橋本健二の居酒屋考現学

2010-08-18

classingkenji2010-08-18

[]銀座「樽平」の冷や汁

浜松町から、銀座へ移動する。久しぶりに「樽平」へ行ってみることにした。

平日だからなおさらだが、サラリーマンが多い。この暑さだから、冷酒を二種類ほどいただく。肴は、たいがい注文することにしている漬け物の盛り合わせ、そして米沢料理という「冷や汁」。冷や汁というと、まず思い浮かぶのは宮崎料理だろう。これは焼いた白身魚を摺って、すりごま味噌などと混ぜ、潰した豆腐を加えた冷たい味噌汁で、キュウリ茗荷を浮かべて、ご飯にかけて食べる。

ところが、米沢冷や汁は、これとはまったく違う。干し貝柱と干し椎茸を戻し、汁ごと味付けし、ほうれん草のおひたしと合わせたものだ。これは夏の日本酒の肴としては、最高のもののひとつかもしれない。春に青森で買ってきた干し貝柱があったので、自宅でもやってみた。時間はかかるが、さほどの手間ではない。作り方の詳細は、ネットで調べればいくつも出てくる。凍みこんにゃくや凍み豆腐を使うことが多いようだが、貝柱と椎茸で十分だと思う。(2010.8.10)

中央区銀座8丁目7-9
17:00〜23:00 日祝休

ぐるぐるぐるぐる 2010/08/20 14:51 『居酒屋ほろ酔い考現学』を読み始めました。収入による外での飲酒率の推移とか、データを見せられると、ホント驚きです。

私自身、外で飲む回数は、この10年の間に、週5から週1くらいに減りました。結婚し子どもができた、会社が破綻し個人事業を始め身分が不安定になった、などいろいろな理由があります。個人史ですが、社会史とも重なっているのですね。

まだ初めの数十ページを読んだだけ。これから楽しませていただきます。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/classingkenji/20100818/1282088987