Hatena::ブログ(Diary)

20071228

[][]#13 きずな<終>

 そして10年後エンド。朱里と修輔や、後半出番を失った雛子らの出番があったのはよかったが、不完全燃焼な部分もあったな。
 菜々香は何も悪かったわけじゃないのになぁ…。桜庭は自分の娘が可愛いのなら、その秘密責任を持って墓まで持って行けよ。実はお前の娘は血が繋がってないんだぜと言われて、はいそうですかとそれまで通り接することのできる父親ばかりだと思うな。あまりにも菜々香が可哀想だ。
 10年越しで結ばれたリスカップル、幸せになれるんかなぁ。菜々香、母親にだけは似ないでくれ。
 この枠には驚かされることが多いが、この作品もなかなか。ガチ百合っ子に近親相姦にリスカ主人公ってなかなかないよね。しかし、せっかくのヒロインも思わせぶりに登場した先生はイマイチ生かし切れたようには見えず、惜しい部分が多かった。

20071221

[][]#12 赤い記憶

 麻緒衣ちゃんが空気を読んで佐菜と菜々香を二人っきりに。でもこの場合、お互いにトラウマ持ちだから一人監視役がついていった方がいいと思うんだ。それに、あのバーベキューセットとか持っていくんなら人数は多い方がいいと思うんだ…。

20071214

[][]#11 告白

 星野さんは佐菜にちょっかいをかけていたのではなくてガチ百合でしたああ!朱里は知っていて友達づきあいしてきたのか…すげえな。朱里と修輔は留学の日取りが来る前に駆け落ちしてしまったが、自転車で追いかける佐菜の演出はかなり感動モノだった。
 さてさて、次回はようやく菜々香の放火関連の話題にケリをつけるようだ。

20071207

[][]#10 桜のために

 怒濤のごとく黒展開かよ…アニメンジャーは最後のフロンティアだったのね。
 丘に生贄を捧げて孫を復活させようとするばあさん、やっぱり本気でやっていたんだ…小鳥、猫そして次は人間。朱里をかばった星野さんの出血量は尋常ではなかったぞ。まあ血が黒くて墨汁みたいだったけれど。
 朱里は修輔とホテルに行ったと悪い噂を流され、さらに星野さんの件で警察沙汰になって若月議員激怒。どう見てもあの双子デキてるんだよね。実際、男女の双子の近親相姦率は高いなんて話を耳にしたことがあるぞ。
 佐菜は血の付いた刃物でトラウマ再燃、こやつもか。
 もはやラブコメ展開は期待できないが、ラストが気になる。

20071130

[][]#09 がんばれ!アニメンジャー!

 菜々香と佐菜が仲直り。観覧車はやっぱり重要イベントだ、今期はシャナで池が主役になったしな。若月姉弟だけはちょっとシリアスな雰囲気、修輔と朱里でヘンなことにならなければいいけど。
 電波将軍の悪巧みはとても許せるものではない、Bパートだけ録画失敗なんて鬼だ!悪魔だ!がんばれアニメンジャー!
 菜々香のおじさんはあまりにも怪しすぎるのでこれで放火の犯人ってことはないよな…。おじさんが火事の中から菜々香を助けてくれたとかってところで、実際は菜々香が自分で火遊びしていたとか。だったら記憶が戻らない方が都合が良いという発言も納得がいく。一番納得がいくのはおじさんが犯人なんだけれど。

20071123

[][]#08 秘密のポスト

 タスケテタスケテタスケテ!あれだけ手紙を送るほど、菜々香は佐菜の助けが必要だったんだろうな。そりゃ、そんな大事な時にいなかったら怒るわ。ただ、佐菜だって家庭の事情があったわけで…。

20071116

[][]#07 先生キャラメル

 お次は星野さんのターン!あんな人気のない場所で抱き合っていたらいかな言い訳も通用しないぞ。菜々香が見ることは考えていなかっただろうけれど、計算していたとしたらおそろしい。ネコが行方不明になっている→ばあさんに謎の箱を埋めてくるよう言われた→箱の中身は……。
 キャラメルをくれるお姉さんが先生だったというのは何かのフリになるんだろうな。朱里は父の後妻らしい女性に敵意剥き出し。当然といや当然だわな。

20071109

[][]#06 オトナだよ

 いきなり家出してきた少女を泊めるのはエロゲ以外だと逮捕ですな。雛子の荷物を探ってみたり、来客時にプレイ途中のエロゲをそのままにしたりと佐菜さん自由すぎる。
 サプライズの誕生祝いはやられると嬉しいものだよね。そしてラストはキスで締めて綺麗に幕。やっぱり佐菜は逮捕されてくれ。

20071102

[][]#05 咲かない桜

 話が進めば進むほど菜々香はデレてきているのに佐菜とのフラグはへし折られていて、リスカは佐菜じゃなくて菜々香じゃないのかと思えてくる。
 老人ホーム訪問で、ばあさんに娘と誤解される菜々香。娘はすでに亡くなっているらしいので面影を見たということだが、イヤな予感がするよ。

20071026

[][]#04 コドモじゃないモン

 小学5年生・雛子が修輔にベタボレし、佐菜と一緒になんとか付き合いたい大作戦。修輔って子どもに好かれそうなタイプだよね。
 いくら佐菜が鈍感でも、小学5年生を家に上げて(しかもワンルームなのに)服脱ぐかね。脱ぐのやめても前のボタンとめないし…君何か狙ってませんか。PTAに言い訳不可能ってことはないですか。伊藤美紀が由美子ママ(桃華月憚)ぽい暴走っぷり。
 もちろん雛子は振られるわけだが、そうしたら佐菜とフラグ立つじゃないか。どうするんだ。予告はひぐらしチック。

20071019

[][]#03 クッキーと小石

 なぜ菜々香はあそこまで卑屈なんだろうか。自分もクッキー焼いてきたよと素直に出せばよかったのではないのか。星野さんになぜか引け目がある感じがする。鍵は佐菜との忘れられた過去にあるんだろうな。あの時計だって、きっとプレゼントしたものなのだろう。
 菜々香が魚を捌いているときに佐菜が血の付いた包丁を見て気分を悪くしていたが、あれはギャグなのではなくてトラウマなのだろうか。佐菜が時計を外さなかったのはリスカ痕を隠すためだったら素晴らしい鬱展開ですね。

20071012

[][]#02 大切なメロディー

 予告自重。確かにそろそろ視聴継続かどうか判断するラインなのだが、水着回といえば作画が落ちるのも定番なわけで、それはある種の賭けではなかろうか。
 お別れのメロディーが菜々香との仲を少し近づけたか。星野さんさえ出てこなければあの場で仲直りもあったかな?

20071005

[][]#01 なつかしい場所

 なんて豪華キャスト。第1話はまず巨乳・メガネ・金朋の麻緒衣のキャラ立てから。メインはなぜか主人公に忘れ去られている菜々香か。若月兄妹は噴くわー。
 話は地味っぽいけれど、これは安定して伸びそうな予感。あとEDが妙にエロいのですが?何かの罠ですか?