Hatena::ブログ(Diary)

貯金箱のマメ知識

貯金箱専門の博物館「にしざわ貯金箱かん」から、
貯金箱の歴史や文化など「貯金箱のマメ知識」をお届けします。
公式サイト:
http://www.chokinbako.ecnet.jp

2010-04-03

郵便ポストの貯金箱

 ポストの貯金箱は、ブタの貯金箱と同様、最も一般的な貯金箱の定番と言えます。

 郵政資料館による、郵便ポストの移り変わりを見ると、明治4年に、脚付の台に四角い箱を載せた木製ポスト、書状集箱が、最初のポストでした。明治5年には、杉板を四角に柱のように組み合わせ、かどに鉄板を張って黒いペンキを塗った黒塗柱箱(黒ポスト)が作られました。

f:id:chokinbakokan:20100402143920j:image

 明治34年、民間人の俵谷高七氏考案によるポスト、赤色鉄製の円筒形で、現状のポストの原型に近い特徴を備えたポストが、試験的に、東京大阪京都など、110個が各地に設置されました。上の写真が、そのポストの貯金箱です。

f:id:chokinbakokan:20100402144535j:image

 その後、改良が加えられ、明治45年、差入口に雨除けの庇を付け、内側には、郵便物盗難防止の弁を付けたポストが設置されました。以後、この形のポストは、長く使われることとなりました。上の写真が、そのポストの貯金箱です。

f:id:chokinbakokan:20100402152758j:image

 昭和20年に終戦を迎え、物資の入手が軌道に乗るようになると、昭和24年から新しい鉄製ポストが設置されました。郵便差出箱1号(丸型)です。上の写真、左側です。昭和37年、郵便物の区分作業の効率化と速達速度の向上のために、差入口を2ヶ所設けて、宛先別に郵便物を投入するポストが設置されました。郵便差出箱7号です。上の写真、左側から二つ目です。更に、差入口が、大口タイプに変わり、エクスパックなどの大型の郵便物も、楽に投かん出来るようになりました。郵便差出箱13号です。上の写真、左側から三つ目です。上の写真、右側、最近、よく見かける様になったポストです。これら、いずれも貯金箱になっています。

f:id:chokinbakokan:20100402153237j:image

f:id:chokinbakokan:20100402153310j:image

 上の写真、いずれも古いポストの貯金箱です。左側、壁掛けの貯金箱で、明治45年に設置された、丸型庇付ポストの形をしています。次の二つ、昭和時代前期の貯金箱で、状態が、非常に良いものと思われます。

f:id:chokinbakokan:20100402153948j:image

 上の写真、左側、マルサンのブリキのポスト貯金箱。昭和時代前期のもので、台の部分に、回転式の日付が付いています。右側、青木商会のブリキのポスト貯金箱です。当時の人気貯金箱です。

f:id:chokinbakokan:20100402151115j:image

 上の写真、人面顔の面白貯金箱です。最近のものですが、陶器製で、色もいろいろ、大きさも、高さ30センチ以上のものも有ります。

f:id:chokinbakokan:20100402151531j:image

 上の写真、素材も色も、いろいろのポスト貯金箱が有ります。左側から三つは陶器製、次の二つは、プラスチックです。

2010-03-04

蔵の貯金箱

 蔵の貯金箱は、明治時代の代表的な貯金箱です。当時は、大事な財産などを、頑丈で、火災にも強い土蔵に収めていました。たくさんの蔵の数が、その家の豊かさを現わすものでした。これらから、蔵の貯金箱は、庶民の豊かさへの憧れ、象徴としての気持ちが現れている貯金箱だと言われています。

f:id:chokinbakokan:20100224140341j:image:leftf:id:chokinbakokan:20100224140404j:image:left








































 上の写真、左側、明治時代に作られた京都伏見の土製貯金箱。高さ31センチ、幅18.5センチ、奥行き18センチです。壁の上部に宝珠と鍵、真ん中に大黒さんが描かれています。右側、明治20年代に作られた土製の京都伏見貯金箱。高さ11センチ、幅8センチ、奥行き7センチです。いずれも、お金の出し口が無く、明治時代の貯金箱は、「地獄落とし」と呼ばれ、壊さなければ、中のお金は取り出せません。左側の蔵の貯金箱には、何時の時代に入れられたものか、カラコロとお金の触れあう音が聞こえます。

