Hatena::ブログ(Diary)

20081024

[][]OVA ヴェネツィアの光、心の闇/ファンタズマ

 「ヴェネツィアの光、心の闇」はジャン&リコのエピソード。義体たちにかかればマフィアたちなんぞ歯牙にもかからんのでお話としては心配になるポイントもなく、まるでゴルゴのようにいち早く狙撃ポイントまで移動してボートの3人を撃ち殺すリコに驚くのみ。リコを道具として扱うジャンだけれど、それでもリコの危機を見て海に飛び込む姿はちょっと見直した。
 「ファンタズマ」はジョゼ&ヘンリエッタ。妹・エンリカの着ていたセーラー服ヘンリエッタに着せてみるとか、ジャンさんのエッタ好き好き具合がちょっとキモいレベルに到達しています。そりゃ兄貴も心配するわ。でも、ヘンリエッタヘンリエッタで「ジョゼさんのためならなんでもするお!」なので、もう好きにイチャつくといいですよ。

20080326

[][]#13 そしてピノッキオは人間に<終>

 クリスティアーノ邸での最後の攻防。トリエラとピノッキオの戦いは熾烈を極めたが、この決めの戦いってOPカットと同じっていうのはあまりにももったいなくないかい。一度はリコに確保されたクリスティアーノの身柄はフランコフランカが奪還したが、アンジェリカの阻止行動で重傷を負ったフランカの運転ミスで車は崖下の海へ。義体なら大丈夫だろうが、普通の人間はアレには耐えられないだろう…。
 第1期との安直な比較意味がない。ストーリーはいいところを持ってきただけあってこちらが良かったが、演出のテンポがちょっと悪いのが気になった。なんかヘンリエッタよりトリエラの方が活躍してたなぁ。

20080319

[][]#11 芽生える感情

 拾われた子、ピノッキオ。人間味の少ないやつだったが潜伏生活がちょっとは影響を与えたのかもしれない。だが、仕事の前にその回想はよくない兆しだ。
 クリスティアーノ失脚阻止を図ったメッシーナ大橋実験橋爆破作戦だが、実験橋だからといってそう簡単にいくかな。

[][]#12 戦う人形

 自分を慕うピノッキオのために海外逃亡を決意するクリスティアーノだが決断がちょっと遅かったな。すでに屋敷には社会福祉公社の部隊が到着、そうかんたんに逃亡は許してもらえないぞ。

20080312

[][]#10 善意の花

 どこの男も女の子はクマのぬいぐるみが好きだと思ってるんだねぇ。護衛任務の傍ら、トリエラは特訓中。外見にだまされて…というのは確かにそうなんだよな。

20080305

[][]#08 クラエスの一日

 サブタイトル通り、クラエスの一日。クラエス視点で見ても、ヘンリエッタとジョゼはイチャイチャしすぎだろうよ。

[][]#09 賢い蛇 純真な鳩

 ジョゼに無視されてむくれていたヘンリエッタが、ドレスをほめられたところの可愛さといったら。一方、リコは嬉しそうにテロリストをボコボコにしてました、この子はやっぱり怖い。

20080220

[][]#07 カテリーナ 復讐の円環

 いつもの少女たちとは別の課がフランカの身柄を押さえるが、ピノッキオたちに襲撃されて全滅。フランカが父の仇を討つため戦っているように、彼らはかつて五共和国派によるテロで負傷していて、どこまでも復讐の連鎖が続いている。ほんと、やればやるほどに悲劇だ。

20080213

[][]#06 チベタンテリアの引退

 テロリストに夫を殺された理事長と、兄を警察に殺されたテロリスト・ニノ。理事長は夫の遺志=メッシーナ大橋の完成によって流される多くの血に意味があるのかと疑問を持っていて、ニノは兄を殺されたからと誰かに復讐してどうなるのかという思いがあるわけですな。「ジョゼさんの為にいっぱい殺すお!」とか言ってるのと対極の存在だ。

20080206

[][]#05 泡沫と追憶

 #4感想でちょっと持ち上げたらこれですよマルコーさんたら。それでも矢尾一樹声による印象のおかげか、アンジェリカの変化を諦めて受け入れているようにも聞こえる。
 エピソードはまるごと第1期#8のリメイクになっていたが、キャラクター設定が変わるとこうも受ける印象が変わるのかというのを実感させられた。1期アンジェリカの今にも壊れそうな危うさというのは消えてしまったけれど、みんなが腫れ物に触るのではなく接しているだけに最後(があるとしたら)はキツそう。

20080130

[][]#04 アンジェリカの復帰

 アンジェリカがほぼずっと赤面していて、マルコーべったりの可愛い子に仕上がっているのに、やっぱりアクションの動きや作画は低調。もったいないなぁ。
 1期のマルコーはもっとアンジェリカへ期待の裏返しのもどかしさをぶつけていて辛かったけれど、そういう部分は削れられていて、アンジェリカをかなり大事にしているのが伝わってくるキャラクターに変わっていた。だからか、作品も全体的に暗く背徳的な印象が拭われているんだな。あとはアクション作画なんかがサクサクと動けば2期の印象ももっと変わってくるんじゃないだろうか。

20080123

[][]#03 シミュラクラ

 トリエラvsピノッキオ。少女が巻き込まれたことにもあまり動揺を見せないピノッキオ、強敵だな。ヒルシャーさんが若返っているみたい。

20080116

[][]#02 ピノッキオ

 ピノッキオ登場編。オッサン殺し屋かと思ったら少年か。ちょうど公社の義体たちと対をなすような存在だな。

20080109

[][]#01 二人の距離 兄妹

 どこかで「アニメ第1期は原作初期の雰囲気を、アニメ第2期は最近の原作の雰囲気を再現している」「文句言ってるのは第1期だけ見て原作を知らない奴」というのを読んだが、それに違わず原作を知らず第1期だけ見た自分からすると声とキャラクターの変化が大きすぎて違和感がかなり大きい。ヒルシャーはもっと不器用で、ヘンリエッタは好意をそんな前面に押し出したキャラではなかったような。
 第1期は原作者のお気に召さなかったらしいのでこちらが原作者の理想像なんだろう。ただし、比較すると違和感があるというだけであって、別に話がつまらないわけではない…と思いたい。みなみけ→みなみけ〜おかわり〜と同じく、あと必要なのは慣れだけか。
 AA噴いた。


アニメ関西ローカル6065☆ガンスリ1
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/livewkwest/1199901474/888

[一期]   ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  私は… ジョゼさんのお役に立ちたかったんです
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

[二期]   ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ジョゼさんの為に敵をひとり殺したお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /