ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

『創造と環境』 このページをアンテナに追加 RSSフィード

Follow @chuukyuu!!



クリエイティブな仕事をしている某組織に入った瞬間から、そのクリエイターは「歩」から「成り金」となって才能を輝かせるが、高給に魅かれてその組織を出た瞬間から「歩」に逆戻りしてしまうのはなぜか…を40年前から何度もニューヨークへ出向き、その組織躰の当事者たちにインタビューしまとめて1969年に上梓したのが表題の著書です。

「クリエイティビティについて、その環境について、語りあいましょう。」

2011-06-01

(748)[創造行為の四段階説](3)

 

はてなスターカウンター

今の★数累計です。

茶色の枠をクリックし、スロー・ダウンしていただくと

★システムおよびカウンターの解説があり、

これまでの累計のトップ10のリストが用意されています。

ご支援、深謝。


f:id:chuukyuu:20110529215455j:image:w160:right 国内Y&Rの社長であったステファン・フランクフルト氏が

1962年11月4日に東部地区AAAA年次大会で行ったスピーチより


創造行為の四段階説 (3)


 第三段階「練金術段階」(「賢者の石」の粉末をるつぼに入れて卑金属を金銀に変ずること)

 これは、意識的な過程です。

もうすでにわかっているものを投影して、問題解決を手中におさめる方向にもって行く過程です。

これまでは不合理な方法でやってきたのです(非合理ではありませんので)。ここまでくるとも

う書類を広げたり、私信を書いたり、株式ブローカーを急報で呼んだりしてはおれません。


 勘を有効に働かせ、意識的にかつ合理的に焦点を問題に合わせて行かなければならないので

す。


 この業界には「遅滞」と考えられるものはがまんできない人がたくさんいます。

実際は、この最もがまんできない人こそ「遅滞する人」であるのです。

クリエイティブな人種は、大体において、この「遅滞する人」です。

自分でも認められることでしょう(私は例外三文文士ですが)。

もちろん、この部屋の中にもたくさんいらっしゃることでしょう(注・遅滞すなわち時間盗人です)。


私はそう思いません。

問題やインフォメーションを摂取して、その重要な要素を消化するという過程は、

決して遅滞であるとは考えません。

この過程で一生懸命やったということを証明するようなことは、なんら紙面には

表われません。

だから、 「ただ時間を盗んでいる」と考えてしまうのですが、そうではありません。

この期間に表現方法を醗酵させているのです。


 モデスのコマーシャルにしても、 「これだ」と思うまで長い間醗酵させていまし

た。


「行き詰まった時にはどうしますか?」というビル・バーンバック氏の質問に対して

答えます。

「その間題の回りを歩き回ります。

見つめます。

それについて話します。

散歩に出ます。

その問題のことは忘れてしまいます。

家へ帰って子供たちと遊びます。

映画を見ます。


 問題に関して組織的にタックルする錬金術段階までは、あなたの考えたり観察した

りしたことは、なんら問題解決に関連があるようには見えませんでしたが、ここに至

って、頭は、関連性を捜し始めます。

捜索を局限し始めます。

ここに男と少年との区別があるのです。


このクリエイティブ段階には、鍛錬が必要です。

それは苦しいものです。

訓練された自己を総適用して「何か」を紙面に表現して行かなければなりません。

私たちは、常に不調、好調にみまわれます。

アイデアがないし、これからもなかなか出そうにもない表現方法をやり始めた時に壁

にあたります。

この壁を取り除くには、焦点を局限することです。

眼鏡など必要のないライターを知っていますが、彼女は一対の眼鏡を持っていて、すば

らしい広告を見つけると、かけて読んでいます。

そして、自分でも紙面に「何か」を表現しようとする時にも眼鏡をかけます。

もちろん視力になんら関係はなく、彼女のいうところによると、 「眼鏡の可視範囲外の

ものを皆閉め出してしまうのに便利」なんだそうです。


アートディレクターにも、 「さて描き始めるか」という時になりますと、その仕事と関係

のないものをオフィスからすっかり片づけてしまうという人を知っています。


クリエイティブ過程の初期においては、すべてを見、すべてを聞くことが重要でしたが、

「何か」を紙面に表現し始めたら、妨害になるものはなるべく見ないように、聞かないよう

にすることが大切です。

私なんかは、電話機は、シャット・オフ・ボタンを押してしまいます。

だから全く邪魔されません。

ここで「夜の仕事は引き合うか」「朝、昼、晩、いつがいちばんすぐれた作品ができるか」

という問に対して答えましょう。


私は、 「しなければならない時、そして、それが要求されている時」いちばんすぐれた作品

をつくれます。

リチャード・ロジャースだったと思いますが、作曲する時、 「ねばならない時に、うまい曲

