Hatena::ブログ(Diary)

千歳飴日記

June-04-2017

いつかみのれば(願望)

ある日のツイッターでこんなツイートが目に入ってきまして。



これマジ?

可愛い女の子がガンダムやるとかこれマジ?

(※これのどこがガンダム?って人向けにちょっと解説すると、ゲーセンガンダムEXVSシリーズがプレイヤーの民度の低さから「ガンダム動物園」と揶揄されていることが元ネタ)


ってことで気になって単行本と今月号の百合姫を購入したので、西あすか「いつかみのれば」のご紹介。

百合姫買うとかいつ振りだろうか……。

このブログで検索かけたら2010年ごろはまだ買っていたような形跡が……。


女の子×格ゲーが題材というイロモノながら、ストーリーは割と王道。

主人公のみのるは、たまたま知り合った意識高い系ゲーマーの四条から格ゲーの才能を見出される。

ひょんな事から経験者のZTTと対決することになったみのるは、1ヶ月間ゲームの特訓をする中で四条やZTTそれぞれのゲームに対するスタンスに触れ、「格ゲーって何がおもしろいの?」という疑問に対して自分なりの答えを見つけていく。

……というのが大まかな話の流れ。


ゲーム描写や解説の細かさもさることながら、四条やZTTの「プレイヤーとしての心理描写」に真に迫るところがあって面白い。

四条はプロゲーマーになりたい女の子で、みのるにも「初心者への指導も業界の発展には重要だからね!」と指導する、ゲームの「競技性を重視する」タイプのプレイヤー。

でも現状は彼女の理想とするプロゲーマーとは程遠く、初心者のみのるをハメ殺したり、勝つことに執着して無自覚にみのるを追い詰めたり。

f:id:chitose-ame0624:20170529110523p:image

f:id:chitose-ame0624:20170529112825p:image


一方、ZTTは格ゲー音ゲーもやる、「ゲームって操作してるだけでそこそこ楽しい」という考えの「ゲームは楽しむのが一番」タイプのプレイヤー。

そんな彼女も勝負となると意地になって、負けると本気で悔しがったり。

f:id:chitose-ame0624:20170529112632p:image

f:id:chitose-ame0624:20170529113104p:image


そんな2人のプレイヤーの心情に共感できるところがあって、反省したり共感したり反省したり。

そんなゲーマーなら楽しめるであろう一作です。

次回からしばらくガンダム編っぽいので要チェックですわー。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chitose-ame0624/20170604/1496555105