 

f:id:chokinbakokan:20100224140739j:image:leftf:id:chokinbakokan:20100224140828j:image:left





















 上の写真、昭和30年代前後の有名ブリキメーカー、マルサン製ブリキ貯金箱で、入口の扉に、金色に輝く大黒様がデザインされ、「大黒様黄金蔵」と言われています。これは、海外のコレクターにも珍重されている様です。また、屋根の上の鬼瓦も、魅力的です。右側の貯金箱は、デザインが違っています。これは、マルサン商会→青真商会→青木商会と作り継がれていたので、いろいろなデザインのものが存在する様です。お金の出し口は、蔵の正面扉で、鍵で開けられる様になっています。

f:id:chokinbakokan:20100224141035j:image:leftf:id:chokinbakokan:20100224141059j:image:left



























 上の写真、最近の陶器製蔵の貯金箱です。お金の入れ口は、一寸解りにくいですが、正面真後ろの裏窓に入れ口があります。出し口は、床を動かすと、外れる様になっていて、幾分、カラクリ仕様になっています。頑丈に出来ていて、長持ちしそうです。

2010-02-06

布袋の貯金箱

 布袋の貯金箱は、明治時代の中頃から、七福神の一人として作られ始めました。布袋さんは、開運・良縁・子宝の神様として信仰されています。

 布袋さんは、中国の唐の末期、淅江省に実在し、本名が、釈契此と言う僧であったと言われています。吉凶を占えば、必ず当たると言われる程の凄い能力者であったそうです。常に半裸で、大きな袋を肩に担ぎ、身の回りの物は、すべてその袋に入れていたことから、布袋和尚と呼ばれるようになったと言われています。布袋さんのどの顔も、いつもニコニコ柔和な良い顔をしています。弥勒菩薩化身とも言われています。

 

f:id:chokinbakokan:20100121130256j:imagef:id:chokinbakokan:20100121130328j:imagef:id:chokinbakokan:20100121130358j:image


 上の写真、形、大きさに多少の違いがあるものの、どれも柔和な良いお顔をしています。大正時代以前に作られたと思われますが、素焼きで、手にずっしりと重みを感じます。後姿も、どっしりとしていて、重みがあります。お金の入れ口も、小気味よくしっかりと作られています。真ん中の布袋さんの高さは、20センチを超え、どれもなかなか状態の良いものです。いずれも、いったんお金を入れたら、壊さない限り出せません。ご覧の通り、底は、穴一つなく奇麗な仕上がりです。

 

f:id:chokinbakokan:20100121130513j:imagef:id:chokinbakokan:20100121130547j:image

上の写真、これも古い素焼きの布袋貯金箱です。大きさも20センチ前後のものです。布袋さんとしては、一寸明るみに欠けた微笑みです。長年に渡り、神棚などに祀られていたものと思われます。勿論、お腹の中には、お金は有りません。背中のお金の入れ口も、しっかりと作られていますが、右側の貯金箱の入れ口が変わっています。もしかすると、入れたお金が出せるかも。こういう貯金箱があるのでしょうか。それとも違う使い道のものなのか。何か意味が有ってのものなのか、現在、私には解りません。

f:id:chokinbakokan:20100121102220j:imagef:id:chokinbakokan:20100121102249j:image

 上の写真、カラフルな布袋貯金箱、高さ10センチ位、戦前のものと思われます。陶器製で、状態は良好です。左側の貯金箱、担いだ袋の表面に、布袋さんを除く六福神が描かれていて、縁起も良く、面白い着想の貯金箱になっています。右側も、一寸変わった布袋貯金箱で、愛嬌が感じられる珍しいものだと思います。カラーの後姿も趣があります。

f:id:chokinbakokan:20100121101517j:imagef:id:chokinbakokan:20100121101617j:image

 上の写真、左、カラフル、右、シンプルな布袋貯金箱。いずれも高さは、35センチ位、インテリアも兼ねた貯金箱です。陶器製で、軽めに出来ています。床の間等の置物として、良く見かけますが、これは貯金箱で、背中にお金の入れ口があり、底から出せる様になっています。戦後の最近のものでしょう。