ができます」といっています。


何か今までいってきた反対のことをいっているようですが、そうではありません。

この四段階説では、数日、数週間、あるいは、ほとんどまれですが、数カ月かかることもあれば、

この四サイクルが、圧縮されて数時間、1時間、そして数分で、循環してしまうこともある

のです。

頭脳は、驚くべきスピードで、数々のハードルを飛び越せる能力を持っています。

そして圧力がかかり、アドレナリンが働いていれば、解決は早くできます。

もちろん、このアートディレクターやライターが、経験、タレント、直観力の備わった職業意識

に徹していれば、のことです。

多くのクリエイティブ人種が、最初に出てきたアイデアが最もすぐれていて使用しうるアイデ

アであるということに驚きを感じるものです。

しかし、この「最初に出てきたアイデア」は、真空状態からは決して生まれるものではあり

ません。

前もって蓄積されていた「知識の井戸」からのメッセンジャーが持ってくるのです。

「朝、昼、晩、いつがいちばんよい作品ができるか?」ということに戻れば、いつだろうと関係ない

のです。

いったんやり始めたら中止したくありません。

そしてアイデアが浮かんできたら、時間がいつであろうとすぐとりかかることです。

この四段階説は一つ一つここからここまでが、この段階、というふうに区別できるものでは

ありません。前半の二つが相伴って働いたり、時には、三段階同時に進行する場合もあります。


明日に、つづく。


[ニューヨーカー・アーカイブ]によるソニーTV・シリーズ総索引)←クリック

[ニューヨーカー・アーカイブ]によるフランス政府観光局シリーズ総索引)←クリック

[ニューヨーカー・アーカイブ]によるシーヴァス・リーガル・シリーズ総索引)←クリック

[ニューヨーカー・アーカイブ]を基にエイビス・レンタカー・シリーズ総索引)←クリック

[ニョーヨーカー・アーカイブ]によるVWビートル・シリーズ総索引) ←クリック

The Way Of Working That Works For Me (3)


Presended at the Eastan Annual Comnference

American Association of Advertising Agencies

Copy & Art Section

November 14, 1962

  Americana Hotel

   New York City  


f:id:chuukyuu:20110529215455j:image:w160:right The Way Of Working That Works For Me (3)


by STEPHEN O. FRANKFURT

  V. P. Executive Art Director Young & Rubicam, Inc.


Which brings us to what might be called the third

or PROJEOTION PHASE in solving a problem.

PROJEOTION, as I'm using it here, is the conscious

process-the process of projecting what you.

already know, towards solving the problem at hand.

Up until this point, we've been working ina nan

rational way. By non-rational, I don't mean ir-ra-

tional. But the time comes when you .can no longer

push papers or write personal letters, or make urgent

phone calls to your stock broker.


The time comes when you must apply the seat of

your pants to the seat of your cha,ir, and consciously

and rationally focus in on the problem.


 There are many people in our business who are

intolerant of what they think of as "procrastination".

As a matter of fact, the most intolerant are usually

the supposed "procrastinators" themselves. lost

creative people and I'rn excluding hacks――would

admit that they procrastinate. I'm sure there are

many in this room who consider themselves procrastinators.


