Hatena::ブログ(Diary)

from A to K

2018-08-04

【ゲーム】セガのMJシリーズで2年ぶりの夏の咲-Saki-CUP開催!

セガMJシリーズ恒例の「咲-Saki-CUP」が
アプリでは08/03(金)より、アーケードでは08/06(月)よりそれぞれ開催されます。

アプリの現在のステータスです。



アプリの四麻は赤幻球まで上がりました。三麻も十段で上級段位まで届きそうです。

アプリのほうのMJチップに不安がありますが、前回のSPRINTCUPで1,300G戻せる予定なので
問題はなさそうです。
今回は予選B東風と決勝三麻アバター報酬があるそうなので頑張っていきたいです。

2018-06-27

ブログ5周年ですが、大阪北部地震の直撃などもあるので近況を。


しばらくご無沙汰してましたが、ブログのネタがあまりなかっただけです。
その間荒川さん未登場のまま咲日和完結で、咲日和ロスみたいなことで書けなかった可能性はありますね。
実はニワカな小走さんも出ていないんですね(晩成としては初瀬が出ている)

本日は荒川さんの誕生日であり、ブログの5周年になりますが、


先日の06/18 07:58に起きた大阪北部の地震震度6弱)に遭い、被災者の立場になってしまいました。
仕事場で地震に遭い、自宅に帰ると部屋がぐちゃぐちゃになっていましたが、自宅は無事でしたし、自宅を含めた周辺には目立った被害もなかった(※ただ、火事や水道管破裂の現場は自転車で数分圏内だったりする)のですが、ガスがしばらく使用できなくなったのと、仕事先も被災したために一部機能が使えなくなり、その分仕事量が増えてしまったので余計に仕事に時間をとられてしまっています。

震央の場所が三箇牧地区、という話もあります。

緊急地震速報もあまりの近さに間に合わなかったです。

この3ヶ月の地震以外のトピックス。

今年の5月の連休は天王寺駅前の歩道橋(怜3巻のカバー)を撮影していました。


RPG系のソシャゲを1つくらいはプレイしようと考えてたので、昨年末から「きららファンタジア」をプレイしています。



Fate/GrandOrder」などもっと有名ものもありますが、オリジナルなキャラクターを覚えないといけないのが面倒くさい一方、「きららファンタジア」なら芳文社作品でアニメ化された登場人物を知っていればプレイできるのでとっつきやすいのが理由です。

芳文社アニメの一つ「Aチャンネル」はアニメ(2011/04)の製作もStudio五組で、声優も「咲-Saki-」出演者(Aチャンネル以降の阿知賀編、全国編含む)がかなり占めております。



