチカが宇宙人だろうが地球人だろうがかまわんわけですが、問題はイチカにも故郷があり家族がいるだろう、ということで、お姉ちゃんお迎えに来ちゃった。どうする、貴月イチカ。

[][]#10 繋いだ手だけが紡ぐもの

 巨大ノイズの空中からの攻撃に、陸戦タイプの響と翼だけでは対処不可能で、クリスの対空攻撃がいかされる。あっさりお手々繋いで仲良しモードになっちゃう響の才能。
 了子=フィーネは米軍と決裂。弦十郎は了子が裏でコソコソ動いているのを知ってて泳がせてるだけですよね。

[][]#09 つりつちのこしわすれえだ

 釣りをする気なんてゼロだったのに、あっさりやすなにのせられて釣り対決に持ち込まれるソーニャはなんだかんだと付き合いがいい。そして殺し屋はやすなレベル。

20120311

[][]#03 GT-02アニマル、出撃!

 エネトロンを奪われてピンチの病院を救うためにリュウジがタンクからエネトロン輸送。……リュウジ&ゴリサキ回みたいなサブタイトルなのに、サブっぽい役回りなんだけど。エンターはメサイア復活のために動いているものの、メサイアとの意思疎通はイマイチなところがある。

[][]#26 有・終・輪・舞

 プロムを放り出してでも仮面ライダー部に駆けつける隼と美羽がカッコイイ。卒業しても近くの大学に進学したから部活には顔を出せるって、それなんてげんしけん

[][]#06 チーム結成!スマイルプリキュア!!

 決めゼリフにノリノリのみゆきとやよい、冷めてるあかねとなお、冷静に分析するれいか。5だったらのぞみが「けってーい!」でうららがノリノリ、困惑しつつも受け入れるりんちゃん、あらあらうふふなこまちさんに、文句言いつつもOKなかれんさん、て感じ?スマイルチームはみゆき妄想毒電波にまだやられきっていないからな。
 2匹目のマスコットキャンディの兄のポップ。これまでマスコットといえば自身が変身アイテムか、アイテム供給役だったのに、変身して武器化するとか……。
 ジョーカーは使いどころの便利そうなキャラだし、なにより「ジョーカー」なので最後まで残っていそうな。

[][]#22 ビッグリング絶対防衛線

 ヴェイガンの指導者イゼルカントは地球人排除のために戦っていて、一方、フリットもヴェイガンを絶滅させる勢いで、似たもの同士ですな。連邦上層部の考えはよくわかってないけど。
 アセムとゼハートがいちゃいちゃと甘いバトルをしている中、フリットはヴェイガンのXラウンダー部隊を戦術で押し返したり、さらには自らAGE-1で出撃してデシルを追い払ったり、戦局を逆転させたり。もう、フリットがAGE-2に乗って戦えばいいんじゃないかな。
 このままだとアセムはフリット越えなんて無理無理。ゼハートもあんまりノリノリって感じがないし、なんか引き立て役でしかない。

[][]#23 残された選択肢

 またもカイトとギャモンのパズル対決。オルペウスの腕輪でパワーアップしたカイトがギャモンを圧倒しつつ、何とかギャモンを殺さないように立ち回っていたら腕輪が吹っ飛びましたとさ。パズル対決には勝利し、ギャモンも救い、腕輪の呪縛からも逃れたカイトに、ルーク絶叫。「僕のカイトぉぉぉ!!」とか、ほんとひくわ。
 ノノハがヒロインに返り咲ける確率が低すぎる。

[][]#311

 ちょうどこの日昌鹿野イベントがあって、公録の様子は18日放送。今度こそは神戸牛を食べたいヤングと、もう神戸牛には飽きた佐藤P。食い物の怨みは恐ろしいんやで。そういえば、遙か以前、イベント実施日の夜が聴取率調査の日で、みたいな話があったな。アレが米騒動のときか……あれから「聴取率」という単語、一切出なくなったな。ネット配信があると再生された実数がわかるから、調査の必要ないもんな。どれぐらいリスナーがいるのか、聞いてみたいんだけど。