I don't believe it. I don't think the early period of

Ingesting a problem and information; and then

Digesting its significant elements,arepro'crasti:nation.

During this period, nothing is put on paper to

prove you've been working. So what can you believe,

except that you've procrastinated? Not so. The

solution has been fermenting.


 In answer to Bill Bernbach's question, "What do

you do when you get stuck?" I walk around the problem.

I lookat it. I talk about it. I go for a walk.

I forget it. I go home and play with the kids. I go

to the rnovies.


Up Untill the Projection phase, when you tackle

your problem systematically, none of your thoughts

or observations. may have. seemed relevant to the

solution.

But now the mind starts to look for relevance.

It JutinouJ the mind stats to look Jorrelevance.

It starts to narrow down the search.

And here's where you separate the men from the boys.


 This phase of creating takes discipline.

And i'ts painful.

It calls for total application of the disciplined

self to start putting something on paper.

All of us have our ups and downs.

And the downs often come when a work block sets in,

when you get to a pointin the problem-solving where you

don't believe you have an idea, and you're convinced one

will not be forthcoming.


One way to start dissipating the block is to narrow

down the focus.

I know a writer who doesn't need glasses.

She has a pair of reading glasses which shewears

occasionally for reading very fine print.

But when she gets ready to put so mething on

paper, she puts on the glasses, which don't do a

thing for her vision, but she says it helps her to

close out everything around her which does not

fall within the limited range of the eyeglasses.


One of the Art Directors in our department tells

me that when he feels ready to start drawing, he

cleans everything out of his office that is not directly

connected with the assignment.

I always know when he's about to show up with a stack of

layouts because his wastebasket is filled with old magazines

and unread Contact Reports. Just as it's important to see-all

and hear-all during the early stages of the creation

process, so is it often helpful to see little and listen

to little that can distract you once you have really

started to put sornething on paper.


If it were up to me, I'd equip every Copywriter's

and Art Director's phone with a shut-off button,

so that they could turn it off completely when ready

to write or design.

This brings us back to such questions as these:

"Does night work payoff?" and "Do you do your

best work in the morning, or the afternoon, or after

hours?"


 I do my best work when I have to; when there's

a call for it.

So does any professional.

I think it was Richard Rodgers who was asked when he wrote

his songs.

He, too, said, "I write them when I have to."


 Now this may sound like a negation of everything.

I've been saying, but it isn't.

The phases of problem-solving I'm describing could take days or

even weeks or, in some rare instances, months.

But the entire four-phase cycle could also be telescoped down to

a matter of hours, or an hour, or even minutes.


The mind has the ability to jump hurdles with

amazing speed, and when the pressure is on and

the adrenaln is working――and, of course, provided

that the WrIter or Art Director has a professionalism

billt of experience, talent, and intuition-then

the solution can come qickly.

In fact, many creative people express surprise when

the first idea they come up with turns out to be the

best and most usable idea of all.


But that "first idea" didn't come out of a vacuum.

It comes by messenger from the well of knowledge

previously accumulated.


To return to the question, "Do you do your best

work in the morning, afternoon or after hours?" let

me say that it doesn't matter what time of day

it is, or what time of night, for that matter.

Once I start putting it down on paper, I don't want to

stop.

We are not an agency that keeps our people chained

in the cellar at night, with a keeper who comes around

and whips them at half-hour intervals.

But I would like to suggest that once you're moving,

don't break the pace.

If you do, just because it's five o'clock, then you have

to start all over again in the morning, getting the right

mind-set, and reorienting yourself to the problem.


It could work this way.

But usually, the first two phases work concomittantly.

And sometimes, the first three phases are all going on at

the same time.


to tomorrow.




Ads Series for Sony TV on [New Yorker's Archives](An index) ←clickAds Series for Chivas Regal on [New Yorker's Archives](An index) ←click

Ads Series for Avis Rent a car on [New Yorker's Archives](An index)←click

Ads Series for VW beetle on[New Yorker's Archives](An index)←click