真ん中 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011年07月31日(日)

[]ジェノサイド ジェノサイドを含むブックマーク

作者:高野和明角川書店

息子の難病の治療のため、イエーガー傭兵として戦場で金を稼いでいた。

アフリカで破格の値段のオペレーションに誘われるが、内容は秘密だった。

息子の治療費のため、イエーガー南アフリカに移動し、3人の傭兵たちと合流する。

ミッションは、治療法のない死病に感染しているピグミーの虐殺だった。

エボラ出血熱をはるかに上回る致死率で、潜伏期間が長く、感染者を殲滅するしかないというのがアメリカの結論。


一方、大学院で製薬を学ぶ研人は、父親の不慮の死で、不思議ソフトを手に入れる。

さらに父からのダイイングメッセージが届き、先天的遺伝子異常の子供の治療薬を作ることになる。

同時に、怪しげな連中が研人の周りに現れ、研人に託されたソフトパソコンを奪おうとする。

父は何で命を落としたのか、何故自分に製薬を託したのか?


そのころ、アフリカでは、新たな人類が誕生していた。


人類の歴史の転換点を描いた壮大なスケールミステリー

アフリカ内戦下のもと、4人対7万人という絶望的な状況を描いたアドベンチャー

さらに、父の遺志を継ぎ、薬を作るために、謎の組織に追われるサスペンス

正義の国のアメリカが、自国の利益のため、邪魔人間を第3国に送り、拷問で殺す現実

エンターテインメントの要素が満載の傑作。

結末もスッキリしている。これは面白かった。


ジェノサイド

ジェノサイド

4062143232
講談社 貴志祐介
購入: 7人 クリック: 445回

2011年07月30日(土)

[]雑なプレー 雑なプレーを含むブックマーク

ケーブルテレビに加入してから阪神試合を見る機会が増えた。

といっても、ずっと見ているわけではなく、チラ見程度だ。

今年はボールが変わり、打つ方が苦しんでいる。

セリーグヤクルトが首位だが、このまま突っ走るとは思えない。

野球が雑なところがある。これは広島横浜にも言える。

つまらないエラーや、凡ミスが多い。

から阪神巨人中日がいずれ浮上するかなと思っていた。

でも、最近試合を見ていると、この3チームもつまらないミスをしている。

今日阪神試合では小嶋。いいピッチングをしていたのに、スレッジの前の打者の四球

さらにストライクを取りに行ったボールホームラン。2つのボール台無し。無様だった。

真弓監督の親心が裏目に出たな。今シーズンのターニングポイントとなるかもしれない。

2011年07月29日(金)

[]世界水泳 世界水泳を含むブックマーク

金が取れないことに不満を思うのは、選手のレベルが上がっているからだろう。

それより、北島康介の額の後退具合が気になるし、キャップを取った時の頭は不思議な形をしている。

レポーターの松岡修三のピチピチすぎる白のスラックス何となく股間に目が吸い寄せられる。

2011年07月28日(木)

[]煙霞 煙霞を含むブックマーク

作者:黒川博行文春文庫

大阪私立高校非常勤講師として勤める熊谷は、正規採用を求め、理事長に談判しに行く。

同僚の音楽教師の菜穂子も同行することになった。

ところが、理事長誘拐事件に巻き込まれ、熊谷菜穂子誘拐犯に拉致される。

理事長不正を暴こうとする誘拐犯だったが、実は理事長の持つ金塊を狙う営利誘拐だった。

誘拐犯達の狙いを知った熊谷菜穂子は、逆に金塊を奪い取ろうとする。

犯人は強面で、綿密な計画を立てているが、どこか抜けているところもあり、コミカルだ。

この作家の作品は、ストーリーはしっかりしていて、面白い


煙霞 (文春文庫)

煙霞 (文春文庫)

2011年07月27日(水)

[]方角を得る 方角を得るを含むブックマーク

デザインの仕事をしていると、地図作成依頼が結構ある。

地図は北が上で、南が下という意識があり、そのように作るようにしている。

例えば、地図中に線路が書き込まれていて、右が至東京、左が至新宿になるのが当然だと思っていた。

ところが、最近のオーダーではそんなことをまったく考慮しないものが増えている。

目立つランドマークから見て、そこからどうやってたどり着くかを考えて作っている。

東西南北をあまり考えない地図作成には違和感はぬぐえないが、それがわかりやすいという人も多い。

そこにたどり着くのが目的なら、それは間違いではない。ケータイでもナビしてくれるソフトもある。

でも、目的の場所に行きつくだけの地図って、その周辺を知るのには役に立たない。

大阪と違い、東京の道は放射状に延びているから、方向はなかなかつかみにくい。

から、きちんとした地図地理をある程度把握する必要があるのだけど、不便に思わないのかな?

