Hatena::ブログ(Diary)

20120621

[][]#12 終わらないナツヤス

 ループであることに気付いてからの優香の調子乗りっぷりはやっぱり腹パンレベルだよ……。夏海もようやく紗季との別れに気持ちを切り替えることができて、看病したまま朝へ。
 4人がアイドルになれたかどうかはまた別のお話。たとえ今回のオーディションがダメでも、紗季は約束通り練習を重ねて、みんなのところへ来るだろうから、絆は永遠なのです。
 うーん、スフィアアニメ。実際人気がどうなのかわかんないけど、個人的にはアイドルポジション戸松遥豊崎愛生に対して、高垣彩陽寿美菜子はネタポジションにいての実力とのギャップが面白い感じ。高垣彩陽の声のクセって、わりと気付くし耳に残るんよね。ジャスミンデルトラクエスト以来好きな声。この声のせいで乃絵に偏っていたせいでtrue tearsでは泣かされたものよ……。
 これは続編は作らず、せいぜいオマケ1話レベルで終えて欲しい。

20120614

[][]#11 当たって砕けろ!東京シンデレラツアー

 ついにオーディションの当日、4人は意気込んで東京へ向かうが、いざ本番で優香ステップをミスしてしまう。東京観光をしながら、ずっとこうやって夏休みが続けば良いのにと願う4人。その夜、旅館で夏海が熱を出してしまう。そして目を覚ますと、またもオーディション当日の朝がやってきた。
 以後ループネタをやるごとにエンドレスエイトを思い出させるという意味で、もはや越えることのない8回ループには意義はあったんだなぁ。と、それは置いといて。豆腐メンタルのくせに、なんで優香ってこんなに調子に乗るんだろうね。ゆのっちよりも腹パンの似合う子だと思うの。紗季はほんと付き合いがいいなぁ……。
 このままループから抜けられずにバターになっちゃうエンドなわけもなく、紗季との別れも覚悟して前へ進むエンドやなこれは。

20120607

[][]#10 たいふうゆうれい、今日のオモイデ

 台風が近づいてきて4人は昔、幽霊に出会った日のことを思い出すが記憶に食い違いがある。そこで昔のことを思い出せるようにとお願いしてみると、過去の自分たちが現れてしまった。
 幽霊の正体が現在の4人というのはまぁわかりやすいんだけれど、あんだけ似ているのに昔の4人からツッコミがないのが不思議。で、過去の絆から改めて「アイドルを目指す」というテーマの原点回帰があって、一次審査通過、つまりあとはラストへ向けて寄り道ナシやね。

20120531

[][]#09 旅のソラのさきのさき

 民宿の風呂に御石様の親戚がいたため、紗季の姿が消えてしまう。そんな透明人間の紗季を連れた4人は、千春に連れられて島を案内してもらう。いつ願いが切れて姿が見えてしまうかもわからないのに裸で出て行った紗季の行動力というか無謀さというか……。
 紗季を受け入れてくれる土壌はある。これはもう転校待ったなし、最後はきれいにお別れするしかないよね。

20120524

[][]#08 ゆううつフォートリップス

 4人は紗季の引っ越し先となる八丈島へと向かう。その旅路で優香が船酔いしたり、到着早々に島の子どもに冷たくされたり。
 「東京っていっても島だから」のネタはアニメ板本スレでも誰かが言ってた気がするが、だから引っ越し準備がゆっくりなのだろうか。

20120517

[][]#07 雨にオネガイ

 のど自慢大会に出るためダンス練習をする4人。優香のクズっぷりがネロ@ミルキィホームズ並になってきました、願いで優勝するとかクズ発言すぎて。
 あいにく大会当日は雨になりそうだったが、てるてる坊主で雨晴らし。「4人でできる最後の思い出作り」と、そういえば紗季にとっては最後ですよね。凛子のお母さん、絶対いろいろ知ってるよねえ。今まで御石様にお願いが通じたのも凛子がキーのような気がするし。

20120510

[][]#06 夏海のダブルス

 母が不在の3日間、ちょうど練習試合前の夏海は大忙し。そんな夏海のために、優香は夏海が2人になるようにお願いをする。
 分裂!これ、どちらかがマスターでどちらかがコピーってわけではなく、両方ホンモノっぽくない?大丈夫?ざっくりと分裂ネタだけ楽しんでおけばいいんだけど、この作品はどうもツッコまなければいけない気がして……。せっかく2人になったのなら、夏海vs夏海で練習すればよかったのに。

