Hatena::ブログ(Diary)

旧:iPhoneと本と数学となんやかんやと RSSフィード Twitter

2011-09-04

「iPadで手書き」の紙に対するアドバンテージ

2716291659_67aa84330a_b

iPadを手に入れてからというもの、”手を動かして何かを書く”ということが増えました。書き心地を確かめたいからなのか、やはり紙に書く感覚が好きなのかはわかりませんが、紙にペンで書き付ける事は以前と変わらず行っているので、iPadの手書きアプリを使うようになったぶん底上げされている感じです。

ある程度使ってみて、「あぁ、iPadここいぃなぁ」と感じたところがいくつかありました。

ペンがごちゃごちゃしない

ただ単に黒色で文字を書く、という作業の場合、どうしても紙に手書きする方がお手軽で書きやすいです。でも、マインドマップなど多彩な色使いを必要とするようなとき、iPadすんごくいいです。だってペンがごちゃごちゃしないんだもの。

紙にいろんな色で何かを書こうと思うと、いろんな色のペンが必要です。なので色をコロコロ変えながら書いていくと、どうしても机の上はペンだらけになっちゃう。手が当たってペン落としちゃったりしちゃう。ごちゃーっとちらかってあとで片付けるのめんどくさくなっちゃう。

一方iPadでは、だいたい画面を2タップするだけで色の変更をする事ができ、必要なのは「スタイラスペン」一本だけ。その一本で色とりどりのインクを扱う事ができますし、さらにマーカーまで使えるんだから色鮮やかに書き付けていく事が簡単。これすごい使ってて気分良いです。キレイなマインドマップ描ける感じが。

ノートブックを作る抵抗感がない

紙媒体のノートを使おうと思うと、使い始めに頭をかすめてしまうのが「このノート、全部使い切れるやろうか?」というちょっとした不安。別に使い切る必要はないんですが、でもやっぱりいざ使い始めたのに途中からまっさらのまま放置になってしまうのは嫌なもんです。

その点、iPadでは何の気兼ねもなく新しいノートを作る事ができます。紙が余ってしまう心配なんてする必要がありませんし、ページをいくらでも付けたしていく事ができます。順番を入れ替えるのもお手の物で、あるページを別のノートに移し替える事も簡単です。紙媒体のルーズリーフに似た感覚な訳ですが、一歩それより抜きん出ているのが、ページごとに背景が自由自在に変える事ができるということ。いくつかのテンプレートを作っておけば、それを何度でも使用することができます。

写真の貼り付けが簡単

紙に写真を貼付けようと思えば、かならず”プリントアウトする”という作業をしなければなりません。それってなかなかめんどうくさい。はい、iPadは写真のはりつけが簡単です。カメラでパシャッと撮ったものや、iPhoneにある写真をiPadに受け渡して日記なんかに貼付けてやれば、その日一日を鮮明に残す事ができます。とてもいい彩りとなってくれるので、日記を書くのも楽しくなっちゃったり。

おわりに

紙が良いのかiPadに手書きが良いのか。それは人それぞれどんな”感覚”を大切にするかで変わってくるように思います。ぼくの場合、「Evernoteにカンタンにキレイに保存したい」ってのがなかなか大きくて、色使いであったり写真の貼り付けであったリがなかなか重要に感じます。いずれにしろ紙とiPadそれぞれの「いいなぁ」と感じるところを活かして使い分けていきたいものです。

では、お読みいただきありがとうございました。

カメラロール-29

Twitterボタン

Add to Google RSS

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証