 

f:id:chokinbakokan:20100121102738j:image

 上の写真、戦後のもの、どれも良いお顔をしています。

2010-01-08

恵比寿・大黒の貯金箱


 明治時代中頃から大正時代末期頃まで、縁起もの貯金箱として、恵比寿大黒の貯金箱が、盛んに作られました。

 恵比寿さまと大黒さまは、共に七福神の一人で、恵比寿さまは、漁の神様、大黒さまは、豊作の神様、二人合わせて招福・商売繁盛の商いの神として民間信仰の対象となり、親しまれています。いつも恵比寿さまは、鯛を左手に抱えており、大黒さまは、米俵の上に乗っています。

 恵比寿さまは、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の子供の蛭子尊(ひるこのみこと)が元になっているとされ、足が不自由だった蛭子尊は、幼少時に、親の伊弉諾尊に葦の船に乗せられ、海に捨てられてしまい、漂着した地で、海の神様として祀られました。「蛭子」が、エビスと読めることから、現在の恵比寿さまになったといいます。ただし、恵比寿さまの由来については、この他にも様々な説が伝えられていて、どれが正しいのか分かっていません。

 一方大黒さまは、もともと日本の神様ではなく、古代インドで、人の生死を司る神様として、恐れられる存在でした。それが、最澄の手によって、中国から日本に伝えられると、徐々に優しい福の神として、庶民の間に浸透していきました。

 さて、当館収蔵の恵比寿大黒の貯金箱を紹介します。

f:id:chokinbakokan:20100108134640j:image

上の恵比寿の貯金箱、古い素焼きの貯金箱です。高さは20センチ弱で、相当重く感じます。穏やかな良いお顔をしています。裏側も、しっかり、どっしりした感じで、お金の入れ口も堂々としたものです。底には、勿論、出し口は無く、割らないとお金は出ません。全く、美術品にも見えます。

f:id:chokinbakokan:20100108143323j:image

 やはり、上の写真の左側、恵比寿の貯金箱、これも古い素焼き貯金箱で、高さ15センチ、お金の出し口が有りません。ともかく、形が変わっています。一見、ダルマの変形かと見間違います。しかし、良く見ると、大きな魚を抱えています。良く調査しないと、解りませんが、変わった珍しい貯金箱かなと思います。先ずは、紹介し、今後、調査研究に励みたいと思います。写真の真中、大黒の貯金箱、木製で、出し口が有りません。高さ15センチ、軽くて、色が落ちかかっています。穏やかな良い顔をしています。素人作りの感じで、新しいものか、古いものか、良く解りません。でも、素材からしても、大黒の貯金箱としては珍しいものです。写真の右側、恵比寿大黒、ツインの貯金箱です。古い素焼きの貯金箱、高さ20センチ、お金の出し口が有りません。恵比寿大黒の貯金箱は、ツインで一体化したものが、かなり見られます。二人とも、ふくよかで、良く見る日本人の顔をしています。

f:id:chokinbakokan:20100104113332j:image

 上の写真、これも古い貯金箱、素焼きで、高さ20センチ、良くある形の貯金箱で、大小、いろいろ有ります。色付きです。これは、かなり状態の良いものです。恵比寿大黒、どれも穏やかな良い顔をしています。

f:id:chokinbakokan:20100104113617j:image

 上の写真、これはかなり新しいもので、昭和時代と思われます。陶器製で、軽く、細部に渡って、丁寧に作られています。一寸、状態が悪いです。

f:id:chokinbakokan:20100108143939j:image

 上の写真、左側、張り子の恵比寿の貯金箱。高さは、20センチ以上あります。新しいものと思いますが、顔も、形も、ユニークで珍しいです。何時、何処の制作かは解りません。真中の写真、最近の恵比寿大黒貯金箱、いずれも陶器製で、左の恵比寿貯金箱、高さ13センチ、右の恵比寿大黒貯金箱、高さ18センチです。いずれも今様の明るい華やかな感じの貯金箱です。右側の写真、土人形の恵比寿大黒貯金箱、高さ20センチ、何時、何処で製作されたものか解りません。色が綺麗に残っていて状態の比較的良いものです。抱えている鯛のピンク色など、目に残ります。

2010-01-07

貯金箱の流れ

[日本]

