Hatena::ブログ(Diary)

20130119

[][]#39 星を継ぐ者…<終>

 やっぱりサンマリ正義、はっきりわかんだね。
 ガーゴイルによってジャンの足場が崩されて転落死してしまうシーン、記憶の中では「ビターン!」って荒巻スカルチノフAAみたいな感じになってたのだが、実際に見ているとジャンの首がポッキリ折れててワロタ。このあっけなさ。生き返るとはいえ、主人公ですよこのメガネ。たぶん、倒れたネオの姿とごっちゃになってたんだろうなぁ。そのネオも、外装がはがれた後が相当グロかったですが。
 メインカップルであるジャンナデ、大人の関係を感じさせていたネモエレはともかく、 #13 走れ!マリーからのサンマリがこの最終回結婚で結実したのが嬉しくてたまらないのです。エーイコもあるよ!グランディス姐さんモテるのはぐうわかるので、お願いだからどこかで落ち着いてください。
 何度見直しても記憶の中で島編をいいように改変していて、実際放送されるとゲンナリの繰り返し。それでも、もし再放送があればまた1話から見るぐらい好き。

20130112

[][]#38 宇宙へ…

 たとえアトランティス人の技術であっても、バリアは一点突破すればパリンと割れるんだねえ。穴だらけになっていたN-ノーチラス号のバリアに燃える。
 ナディアも洗脳された状態で取り返せないまま最終回へ。3クールやってこの展開、今が本放送だったらどれだけ大荒れになるんだろうと今回も心配する。

20130105

[][]#37 ネオ皇帝

 N-ノーチラス号が決死の出撃で大多数のメンバーを置いていく中、いつの間にかフラグを立てていたエーコーさん(測的長)とイコリーナ、そしてサンソンとマリー。ピュアな気持ちで見ると、よく面倒を見ていたサンソンが残るエアトンにマリーを預けただけに見えるんだけれどね。「早く帰ってきてね〜」がいつものであって、いつものじゃないんです。

20121229

[][]#36 万能戦艦N-ノーチラス号

 N-ノーチラス号キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!本編で出る前にオープニングでネタバレしちゃってるけれど、ネモ船長、エレクトラさんら懐かしい顔ぶれも大復活。わかっていてもこの展開には心が躍る。

20121222

[][]#35 ブルー・ウォーターの秘密

 ヒロインが自殺するアニメとか勘弁していただきたい。序盤の、ただのワガママ姫だったナディアなら「いいさ飛べ飛べ」って思うところだけれど、この35話だけでもナディアの感情が溢れ出ていて、そんなこと思えなくなる。
 この時点で残りわずか4話。このシリーズ構成はすごい。

20121215

[][]#34 いとしのナディア

 出ましたミュージッククリップ回。庵野秀明が激怒してポケットマネーで描き直させたという話だけれど、直しきれてない部分や前話までのアレから察するに、見るに堪えないものだったのは間違いない。せっかくフラグを立てても自ら折ってしまうジャンくんはどうにかならんものか。

20121208

[][]#33 キング救助作戦

 キングの救出には成功したけれど、ナディアグランディスも恋には破れ……グランディスさんの場合、何焼けぼっくいに火ぃつけてんだって話なので、ここで過去との清算を済ませて良かったねとしよう。

20121201

[][]#32 ナディアの初恋…?

 島から脱出したら今度はアフリカ。今見てもナディアがハマハマを気に入った理由はよくわかんないけど、発明ばっかりに目が行ってナディアのことすら後回しになりがちなジャンに飽きてもしょうがない。そもそも、ノーチラス号には同年代がいなかったし、活発な男の子というのは目新しいからね。

20121124

[][]#30 地底の迷路〜#31 さらば、レッドノア

 壁に吸い込まれるナディアの服だけパサってジャンの残るのがたまらなくエロいんですが。戻ってきたときのために、ちゃんとナディアの服を洗濯して持ってきていたジャンは偉い。
 これで南の島からは脱出。「さらば、レッドノア」は2004年の再放送時には中越地震と重なったことで放送が飛ばされてしまって、今回も縦揺れは削られてましたね。つくづく地震や大事件と縁がある作品だ。

20121110

[][]#16 消えた大陸の秘密〜#29 キング対キング

 「島編はひどかった」というのはちゃんと記憶の中にあるのに、改めて見ると頭の中のイメージはある程度補正されているなぁと言うことに気付かされる。「ひどかった」にしても限度というものが……。
 ナディアはキレキレのワガママ娘だけれど、のちのちイメージで固められたナディア像より、十分にカワイイと思うんだ。

20120714

[][]#15 ノーチラス最大の危機

 ガーフィッシュを追撃中のノーチラスは新兵器の攻撃を受けて浮上せざるを得なくなるが、これ自体がガーゴイルの罠で、浮上地点にはアメリカ艦隊が待ち受けていたすでに、島でネモがネオアトラン兵を問答無用で撃ったところで、ノーチラスは戦争ごっこをしているわけではなく戦争をしているのだということは気付いていたはずだが、そこに追い打ちをかけるように、ジャン自らに「人殺しの船だ」と言わせてしまうコレ。
 フェイトさんって、わずか1話だけの活躍(?)なのにこれほどまで印象に残っているキャラクターって、すごいわ。

20120707

[][]#14 ディニクチスの谷

 マリーがかかった灼熱病の特効薬はリーフ64でなければ採ることができない。最初は行くのを渋るネモも、ナディアまで発症したとあっては向かわざるを得ない。それほど危険な病気の特効薬なら、常備しておいた方がいいと思いますが。

20120630

[][]#13 走れ!マリー

 誰も遊びの相手をしてくれなくて暇をもてあましたマリーは島の奥へ。そこでネオアトラン兵と出くわしてしまい、慌てて逃げる途中でサンソンと合流する。ナディアたちとグランディス一味が合流してから、サンソンとマリーが二人になったのはこれが初めて。これをきっかけとして、最後は結婚に至るのだから人はわからないものです。まぁなんか生きる波長が合ってるよね、この二人。サンソンも生き生きとしていて、トロッコのアクションもあり、前半では特に好きなエピソード