[][]#09 中多紗江 前編 ウタガイ

 今回も中田譲治ナレーション中多紗江編。頼りない内気な後輩がどんどん成長していって、教官としての見せ場がなく、しかも美也のデマに乗せられて犬のお見合い会場に突撃してしまう純一。紗江ちゃんの気持ちが聞けて結果オーライ。次回は頼ってもらえるみたいで、変態紳士全開か。

20120310

[][]#10 日常の第十話

 ゆるしてヒヤシンス。ゆっこの無計画なボケにツッコみまくるみおの真骨頂とでもいうか、すでにゆっこはボケ終えているので回想なんだけど、テンポ良くボケ倒し、ツッコミ倒す。好きですこのエピソード。

[][]#09 タバサの戴冠

 ダブル使い魔になったサイトだが力を使いすぎると死ぬぞ。ババーンキャー。
 対立意識を捨てられないエルフと人間も、男女間の諍いは似たようなものというところから打ち解けたりして、お互い交流があればわかりあえるのかもしれない雰囲気。サイトがテファの使い魔になったことで、今までだったら素直になりきれなかったルイズもわりとサイトにダイレクトアタックしていたりして、可愛さはこれまでのシリーズの3倍増しだといえよう。君こそ正ヒロインだ。
 ああ、タバサって「シャルロット・エレーヌ・オルレアン」って名前だったのね、とか。

[][]#10 つきひフェニックス 其ノ參

 不死身の怪異と言われてすぐに思いつくのは吸血鬼の暦と忍。でも、本当に余弦と余接が狙っていたのは不死鳥の怪異、阿良々木月火。前半にサービスが多くてなんのこっちゃと思ったら、後半に急展開。
 余接は「僕はキメ顔でそう言った」っていうけど、作画では余弦の方がいつもキメ顔っぽい。

[][]#10 Y.H.混乱してらっしゃる?

 ミルキィホームズがようやくやる気を見せたところで、ブー太がまさかのイケメン&ボス化。G4も怪盗帝国も役に立たない中、あとはダメダメのトイズも通用しないミルキィホームズが最後の希望だ。森・アーティのせいでホームズが封じてきた悪人のトイズが解放されてしまったけれど、どういうラスボスになるんだろう。そして、姿を見せないアルセーヌ様、いまごろしわしわに……?

[][]#10 嵐の砲撃戦

 セレニティ王家との幽霊船探しバトル。「話し合えばわかる」というグリューエルの懇願にも動じない茉莉香の船長っぷりがイカス。艦隊戦もぐんぐんと面白くなってきて、第1話のスロースターターっぷりは何だったのかと。

[][]#08 隠岐諸島の巻

 ろうそく岩って島根県だったのか。普通に観光アニメとしてどっぷり見てる今日この頃。

20120309

[]J・エドガー(J. Edgar,2011)

 @なんばパークスシネマ シアター11
 FBI初代長官エドガー・フーバーを主役にした映画。どうもレオナルド・ディカプリオが好きすぎてひいき目評価だけれど、レオ様が出ている映画っていい作品が多いと思うの。でも、興収とはつながらないんよね。アビエイターとか大好きなんだけどな。
 フーバー同性愛者であったことをまったく隠さない作りで、アシスタントのトルソンとは完全にアレすぎるんですが、遺族がいないから文句が出ないのだろうか。

[][]#10 さらば手塚国光

 「さらば」っていうから引導渡しに来るのかと思ったら、むしろ「お前もっとやれるだろ」方向だった。手塚の才能が高すぎるがゆえの「現有夢現」ドンはまり。へたくそなら目で見て追うからかからんけれど、そのレベルのプレイヤーなら大和はあしらえるだろうからね。

[][]#10 機動六課のある休日(前編)

 平穏は嵐の前触れ。楽しい休日風景だと見せかけて、ヴィヴィオ登場ですよ!そういえば、最初はキャロとエリオが見つけるんでしたね。

[][]#09 男子高校生と兄と姉/男子高校生ドロップキック/男子高校生と夏の終わり/男子高校生メガネ/男子高校生生徒会の日常/男子高校生パンツ/男子高校生と配線/女子高生は異常「アークデーモン