方角を取得すれば、大雑把な把握でもあまり迷うこともないのだけど。

2011年07月26日(火)

[]大阪弁は抜けない 大阪弁は抜けないを含むブックマーク

東京に移住して9年目だが、話し言葉イントネーション大阪弁のままだ。

仕事ではプレゼンをすることもあるが、一方的にしゃべっているだけだ。

注意する人もいないし、会議に出ても、自分の発言の意味が通じないことはない。

なので、オフィシャルでのやりとりに困ったことはない。


あとは、人づきあいが悪いと思われているからだろうな。

同僚に飲みに誘われても、安くて不味いチェーン店には付き合わない。

煙草を俺の前で吸うな」という上司飲み会には顔を出さない。

元々、仕事の延長で飲み会なだれ込むのは嫌だったし。


友人も、何かあった時に助けてくれる身内もいない東京だけど、寂しいとか思わない。

たまに大阪に戻って会うからいいのだと思っている。


確かに、東京に来てから人づきあいは悪くなったな。

挨拶など最低限のコミュニケーションはとっているけど。

考えてみたら100人以上職場にいるのに、大阪はおろか、関西出身も自分一人しかいない。

かといって、関西の人がいたからといって、その人と無条件で仲良くしたいとも思わない。

それでも相変わらず大阪弁でしゃべっているのは、単に日常会話が少ないからだろう。

2011年07月25日(月)

[]埋み火 埋み火を含むブックマーク

作者:日明恩双葉文庫

東京下町消防士活躍を描いたミステリで、「鎮火報」に続く第2弾。

雄大は190センチを超える長身で、身体能力に恵まれているが、消防士から早く足を洗いたいと思っている。

そんな彼が勤める所轄内で、老人が焼死する火事連続して発生する。

火の不始末が原因とみられるが、不思議な共通点があった。

延焼はしていないこと、付近の住民が不在だったこと、火の回りを助ける素材が近くにあったこと。

焼死した老人の家族関係が不幸だったことなどがわかり、自殺ではないかと雄大は考える。

死んだ老人が集まるサークルに出入りする不審な少年

火事が重なり、雄大はようやく少年を捕まえる。


謎は中盤以降に明かされ、ミステリ色は薄めの作品。

でも、老人たちの人間ドラマや、消防に関する豊富蘊蓄が披露され、面白い作品となっている。

また、キャラクターの造詣が上手さは、トップクラス作家だと思う。

もう少し短ければ、また、前作を読んでいなくても内容がわかる工夫があればもっとよかった。


埋み火 (双葉文庫)

埋み火 (双葉文庫)

2011年07月24日(日)

[]新宿歴史博物館 新宿歴史博物館を含むブックマーク

自宅の近くの新宿歴史博物館に行った。入場料は300円。

旧石器時代から縄文、弥生時代の説明があるが、これは新宿の歴史と関係ない。

歴史に出てくるのは北条氏がこの地を治めていたころからだが、資料はあまりない。

やはり、江戸時代になってからで、この地は内藤氏の屋敷があり、甲州街道のスタート地点だった。

f:id:chiyodaku:20110724115448j:image

明治維新後、首都となり、新宿の繁栄は今に続いている。

牛込神楽坂四谷市ヶ谷新宿高田馬場写真時系列に並べられている。

昭和初期の路面電車市井の民家などが再現され、展示されている。

明治の文豪の多くが新宿に住んでいたことも知った。

内田百輭や、夏目漱石坪内逍遥ラフカディオ・ハーン

客は自分以外誰もいないので、静謐な気持ちのいい時間を過ごすことが出来た。


文明の成立から、現代までというコンセプトのこの手の博物館って、日本中どこにでもある。

展示品の少なさから田舎博物館に負けていると思った。

でも、こういう中途半端な内容だから、人は少ないのだろう。

人が少ない博物館って、落ち着く。

2011年07月23日(土)

[]地デジ終了 地デジ終了を含むブックマーク

昨年、ケーブルテレビに加入し、ブラウン管のテレビで地デジの放送を見ている。

テレビはニュースが見れたらいいから、そんなに必要ないと思っていた。

でも、3.11の後は即時性はテレビに頼ることが多い。

今日も変な揺れ方をしていたが、テレビを見てすぐに状況が分かった。

そういう意味ではテレビはまだまだ必要だ。

ただ、ネットが追い付けば必要なくなるかな。

テレビで見たい番組はないし。

今日たまたまプロ野球オールスターゲームを少しだけ見た。

すると、ベースランニングで必死に走っているデブがいた。

横浜村田選手だった。この人、今年は全力疾走するって言っていたけど、オールスターでも実行している。

見直した。悪いイメージは全くなく、恰好よくないけど、カッコイイ!

横浜現在最下位だが、皆が全力疾走すれば、ファンは増えると思う。

金はかけなくてもできるファンサービスだし、子供にいい影響を与えるだろう。

2011年07月22日(金)

[]転生 転生を含むブックマーク

作者:篠田節子講談社文庫

中国政府から弾圧を受けるチベット舞台荒唐無稽ファンタジー

パンチェン・ラマ10世というダライラマに次ぐ地位の宗教指導者ミイラが蘇る話。

僧院土産物屋で手伝いをする少年のロプサンは、金色ミイラが動くのを見つける。

ミイラのラマは中国政府に対する激しい怒りを秘めていたが、欲望も隠そうとしない。

モモという餃子のような食べモノと女性に対しては本能のままに行動する。

ロプサンとラマは、サムドゥというトラックの運転者と出会い、行動範囲が広がっていく。

さらに、弾圧下のチベットで自由に生き、携帯電話を所有するサンポも仲間に加わる。

4人は、中国政府がチベットの山を核爆弾で破壊し、砂漠化した中国側に雨を降らす計画を知る。

チベット南部では水害に悩まされ、一見合理的な計画にも思えた。

だが、ラマはこの計画を阻止するため、核爆弾を奪取しようとする。

実際に行動するのはロプサン、サムドゥ、サンポの3人。


敵として中国人、テレビクルー日本人傍観者として描かれるが、ほとんどはチベット人による物語

最初金色ミイラが蘇り、都合が悪くなると姿を隠すところに戸惑いはあった。

でも、作中にある中国によるチベットへの弾圧を読むと、ミイラと3人に共感を覚えた。

捕まると死刑は免れないのに、ラマと行動する3人の冒険譚は面白かった。


転生 (講談社文庫)

転生 (講談社文庫)

2011年07月21日(木)

[]都心自転車邪魔 都心の自転車は邪魔を含むブックマーク

大阪と比べ、都心の中心部は歩道が狭く、坂が多い。

自転車で行動するのは向いていないと思う。

震災後、自転車通勤する人が増えたようだが、危なっかしく見える。

歩道を激走する奴は、歩行者と事故を起こした時に、賠償金が発生することを知らないのだろうか?

また、車道でも、明らかにニワカレーサーと見られる走りをしている奴がいる。

客を拾うタクシーと接触事故を起こしそうな危なっかしいところを見た。

必死に漕いでも、車にはおよばないのだから音楽を聞きながらというのは止めた方がいい。

東京都自転車都心にやってくる奴らの規制は考えておくべきだ。

まあ、路上勝手に止めることのできるスペースはほとんどないけど。

2011年07月20日(水)

[]怖い本9 怖い本9を含むブックマーク

作者:平山夢明ハルキホラー文庫

平山夢明は、東京伝説などのサイコホラーイメージが強いが、元々はデルモンテ平山という怪談作家

最近はこの「怖い本」シリーズで正統派の怪談提供している。

竹書房怪談シリーズで、新しい作家が出てくるようになったが、この作者は安定している。

37本の作品が収録されていて、クオリティは高い。

1話の「通夜の番」の死体に引き吊り込まれる描写。

第5話の「おとしまえ」の轢死体携帯撮影した後に訪れる怪異

第7話の「じざべる」の生き人形と過ごす時間と持ち主の狂気

12話の「闇滑り」では仕事熱心な映画監督墓地を移動させたことによる意外な祟り。

第21話の「遅刻」は同窓会の会場にたどり着けないテレビマンの因果

第34話の「回覧板」の怪我をした男性が深夜徘徊で見かける悪夢

でも、東京伝説が強烈過ぎて、少し物足りなさを感じてしまう。

東京伝説は置いておくとして、本作は上質な怪談集だ。


2011年07月19日(火)

[]渋谷に里帰り 渋谷に里帰りを含むブックマーク

作者:山本幸久新潮文庫

小学生のころ、渋谷に住んでいた稔は、パン屋を畳んだのをきっかけに父の実家引越しをする。

渋谷在住の住民が土地開発で減っていき、残る住民たちに、裏切り者扱いされたと稔は勝手に思い込んだ。

その後、大学就職した会社も東京にあるのに、渋谷に足を運ぶことはなかった。

国立大学を出て、食品会社就職した稔だが、そこそこのルックスなのに、覇気がなく、ダメ社員扱い。

先輩のやり手女子社員の坂岡が結婚退職することになり、稔は坂岡の担当エリア渋谷地区を引き継ぐことになる。

渋谷へのアレルギーを抱えたまま、坂岡と共に引き継ぎの営業に出かける稔。

坂岡の工夫を凝らした営業、小学校の同級生との再会により、稔に少しずつ変化があらわれはじめる。

先輩社員のおかげで、向かいの会社の屋上で素振りをするOLとも仲良くなる。


主人公の稔が作中で大きなことを成し遂げるわけではないが、気持ちの変化が面白い

仕事面白くない人や行き詰っている人にはおススメできる内容となっている。

また、渋谷の描写は細かいので、渋谷好きな人は一読の価値はあると思う。

大阪から移り住んだ自分は、渋谷の雑多さは結構好きだ。


渋谷に里帰り (新潮文庫)

渋谷に里帰り (新潮文庫)

2011年07月18日(月)

[]天使の眠り 天使の眠りを含むブックマーク

作者:岸田るり子徳間文庫

京都の医大に勤務する宗一は、部下の結婚式で、13年前の恋人一二三出会う。

彼女は美貌を失っておらず、同棲していたころと同じに見えたが、何となく雰囲気が違う。

理不尽な捨てられ方をした宗一は、昔の恋情が蘇り、彼女の周辺を探り始める。

すると、一二三は宗一と別れた後、資産家の老人、レントゲン技師と結婚をしていた。

だが、二人とも何者かに殺害されており、犯人は捕まっていなかった。

老人の資産相続し、レントゲン技師の生命保険を得た一二三は容疑をかけられるが、完璧アリバイがあった。

一二三は宗一と出会う前に、アイルランド人と結婚しており、由真という娘がいた。

由真一二三愛情を感じておらず、ベビーシッターの向井さんと過ごす時間が長かった。


この作品は、宗一と由真の視点で描かれ、徐々に一二三という女性の謎が暴かれていく。

非常に大がかりなトリックだが、破たんすることなく結末を迎える。

トリックとしては古典的なものだが、ストーリーに非常にマッチしていた。

久しぶりに面白いミステリを読んだ。


天使の眠り (徳間文庫)

天使の眠り (徳間文庫)

2011年07月17日(日)

