Hatena::ブログ(Diary)

千歳飴日記

August-30-2017

えいがかんそうぶん「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」


打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を前情報なしで映画館に行って見てきたのでそのままの勢いでかんそうぶん。

ネタバレしかないので、まだ見てないこれから見に行くって人はゴーホーム。


とりあえずネタバレしない範囲で感想を書いておくと、ちょーアニメ映画らしいアニメ映画

個人的には絶対オススメの一本です。


久々に「続きを読む」してみる。










よはくいっぱい








とりあえず覚えている限りの感想を時系列順で箇条書き。


上映前


・チケットを買って入場が始まるまでロビーで待っている間に初めて予告編を見る。なにこれちょーおもしろそうなんですけど。

どう見てもヒロインがガハラさんだよね?


上映開始


・映画が始まってデカデカと表示される「シャフト」のロゴ。これ「シャフト」のアニメだったんですね。

・主役の二人のGレコ序盤の石井マーク並みの棒演技に驚愕する。これはういういしさとかみずみずしさとか、そんな言葉で表現できるレベルを越えてますね!

なずなって言ったら結崎さんでしょ(叛逆)(隙あらば推しマンガ)(乳首券で差をつけろ)



・風車とか送電塔のカットキレイだなー……自転車がCGなのはどうかと思うけど。この時点では実はこれが後々の伏線の絵作りになっているなど思いもよらない。

・プール掃除のシーンあたりでゆーすけの声優が宮野守であることに気付く。この映画での宮野の演技は終始すごく自然で大変良いものでした。それに引き換え以下略

・ん?なずなさん今なんでもって言ったよね?(言葉狩り

スクール水着のなずなの尻を見ながらなんとなく「これの作画監督は水着とか特に好きじゃないんだろうな……」と感じる。

・ゆーすけにモーションをかけて独占厨を抹殺していくなずなさん。これ表向きはノンケ向け映画だから多少はね?

・このあたりののりみちとゆーすけのやり取りが大変青春していて大変良い。男の子と女の子の映画なんだけど、男の子同士の人間関係が丁寧に描写されているとより主題が映える……のだと思う。ええ、スタンドバイミーとか大好きです。

・着替えのシーンでぼやがかかるのは大変アニメ的で良い。

・このあたりののりみちとなずなの会話のシーンで「ん?展開早くない?」と思った前情報なし勢。

・でもって玉を投げて時間が「もしも」の世界まで飛ぶシーンで「これループものかよ!!!!!」と驚愕する。なるほど展開早いわけだ。そしてこれまでの絵作りが風車だの自転車だのスクリンプラーだの「逆回り」するものばかりをフィーチャーしてループの伏線にしていたことに気付く。このあたりでこの映画やべえよやべえよ……という気分。


2ループ目


・のりみちがゆーすけを出し抜いてなずなと自転車で逃げていくシーンは大変アニメ的で良い。

・薄い壁一枚隔てたところで女の子が着替えているとかのりみちくん勃起やばそう。脳内HDに保存して脳内外付けHDにバックアップとってしばらくオカズに困らないよね。

・白いワンピースに着替えた後のなずなは(化粧とかの描写から見ても意図的にされているんだろうけど)作画に気合が入りまくっていて「ああ、作画監督さんがこういうの好きなんだろうな」と感じる。絵からストレートに言っておま○こくさそうなのが感じられてよい人間味が感じられてよい。削除した部分のほうが直観により近い。映画見ててずっと思ってた。

・ああ逃れられない!(カルマ

・このあたりから花火を横から見たら丸いのか平べったいのか、見ている自分も分からなくなってくる。


3ループ目


・電車の中でなずなが自分のことを語るシーンが安直だけどキャラの人間性の掘り下げになっていて良い。これまではのりみちが中心だったから男友達とのやりとりがメインで(だからこそ女の子であるなずなとのやりとりが映えるんだろうけど)なずなの印象が薄かったから、ここにこのシーンを持ってくるのはかなり効果的だと思う。

・ああーこの曲聞いたことあるー母親がカラオケで歌っていたやつー。

・「瑠璃色の地球」のライブシーンでずっと声を殺して笑っていた。こういうのが見たかったんだよ!

・そして畳み掛けるように電車に走って追いつくゆーすけに駅のホームから飛び降りて逃げて灯台から突き落とされる展開に笑いっぱなしになる。こういうのが以下略!


4ループ目


・隠れるためになずなを押し倒すラブコメ的王道展開にニヤニヤする。

・レールが切り替わる=展開が切り替わるの比喩表現がベッタベタで大変良い。表示のrightも一瞬でよく見えなかったけど「右」と「正しい」ってのをかけているのか?

・そしてたどり着いたのは見知った駅から広がる見知らない町。このあたりで「ああ、単純なハッピーエンドにはならないんやな……」と悟る。

・そして「たまやー!」されて割れるもしも玉。砕け散ったもしも玉はゆーすけに、のりみちに、なずなに「もしも」の世界を見せていく……つまりはここで見た幻影は現実には起こらないor起こらなかったのでしょうね、きっと。このあたりのシーンはきっと語りたがりのみなさんが解釈をまとめてくれるだろうから私はこれ以上言及しないことにします。


ループ後


余韻が大変良かった。これで主役の二人がプロの声優さんだったらもう一回劇場に行ってたのになー俺もなー。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chitose-ame0624/20170830/1504023348