 りんごちゃんパンツアークデーモン。見えそうで見えないレベルのパンチラ(見えてないからチラではない)はドキドキするかもしれないけど、見えてしまうと罪悪感(あるいは間違ってしまった感じ)というの、わかるよ副会長。
 いきなりヨシタケ姉とヒデノリ兄が付き合うとかわけのわかんない話もあった中で、今回も女子高生がぶっちぎり。羽原は本当にこの町を出た方がいいと思う。吐くほどトラウマな唐沢は何をされたんだろう……。

20120308

[][]#09 約束の日

 いよいよ双熾とコーヒーを飲む約束の日……なのに、いろいろありまして。ウルトラクイズとかやってるヒマがあったら、はやくお部屋に帰れよ!!と思ったけれど、これだけ余裕のある展開が出来るのもまたすごいことだな。しかも、中だるみするような中身じゃなくて、それぞれチームごとに見せ場もあって、キャラクター個性も出ていて、パーフェクトメニアック。蜻蛉まで来ちゃった!

[][]#09 ちょっとマイウェイ

 美羽の当番回。いまだに祐太のことを「おじさん」と呼び続けていて、かつ、姉の空よりもしっかりしたところばかり見せてきた美羽も、等身大小学生なところが……って回のハズなんだけど、やっぱりこの子は小学生離れしてる。デート慣れしているはずの仁村を手玉に取ってるし、楽しんではいるけれど、本人も言っているとおり「かわいそうには思われたくない」という意識、強いね。
 ちなみに、美羽と空のいまの最寄り駅は多摩都市モノレールの中央大学・明星大学。そこから立川へ出て中央線乗り換え、さらに山手線で池袋。通常運賃で890円、1ヶ月定期(中学生)が1万2870円。……これ、モノレールで多摩センター、そこから京王線とJR使うと運賃が680円、1ヶ月定期(中学生)が1万250円。時間はほとんど変わらないから、多摩センター経由の方がいい気がするんだけど、机上の空論?なにか要素を見落としている?そもそもがファンタジー

20120307

[][]#08 敵になったアミ

 「スレイブプレイヤーになったアミはアミじゃない」というような発想でバンが全力撃破。倒したけれども洗脳がとけないor今は退いておくパターンかと思ったら、ちゃんと回収されてました。カズヤも意外とあっさり帰ってくるかもしれんね。でも、そうなるとチーム編成がまたややこしく……。
 オタクロスみたいに生命力あるジジイになりたいもんです。

[][]#22 わたしと彼女と、少女の想い

 ローズの目的はあくまで市民の登録制制度の打破(未登録市民の救済)だったということで、その理想は立派なもの。でも、アシュレイにとってはそれはあくまで副次的なものだし、何より、そこまでたどり着くまでの犠牲が大きい。シルビアも、セリカも、そのために散ったなんて納得いかないよね。ソルティが全力で止めてくれて良かった。というかなんだ、飛べるようになっているし、ビーム砲は弾いちゃうし、無敵っすな。

[][]#23 Final message(最後のコトバ)

 アシュレイと対峙するロイのもとにローズとソルティが到着しての「パパ」が最高でした。アシュレイとの対決はロイがとどめを刺してしまったのでおしまい。ブラストフォールは人が宇宙から外に出ないようにと落とされた神の雷だったと……ただ、落としたのは管理コンピューターだったわけですが。エウノミア、エイレネ、ディケ(ソルティ)はいずれも人間管理するコンピュータだったはずなのに、ソルティだけが感情を持つに至ったのは、やっぱりロイの愛だと思うんだなぁ。(降りてきた時点ですでにわりとイノセントな状態だった気がするけど……)

