Hatena::ブログ(Diary)

cafe シネマグランプリ RSSフィード

2011-02-03

電子書籍「月刊シネマグランプリ」発刊

いつも、「速報シネマグランプリ」をご愛読いただきましてまことにありがとうございます。

さて、しばらく準備期間をいただいておりましたが、本日2011年2月3日、電子書籍「月刊シネマグランプリ」に生まれ変わりました。

こちらのオフィシャルサイトから、ダウンロードできます。

http://cinemagpx.jp/

プレ創刊号は無料になっております。


参加メンバーは最多の41人。変わらぬご愛読を、なにとぞよろしくお願いいたします。

2011-01-02

レスリー・ニールセンのこと 高村英次(映画ライター)さん

インタビュー取材はあまり多くないのですが、その中で最も愛想良く接してくれ、非常に和んだ雰囲気で話をしてくれたスターがレスリー・ニールセン。世に名前が知られるようになってからも二流扱いされ、雌伏の時期が長く、「裸の銃を持つ男」(88)のオトボケ刑事ドレヴィン役で遅まきながらブレイク。

素の彼は非常に真面目な人。以前から俳優仲間に「君の目って、なんだか可笑しいよな」と言われ続け、ついにドレヴィン役で本格的な三枚目役に踏み出したのだが、その成功に気をよくして以後そのお間抜けキャラをスクリーンで通した。

お笑い好きな筆者が「人を笑わせることの難しさ、偉大さ」を一席ブッたら、大きな腕でギュッと抱きしめてくれて、大いに共感してくれた。

あの人を小馬鹿にしたような目、ポカンとした人を食った口元、そしてグルーミィな笑顔が忘れられない。谷啓さんや小林桂樹さん同様、レスリーさんも2010年、不帰の客となった(2010年11月28日)。心から合掌。

2010-12-10

「徳川夢声映画祭」を企画 高崎俊夫(編集者)さん

徳川夢声の傑作メモワール『くらがり二十年』『あかるみ十五年』(清流出版)の刊行に合わせて、来年1月9日より、ラピュタ阿佐ヶ谷で「徳川夢声映画祭」(仮題)を企画しました。トーキーの出現によって、活動弁士を廃業した夢声は、映画俳優として再出発します。PCLから初期の東宝映画では主役級で出演していますが、今回の特集では『坊ちゃん』『吾輩は猫である』『はたらく一家』『昨日消えた男』など戦前の名作、佳作を中心に22本を上映します。ぜひ、ご高覧ください。

徳川夢声のくらがり二十年

徳川夢声のあかるみ十五年

ラピュタ阿佐ヶ谷 徳川夢声特集 2011年1月9日(日)〜2月12日(土)

2010-12-09

「キック・アス」(2010)の最後の試写会で美少女ヒーローに拍手喝采 山田宏一(映画評論家)さん

「キック・アス」(2010)の最後の試写会で美少女ヒーローに拍手喝采

山田宏一(映画評論家)さん

http://www.kick-ass.jp/ 2010/12/18公開


なんだ、またもやスーパーマンものか、スパイダーマンものか、バットマンものか、その手のパロディーのまたパロディーのようなものかと思って見ているうちに(とはいっても、それだけでもたのしいのですが!)、まるでかつてのフランス映画「シベールの日曜日」(セルジュ・ブールギニョン監督、1962)のパトリシア・ゴッジの再来とも思しきおしゃまな美少女、13歳のクロエ・グレース・モレッツ(パトリシア・ゴッジは当時12歳だった)が11歳のスーパーヒロインとも言うべき女賊ヒット・ガールに扮し、めがね状の覆面をして皮ジャンを着こみ、黒マントをひるがえし、手裏剣からガトリング砲まで、必殺の武器、銃剣類を装備して登場するや、悪漢どもと死闘をまじえて、爆発的な痛快アクションと化すのです。タランティーノなど形無し、ジョニー・トーもリュック・ベッソンも真っ青といったところ。少女が単身、悪の巣窟に斬り込むシーンなど、「レオン」(リュック・ベッソン監督、1994)のナタリー・ポートマンを想起させると同時に、その後の首が飛び、鮮血が迸る凄惨な殺し合いの展開を予告するかのように、マカロニ・ウエスタン、「荒野の用心棒」(セルジオ・レオーネ監督、1964)のテーマ音楽がユーモラスに引用されるのです。引用といえば、最後にはジョン・フォード監督の「捜索者」(1956)でジョン・ウェインがナタリー・ウッドを抱き上げたときに言う、おそらくは映画史上最も単純で最も美しい名せりふ(「家へ帰ろう」)も準備されているのですが、それは見てのおたのしみということに。

たわいなくてバカバカしいコミック活劇と笑わば笑え。映画は活劇だ! 活劇バンザイ! よみがえれ、活劇!

「わたしの可愛い人――シェリ」(2009)を単館ロードショーの最終日に見て 山田宏一(映画評論家)さん

「わたしの可愛い人――シェリ」(2009)を単館ロードショーの最終日に見て 

山田宏一(映画評論家)さん

公開劇場はこちら http://www.cetera.co.jp/cheri/


すばらしかった。「危険な関係」(1988)以来のスティーヴン・フリアーズ監督、ミシェル・ファイファー主演のフランス文芸もの――女流作家コレットの文名を高からしめた小説「シェリ」の映画化です。フランス映画ではなく、全篇が英語のせりふとナレーションによる作品なのに、不思議にフランス的な、そして文学的な香りのある、佐々木涼子氏のコレット評(「集英社 世界文学大事典」)の表現そのままに「豊かな官能と繊細な抒情性」にあふれた、見ごたえのある傑作になったと思います。シェリの役をもし20歳のジャン=クロード・ブリアリが演じていたら、どんなに素敵だったろう、などという無い物ねだりの夢想、妄言はさておき、年上のココット(高級娼婦)を演じるミシェル・ファイファーの恋やつれならぬ恋づかれした肉体のエロチシズムには圧倒されました。

2010-12-01