[]ひゃくはち ひゃくはちを含むブックマーク

神奈川の強豪校の京浜高校の野球部員だった雅人は、新聞記者になった。

徳島への転勤辞令を受け、恋人の佐知子に「ついてきてほしい」と告げる。

すると、佐知子は付き合いはじめるずっと前の高校時代に出会っていたと言う。

戸惑う雅人は、過去記憶をたどっていく。

一般受験京浜高校野球部に入ったが、レベルの高さについていけない日々。

自宅から通えるのに、部員は全員、入寮が義務付けられていた。

回想シーンは、雅人が2年生の夏の県大会決勝から始まる。

雅人はベンチに入れず、スタンドから応援していた。

負けたことに悔しさはなく、先輩がいなくなり、自分たちの時代が始まると思う。

秋季大会に向け、ベンチ入りを目指す。

寮の仲間たちは、中学から野球で名をはせた選手ばかりだが、雅人は臆することない。

むしろ、喫煙飲酒合コンなど、積極的に彼らと参加していた。

その中に佐知子の面影を感じた女子校生はいなかった。

雅人は監督の叱られ役となり、相手チームの癖を見抜くことに長け、背番号をもらう。

秋季関東大会で優勝した京浜高校は、選抜の初戦で、大阪の強豪校と対戦する。

試合は劣勢で進むが、京浜は追いつき、延長戦突入する。


野球真剣に取り組むシーンと、普通高校生のようにハメを外すシーン。

それから、雅人のチームメイトが夏の予選前におかした失態。

仲間を取るか、甲子園をめざすかと悩む雅人。


ありきたりの青春小説とは少し毛色が違うが、これはリアルでいい。

仲間と再会するシーンはすっとぼけていながらも、感動的だ。


ひゃくはち (集英社文庫)

ひゃくはち (集英社文庫)

2011年07月16日(土)

[]鰻は店で食べたほうが美味い 鰻は店で食べたほうが美味いを含むブックマーク

昼間、新宿にいたが、カンカン照りで外を歩くのはきつかった。

日陰に入ると、少しマシなのだが、長時間外にはいられない。

何軒か店に入ったが、節電のせいか、照明が暗かった。

夕方、自宅の近くのスーパーで買い物をした。

鰻を食べようと思った。中国産の700円と、鹿児島の2千円で迷った。

でも、2千円の方を買った。買物をすませ、店を出ると、打ち水をしていた。

涼しく感じた。節電の影響もあるのかもしれない。

鰻を食べたが、味はそれなりで、やはり値が張っても、外で食べる方がいい。

2011年07月15日(金)

[]最初から言えよ 最初から言えよを含むブックマーク

自分WEBのデザインからプログラムまで仕事を請け負っている。

どちらかといえば、デザイン寄りの立場だ。

昨年から受けている仕事があり、最初はデザインのリニューアルだった。

そんなに難しくない仕事だったので、納品はすぐに済ませた。

ところが、プログラムをもう少し自動化してほしいという話が来た。

それもPHP自動化できるプログラムにした。

それでも、クライアントは「えっ、これだけですか」という。

何だか変だ。営業と一緒にクライアントのところに行くことにした。

すると、全面改定でお願いしていたとのこと。

その場で営業に「どういうことだ」とねじ込むわけにもいかない。

最初から全面改定という話で聞いていたら、こんな醜態はさらさなかった。

この案件最初は立ち会ったのだが、ゴールがいつの間にか変わっていた。

その後の営業の話を鵜呑みにした自分にも落ち度がある。

営業は「すぐにやらせます」とか言っていた。何だこいつ?

2011年07月14日(木)

[]魁皇 魁皇を含むブックマーク

通算勝ち星が1046勝となり、千代の富士を抜き、単独トップとなった。

若いころの彼は強かった。横綱になると思っていた。

でも、怪我やつまらない取りこぼしで、結局横綱にはなれなかった。

今後も年齢を考えると、横綱になることはないだろう。

同期の若貴や曙がいたころにもう少し頑張っていればと思う。

朝青竜や白鵬横綱に駆け上がっていくのに、大関互助会の一員として相撲を盛り上げなかった。

からファンではないが、今までに積み上げた白星に敬意は持ちたい。

他の大関千代大海琴光喜などは明らかに八百長をしていた。

横綱千代の富士八百長をしていた。

自分がファンだった北天佑琴錦八百長をしていた。

から気付いたことだけど、それも大相撲だと思っていた。

肝心なところで、ガチンコの一番があったから盛り上がったから何となく納得できた。


それが、身体の大きな外国人力士の台頭でおかしくなってきた。

彼らは演技が下手だった。彼らが本気でやれば、怪我人続出で興行が不可能になるだろうな。

八百長を無くすのなら、外国人力士を減らすか、開催日数を減らさないと問題は解決しない。

とりあえず、テーピングした手による張り手は禁止した方がいい。

2011年07月13日(水)

[]怪談実話FKB 饗宴 怪談実話FKB 饗宴を含むブックマーク

竹書房文庫

複数の怪談作家によるアンソロジーだが、アルファベット3文字のネーミングは安易だ。

F(不思議で)K(怖くて)B(不気味な)の略。

書き手はホラー作家で、それなりのクオリティはあるが、時間つぶしにしかならない。

黒史郎牧野修黒木あるじの怪談はオリジナリティを感じた。

でも、他の作家怪談は、2ちゃんねるの洒落怖のレベルにも及ばなかった。

巻末の平山夢明福澤徹三だけは、安定した内容だった。

怪談は雰囲気と流れが大事な要素だと思う。

そういう意味では、アンソロジー古典でなければ難しい。

2011年07月12日(火)

