Hatena::ブログ(Diary)

20080402

[][]#13 その 新しいはじまりに…<新>

 アリシアさんがウンディーネを寿引退してゴンドラ観光協会の方へ行くことになり、アリアカンパニーとのお別れ。ずっと灯里視点の話が続いてきていたけれど、今回だけはアリシアさんのエピソードだと思った。
 ちゃんとシリーズの最終回に相応しく、灯里アリシアの後日談だけでなくこれまでに姿を見せたキャラクターたちについても追ってくれたのが丁寧で好感が持てた。いつか三大妖精に代わり、灯里たち3人が三大〜と呼ばれる日が来るんだろうか。そしてアイちゃん灯里のように素敵な日々を過ごしていくんだろうか。とても心がほんわかするエピローグだった。

まとめ

 今回の第3期放送のために「ARIA The ANIMATION」「ARIA The NATURAL」と追いついてきたのだが、それらをしっかり積み重ねてきた最後の1クールだった。灯里アクアに降り立ったように、視聴者も一緒にアクアに降りて、奇跡の日々を一緒に経験していくようでまったく飽きない作品アクアの美しい風景と、それを支える穏やかなBGM作品雰囲気作りを手伝っていた。癒し系アニメは数あれど、この作品はその頂点に近いところに位置づけられていいと思う。
 原作モノとしてこのクラス作品は希有なのではないだろうか。今後、マンガ原作アニメがぜひ見習って欲しい作品

20080326

[][]#12 その 蒼い海と風の中で…

 OPのあいだに回想という形で藍華プリマ昇格が描かれてしまった。アリスが1話かけて試験を(試験と知らされないまま)じっくりやったのに比べるとずいぶんあっさりだけれど、藍華の実力なら当然だろうしねえ。
 というわけで今回は灯里昇格試験アリス藍華と同じく、あれだけ経験を積んできたんだから当然といえば当然なんだけれど、今までに出会ってきた人たちや仲間たちが出てくる演出はゆったりとじんわりと心に染みた。
 いよいよシリーズ完結の最終回へ。

20080319

[][]#11 その 変わりゆく日々に…

 一人だけお先にプリマになったアリス三大妖精ではなくてもプリマといえば忙しいものだろうから、なかなか一緒に遊べなくなるのは仕方がないよね。アリシアさんたちも、後輩と一緒にいることは多いけれどプリマ同士でスケジュールを合わせるのは難しいようなことを言ってたものな。
 忙しい日々から解き放たれて弱気になったアリス灯里の「会うためのきっかけも特別な理由もいらない、アリスちゃんだけでいいんだよ」は効くね。恥ずかしい台詞禁止だけど。きっと、アリシアとアテナがプリマになったときの三大妖精もこんなことやってたんだろう。

20080312

[][]#10 その お月見の夜のときめきは…

 藍華とアルが井戸の中で語らう。マー社長の華麗な天丼ジャンプは笑った。着地がまた見事なんですよ。

20080305

[][]#09 その オレンジの風につつまれて…

 あまりに作品がゆったりしているから気にならないけれど、しっかりと時は流れていたようだ。アリスがミドルスクールを卒業してアテナさんとネオヴェネツィアをゆったり遊覧気分だと思ったら、プリマ試験でした。あの三人組のなかで、アリスが一番になるなんて…。

20080227

[][]#08 その 大切な人の記憶に…

 アテナの人騒がせなイタズラ。アリシアによれば昔からよくやっていたみたいだけれど、まぁなんと迷惑な。アリスにはちょっと可哀想だよなぁ。

20080220

[][]#07 その ゆるやかな時の中に…

 グランマのARIAカンパニー設立話。当時、姫屋のウンディーネだったグランマが社長と出会って会社を興したわけだが…じゃあ社長っていくつなんだろう…。

20080213

[][]#06 その 素敵な課外授業に…

 あのカフェでの様子を見ているとアリスならずとも黒アリシアだと思うよね。アリア社長のおつかいをニコニコと見守る様子に、さてはアリア社長をあっちこっち行かせてそれをニヤニヤ見守ってストレス解消しているのかと勘ぐってしまったし。ずっとあの態度でいられると何か黒い目論見があるのではないかと勘ぐりたくなる気持ちもわかる。でも、本当に一点の曇りもない澄んだ心の持ち主だったわけね。別に灯里をダメ育成して楽しんでいるわけではなくて。

20080206

[][]#05 その おもいでのクローバーは…

 ええ話や…だいたい、こういうエピソードはされた側はよく覚えているけれど、した側はまったく覚えていないものなんだよな。思わず恥ずかしいセリフも出ようってもんです。

20080130

[][]#04 その 明日を目指すものたちは…

 いつもの観光ゴンドラではなく、地元の渡し船トラゲットに挑戦する灯里プリマ試験にうまくいかないシングルの修行の場になっているけれど、トラゲットを目指すウンディーネもいるってか。

20080123

[][]#03 その こめられた想いは…

 確か、日の傾きによって場所移動をするカフェだったっけ。前は店内は描かれなかったけれど、豪華な内装になっていたんだなぁ。もったいないぐらいの書き込みだった。
 普通ならパティシエさんとのちょっとしたロマンスになりそうなんだけれど、ほんとARIAはぱやぱや世界だぜ

20080116

[][]#02 その 笑顔のお客さまは…

 シングルのゴンドラを選んでイヤミを言うような客もいそうだ。ネオ・ヴェネツィアの楽しみ方は一通りじゃなく、きっとウンディーネ一人一人違った紹介の仕方をしてくれるんだろうなぁ。それならいろんなゴンドラに乗り甲斐があるってものだ。

20080109

[][]#01 その やがて訪れる春の風に…

 このために第1期第2期を猛ペースで追いついておいてよかった。実況ではアリスの声が高いとかいう反応が結構多かったけれど、こないだまで見ていた感じからするとそれほど大きな変化ではないです。まー社長の体の色、あんなについてたかなぁ。
 安定したこの雰囲気、この時間帯、眠くなるけれどすごく心地良い。今期で新プリマ誕生するのかな。