更新頻度は減ってしまいましたが今後ともよろしくお願いします。

2018-03-03

【SS】園城寺怜が「千里山特別」を予想してみた2018

夕方の部室にて。

怜「竜華ー」

竜華「どないしたん?膝枕ならいつでもええで」

怜「そんなんちゃう」

竜華「なんや?」

怜「監督(雅枝さん)から明日の競馬の予想たのまれてん」

竜華「競馬って20歳からやるもんやろ?うちまだ3年早いで」

怜「監督から言うには予想だけやし、実際買うのは監督なんかやから、と」

竜華「一巡先が読めるからってギャンブルに怜を使うんかいな…。」

怜「麻雀もギャンブルやって(ツッコミ)」

セーラが帰ってくる

セーラ「怜ー、コンビニで例のスポーツ新聞買うてきたでー」

怜「大阪スポーツやね、とりあえず明日阪神競馬の第9レースやって」

竜華「明日の9R…、あ、千里山特別や、うちといっしょやん」

セーラ「千里山だけにうちらに予想せいってか…。」

怜「9頭立てやから寂しいなー」

浩子「怜、このレースのデータ調べてきたで」

怜「ふむふむ、麻雀とは趣違うけどギャンブルはギャンブルやな。麻雀しながら考えるわ」

4人で麻雀

怜「リーチ一発ツモドラ3、3000-6000やで。」

セーラ「親被りやんかー」

怜「ついでに競馬も見えた」

竜華「じゃあ、お願い」

怜「テリトーリアルが抜け出して1着という未来が」

雅枝「怜、千里山特別決まったようやなー。」

セーラ「テリトーリアルが勝つって」

雅枝「2,3着もお願いするで。9頭だからダブルもトリプルもいけるやろ」

怜「えー、さすがにしんどいわ」

再び麻雀しながら怜の能力を引き出す。

怜「うー、さすがにトリプルは体に堪えるわ…。まずはスティッフェリオの2着」

雅枝「ふむ」

怜「ブレもあるから3着候補は2頭。3着はモンドシャルナかレッドイグニスやろうなぁ…。」

雅枝「んじゃ明日の昼に梅田行くから3連単2点を各300円ずつ買うてくるわー。」

竜華「つまり3連単で08→04→01,02ということで」

怜「でもこれで監督さんが大儲けしたらまた頼まれそうで心配やな…。さすがに死んでしまうで」

竜華「怜、そんなときはうちの膝枕使うてあげるから心配せーへんで」

怜「それなら竜華の膝の上で死んでもいいわ」

竜華「それだけはやめてーなー」


補足

怜の予想自体は自分の予想をベースに決めましたが、これでも先週(02/25)の中山記念で3連単415倍をわずか3点で当てましたので勢い自体はあります。

2018-02-25

【悲報】咲日和完結

咲日和ですが、7巻での完結が確定したそうです。
まだ出ていないキャラクターがいるのに残念ですね。
PS Vitaの咲全国編Plus登場キャラでは小走やえ(晩成は初瀬のみ出ている)と荒川憩が未登場。
ちなみにちゃちゃのん(佐々野いちご)や南浦さんはおまけで登場してます。
逆にゲーム未登場の劒谷勢があったりしますが。





ブログによるとネタ切れで自分から終えるとのことで。
今後も咲関連には関わるそうです。

今後復活があればいいですね。

2018-01-27

【実写】劇場版「咲-Saki-阿知賀編」を見てきました #咲実写

【実写】咲-Saki-阿知賀編を見てきました #咲実写

公開当日の朝一番の回に梅田ブルク7で咲-Saki-阿知賀編の映画を見てきました。
(舞台挨拶の回ははムビチケ使えず断念)

以前に買ったムビチケを使ってチケットを発行。
f:id:chocotto36:20180127083100j:image:w640



今回もポプ麻。(置いてあるのがコカコーラでなくペプシコーラだったのでペプシNEX)


最初はオリジナルな展開でした。
でもちゃんと原作にリスペクトしたシーンがあり、該当のコマを思い浮かべたりしてました。

阿知賀勢はドラマでも映画でも阿知賀になりきっていましたね。

全国の1回戦〜準決勝までとかなり長いのですが、ポイントとなるシーンは抑えていたため
よくここまで内容を詰め込めたな、と感心。

アニメの煌さんはテンション高め「すばら」に対し、実写での煌さんはやや落ち着いた「すばら」でしたが、これはこれでアリですねー。

前作で咲を演じた浜辺美波が阿知賀編では照として登場。全く違う立場であった役柄もいいですねー。

セーラと憧の対局後のやりとりや亦野が淡のほっぺたを引っ張るシーンも再現。

リザベーションのキーCGは作者HPのデータから取り込んだのでしょうか?

顧問の赤土さんが三色模様のスタイルでしたが、
よく考えれば灼はアニメオリジナルでタンヤオ三色崩れの1300-2600をツモっていましたね。

2回戦の劒谷や越谷女子のメンバーも出演者として出ていましたが、越谷女子の副将(宇津木玉子)を演じた方が
なんとアニメ阿知賀編で鶴田姫子を演じた「大亀あすか」さんだったというサプライズ。



大亀さんは咲-Saki-阿知賀編に出演したきっかけで、日本プロ麻雀連盟(映画でも監修しています)のプロ試験を受け、2014年からはプロ雀士としても活動しており、アーケードの「麻雀格闘倶楽部」シリーズにも実際に登場しております。(こちらもプレイしているのでプロフィール画面をスナップして取り込みました)

f:id:chocotto36:20180127083057j:image:w640
麻雀格闘倶楽部 豪華絢爛」(C)2017,2018 Konami Amusement.

今は連盟が「麻雀格闘倶楽部」に対し、「MJ」シリーズはそれ以外の団体(日本プロ麻雀協会、最高位戦日本プロ麻雀協会、RMU、麻将連合-μ-)が
参加しており、連盟と連名で映画に監修している麻雀企画集団バビロン代表の馬場裕一プロがMJアーケードで解説をしていたりしてます。

EDにもオフショットなどがあり最後まで楽しめました。

なお、公開記念でプロマイドが配られました。



2週目、3週目とあるそうですが、そこまでムビチケ買ってないのと時間に余裕がないので…。