[]被災地球児 被災地の球児を含むブックマーク

夏の高校野球の予選が始まり、被災地球児たちの報道を目にする。

彼らはたぶん甲子園に行けない。ニュースにするのにはあまりにも安易だ。

彼らはまだ恵まれている。学校にも行けない高校生もいるはずだ。

テレビのニュースは、視聴者の想像の範囲を超える悲惨な状況は流さないだろうな。

視聴者をなめているというか、悲惨すぎるものは見たくないと勝手に判断しているように思える。

野球をやっている高校生なんて、野球を取れば、バカばかりで、立派な奴はいないと思う。

いつまでステレオタイプ球児として報道したいのだ?

仙台の強豪校の仙台育英部員震災後に問題を起こしたようだが、こっちもおとがめなし。

報道機関が雰囲気に流されるはあかん

2011年07月11日(月)

[]還るべき場所 還るべき場所を含むブックマーク

作者:笹本稜平|文春文庫

ヒマラヤのK2の未踏ルートに挑んだ翔平は、事故で恋人の聖美を失った。

その後、過去の想い出に逃避し、30を目前にしてフリーターに落ちぶれていた。

翔平の親友亮太は、トレッキングツアー主催する会社を設立し、翔平をガイドに誘う。

ツアーに申し込んだ起業家の神津と秘書竹原出会い亮太を助けることにした。

竹原大学時代山岳部所属し、K2で仲間を目の前で亡くしていた。

神津はカリスマ経営者で、還暦を過ぎてから山登りに興味を示し、竹原トレーニングに励む。

亮太ツアーに参加した神津はさらに高峰を目指し、リピーターとなる。

神津と竹原人間性に惹かれた翔平は、再びK2の登頂を目指すことにした。

だが、その直前のツアーで、様々なトラブルに巻き込まれ、翔平や神津は命の危機に直面する。


ハードボイルドサスペンスで読みごたえのある作品を発表している作者は、山を舞台にした作品が多い。

サスペンスなのだが、神津のチャレンジ精神、翔平の復活と読み応えのあるヒューマンドラマ

結構長編が多いのに、ハズレがほとんどない稀有な作家だ。

還るべき場所 (文春文庫)

還るべき場所 (文春文庫)

2011年07月10日(日)

[]知事の遺体 出棺前に まばたき三度(公務員に捧げる原発川柳 続編) 知事の遺体 出棺前に まばたき三度(公務員に捧げる原発川柳 続編)を含むブックマーク

公務員に捧げる原発川柳の続編。

面白くないのもあるが、全部転載


公務員に捧げる原発川柳ミンスの蝙蝠編)↓

私も被害者 コウモリ江田の 生き残り戦略

「励ましの メール電話が」 と本人談

計画停電 後出しジャンケンの 反対表明

日本未来 国民の安全よりも 議員でいたい

江田が お墓に『ひなん』 すればよかった

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/07/09 19:28



公務員に捧げる原発川柳22↓

小名浜港 福島ガツオ 待ちぼうけ

五割引 これがほんとの タタキ売り

東○社員の 頭と内臓 とってやりたい

食わんでいい 買ってくれれば カネをくれ (漁○)

食卓の 安全よりも 船のローン

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/07/09 17:47



公務員に捧げる原発川柳21↓

海開き 魚が浮かんで 出てきた日

潮干狩り 貝と戯れる 情弱家族

大丈夫ッス そのアサリは 北朝鮮

潮風に 乗った高濃度の 放射性物質

貝を手に はしゃぐ子鼻血 吹き倒る

放射能の海 ざんぶと飛び込み 安全性アピール

夏休み 今はもう誰も いない海

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/07/08 12:32



公務員に捧げる原発川柳20↓

針の筵(むしろ) 降りた社長の 笑顔かな

元社長 地球の裏に 新居探す

膿出して 残った膿の 居直り人事

10年後 それまでもってりゃ 大したもの

日本は滅ぶ イイヤマダムスも 言っている

茹でガエル みんなで茹だって 天国へゴー

3年後 あるだけましの 近未来予測

牛乳は こうやって飲むと 手本の先生

プルト飲め セシウム浴びろと 学校も意地

狂った学校に 子供通わす 狂った母

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/07/07 17:34



公務員に捧げる原発川柳(がんばれ!復○相編)↓

いつまでも 若いつもりの 不良大臣

オフレコな」 本人は冗談の つもりだった

騒動に 角矯められし 竜の顔

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/07/05 08:14



公務員に捧げる原発川柳(がんばれ!復○相編・改)↓

ちょいワルが 今は受けると 一人悦

夜明け 燎原の火に 龍蒼く

俺の頭 カツラじゃねえよと 一本抜く

流れ星 七夕待たずに 消ゆるらん

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/07/05 10:33



公務員に捧げる原発川柳19↓

ベトナムから ふくいちに吹く 神の風

原子炉ダイブ 代わりに土下座の 東○会長

テポ○ン来い 関○誇る 要塞原発

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/07/04 04:31



公務員に捧げる原発川柳18↓

汚れた土地 もう戻れない せめて仇(あだ)討ち

死んだ人々 もう帰らない せめて仇討ち

政○東○ もう許せない やっぱり仇討ち

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/07/04 00:55



公務員に捧げる原発川柳17↓

「二千円増しな」 居直り東○の 脅迫始まる

夏のボーナス 国家公務員に 最後の晩餐

巡査部長に 座椅子投げ警部 鮫の共食い

マルチピザ 放射能日本 行きたくないアルヨ

カウントダウン アナログ停波の チキンゲーム

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/07/03 18:08



公務員に捧げる原発川柳16↓

原発と 二世の契り 自民

船見捨て ボートに飛び乗る 自民の若手

船下りる 若手羨む 谷垣船長

嫌な時に 代表になったと 谷垣

野党でなきゃ 代表になれなかった 谷垣

谷垣佳子さんのご冥福をお祈りいたします(-人-))

