自殺したメンヘラ神が書いていたはてなブログについて

はてブのお気に入りを見ていたら、あるツイッターのユーザーがブクマを集めているのが目に止まった。

メンヘラ神 (Q_sai_)さんはTwitterを使っています


リストカットで出血している写真などもあるので、閲覧には注意したほうがいい。
昨年11月から更新停止しているが、今日、元カレが自殺教唆で逮捕されたことが報道され、2ちゃんねるやはてなブックマーク等で話題になった。
ツイッターには自殺のきっかけになった元カレのLINEメッセージとともに、遺書のような最後のツイートが残されている。

f:id:chuunenh:20140221223416p:image
f:id:chuunenh:20140222083414p:image


(「善き人生を」の入力ミス?)





ツイッターやブログでは頻繁に「死ね」と罵られている光景を目にするが、時と場合をわきまえないと、最悪の場合こうして逮捕されることになる。

 スマートフォンで「死ねよ」などとメッセージを送り、交際相手の女性を自殺させたとして、警視庁三田署は...逮捕容疑は昨年11月8日午後6〜8時ごろ、スマートフォン向けの無料通信アプリ「LINE(ライン)」で、同級生の女子学生(当時21歳)に「お願いだから死んでくれ」「手首切るより飛び降りれば死ねるじゃん」などと計7回のメッセージを送ったとしている。女性は翌日午前5時ごろ、東京都港区の自宅マンション8階から飛び降り自殺した。


自殺教唆容疑:交際相手にスマホで「死ねよ」 慶大生逮捕 - 毎日新聞


LINEメッセージの証拠となるスクリーンショットが残っているので、警察も放置できなかったのだろうと思われる。
このニュースのブックマークコメントには元カレによるメッセージだけが原因とは思えないというコメントもあるが、彼女を追い込んだきっかけになったのは間違いない。

John_kit_tea John_kit_tea 「自分で切った手首の画像をTwitterで全世界に発信するような同級生の女子学生」であることも触れないと片手落ちだとは思う案件


hal9009 hal9009 「死ね」という言葉を投げかけた以上本当に死ぬとは思ってなかったという言い訳は通用しないということで良いのではないかな〜。


tanimiyan tanimiyan 相手が精神に病を抱えてたとかそういう事情があったとしても、「死ね」と言った相手が自殺してしまったらそれは自殺教唆で捕まる対象なんだなあ。



過去のツイートからは彼女が精神的に不安定だった様子が伝わってくる。
ハプニングバーに行ったことや、元カレと別れた直後に別の男と薬物を乱用したことなども告白しているため、2ちゃんねるでは「逮捕された男が可哀想」という見方もあるが仕方のないところだろう。






メンヘラ神のはてなブログ

彼女は慶応大学の学生で、メンヘラ系同人誌を作って文学フリマに参加するなど、ネット以外の活動もしていた。
ツイッターのフォロワーは3557人もいたので、フォロワーやその界隈では自殺したことは話題になっていたようだ。

「現代の、第二の南条あやと呼ばれた人が死んだ。」 え。 それが「メンヘラ神」さんでした。 私は、ばりばりの南条あや世代メンヘラでして 皮肉にも南条あやさんが死んだ年に、南条さんとそっくりな転落人生が始まってるんですが。 南条さんほどの人は現れないまま、 「自称」第二の南条あやがたくさんいたネット時代に やっぱり後に続けとばかりにホムペつくったりしてたのでした。


メンヘラ神は死んだ のか?(疑問形) - やさぐれ心のささくれ



また、彼女は2か月ほどはてなブログを書いている。
その後、更新が続くことはなかったものの、もし更新を続けていれば人気を集めたのではないかと感じた。
自殺した人の文章とはいえ自分のことを明るくネタにしているので、暗い気持ちになることはないと思う。

このブログのサブタイトルを読み上げてみよう。 『メンヘラのメンヘラによる大衆のためのメディアコンテンツ』と、こうある。 これは、メンヘラ神である私が、メンヘラではない皆さんに向かって、メンヘラ的思考や行動を掲げ、メンヘラをもっと身近に感じてもらおうとする、いわばメンヘラふれあい広場的なことをコンセプトにして作ったブログだ。 だがしかしだ、振り返ってみよう。 私がこれまでにした話は「オナニーが気持ちいい話」と「毛髪が死んだ話」、そして「Twitterが楽しかった話」以上の3つである。 メンヘラの話をしろよ!!! いつまでどうでもいい話してるんだよ!! あのでかでかと掲げたコンセプトは何だったんだよ!!頑張れよ私!!! というわけで今回は、皆さんお待ちかねのビバ!メンヘラ回です。待たせたね皆! 死ぬことはとても難しい。 毎日毎日Twitterを見ていて思うのは、これだけの人が「つらい」「死にたい」と言っていながらも毎日を惰性でなんとなく生きているのは、心から死ぬ気がないからではなく、死ぬことがとても難しいからだ。今、これを読んでる皆さんに「楽に死ねるボタン」をお配りしたら、きっと73%はためらわずに押してしまうだろう。なぜそんな具体的な数値が叩きだせたかというと、このブログを読んでる人にろくな人はいないだろうからです。急に読者をdisる。これもまたメンヘラならではですね!ビバ!メンヘラ回!! 話が逸れました。先に進みましょう。 死ぬことはとても怖い。しかも痛い。 それを進んでやろうとする人は、まず常軌を逸しなければならない。


宗教は救いにならない 自殺も救いにならない 愛だって救いにはならない 人を救えるのは常に人だ - 続!愛をください!


目を覆った両手はそのままに、私は人気の少ない校舎のトイレに入った。涙をぬぐって、私は先程のバイブを使ってオナニーをした。とても気持ちがよかった。性器ってすごい。宦官じゃなくてよかった。心からそう思った。 だから今、もし「死にたい」とか「消えたい」などと思っている人は、どうか私のことを思い出してほしい。そしてオナニーをしてみてほしい。大体の悩み事は消えてなくなると思う。それでもまだ死にたい人は、...に電話をしてくれ。自殺防止センターだよ。あたしもさっきお世話になった。おばちゃんっぽい人に「失敗は誰にでもあるわ!気にしないの!」って言われた。結構普通のこと言われる。 では今日はこのへんで。 私の持ち歩き用オナニーグッズ。 愛を込めて彼らのことをリトルボーイと呼んでいるが、たまに広島の人に怒られる。 絶望した時に発狂から救ってくれるのは、友人でもカウンセラーでもなく、プライドである。


絶望した時に発狂から救ってくれるのは、友人でもカウンセラーでもなく、プライドである。 - 続!愛をください!



このはてなブログのエントリーを読んでみると、文才があり、書いている内容も怖いもの知らずで、どうしてブックマークが集まらなかったのか不思議でならない(現在付いているブックマークのほとんどが報道後のもの)。
内面にこもるのではなく不安定な精神状態を前向きに表現に昇華しているように感じられる。
個人的にはかなり笑えた。

はてなブックマークはある程度万能だが、不思議と見逃されてしまい、まったくブクマが付かないこともある。
たぶん合計11記事とブログのエントリー数が少なかったのが原因ではないかと推測するが、ブログを書き続けていればホットエントリーもあったのではないだろうか。
Twitterアカウントの「Q_sai_」は救済だったのではないかという指摘があるが、もしブログを書き続けていたらどうなっていたのか………

才能が活かされないまま亡くなった一人のネットユーザーの死を悼みつつ。合掌。

コメント
0件
トラックバック
1件
ブックマーク
0 users

記事への反応(ブックマークコメント)

chuunenh
chuunenh

chuuの日記