Hatena::ブログ(Diary)

貯金箱のマメ知識

貯金箱専門の博物館「にしざわ貯金箱かん」から、
貯金箱の歴史や文化など「貯金箱のマメ知識」をお届けします。
公式サイト:
http://www.chokinbako.ecnet.jp

2009-10-09

だるま貯金箱

「だるま」とは、中国禅宗の始祖、菩提達磨座禅姿を模して作った張り子の玩具のことです。

 菩提達磨(円覚大師、達磨大師ともいう。)が、魏の崇山にある少林寺で、面壁九年を行い、その座禅によって、手足が腐ったという伝説から、手足のない、玩具(置物)としての「だるま」が、作られたと言われています。

 日本では、「起き上がり小法師」と呼ばれる、底に重りをつけた「だるま」が愛好され、何度も起き上がるという連想から、江戸中期以降に、「七転び八起き」の縁起物として、信仰されるようになりました。

 ダルマは、全体に赤く塗られているのが基本的なものですが、これは、菩提達磨の着ていた衣に由来し、また、赤は、古くから、魔除けの色とされていたことにも通じると言われています。

 明治時代中期以降になると、縁起物ダルマが、貯金箱も兼ねて登場しました。それ以来、現在まで、様々なダルマ貯金箱が、出現しています。その一部を紹介しましょう。


明治時代

 土ダルマの貯金箱です。背中にお金の入れ口があり、出し口は有りません。いっぱいになったら、壊して取り出すことになります。写真の貯金箱には、いつの時代のお金か、取り出せずに残っています。

f:id:chokinbakokan:20091009153230j:image

 ダルマさんの顔は、どれも素朴で、良い顔をしています。古いものなので、明瞭さに劣りますが、胸元の模様は、「鯛」の絵か、「福」の字が一般的です。但し、左の貯金箱には、「打ち出の小槌」が描かれています。

写真、右側の二つは、良い赤色が残って、見栄えがします。


明治時代から大正時代

大正時代以前の、ダルマ貯金箱です。明治時代なのか大正時代のものなのか、特定出来ません。形も顔も色々で、それぞれ味わいがあります。壊して、お金を取り出すなんてことは、とても出来ません。思案の結果が、少し、お金の入れ口を、大きくしたということでしょうか。

f:id:chokinbakokan:20091009153424j:image

下段が貯金箱の背面です。左側の貯金箱のお金の入れ口が、大きく削られています。結構、古い貯金箱に見られるものです。


 これも古い貯金箱だと思われます。時代は、特定出来ません。写真左側の貯金箱、顔も形も変わっています。ダルマの貯金箱かなと、一寸疑いたくなります。他のダルマも、劣化がめだちますが、それぞれ個性的です。

f:id:chokinbakokan:20091009153624j:image


昭和時代

f:id:chokinbakokan:20091009153802j:image

 昭和時代のダルマ貯金箱です。写真、左側の貯金箱、戦時中の貯金箱でしょうか。背中に、「一億一心」と書かれています。

次の貯金箱は、姫だるま貯金箱です。姫だるまは、神功皇后が、道後温泉で、応仁天皇を身ごもられたとの伝説から、郷土玩具として作られました。神功皇后の懐妊姿を表したものと言われています。普通のダルマらしからぬリアルな美女顔が特徴です。

 続いて、スチール製の貯金箱、更に、紙で出来た貯金箱です。紙の貯金箱の背中には、「起き上がり 小法し」と書かれています。


f:id:chokinbakokan:20091009153949j:image:right

 <右写真>

 高さ32センチの陶器製の大きな貯金箱と、高さ12センチの同じく陶器製の小さな貯金箱、昭和26年1月新調と底に書かれています。

 迫力ある立派な顔のダルマ貯金箱です。終戦後、間もなくの制作ですが、見応えのある素晴しいものです。


f:id:chokinbakokan:20091009154104j:image

 左側、山県市の平清水の「立ちだるま」の貯金箱と思われます。高さが、31センチあり、インテリアとしての価値が高い、見事な作りです。

 中央の貯金箱、色が落ちて見栄えが悪いけど、良い感じの癒し系だるま貯金箱です。

 右側の貯金箱は、状態の良いもので、かなり大きく張り子です。いずれも、今のところ、時代・産地がわかりません。


平成時代

f:id:chokinbakokan:20091009155522j:image:left

 <左写真>

 左側、高崎ダルマ屋さんの貯金箱、つい最近のものです。普通のダルマにお金の入り口だけを設けたものです。高さは、40センチ位有ります。「一日百円 定額貯金」と書いてあります。

 次は、木製の貯金箱、そして、なかなか見栄えのする今様の貯金箱です。それぞれかなり大きなものです。


f:id:chokinbakokan:20091009155716j:image:right

 <右写真>

お札で作ったダルマ貯金箱です。

 本物の五千円札と一万円札の裁断屑を80枚分使用した開運、金運ダルマ貯金箱(紙幣リサイクル)です。500円玉なら約300枚、100円玉なら約500枚入ります。最近では、話題の貯金箱です。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chokinbakokan/20091009/1255055452