[][]#24 これから<終>

 移民船落としで地上人類を一掃しようとするエイレネに戦いを挑むソルティ。以前のロイなら「好きにしろ」と言っていたかもしれないけれど、今度は全力で、それこそ見ていて見苦しいほどに止めていて、いい親子になれたなぁと。
 エピローグでの成長したみんなのビジュアルは初めて見たけれど、ローズさん短髪もいいね。
 最後は、移民船を止めたまま帰ってこなかったソルティをロイが迎えに行って、おしまい。割と駆け足になってしまって「感動!」ってほどの溜めがなかったのが残念ながら、ほんとソルティの無垢な可愛さはたまらないものが。でも、前半はほんと小動物みたいだったソルティが、中盤以降は精神的にも作画的にも成長してしまって、特に最終話でエイレネとの戦いに出る前はオトナな顔をしていて、ああ、いつまでも子どもじゃないんだな、とも。あの大人びた感じは、ちゃんと意図的なものなのだといいなぁ。

[][]#09 修行、はじめました!

 ライザーとのレーティングバトルに挑むための修行回。アーシアがあっさりと成功するのはわかっていたことだが、一誠はエロパワーで乗り切るのかよ!徹底してるな。その特訓で得た必殺技エロい方面で発揮される以外に使いどころなくないか。それはそれでOK。

20120306

[][]#09 Body paint -連鎖-

 松永さんが教室に残ったというテープを探しに行ったら、鳴ちゃんがかわいいリアクションを連発したのであった。意味はよく分からない。災厄を止める手段を聞く前にテープが、テープがぁぁぁ!!
 そしてその間に、夜見山を脱出しようとした綾野さんが落石→転落事故コンボ、小椋さんは引きこもりの兄貴が死亡と。毎話誰かが死んでいるのに、実はクラスメイト犠牲者数だけでみるとわずか4人。不条理な死だとはいえ、1月に1人ペースなら意外と少ない……って思っちゃうのはきっと感覚がマヒしてきているから。

[][]#10 あつしとホワイトデー

 小学生高学年男子がホワイトデーにお返しって、なかなかできないですよねというのが正味のところ。自分記憶では、そもそもバレンタインにチョコを配ったりするのもほとんどなくて、6年生のときだけ、クラスの女子が男子全員にチョコレートを配布したので、男子もないアタマ振り絞ってみんなでお返しした、って記憶がある。ほんと、あれほどもらって困るモノはない。

[][]#05 ブラック★ロックシューター

 ぶっ壊れてしまったヨミ、おや、マトのようすも……?サヤちゃん先生はヨミやマトを絶望のどん底にたたき落とすことで何かを得られるんだろうか、職業上のストレス解消ってだけなの?大人からの不条理暴力?そして実はキーなのはユウでしたという。みんなの記憶に残っていないって、記憶改竄……さては、ユウがこのクラスの死者だな!

20120305

[][]銀魂' #249 贈り物はお早めに

 外道丸と地獄露店めぐり。パンデモニウムさんを軽く振っておいて、オチにPDN48。

[][]#09 氷の素顔

 甚八が加わって十勇士が揃い、全員が上田に集まったと思ったらアナ裏切り。六郎ってもうちょっと強いかと思ってた。伊佐那海はショック受けてまた闇の力が出ちゃってるし。伊佐那海はイザナミだから闇の化身で、クシミタマはそれをおさえこんでるだけらしいですよ。
 それにしても、潰れた(潰した)六郎の目は戻せるの?特殊能力アレだけなのに。

[][]#09 せんぱい

 海人は檸檬に、イチカは柑菜に背中を押される形で、ようやく相思相愛カップルが結ばれたのでした。並のハーレムアニメなら、柑菜がここで負けたところでさほど悔しくもないのに、なんだろうねこのモヤモヤしたものは。あのとき、イチカが宇宙から降りてきた時点で海人は一目惚れしてたんだから、柑菜に勝ち目はなかったんだよなー。美桜から告白を受けている哲朗は、ここからどう動く?あの場所にいた時点で、やっぱり柑菜のことを一番気にしているのは間違いないんだけど。美桜も、どうする?んで、檸檬先輩は結局何者……。

