Hatena::ブログ(Diary)

20130216

[][]#19 死の崖へつっ走れ

 ドイツの科学力は世界一ィィィ!だが、まだヤツには勝てない。カーズvsシュトロハイムカーズvsジョセフと見所のあるエピソードで、圧倒的な力を見せつつもあっさり真っ二つにされてしまうシュトロハイムさんがチャーミング。それだけにカーズの強さも際だっていい感じですけどね。でも、カーズ様ってこんなにも人間味あふれるキャラクターだったっけ、と思ったりもする。
 シーザーは最初の修行以降ほぼ空気になってるだけに、ここらで一つ、という気持ちにはなるでしょうよ。いけない、あの館にはまだ行ってはいけない……!

20130209

[][]#18 シュトロハイム隊の逆襲

 スージーQにとりついたエシディシを撃破。スージーQはマンガよりも可愛さがアップしていて、それだけにエシディシが取り憑いた間の奇行がひどいことになっとる。ここで一気にジョセフがスージーQとのフラグを立てていて、思わずにやにやしてしまう回でもあります。フラグということでいえば、ジョセフの立てたフラグって壮絶な死亡フラグなんだよなー、その分だけ他に降り掛かってくるのでやめていただきたい。

20130202

[][]#17 深く罠をはれ!

 先週のエンディング裏で修行シーンが流れていたから嫌な予感がしていたが、やっぱりロギンスさんがセリフもなく死んでるゥゥゥ!やってくれるじゃあないかッ!そして、今週はエシディシの「あァァァんまりだァァアァ」→スッキリという、マンガでも「!?」って感じのシーン、アニメだとギャグアニメレベルだった。いやいや、ベテランの腕ですね。
 カーズエシディシ、ワムウと3人も強敵がいる中でようやく1人倒したかと思って振り返ったときの、この衝撃といったら。

20130126

[][]#16 波紋教師リサリサ

 リサリサのもとでの特訓がスタート。リサリサ=田中敦子はイメージ通りなんだけれど、さすがに声は「50歳だが波紋の力によって20歳後半のような若々しい外見」に合わせたところまでは行かないねえ。エリナ役の川澄綾子もさすがにおばあちゃんには聞こえないので、声の張りとかは隠せないのだろうなと納得。石田彰の1人7役だっけ、あれがどんだけすごいのかって話ですね。
 ジョジョが柱を上り始める前にポージングしたところは笑わずにおれない。悪い意味ではなく、スタッフわかってるねと、首肯する方向で。

20130119

[][]#15 ヒーローの資格

 神砂嵐!
 スピードワゴンたちを逃がすためにあえて囮になりつつ、舌先三寸で逃げ切ろうとしたジョジョ。ワムウとの「だるまさんが転んだ」はちょっとほんとヤメテ。面白すぎるから。

20130112

[][]#14 太古から来た究極戦士

 ワムウ(大塚明夫)、エシディシ(藤原啓治)、カーズ(井上和彦)……ゲゲーッ!逃げるんだジョースターさん!こんなのが同時に3体も出てきたら勝てるわけがねえぜーッ!
 もうちょっと手加減した配役にしてもらえないものか、この先、第3部以降もアニメ化するつもりなのだろう?

20130105

[][]#10 ニューヨークのジョジョ〜JOJO vs. 究極生物

 解説役スピードワゴンが衰えたかと思ったらシュトロハイムが出てきたので何ともなかったぜ!それどころかW解説役にジョジョ(ジョセフ)自身の解説まで加わって説明ゼリフだらけだぜ!なんだこれ。杉田智和のジョセフは不思議とオリジナルなのに誰かのマネをしているようにしか聞こえなかったりするけど、これはジョナサンの興津和幸が予想よりもハマってたので、比較されて不利な面は否めない。

20121201

[][]#07 うけ継ぐ者〜#09 最後の波紋!

 ジョジョをかばってのツェペリさんの死から、ディオとの対決、そしてニューヨークに向かう船での最終決戦。普通の考えなら第1部で1クールきれいに終わらせようと考えてしまうが、作品に見合った長さでちょうどやりきったッー!
 原作を尊重したシリーズ構成なので文句の付け所も特になく、盛り上がるシーンは盛り上がるように作られていて、まさにアニメ化するだけの意義があったアニメ化だと言えるのでは。ほら、一部には「この声でイメージすればいいのかとわかっただけでよし」という作品もあるので……。ジョジョの場合、キャスティングにもとくに文句ないのがすばらしい。
 それにしても、新婚旅行途上で夫を失った上に見ず知らずの赤ん坊を抱えて海に投げ出されたエリナさんが不憫すぎませんかね。
 とりあえず第2部まではアニメ化されるという話を聞いてるけれど、第3部は単行本16冊分、2クールでは足りないよね。第1部は単行本5冊を9話で、第2部は単行本8冊を、おそらく15〜17話かけるペースでしょう?ひとまず第2部で放送を終えて、第3部以降は間隔を開けるとか?

20121110

[][]#04 波紋疾走〜#06 あしたの勇気

 毎回毎回、名言ばっかりじゃないか。スピードワゴンのツッコミ(解説)も、普通ならば鬱陶しいぐらいに解説しすぎだが、この作品には非常に合っているッ!ツェペリさんの凍らされた腕を溶かすスピードワゴンのとこは、わかりづらかったけどね!
 ポコの姉ちゃん(CV遠藤綾)が色っぽすぎて。

20121020

[][]#03 ディオとの青春

 相変わらずの名言揃いで、いちいち嬉しくなります。エンディング曲ナシで戦いを描いて、ジョナサンが勝利しながらもディオが実は生きていたという「見切りライン」の第3話としてはかなり気になるいい引き。次回からツェペリさん登場、そして波紋の戦いへ。
 単行本5冊分だから、だいたい1冊2〜3話で1クール行くんですね。この勢いを持って、なんとか第4部がアニメ化されないものでしょうか。

20121013

[][]#02 過去からの手紙

 あっという間に少年編が終わってジョジョが青年に。映画版のファントム・ブラッドはスピードワゴンすらも削ってしまうという大改変で、ある意味見てみたいのに映像ソフト化されていないという残念なアレですが、こちらはちゃんとスピードワゴン登場。スピードワゴンを出さないと第2部以降に影響が出てくるもんなぁ……削るのはダメでしょう。

20121006

[][]#01 侵略者ディオ

 原作の雰囲気をそのままに残したキャラクターデザインとストーリー、そして書き文字演出。ジョジョファンの多さとか考えると、成功するにはというよりも、ファンを満足させるためにはこの方向しかないだろうって作り方だと思う。個人的には絵はあくまで荒木飛呂彦を原案として、アニメ独自のものでもよかったのではないかと思うけど……。
 キャスト、興津和幸の声を思い出せる役がルスキニアぐらいしかなかったので若干不安だったが、わりとバッチリはまっていて、子安武人は言うに及ばず。ジョースター卿は菅原正志で渋いし、演技のほうはまったく文句ないです。むしろ、絵よりもこっちが不安だったので。
 第2部まではやることが決まっているというか、第1部って単行本3巻分だから1クール持たないよね。