貯金箱のルーツ

 縄文時代に現れた「甕(かめ)」ではないかと言われています。甕は、稲作が始まり、穀物を貯える為に必要とされました。ここから、「貯える・備える」の考えが 始まりました。

 室町時代の「せんべい壺」(伊賀で焼かれた、深さ、28センチ位の壺、銭が入って出土しています。せんべい=銭瓶でしょうか?)は、具体的に名づけられた貯金箱の祖先であると言われています。

江戸時代

 貨幣制度が整えられ、商業活動が盛んになりましたが、金融は、武士、商人や農民の一部などの限られたもので、一般的ではありませんでした。

 貯金箱と呼べるものは、千両箱、商家が使った木製の銭箱、広く庶民の使った竹筒に入れ口を作った銭筒、それに銭壺がある程度です。f:id:chokinbakokan:20090908133057j:image:right

 尚、堪忍箱(買い物をした時に、節約して安い物を買い、余ったお金を貯めておく入れ物)と称するもの、また大黒の貯金箱もあったとする説もあります。

明治時代

 欧米に習った、金融の仕組みが出来、銀行制度や郵便貯金制度が整いました。お金の流通が盛んになると共に、開国後の富国強兵や産業振興のため、勤倹節約の思想が高まりました。これらを背景に、貯金箱も、一般の人々を対象としたものが、たくさん現れるようになりました。

 明治時代初期の貯金箱は、「貯金玉」と呼ばれ、持っているとどんな願いごとも叶う"如意の玉"、つまり「宝珠」を形どっています。大きな目的のために、小銭を少しずつ貯める器として、これが選ばれたことは、当を得ていると言えましょう。

 その後、郷土人形や民芸品に穴を開けたものが現れ、特に縁起物の置物は、いち早く貯金箱に変身しました。恵比寿大黒布袋達磨福助招き猫などです。f:id:chokinbakokan:20090908133514j:image:right

 「蔵の貯金箱」も、明治時代の代表的な貯金箱です。当時は、大事な財産などを、頑丈な土蔵に収めていました。沢山の蔵の数が、その家の豊かさを現わすものでした。蔵の貯金箱は、庶民の豊かさへの憧れの気持ちが現れている貯金箱だと言われています。f:id:chokinbakokan:20090908133740j:image:right

 この頃の貯金箱は、壊さないと一度入れたお金は、取り出せませんでした。その為、「地獄落とし」とも呼ばれたようです。

昭和時代

 昭和時代に入ると、貯金箱=豚というイメージができました。何故、貯金箱と言えば、豚なのでしょうか。それは、イギリスで、使わなかったコインを、台所にあるpiggyと呼ばれる陶器の壺に入れておく習慣があり、Piggy bankと呼んでいました。piggyが、豚を意味するpigを連想させることから、貯金箱には、豚の形を使われることが多くなりました。

 また豚は、スイスでは、運をもたらすものとされています。裕福な農家の象徴とも見なされています。これらから、豚の貯金箱は、19世紀に、様々な貯金箱の中で、もっとも普及しました。

 キャラクター貯金箱の登場、遊びの中から子供たちに、貯蓄の習慣を自覚させる目的で、漫画の主人公やテレビアニメの、キャラクター貯金箱が登場しました。

 昭和時代初期、アメリカ漫画のフェリックスをヒントにした、「のらくろ」、戦後、「鉄腕アトム」、「ウルトラマン」、「ドラえもん」など、数多くの貯金箱が登場しています。以後、貯金箱も、時代を反映する形で、様々な種類のものが出てきています。f:id:chokinbakokan:20090908134156j:image:right

 販促品の貯金箱(ノベルティ)の登場、貯金箱を景品として、最初に配った銀行は、三菱銀行です。1961年11月に、「ブーチャン貯金箱」を配布しました。


[外国]

貯金箱のルーツ

 ヨーロッパでは、貨幣の登場(国の刻印が押された鋳造貨幣が誕生したのは、紀元前7世紀から6世紀に、小アジアに存在していたリディア王国だと言われています。)前から使われていた、貴金属の小片などを入れて貰うために、教会に置かれた「献金箱」が、貯金箱のルーツと言われています。