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/07/02 19:36



公務員に捧げる原発川柳15↓

地獄で待つ 癌死の官僚 東電を呪う

警官の死 2ちゃんのスレ メシウマで埋まる

自○隊 駐屯地に出る 被災者幽霊

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/07/01 21:33



公務員に捧げる原発川柳14↓

国疑うなら 国民やめろと 先生キリッ!

汚染水 処理ビジネス で大賑わい

暴動の 怒りも腐らす ピカの毒

総選挙 国非事宣で 迎え撃つ (by 杞の国の民)

ただ座して 死を待つ二足の 羊かな

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/06/30 10:57



公務員に捧げる原発川柳13↓

公○員の 給料に化けた 義○金

死ぬ者に 金は不用と 菅○理

最高裁 結審の頃は みんな死んでる

て言うか〜 その頃日本が あるかどうか

放射能は 人の上下に 人を置かず

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/06/28 12:11



公務員に捧げる原発川柳12↓

推進派 獄にブチ込め メシは福○米

ネトウヨは 推進派兼 統○教会員

魚羊日月の 写真踏めなきゃ 統○教会員

魔女狩りだって? 話を逸らすな 推進派

水に沈めて 浮かんできたら 推進派

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/06/27 23:51



放射能 浴びながら通う 付属

卒業式 迎える前に お葬式

義務教育 終えた頃には 国も無く (以上再掲)

公務員に捧げる原発川柳・学校編↓

子を守れ かけ声虚しい 木霊(こだま)かな

どうせ俺は 長生きできぬと 餓鬼グレる

原発が くれた取れない 首飾り

牛乳飲めよ! 俺の職場が 無くなるだろ (給○センター職員)

先生に してみりゃ所詮 他人の子

この子達は わたしの命… じゃありません

子供らが どうなろと教職に しがみつく

金八は トキより前に 絶滅した

金八は 実は最初から いなかった

ネッシーや チュパカブラがいても 金八はいない

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/06/27 12:48



公務員に捧げる原発川柳11↓

トモダチの 国でもメルト 苦笑する

ジャップへの 非難が逸れる(?)と 胸撫でる

プルトニウム 出したのお前と 罵り合う

住民を 避難させただけ 日本よりまし

金も場所も 食料さえも 日本にはない

全マスが びっしり埋まった スライドパズル

泣くだけは 金かからぬと 佐藤知事

まだ生きてる? チラッと横目の 菅総理

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/06/26 20:04



公務員に捧げる原発川柳10↓

推進派 ○○○規制に 話を逸らす

推進派 あなたの隣の 怖い人

推進派 息をひそめる 危険な隣人

全人類 共通の敵 推進派

推進派 地球全ての 生命の敵

人間を とっくにやめてる 推進派

鳴かぬなら 頃してしまえ 推進派

いつまでも 待っても鳴かない 推進派

鳴いたけど やっぱり頃そう 推進派

推進派 吊るしておけば 間違いない

推進派に 墓はいらない ブタに食わせろ

推進派 地球の外へ 放り出せ

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/06/25 13:15



公務員に捧げる原発川柳9↓

子供らを 守ろうと子供を 盾に使う

本気で私を 守る気あるのと 先生に問う (児童A)

牛乳を 俺は飲んでる お前も飲め (児童B)

弁当を 持参の生徒を 集団いじめ

地獄への 道を手に手を 繋ぎ行く

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/06/24 01:35



公務員に捧げる原発川柳(都○事編・続)↓

五輪来い 放射能満つ 日本ニッポン)に

美濃部さんに 投げた言葉が ブーメラン

洪水は 我が亡き後にと 最後の狼藉

知事の遺体 出棺前に まばたき三度

虎は皮を 都知事は死んで 恥を残す

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/06/21 21:46



公務員に捧げる原発川柳8↓

漁再開 誰が食うんだ その魚

東電の 社員に食わせろ セシウム魚(ぎょ)

水産庁 役人の頭で スイカ割り

魚は粉に 魚粉はブタが ブタは人が

逃げた先 ゼロから始まる 二級市民

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/06/22 03:45


公務員に捧げる原発川柳7↓

まだ立ってる 4号機実は ホログラム

毒煙(どくけむり) 夜までこらえろ ダダ漏らし

見張ってる カメラに向かって なんだバカヤロー

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/06/19 11:35



公務員に捧げる原発川柳静岡県○事編)↓

静○茶 黒焦げ姿の おフランス帰り

カッペイタ 引くに引けない 大見得切り

カッペイタ 逆ギレあとの 急性鬱

カッペイタ 流れた汗に戻れと 念じる

カッペイタ 気の効く秘書が ロープを隠す

カッペイタ 睡眠薬も 秘書が隠す

カッペイタ 針の筵(むしろ)に あと2年

カッペイタ あの日に帰りたいのは 皆同じ

カッペイタ 朝(あした)の来ない 夜はない

カッペイタ ごめんよ俺も あんたに入れた



公務員に捧げる原発川柳6↓

一等地の 職員宿舎は ホットスポット

推進厨 首まで埋めて 石の的(まと)

