Hatena::ブログ(Diary)

20120609

[][]#10 勇者と姫と希望の光

 巨大なマモノが登場して姫様とレオ様が……!と思ったら勇者様がさくっと助けてくれて、全裸で姫様を救出したぜ。ラストに最大の決戦を持ってくるような作品じゃないとはいえ、たった1話でスピード解決とは思わなんだわ。

20120602

[][]#09 グラナ砦攻防戦

 レオ様のいる武闘台に達したミルヒ、宝剣を持つ2人が対峙する中、武闘台は空へと浮かび上がっていく。
 運命を伝えられずに口ごもるレオ様と、そんなレオに心変わりなのかと問い詰めるミルヒ。うーん、この……レオ様が男だったら運命に引き裂かれる悲恋ですよ。王道すぎるか。

20120526

[][]#08 開戦の日

 宝剣所有者の死の運命を見据えた上で今回の戦争を仕掛けたレオ様、この世界の戦争の道義に反してまで宝剣を狙うが、ミルヒもそこは読み切っている。勇者たちがバカやってる間に、レオ様が一人で重い運命背負っちゃってる感が。

20120519

[][]#07 宣戦布告

 レオ様から互いの宝剣を賭けた戦争の宣戦布告という一大イベントがあったが、その前のシンクとミルヒの戯れがなんとも……フライングディスク追っかける姫様はどうみてもはしゃいでるペットです。薄い本は任せた。

20120512

[][]#06 星詠みの姫

 元の世界とフロニャルドでは時間の進み方が違うと説明してもいいほどの密度だったのに、シンクがフロニャルドにきてからここまでで数日。いやいやオイオイ。その順応力はなんなんだろう。そしてエクレールのヒロインっぷりがハンパない。

20120505

[][]#05 激闘!ミオン砦!

 レオ閣下憤怒の鉄拳制裁でシンクvsガウルに決着。コンサートに間に合わせるためにシンクは輝力を使って「勇者超特急」でミルヒを連れて帰り、無事、コンサートは開催されたのでした。
 ガウルとの戦闘は決着はつかなかったけれど、輝力の使い方のサンプルとしてお役立ち。

20120428

[][]#04 突撃!姫様奪還戦!!

 ガレット側に誘拐されたミルヒをミオン砦まで取り返しに行ったシンクとエクレール。そしてワイワイ。
 シンクvsガウルくん、なんかレオ閣下が出てきそうなので早くカタをつけたほうが。

20120421

[][]#03 帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!

 一度召喚した勇者はもう元の世界には帰れないという事実が判明して焦るミルヒ。なんとか携帯電話だけでも通じないかというシンクの願いに、リコッタが応える。
 ちゃんと事情を説明されて召喚に応じたわけではなく、着地点にゲートを開かれて否応なしに飛ばされてきたシンクだけに、その点はちょっとかわいそうだと思う。しかし、いきなりシンクからわけのわからない内容の電話がかかってきて、それが今生の別れかもしれないというのは酷。そう伝えるわけにもいかないし。わざわざ着信を見て正座して座り直しただけに、レベッカが報われる展開にはなって欲しいんですが。

20120414

[][]#02 はじめての戦!

 勇者シンクが初陣を迎える。この世界の戦争はあくまでスポーツ大会みたいなものなので、殺し合いではなくて侵攻を防ぐのが目的。シンクは親衛隊長のエクレールとともにビスコッティ側の戦線を押し戻すが、ガレット獅子団のレオンミシェリが自ら突入してきて乱戦に。
 中学1年生のくせにシンクのラッキースケベ反応が微妙なのは、エクレールの胸が残念だからか。レオ閣下の甲冑が砕けたときはすぐ赤面したのに。

20120407

[][]#01 勇者誕生!

 第2期がある以上、第1期を見ておかないと大変なことになる。「クイーンズブレイド リベリオン」はタイトルの付け方が変わったから新シリーズから見ても大丈夫だろうと思ったら、思いっきり前期からのキャラクター続投してたのでちょっと悩んでいるところ。
 勇者シンクが召喚に応じて(強制的ではあるが)フロニャルドにやって来たの巻。自分が宮野真守の声に期待するところと微妙にズレているらしく、シンクにあんまりピンと来ないのが不思議なところ。