 貨幣を入れる貯金箱としては、アテネオリンピア遺跡から、紀元前300年頃の、テサウロスと呼ばれる粘土製の、宝物寺院型貯金箱が発見されています。

 更に、古代ローマ遺跡からは、3〜4世紀の洋梨型の陶器製貯金箱が数多く見つかっており、当時の人々が、貯金箱と深く関わっていたことが解ります。この貯金箱の型は、女性の乳房を模っているとも言われ、ヨーロッパの貯金箱の伝統的な形として、イタリアなどでは、現在もこの形の貯金箱が使われています。

 アジアでは、今から2100年前、前漢時代のもので、中国雲南省、てん王一族の墓から出土した、「貯貝器」が、ルーツだろうと考えられています。これは、青銅製で円形筒型をしており、貯貝器は、つまりお金を貯める器と言えるでしょう。ですから、今も財貨に関する漢字には、「貝」という字がくっついているのです。

 中世ヨーロッパでは、鍵付きの鉄製の貯金箱が登場しました。

 19世紀、この時代は、節約することが美徳であり、そのため、貯金箱もたくさんの種類が作られ、また、鉄・真鍮・錫・鉛などが豊富で、容易に手に入ったことから、手工業者の手作りで、数多く作られたのは、金属工芸品の貯金箱でした。それらの貯金箱は、動物・人形・乗物など、子供の玩具を兼ねたものから、技術的にも優れた細工の施された様々なものでした。

 世界の貯金箱のコレクションの大部分を占めるのが、欧米の19世紀の貯金箱です。これらは、アメリカのカラクリ貯金箱が、メカニカル バンクと呼ばれるのに対し、スティル バンクもしくは、ペニー バンクと呼ばれます。

 19世紀後期に、アメリカで登場した貯金箱が、鉄製のバネ仕掛けの貯金箱、カラクリ貯金箱(メカニカル バンク)です。玩具メーカーが、玩具を貯金箱に出来ないかと考えた末に、子供達に夢を与えようとした奇抜な思い付きから生まれました。子供のための貯金箱でしたが、当時の大人たちの、爆発的収集の対象となってしまったそうです。現在のカラクリ貯金箱の原点になった貯金箱です。f:id:chokinbakokan:20090908134004j:image:right

 現状の各国の貯金箱は、それぞれの国の特色を生かした、その国らしい貯金箱が主流となっています。


◎ 以上は、先人等、貯金箱の魅力にとりつかれた方々の、研究の成果で、通説となったものなどを纏めてみたものです。





 

2009-12-06

宝船の貯金箱

宝船とは、七福神が乗る宝物を積み込んだ帆船、または、その様子を描いた図のことと言われています。また、新年を表す季語とされています。

f:id:chokinbakokan:20091209172338j:image

 七福神とは、「七難即滅、七福即生、万世安楽、帝王歓喜し給う」と言う、[仁王経]の言葉から、室町中期に成立したのが七福神信仰の始まりで、以来、今日まで、人々に福をもたらす7人の神様として崇敬されています。

 七福神は、次の通りです。

恵比寿七福神のうち、ただ1人の日本の神様で、夷三郎とも言われます。(でも、やはり外国人という説もあります。)航海、漁業、商売繁盛の神様として、広く信仰されています。

大黒天:大きな袋を肩に掛けた大黒様は、糧食の神様、開運招福、五穀豊穣の神様として、恵比寿様と共に、七福神の中でも特に親しまれています。

布袋:立っても、坐しても、横になっても、厚い胸と大きなお腹を出して大笑いする円満な姿で、世の中の清濁を全て呑む大度量を示しています。堪忍や和合を司る神様として崇められています。また、弥勒菩薩化身とも言われています。

福禄寿:頭が長い福禄寿は、人望と知恵を授ける神様です。枕に経巻を結び、鶴を伴う姿もあり、中国では、古来、南極星化身とも言われています。

寿老人:長寿を授ける神様で、寿老人に従うものは、千年を超えた青鹿と五百年を過ぎた玄鹿で、我々の長寿福徳を祈ると言われています。

毘沙門天仏教四天王の1人で、多聞天とも言われています。念怒の形相で、左手に宝塔、右手に宝棒を持ち、仏法守護、福徳授与の神様として崇められています。

弁財天七福神のなかで、唯一の女性の神様です。芸能・財宝の神様と言われ、奏でる琵琶の妙音は、全ての者に幸福をもたらすと言われています。

  

f:id:chokinbakokan:20091209004814j:image

 上は、昭和時代の宝船の貯金箱、高さ10センチに満たない小さな物で、七福神の判別も定かで無いが、今だ色鮮やかで゜、見応えが有ります。

      