エリートコース 1ミリシーベルトの 磐石人生

投稿 山田ひろし(雅号) | 2011/06/17 12:32

2011年07月09日(土)

[]苦い雨 苦い雨を含むブックマーク

作者:樋口有介中公文庫

零細業界誌の編集長の高梨は、かつて在籍した会社の総務部長がら呼び出される。

自分が会社を追われるきっかけとなった、ホステスを探してほしいとのこと。

手付金は多く、すぐに見つかるだろうと引き受けた。

だが、かつての会社は創業者派と銀行から派遣された役員たちの闘争が続いていた。

高梨は業界誌の仲間のつてを借り、ホステス行方を徐々に追い詰めていく。

すると、高梨の家族に不審な事故が起き始める。

依頼主の創業者派も銀行側も高梨の存在邪魔なようだ。

手を引いても何の損もしない高梨だが、ホステスの捜査を続行する。


90年代に書かれたハードボイルド作品で、少し時代を感じるが、内容は悪くない。

ホステス女性過去を探るのが最大のテーマで謎ときなのだが、この部分は面白い

ただ、やはりその時代に起きている問題を描いているので、古さは否めない。

インターネットもなく、携帯電話もないことがもどかしく思える。

これが昭和の昔の話なら、すんなり読めたのだろうけど。

90年代は今の感覚では古くなっていることに居心地の悪さを感じた。

苦い雨 (中公文庫)

苦い雨 (中公文庫)

2011年07月08日(金)

[]迷宮 迷宮を含むブックマーク

作者:清水義範集英社文庫

私は記憶をなくしているようで、医者の治療を受けている。

ある日、新たな治療ということで、ある犯罪記録を読むことを勧められる。

24歳のOLを殺害し、性器を切り取り、自宅の冷蔵庫に保管をして逮捕された大学生供述

読み終わったが何の感慨もなかった。

翌日は、その事件に関する週刊誌の記事のコピーを読まされる。

何の意味があるのだろうか?

次の日はこの事件に興味を持った落ち目作家の手記。

その次は、作家の取材記録を読む。

同じような記録を読まされた私は事件の関係者なのかと思い始める。

私はOLを殺害した大学生なのか?それとも落ち目作家なのか?


徐々に明らかになる事実どんでん返しはなかなかのものがあった。

でも、伏線を活かせきれず、中途半端な印象となり、そんなに面白くない。

迷宮 (集英社文庫)

迷宮 (集英社文庫)

2011年07月07日(木)

[]節電 節電を含むブックマーク

自分職場は電力15%の削減を要請されている。

照明を落とし、室温を上げているが、さらに対策を考えなければならない。

で、1週間の節電休暇を提案したが、経営者には却下された。

日の出勤禁止、週2回の定時退社日を設定することも却下

自分は7時半ごろにオフィスに入っているが、これは止めることにした。

これは自分だけなので、受け入れられた。

9時に出勤すればいいので、朝はゆっくりできる。

電車も思ったほど混んでいないので、当分はゆっくり出勤しよう。

すると、自分より早く出勤してきた人が、「鍵が開いていなかった」と文句を言う。

鍵は所定の場所に取りに行かなければならないのだが、結構面倒だ。

今まで自分が当たり前のように鍵を開けていたが、これからは早く来る人に任せる。

朝は1時間以上ゆっくりできるから、身体は楽だ。

節電を強いられている間はゆっくり出勤しよう。

終業時間も7時と自分で決めたので、勝手に帰ることにしている。

節電に協力する気はあまりないのだが、期間中は仕事スタイルを変えるつもりだ。

本音は節電にかこつけて楽しようと思っている。

2011年07月06日(水)

[]あの空の下で あの空の下でを含むブックマーク

作者:吉田修一集英社文庫

ANAの機内誌「翼の王国」に連載された短編集。

飛行機にまつわる短編小説と作者が訪れた外国に関するエッセーを収録。

短編面白い作家だが、飛行機というテーマに縛られ、短すぎるのがネック。

この作家多作だが、こういう面白くない作品も結構ある。

面白い作品とつまらない作品は、書店で手に取った時に大体分かる。

でも、つまらない作品でも、暇つぶしにはなる。

この作品も面白くないのがわかっていて、暇つぶしに読んだから腹は立たない。

まあ、今まで読んだ作品の中でも断トツのくだらなさだったけど。

あの空の下で (集英社文庫)

あの空の下で (集英社文庫)

2011年07月05日(火)

[]松本復興大臣 松本復興大臣を含むブックマーク

あんな偉そうな話し方をテレビで流されては、辞任も仕方が無い。

アンタッチャブルな出自も、部落差別のない東北では通用しなかったというところか。

民主党って、寄せ集めだという印象がさらに強くなった一件だった。

だからと言って、今のいびつな利権構造を作ってきた自民党は永遠に支持しない。

大阪にいるころは部落問題ってデリケートだったが、東京はもう存在しないように思う。

飲み屋で「えたひにん」という発言を堂々としているおっさんもいるし。

まあ、同じ日本人差別がなくなるのは良いことだと思う。

今でも、大阪の特定の地域は相変わらずだけど、土地ごとロンダリングすればいい。

金を渡せば、反対する人もいないだろう。

なかったことにすれば差別の解消にならないというのが、彼らの言い分だった。

その結果、同和利権が残り、知らなくてもいいことを知った人が増えただけ。

2011年07月04日(月)