20120503

[][]#05 夏風邪とクジラ

 凛子が夏風邪をひいて、続いて優香に感染。奇跡の無駄遣いは最後に回数不足を招くと時をかけた少女が申しております。みんなにクジラが見えたように感じられたのか、石が気を利かせて雲をクジラに変えたのかわからんが、なんて最終試験くじら。

20120426

[][]#04 ユカまっしぐら

 一度は紗季みたいになりたいという優香の願いが叶い、紗季と優香が入れ替わる。さらにゴタゴタの末、夏海と凛子も入れ替わってしまう。紗季の体を手に入れた優香はこれ幸いと、幼馴染みで紗季に好意を寄せている貴史とデートに赴く。
 奇跡の大安売り。「空を飛びたい」「2人がくっつく」「2人が入れ替わる」って、御石様はドタバタコメディが見たいと仰せだとしか思えません。優香豆腐メンタルのくせにすぐ調子に乗るんだから……。なぜかキスを止めたのは紗季じゃなくて凛子だったりして、百合アピールなのか何なのか。

20120419

[][]#03 下田ではトキドキ少女は空をとぶ

 4人が空を飛んでいるところを、夏海の弟・大樹の友人である祐介が目撃していた。そのことを大樹に聞かれた夏海はごまかすが、4人が魔女ではないかと疑う祐介は大樹とケンカになってしまう。その話を聞いた紗季は、転校する自分が魔女だったということで空を飛ぶところを見せてあげようとするが、御石様に願いが通じない。
 夏色キセキの残念なところは女の子たちのワイワイキャッキャな日常ものにもなりきれず、青春ものでもなく、「すこしふしぎ」でもなく、見ている側がどう見てたらいいのかわかんないところだと思う。エウレカセブンAOが、かなりシビアな舞台設定をしたことで一部のアレルギーを誘っていたりするけれど、こちらは無難にやっているはずなのに猛烈にアンチが沸いているのは、スフィア×下田という前提ありきでアニメを作っているように見えるからで、近ごろアニオタが最も過敏になっている「マーケティング臭」がプンプンしてるせいだよね。しかも、来週は戸松キャラ優香に好きな相手が、という、中の人とリンクするようなネタで、なぜわざわざ火をつけに来るのかと。
 これで最終話近くに「紗季の転校がなくなりますように」って願うのなら、それはもう、とんでもないことですよ。悪い方向で。

20120412

[][]#02 ココロかさねて

 優香と凛子の願いが通じて、体がくっついてしまった夏海と紗季。1話丸ごと使って4人が下田の町を追いかけっこ。絶交していた2人が再びチームワークを取り戻して仲直りするきっかけが必要だったわけなので、体がぴたっとくっついてしまった時点で展開は鉄板。もともとテニスでペアだったわけなので、息の合ったハードルジャンプを見せるところとか、そんな2人に体ごとダイブする凛子とか、にんまりする場面はあったものの、割と長いよね。
 空を飛んだのは本当のことだったみたいで、目撃者が。こちらも引っ張るような話題ではないので、次回のみで完結しそう。紗季の引っ越し準備からみると「もうじき引っ越す」じゃなくて今すぐにでも引っ越しそうなんだけど……。

20120405

[][]#01 11回目のナツヤス

 中学2年生の夏を迎えた少女たち、テニス少女の逢沢夏海(寿美菜子)、夏海のペアで水越紗季(高垣彩陽)、ムードメーカーの花木優香(戸松遥)、無口な環凛子(豊崎愛生)。紗季の転校が決まったことで、4人の関係はちょっと微妙な感じに。
 4人の思いが通じれば願いをかなえてくれる御石様パワーで空を飛んで1話がオチたけれど、どこを目指していくのかよくわからん。ここからアイドルを目指す「アイドルマスター XENOGLOSSIA」路線?あくまでアイドルは夢として転校までの青春物語の方が軸?そんなにもありがたい御石様に腰掛けたり寝そべったりしていてもいいのか優香