[][]#09 防人の歌

 翼が響、未来デートしているあいだにクリスはとことんまで追い詰められていたりして。弦十郎は見た目のまま、裏表のない豪快な人なんだけど、それでもクリスは保護を求めては来ないのね。翼のコンサートに合わせたノイズ襲撃は響とクリスが組むような形で対処。もう素直になればいいのい……でも、来たら来たで、了子がいるんだけどね。(奏と響を書き間違えるというスイプリ的ミスを……)

[][]#08 はまりかなでりつきささり

 「はまり」パートが卑怯だ、吊したり、油入れたり、殴ったり。ソーニャのやすな腹パンは「で、ですよね……」と思いつつも笑えるから困る。腹パンといえばゆのっちだけど、適度なムカつき具合などもあって、やすなの腹パン適性はS級だと思うのだよ。

20120304

[][]#02 13年前の約束

 バスターズの3人は、13年前のメサイア暴走の際、将来を託してプログラムを宿された選ばれた戦士だったわけですな。戦隊モノは兄弟でもない限り年齢差を気にすることはないんだけれど、この3人はリュウジ28歳、ヒロム20歳、ヨーコ16歳とわりと離れ気味。ていうかリュウさん、28かよ!そらさん付けするで。
 転送速度は第1話はリアルタイムカウントダウンだったのに、第2話ではメタロイドをあっさり撃破したので途中スキップ。そこまで気にするほどの数字でもなかったか……。今後の演出で生かされることに期待。

[][]#25 卒・業・後・髪

 サザエさん時空を発生させる作品が多い中で、フォーゼでは仮面ライダー部長の美羽と隼が卒業を迎える。美羽のリーダーシップ、隼の操縦者としての役割は、まだまだ替えが効きそうにないんだけど。

[][]#05 美しき心!キュアビューティ!!

 5人目の戦士、キュアビューティ。今回のプリキュア勧誘はみんな一度断って、敵襲来からピンチでドーンの流れ。こうなると、キュアピースぐらいはノリノリで参入してきてもよかった気がしてくる。
 れいかさんのキャラがいまいち掴めてなかったけれど、団結の象徴的リーダーとしてのみゆきに対する、実権持ちのサブリーダーみたいな感じになるのか。

[][]#46 発見!野菜の王様オゾン草!

 今回のトリコ小松の信頼っぷりはさすがにホモめかしさが強いと思ったけれど、いかがか。

[][]#21 立ちはだかる幻影

 アセムが七光り全開でウルフ隊長にサポートしてもらってるようにしか見えず。そのマッドーナ工房のすごいシミュレーター連邦軍全体で使わなきゃダメなレベルだろ……。そしてロマリーはゼハートに思いを馳せて実況でビッチ呼ばわりされたり、オブライトさんはメガネメカニックと仲良くなって死亡フラグ立てたり。
 Xラウンダー適性がなければフリット並みに戦えないのなら、判定Dのアセムをガンダムに乗せ続ける意味はやっぱりないと思うの。そのうちイヤボーンで適性出てくるものなのか?
 ロマリーがゼハートのことを気にしたのが、親しい友人としてなのか、憧れとしてなのかは描かれてないんだけど、これ、ロマリーがヴェイガンに走って、アセム×アリーサもあるで!3世代目があると明言してしまうと、絶対にどのヒロインかとくっつかなければならないのがわかってしまうから、つまらんな……。

[][]#22 志を継ぐもの

 今回はジンバロンのお話。神の書をピタゴラス伯爵の手に渡さないため、外からジンが、内からバロンが動いて、ジン伯爵との戦いの末にあんなことになっていたというわけです。ジンは今やルークのもとでとらわれの身、伯爵はすでに死亡、って黒幕ルークかよ。えー、なんかデレないヤンだからやだな。

[][]#310

 ホワイトデーネタを過剰に拒否しておいてデレるヤング。鹿野さんが拗ねる素振りをしたのかどうか、甘やかしっぷりがすごかった。オチは飴をぶつけるになったけれど、仲良すぎ。
 そして、昌鹿野イベントの前週に放送されているにもかかわらず、イベント内容の告知とかは特になし。グッズは買うから!

