ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

『創造と環境』 このページをアンテナに追加 RSSフィード

Follow @chuukyuu!!



クリエイティブな仕事をしている某組織に入った瞬間から、そのクリエイターは「歩」から「成り金」となって才能を輝かせるが、高給に魅かれてその組織を出た瞬間から「歩」に逆戻りしてしまうのはなぜか…を40年前から何度もニューヨークへ出向き、その組織躰の当事者たちにインタビューしまとめて1969年に上梓したのが表題の著書です。

「クリエイティビティについて、その環境について、語りあいましょう。」

2007-05-05

(26)「あまりにも無秩序な」(了)

          副社長アート・スーパイザー ビル・トウビン


写真家のミーティングでのスピーチなら、やはり、写真を使った広告の例を出さないと、トウビン氏に礼を失しますね。


>>「あまりにも無秩序な」(1)

>>「あまりにも無秩序な」(2)

>>「あまりにも無秩序な」(3)

>>「あまりにも無秩序な」(4)


f:id:chuukyuu:20070602074551j:image

リヴィのパンを好きになるのに、ユダヤ人にならなきゃ…なんて法はありません


「あまりにも無秩序な」(了)

今後、どうなるでしょう?

たちまち、フォト・ジャーナリズムを使った広告が多くなることでしょう。

ソフト・フォーカス広告の洪水の直後に、シャープ・フォーカスという俗受けする強い流れが現れ、バード・アイ・レンズがさんざん使われたあとは虫メガネが・・・ってわけですね。

ですが、もっともよい<流行> は、<流行> のないことです。

真の意味でのキャンペーンとは、そのキャンペーンがつくられた時期にはどんなビジュアル・テクニックが流行っていようと、そんなことには目もくれないで、アイデアをちゃんと伝えることにのみ、創造性を集中したいものです。