Hatena::ブログ(Diary)

20070331

[][]#25 FILE8「呪いの家」#4<終>

 綾子大活躍!! 集まっていた霊を片っ端からすべて浄霊してしまった。最強は林の言うとおりナルだったけど、今回の綾子の活躍は(今までの不遇もあったし)ほっと一安心だった。
 最初はしょーもないMMRだか学校の怪談みたいな話だなと思っていたんだけれど、もうFile2からは面白くてたまらなかった。特に血ぬられた迷宮は後味こそ悪かったが、ホラーとしては大成功。放送時間の遅さもあり、実況無しで静かに見るのはちょっと怖かった。

20070324

[][]#24 FILE8「呪いの家」#3

 家の人間が憑かれている原因はどうやら江戸時代の恨みにあり、家系が悪いのではなく地理の悪さにあることも判明。不運だな。
 亡霊たちの狙いはナルの中に封じられたもの。追いつめられての麻衣イヤボーン九字も不発で、助けてナル!

20070317

[][]#23 FILE8「呪いの家」#2

 綾子の真実、医者の娘なのに巫女。職業は自由だけど、なぜ巫女になったんだろう。能力はお世辞にも高いとはいえないし…。
 坊さんは怒っているが、あの状況では麻衣の九字以外に助けようはなかったな。この呪いの家には霊のついていない人など誰もいない。

20070310

[][]#22 FILE8「呪いの家」#1

 やっぱり失敗した綾子。ついに坊さんに巫女かどうか怪しまれる始末。今回はナルのせいで全滅の危機か。

20070303

[][]#21 FILE7「血ぬられた迷宮」#4

 浦戸はあまりに強くて除霊できず、このまま封印して朽ちるに任せるか、館に火を放って炎による浄化をするしかないということで主人が選んだのは炎による浄化だったと。解決したといえばしているけれど、浦戸に殺された犠牲者の数を考えると何とも言えぬ結末。結局浦戸は生に執着した亡霊ということだったのかな。協力者は一体なんなのか、とか謎を残したままだが…。
 あとは真砂子の麻衣に対するデレ化とか、林さん最強とか。

20070224

[][]#20 FILE7「血ぬられた迷宮」#3

 麻衣のいつもの夢か…リアルすぎるときつかろうな。浦戸→ヴラド、偽デイヴィス博士というあたりはある程度予測のついたところなのだが、病弱ですでに亡くなっている鉦幸氏が犯人ということはあり得ないのなら、一体誰が現代の浦戸だというのだろう。これ、一体犠牲者の数はどれぐらいになるんだろう。

20070217

[][]#19 FILE7「血ぬられた迷宮」#2

 迷宮は中の幽霊を逃がさないためのものなのか、何かを隠すためなのか…。横溝正史作品を読んでいるときのように、暗い血の臭いがしてくる気がする。背後に何かいるような感覚。こんなのを味わえるとは。
 麻衣を連れ去ったのが南氏にしか見えない…。足下の血溜まりといい、首の血の痕といい、麻衣のいつもの夢なのか現実なのかわからないが、鈴木さんと厚木さんの末路はなんとなく…。まさか麻衣が殺されはしないだろうと思うのだが、ちっとも安心できんね。
 こんなにも次回予告のプレビューがないことを恨む回もない。これがあるから最初から予告無いんだとしたら英断だよなぁ。ああ、来週が待ち遠しい。

20070210

[][]#18 FILE7「血ぬられた迷宮」#1

 いよいよホラーというか、ここまでしっかり積んできたのが発揮されそうな回。林さんの麻衣への態度がいつもにも増して冷たいような気がするが、伏線かいな。坊さんの散髪は関係なさそうだ。
 デービス博士についてきた人たち、霊に対する知識が徹底的に欠けているがただのマスコミ関係者とかではあるまいな。デービス博士もニセモノだったりして。

20070203

[][]#17 FILE6「禁じられた遊び」#4

 ナルにぬかりなし。人形は他の件でも使っていたよなぁそういえば。生徒全員に呪詛返しして人形がほとんどぶっ壊れてたってことは、もし松山に向かっていたらどうなっていたことやら…。
 いやいや、てっきり坂内君が犯人だと見せかけてメガネが犯人かと思ったよ。

20070127

[][]#16 FILE6「禁じられた遊び」#3

 麻衣の夢にナルはちゃんと狙って現れることができているのかいな。
 やはりオリキリ様の紙と偽られて広められていたのは呪符で、その結果学校に蟲毒が誕生。この蟲毒の完成と共に死ぬのは松山先生。

20070120

[][]#15 FILE6「禁じられた遊び」#2

 学校が幽霊の蟲毒*1となっているのか、邪悪な霊がだんだんと強大化している。少年の霊も飲み込まれてしまったようだけど、彼が原因だったのではないのか?

20070113

[][]#14 FILE6「禁じられた遊び」#1

 学校中でコックリさんが大流行し、坊さんいわく「霊の満員電車」。そういえば、自分はコックリさんってやったことないし、周辺で流行っていたのも見たこと無いな…。一度もやったことがないというのは少数派なのだろうか。
 どうやらEDのふわふわしたやつは今回の話に出てくる人魂の群れだったようだ。そんな意味があったとは。

20070106

[][]#13 FILE5「サイレント・クリスマス」#2

 麻衣は本当は憑かれてなくて、リンをからかっているんじゃないかと疑う瞬間が二度三度。
 お父さんと一緒の場所へ行けたってことで後味の悪さがマシだが、なんだかやりきれない話だ…。巫女さんが完全に空気。