[]逝年 逝年を含むブックマーク

作者:石田衣良集英社文庫

「娼年」の続編。

御堂静香スカウトにより、女性専用の娼夫となったリョウ。

女性達の素晴らしさに気付き、仕事に励んでいたが、オーナー静香逮捕される。

クラブは解散となるが、リョウは仲間たちと静香の出所までクラブを再建することにする。

相棒のアズマ、静香を密告したメグミ静香の娘の咲良と4人でクラブを再開。

かつての客は戻ってくるが、娼夫の数がたりない。

リョウはスカウト活動をして、女性だけど男性だと思い込んでいるアユムを仲間に引き入れる。

アユムの家族トラブルがあったが、静香を迎え入れるだけの準備はできた。

だが、静香はエイズを発症しており、長く生きることはできなかった。

リョウは普段の仕事をこなしながら、静香に寄り添うが、別れの時間は近づいていた。


リョウと静香純愛テーマだが、のめり込めなかった。

若いころに調子をこいてエイズになった中年女性に同情は感じない。

また、不法なことをやっているのに、罪の意識もないのは共感できない。

さらに、登場人物たちがいい店で、昼間から飲み食いしているのもダメ

登場人物に共感は全く覚えないが、この作家は心地よい読みやすさがある。

この作品は面白くなかったけど。


逝年 (集英社文庫)

逝年 (集英社文庫)

2011年07月03日(日)

[]不倫純愛 不倫純愛を含むブックマーク

作者:新堂冬樹新潮文庫

中堅出版社編集長を務める京介。

美しい妻がいるが、夜の生活はご無沙汰。

そんな彼に、若き天才作家の岡セイジの作品を手掛けるチャンスが訪れる。

岡セイジの女性秘書に心を奪われた京介は、セイジの目を盗み、肉体関係を持つ。

一方、岡セイジは、京介と秘書情事隠し撮りし、京介の妻に言いより始める。


久々に読んだ作品だが、まったく面白くなかった。

この作家の持つ、暗黒的な面白さは全くなくなっていた。

テレビに出たり、芸能プロダクションに手を染めた時点で、この作家は終わっていたのだな。

作者本人が以前に自分が描いたような転落人生になれば、少しは面白くなるかな?

以前なら、新堂冬樹小説は何でも読んだが、最近は期待外れの作品が多かった。

もういい。読むのは時間無駄だ。ネタが尽きたのだろうな。


不倫純愛

不倫純愛

2011年07月02日(土)

[]ブラック・ジャック・キッド ブラック・ジャック・キッドを含むブックマーク

作者:久保寺健彦新潮文庫

東京団地に住む和也は手塚治虫の漫画「ブラックジャック」が大好きだった。

顔の色を2色にするのは無理だけど、黒のコートを着て、髪型もまねて、小学校に通う。

当然、クラスメイトからは苛められるのだが、和也の心は折れない。

だが、両親が離婚し、転向を余儀なくされたところから、さらなる試練に直面する。

学校に行くのが辛くなった和也不思議少女出会い、励まされる。

さらに、本の好きな友人ができ、徐々に自分らしい生き方を見出す。


この作家異端少年を描くのが上手い。

大人になったその後をさらっと描くのも良い。

だが、この作品は既読のものと比べると感動は弱い。

この作品は日本ファンタジーノベル大賞優秀賞作だが、他の作品の方が感動的だ。

これより、「みなさんさようなら」の方が哀愁が漂っていて、泣ける。

まあ、これはこれで面白いのだけど。

ブラック・ジャック・キッド (新潮文庫)

ブラック・ジャック・キッド (新潮文庫)

2011年07月01日(金)

[]閉塞感 閉塞感を含むブックマーク

3月に大きな震災があったのに、消費税率はどうしても上げたい政府。

自民党でも、民主党でもどこが政権を担当しても、明るい未来を描くことができない。

消費税って、おかしな税だと思う。何か買うのに税金をとるのは納得できない。

所得税、住民税を払っているのに、まだ税金をとられる。

自分もそうだけど、サラリーマンって、普通給与明細を渡されるだけだ。

昔は給与明細なんて手元に残していなかったが、東京に転居してからは全部残している。

給料が上がった、ボーナスが増えたと喜んでみても、あくまで額面上の話。

それ以上に税金は増えているから、思ったほど手取り額は増えていない。

この上、消費税を増税するのなら、昇給分は相殺される。

普段の生活なら、トントンに持っていけるが、値の張るモノを買うとマイナスになる。

だんだんと消費意欲は鈍っていく。せめて食料品は分けてほしい。

国会運営を見ると、日本未来は暗いことしか感じない。

年金不透明だし、金は手元に置いておかないといけない。

こんな状況で、消費税を上げるのは間違っている。

議員年金を廃止するとか、立案者の痛みを伴うのなら考えても良い。

仕事を真面目にやってきて、ごく普通収入でやりくりしている人を狙い撃ちにしているようだ。

中産階級をおとしめる政策だな。