近年の宝船貯金箱のいろいろを紹介します。

f:id:chokinbakokan:20091209004924j:image

 当館収蔵の一番大きな宝船貯金箱です。高さが50センチ、幅60センチ有ります。強化プラスチック製で、かなり重いものです。細部まで、良く造作されています。

  

f:id:chokinbakokan:20091209005010j:image

 上の写真、今様の賑やかな宝船貯金箱、インテリアとしても重宝されています。

  

f:id:chokinbakokan:20091209010902j:image

 左写真、招き猫を中心に、ダブル縁起物宝船貯金箱です。右側は、招き猫による七福神の変形宝船貯金箱、いろいろ有ります。

     

下は、平成15年 ミントセット(敬老貨幣セット)です。毎年、造幣局より、硬貨製造技術を知らしめる為、販売されているもので、七福神の宝船が採用されています。

f:id:chokinbakokan:20091209010433j:image




 

2009-11-08

戦時中の貯金箱

f:id:chokinbakokan:20091116171122j:image

 貯金箱の形や表示には、時代を色濃く反映したものが多く見られます。特に戦時中には、戦時色の強い貯金箱が、数多く残されています。


日本の兵隊さん

f:id:chokinbakokan:20091116171123j:image

 上段、左側から、陸兵と軍用犬、陸兵の将校、海兵の将校、海兵です。

 下段は、その裏側と底です。

 一般的に小型で貯金の用には適さず、お金を出す時には、壊さざるを得ません。実用的よりも、諸々の宣伝に重点が置かれた様です。


戦車・砲弾類

f:id:chokinbakokan:20091116171124j:image

 左から戦車2台、砲弾2個、水雷です。

 右から二番目の砲弾には、愛国貯金」、一番右の鉄製の水雷には、「貯蓄報国」、裏側には、「備えあれば、恐れなし」と標語が書かれています。戦争という時代背景を色濃く映し出している貯金箱です。

 その他に、「一銭報国」「銃後貯金箱、一石のお米も一粒より、一億のお金も一銭から」「貯蓄報国」「堅忍持久」「勤倹貯蓄」「我等の一銭、御国の力」等の標語が有ります。

 戦時中は、積極的に貯蓄することを、盛んに宣伝しており、資源の少ない国土ならではの行動と言えるでしょう。


その他の戦時中の貯金箱

f:id:chokinbakokan:20091116171125j:image

 上の写真、左側から、ダルマ、飯ごう、子供の貯金箱です。子供の貯金箱は、出征兵士を見送る姿でしょうか。子供に預金(戦費に転用)を勧める目的があったのでしょう。

 ダルマの裏側には、「一億一心」と書かれています。


「幻の陶貨」??

f:id:chokinbakokan:20091116171126j:image:left

左の写真、余談になりますが、「未発行一銭陶貨」です。戦時中、金属は、ほぼ軍需用に使用されていたため、貨幣を瀬戸の焼き物で製作することが考案されました。しかし、流通前日に終戦となり、結局、世の中に出回ることのなくなった「幻の陶貨」となってしまいました。

 随分、昔のこととは言え、ここまで来るとは、なんともやり切れない結末で、時の風に流されてはいけない、大きな教訓です。 実物の一銭陶貨は、本当に小さな、粗末なものです。とても貨幣としての使用には、耐えられそうも有りません。




 

2009-10-09

だるま貯金箱

「だるま」とは、中国禅宗の始祖、菩提達磨座禅姿を模して作った張り子の玩具のことです。

 菩提達磨(円覚大師、達磨大師ともいう。)が、魏の崇山にある少林寺で、面壁九年を行い、その座禅によって、手足が腐ったという伝説から、手足のない、玩具(置物)としての「だるま」が、作られたと言われています。

 日本では、「起き上がり小法師」と呼ばれる、底に重りをつけた「だるま」が愛好され、何度も起き上がるという連想から、江戸中期以降に、「七転び八起き」の縁起物として、信仰されるようになりました。

