ちょこらんだららん このページをアンテナに追加 RSSフィード

___ちょこらんがおくる じゆうきまま日記
___いつもの方も、初めましてな方も、立ち寄ってくだりありがとうございます☆

2005-07-01 届かない夢 嵐に舞う花びら

[]こん平師匠 12:03

声帯を痛めて入院していた落語家林家こん平(62)が6月中旬に退院したことが同30日、分かった。復帰は8月28日に日本テレビ24時間テレビ」内で放送される「笑点」が有力だ。

こん平8・28笑点復帰! 高座は8・31

別に、歌丸楽太郎の答えが聞ければいいのだが。

右端のオレンジが偽物*1でだみ声の「ちゃんらーん」というのが聞けないのも少しさみしかった。

[]またもや 12:35

生徒が開設したとみられるHPでは、日記が公開されていた。29日の日付で、「明日こそは殺そう」などの文言が並び、最後は「もう会えないかもしれませんね」という閲覧者に向けたメッセージで結ばれていた。

HPに「殺す」予告 明徳義塾高の同級生刺傷

2、3度個人の事件が続いただけで「今の高校生は…」と言われて、真面目に生きている同年代はさぞ憤慨されていることと思います。


さて。

この一件も、例の論議を進めなければならない要因の一つになってしまうのでしょうか。

実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050627-00000032-kyodo-bus_all

その、明徳義塾の男子高校生が、Web上で公開していたことは「匿名性」があったからこそだと思うんですが。

自分の思いを書き連ねていた場所が、日記帳とかWordファイルじゃなくて、HPだった訳ですよ。

「誰か」に見て欲しかった意図があるわけでしょう。

日本警察は、被疑者逮捕よりも犯罪の予防に重点を置いて設置されていると聞きます。

だったら、犯罪に繋がりそうな「誰かに見つけてほしい人」を探す係がいてもいいんじゃないでしょうか。ま、愉快犯とか、どこまで本気で言っているのかとか、区別はとても難しいと思いますが。


インターネットが「有害情報の温床」というなら、親切すぎるサーチエンジンに改善点があると思います。

だって、公開されている情報なんて、同じ情報がWeb以外にもあるでしょ。爆弾のしくみだって、百科事典にもかいてありますよ。それを丹念に探す根気が必要ないというところで、インターネットの利便性が出てくるわけで。

有害だ!というなら「有害」っぽいものに行き着くのを、難しくすればいい。

[]やはり礼央化 19:08

7月7日(木)からは土屋礼央さん連載コラム 『なんだ礼央化 ダ・ヴィンチ版』(隔週木曜更新)がスタートします。礼央くんファンにはお馴染みの、もしかしたらダ・ヴィンチ読者には初耳の“礼央化”推奨コラムです。シアワセになりたい貴方、オススメです。

Webダ・ヴィンチニュース

噂の「まだ原稿が書けてない」ってやつですな。

タイトルはやっぱり礼央化なのね。

シアワセになりたいので、勧められておこう(笑)

[]今日の癖。 19:10

停車するたび、サイドブレーキを2度びき。

別に後ろに線路があるわけではありませんが、なんとなく。

*1:代役は林家たい平さん

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chokoran/20050701