広告代理店はイヌと同じだ!【裏】 おすすめAV&読書日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-10

漫画家と編集者、心の闇 「邪宗まんが道」

「バクネヤング」の松永豊和のWEB小説。


これって、

一言で言えば大手出版社の編集と漫画家の確執を

漫画家の立場から描いたもの。

自伝的と書いているので、

当然相手は小学館かと思いますが、

まぁ生々しい。

ここまで生々しく書かれている「小説」も珍しいのでは、

と思います。



昨日とりあげた「豪」のピュアさに比べると、

あまりの世界観の違いにビックリ。

煩悩が絡むとマンガ作りもいろいろ大変だな・・・と。




面白いのは面白いのですが

読んでいて胸が悪くなることも確実。

心して読め、って感じです。




※「邪宗まんが道松永豊和

http://book.geocities.jp/monene39/novelmangamiti.html

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/choina1919/20090610/1244592893