 ダルマは、全体に赤く塗られているのが基本的なものですが、これは、菩提達磨の着ていた衣に由来し、また、赤は、古くから、魔除けの色とされていたことにも通じると言われています。

 明治時代中期以降になると、縁起物ダルマが、貯金箱も兼ねて登場しました。それ以来、現在まで、様々なダルマ貯金箱が、出現しています。その一部を紹介しましょう。


明治時代

 土ダルマの貯金箱です。背中にお金の入れ口があり、出し口は有りません。いっぱいになったら、壊して取り出すことになります。写真の貯金箱には、いつの時代のお金か、取り出せずに残っています。

f:id:chokinbakokan:20091009153230j:image

 ダルマさんの顔は、どれも素朴で、良い顔をしています。古いものなので、明瞭さに劣りますが、胸元の模様は、「鯛」の絵か、「福」の字が一般的です。但し、左の貯金箱には、「打ち出の小槌」が描かれています。

写真、右側の二つは、良い赤色が残って、見栄えがします。


明治時代から大正時代

大正時代以前の、ダルマ貯金箱です。明治時代なのか大正時代のものなのか、特定出来ません。形も顔も色々で、それぞれ味わいがあります。壊して、お金を取り出すなんてことは、とても出来ません。思案の結果が、少し、お金の入れ口を、大きくしたということでしょうか。

f:id:chokinbakokan:20091009153424j:image

下段が貯金箱の背面です。左側の貯金箱のお金の入れ口が、大きく削られています。結構、古い貯金箱に見られるものです。


 これも古い貯金箱だと思われます。時代は、特定出来ません。写真左側の貯金箱、顔も形も変わっています。ダルマの貯金箱かなと、一寸疑いたくなります。他のダルマも、劣化がめだちますが、それぞれ個性的です。

f:id:chokinbakokan:20091009153624j:image


昭和時代

f:id:chokinbakokan:20091009153802j:image

 昭和時代のダルマ貯金箱です。写真、左側の貯金箱、戦時中の貯金箱でしょうか。背中に、「一億一心」と書かれています。

次の貯金箱は、姫だるま貯金箱です。姫だるまは、神功皇后が、道後温泉で、応仁天皇を身ごもられたとの伝説から、郷土玩具として作られました。神功皇后の懐妊姿を表したものと言われています。普通のダルマらしからぬリアルな美女顔が特徴です。

 続いて、スチール製の貯金箱、更に、紙で出来た貯金箱です。紙の貯金箱の背中には、「起き上がり 小法し」と書かれています。


f:id:chokinbakokan:20091009153949j:image:right

 <右写真>

 高さ32センチの陶器製の大きな貯金箱と、高さ12センチの同じく陶器製の小さな貯金箱、昭和26年1月新調と底に書かれています。

 迫力ある立派な顔のダルマ貯金箱です。終戦後、間もなくの制作ですが、見応えのある素晴しいものです。


f:id:chokinbakokan:20091009154104j:image

 左側、山県市の平清水の「立ちだるま」の貯金箱と思われます。高さが、31センチあり、インテリアとしての価値が高い、見事な作りです。

 中央の貯金箱、色が落ちて見栄えが悪いけど、良い感じの癒し系だるま貯金箱です。

 右側の貯金箱は、状態の良いもので、かなり大きく張り子です。いずれも、今のところ、時代・産地がわかりません。


平成時代

f:id:chokinbakokan:20091009155522j:image:left

 <左写真>

 左側、高崎ダルマ屋さんの貯金箱、つい最近のものです。普通のダルマにお金の入り口だけを設けたものです。高さは、40センチ位有ります。「一日百円 定額貯金」と書いてあります。

 次は、木製の貯金箱、そして、なかなか見栄えのする今様の貯金箱です。それぞれかなり大きなものです。


f:id:chokinbakokan:20091009155716j:image:right

 <右写真>

お札で作ったダルマ貯金箱です。

 本物の五千円札と一万円札の裁断屑を80枚分使用した開運、金運ダルマ貯金箱(紙幣リサイクル)です。500円玉なら約300枚、100円玉なら約500枚入ります。最近では、話題の貯金箱です。