20120303

[][]#09 日常の第九話

 ちゃんみお!笹原先輩とみさとが仲良くしているのを見かけてショックを受けたみおがどこまでも逃げ続ける、アニメ映えするこの話数、なぜここに挿入されたのか……。ようやく今回のアタマに笹原先輩が出てきたところで、みさとに至ってはまだほとんど出てないよ。メインからは外れてるし、みおが笹原に憧れているのさえわかっていれば面白いけど。
 なわとびは全員分見せて欲しいなぁ、などと。

[][]#08 逃亡の地下水道

 エルフ人間に対する差別感情は強く、エルフ評議会の決定によって2人はあやうく殺されそうになるが、ルクシャナたちの手引きで難を逃れる。一方のルイズアンリエッタに才人捜索を願い出るが、この件に関してはロマリア連合皇国が処理することが決まっていてトリステインは関与しないことを告げられ、独自に動き始める。
 再会できてよかったよかったなのだが、離れている間に才人はテファと使い魔契約果たしている=キスしているので、結局浮気をしたとキャーキャー言われることに。ルイズ嫉妬狂といわれることもあるけど、才人が据え膳に手を出しすぎだよね。

[][]#09 つきひフェニックス 其ノ貳

 影縫余弦、斧乃木余接との出会い。栄光塾に行きたい→忍野に用事→ただものであるはずがない。そういえば、最近の白石涼子女性役が多くて嬉しい限り。針原さん@それ町だけはよそに置いといて、あらしさん@夏のあらし!、加奈子@にゃんこい!ユリトワノクオンと、わりとツボってる。

[][]#09 有給ある?さぁ取得すべく2

 「ユージュアル・サスペクツ」原型がねえ!有休を取得した次子、平乃、咲の邪魔をすべくミルキィホームズをけしかける小衣ちゃんの図。ミルキィホームズが手柄を挙げたのって本当に久しぶり……偶然でも、トイズなしではダメダメのミルキィホームズにしてみれば奇跡的。

[][]#09 華麗なる船出

 グリューエルをヨット部員に迎え入れ、代返要員としてチアキを手配し、いざ「黄金の幽霊船」探しへ。
 そもそもお姫様がこうやって1人で海賊船に密航している時点で問題ながら、「王宮は何事もございません」が明らかに何事か起きてるのを示してるよねえ。

[][]#07 たららの巻

 吉田村は吉田くんの出身地。かずおもそろそろ食われるタイミングを把握してきたな。

20120302

[][]#09 進化と変化

 風船を鷲に割られないように逃げる「スポーツマン狩り」でみんなの才能が開花していく。石清水で風船を洗うとかいう姑息なことをしてるからあの高校生は1軍に上がれないんだ。しかし越前最強。

[][]#09 たいせつなこと

 スバルティアナフルボッコにした理由をなのはさんが説明する間もなく出撃してしまって、代わりにシャリオが説明してしまうのであった。なのはさんにも苦難の歴史あり。

[][]#08 男子高校生とモトハルの姉/男子高校生とミツオ君の悩み/男子高校生マンガ/男子高校生ベランダ/男子高校生コンビニ/男子高校生と塔/男子高校生とケーキ/男子高校生占い/男子高校生と100/女子高生は異常「ラーメン」「スカート

 誰かの姉や妹にいじられてばっかりの男子高校生たちも、いちおう色恋沙汰への憧れはあるんだなぁと。特にヒデノリって、全然そっちのイメージじゃなかったので。

20120301

[][]#08 お茶と距離

 素直になれない凜々蝶の魅力全開。「たかだかコーヒーに誘うだけ」で30分堪能できるという。これ1クールじゃないよね、2クールやってくれるよね。サブキャラまでじっくりやれば1年間でも……。この内容なら深夜じゃなくても余裕でイケる気がする。

[][]#08 ゆるしません!

 大家さんに1ヶ月での退去を命じられたけれど、大家さん(母)と仲良しで助かったでゴザル。コンビニの前でおばちゃんと再遭遇して、おばちゃんがひなのことを気にかけていたフリがあって、読める線では会ったけれど、大家さんもひなの可愛さにやられてるとか何ですのん。ひなだお!