粕谷知世のクロニカ【記録】

作家・粕谷知世の記録です。
プロフィール(お問合せ先) ■著作リスト ■短篇・エッセイなど
[書く] [読む] [観る] [会う] [記録] [過去の記録一覧]
新作「終わり続ける世界のなかで」(新潮社) ●「NOVA8」(河出文庫)
●電子書籍 [Kindle] [Kinoppy] [Kobo] [Reader Store]

 | 

2017-04-23

SF大賞2017年

[]第37回日本SF大賞贈賞式

一年ぶりの更新となりました。申年は騒ぐというそうですが、去年は無闇に忙しかった年で、鬼軍曹にしごかれた感があります・・・。いずれ、小説に生かせればいいなあ。小説は、ここ数年、取り組んでいた異世界ファンタジー2作に区切りをつけ、日本史をテーマにした新しい話を書き始めました。

今もあれこれとバタバタなので、出られないかも、と心配したのですが、なんとかSF大賞の贈賞式と祝賀パーティに出席することができました。

・大賞「WOMBS(ウームズ)」白井弓子(小学館)

・特別賞「シン・ゴジラ」庵野秀明:総監督/樋口真嗣:監督/尾上克郎:准監督・特技統括(東宝)

ご受賞おめでとうございます。

わたしは「エンダーのゲーム」が好きなのですが、大賞の「WOMBS(ウームズ)」において、宇宙で戦闘するのは少年ではなく、妊婦。アイデアのすべてが妊娠中のあれこれ(つわりとか体重制限とか)ときっちりからんでいて、しかも、ハードな軍事もの。わたしも出産を体験しましたが、確かにあれは、未知との遭遇の連続、SFチックな生活でした。それをさらに、軍役生活になぞらえた着想はホントに凄いです。「スターシップ・トゥルーパーズ」や「アバター」が好きな方にもお勧めです。

シン・ゴジラ」は、とにかく、圧倒されて何度も観ました。非常事態にみんなで力を合わせて頑張るっていうシチュエーションには弱いです。今年の大河ドラマを見ながら、いけずな鶴丸くんが、いつ「ごめんなさい」を言ってくれるのか、つい期待してしまう。(いや、絶対、言わないと思うけど)

パーティでは、樋口監督にお会いできて感激して、一緒に写真を撮っていただいてしまいました。ミーハーして、すみません。

[]ひなのころ

単行本の「ひなのころ」が出版されたのは2006年、もう十年たったのですが、ありがたいことに、時々、国語の問題集や入試問題として採用していただいています。今回は神奈川県横浜市の私立中学校入試で使われました。入試問題への採用は公立私立合わせて、これで六回目。せっかく問題を送っていただいたので、子供と一緒に解答してみました。結果は・・・。難しいです(笑)

 | 

Copyright (C) 2004-2014 Chise KASUYA. All Rights Reserved.