2009-09-23

福助貯金箱

縁起物福助人形は、江戸時代の中頃には存在したと言われています。

 その福助は、実在の人物がモデルになったとの言い伝えが有り、三人の説が有ります。

f:id:chokinbakokan:20090923181035j:image:right

 一人目は、京都の呉服店「大文字屋の主人」、

 二人目は、滋賀のもぐさ店「亀屋左京の番頭」、

 三人目は、摂津の農夫の子「佐太郎」です。

いずれも、出世、繁盛、幸運に恵まれた人達です。

 福助の特徴は、頭でっかちで、福耳の持ち主、背が低いこと、そして、象徴となっているのが、勤勉で、正直者と言うことです。

 以来、福助さんは、商売繁盛・家内安全の神様として奉られています。

 この様な福助さんが、明治時代に入って、縁起物の貯金箱として、盛んに作られるようになりました。以下、時代毎に、福助貯金箱を見て見ましょう。


明治時代の貯金箱です。

 特徴は、おでこが出ていること、お金の出し口が無いこと(割らないと取り出せません)です。

 左側の貯金箱、模様・色が明瞭、全体に状態の良いものです。明治時代福助貯金箱として、よく紹介されています。

 真ん中の貯金箱、多少、欠陥があるも、良い顔、良い色合いで、形もユニーク、何時見ても飽きません。

 右側の貯金箱、崩れ・汚れが目立ちますが、左手を上げて、招き入れています。福助貯金箱としては、珍しいものかなと思います。

 背中に奇麗に、お金の入れ口が有ります。そして貯金箱の底には、お金の出し口が有りません。

f:id:chokinbakokan:20090923174046j:image


 大正〜昭和時代の貯金箱です。

 左側の貯金箱、古さが、良い感じにでています。右側の貯金箱、昭和の、結構新しいものと思いますが、変わった貯金箱で、面白いと思います。

f:id:chokinbakokan:20090925103357j:image


 現在のものです。

 右側の貯金箱、中国製で、陶磁器、顔も変わっていますが、とても奇麗で、インテリアとして、見栄えがします。

f:id:chokinbakokan:20090923174048j:image


 これも現在のものです。

 左側の貯金箱、「おじぎ福助」と言われ、「いらしゃいませ」、「ありがとうございます」の気持ちを、卒直に表現したもので、大変人気があります。右側の貯金箱、福助さんでは無く、奥さんだと言われているお多福さんです。最近のものですが、良く出来ています。

 ところで、この、おじぎ福助さん、よくよく見ると、下を向きながら、「あかんべー」をしています。いろいろな福助さんが居るものです。

f:id:chokinbakokan:20090923174049j:image

2009-09-18

招き猫貯金箱 上げた側の手 と 体の色 の意味するところ

猫の貯金箱の中で、招き猫の割合は、残念ながら未統計ですが、相当の割合になると思われます。招き猫の貯金箱を見た、来館者の質問で多いのは、上げている手の側に依って、「何を意味しているの」と言うことです。

 上げている手の意味するところを通説により説明します。また、いろいろな色の、招き猫の貯金箱も有ります。これにも、それぞれに意味があり、説明したいと思います。

f:id:chokinbakokan:20090919144451j:image

<当館で所蔵する招き猫の貯金箱の例>

上の写真を参考に、

1.右手招き猫「お金や財産を招きます」

2.左手招き猫「人やお客を招きます」

3.両手招き猫「お金・お客両方を招きます」

4.白色招き猫(三毛猫)「福を招きます」

5.黒色招き猫「魔除け及び病を防ぎます

6.金色招き猫「金運を開きます」

7.銀色招き猫「長寿と繁栄」

8.赤色招き猫「難病奇病や子供の病気を防ぎます」

9.桃色招き猫「愛情をはぐくみます」

10.青色招き猫「学業の向上」

11.緑色招き猫「安全を確保します」

12.黄色招き猫「縁結びに一役かいます」

 などの意味があると言われています。


 また、招き猫には、面白い統計結果が出されています。

1.左手を上げているものが多い

2.小判を持った招き猫(小判猫)の比率 18%

3.小判に書かれている文字は、千万両が一番多く、次が開運

4.涎かけ着用率 29%などです。


 更に、

1.手の高さは、高ければ高いほど、遠くの福を招く

2.右手を上げているのが雄猫、左手を上げているのが雌猫と言われています。

 (参考:招猫倶楽部)

Connection: close