橋本健二の居酒屋考現学

2007-10-05

classingkenji2007-10-05

[]三軒茶屋「兆治」

三軒茶屋のこの飲食店街を歩いていると、まず目にとまるのはこの「兆治」の赤ちょうちんである。中に入ると、壁に高倉健主演映画ポスターの数々。「居酒屋兆治」を初め、「夜叉」「駅station」「冬の章」など。一人で切り盛りするご主人が、健さんのファンなのだろう。メインの料理は焼きとんで、一一〇円が基本。豚トロや豚正は一五〇円。まずはホッピー(四五〇円)を注文する。L字型カウンターに七席、そして外壁に沿ったやはりL字型のカウンターに六席という小さな店だが、いつ来ても客がよく入っている。内側のカウンタークールビズの四〇代サラリーマンが三人、五〇代サラリーマンが一人、カジュアル姿の二〇代の若者三人組。外側のカウンターには、カジュアル姿の三〇代男性が一人。三〇代サラリーマン三人組は、仕事関係のばか話をしている。若者三人組は、風俗情報やらテレビの話やらで盛り上がる。酒はけっこう充実している。日本酒神亀初孫一ノ蔵などが六〇〇円。本格焼酎は栗丹波三岳唐変木などが五〇〇円から六〇〇円。甲類焼酎、つまり中おかわりは三〇〇円。酎ハイのソーダはニホンシトロンヤミ市の雰囲気を色濃く残すこの一角居酒屋としては、店構えも開放的で、比較的入りやすい店だ。