▼CLick for Anti War 最新メモ



(▼コメント欄が見やすい「携帯版ページ」は→こちら。
・・・忙しい毎日の片手間に、ちょっと戦争に反対してみる。
最短30秒からの反戦と平和のアクション。萌える反戦運動!
だいたい1日に10分くらいで、鼻歌まじりに更新していきます。
▼ホームページ ▼旧HP跡地 ▼サイトマップ ▼CL.A.W.ギャラリー ▼アンテナ ▼ブックマーク
▼管理人:九郎政宗 (ID:claw) clawsince2003「@」yahoo.co.jp ←スパムよけに@を「@」にしています。送信時は元にもどしてください。▼プロフィール

▼従軍慰安婦  ▼嫌韓下流
【リンク→】 ▼Yahoo!News「イラク」 ▼Yahoo!News「パレスチナ」 ▼日本史▼『国が燃える』弾圧事件 ▼南京大虐殺&百人斬りFAQ ▼『イヌxワンGP』 ▼BBC ▼阿修羅 ▼2ちゃんねるイラク板 ▼「荒らし」最終解決 ▼2ちゃんねる検索


 | 

2005-01-11 戦争なんか、デキッコナイスよ

▼[AML 0088] バンダアチェで発砲、インドネシア国軍兵士が負傷

@aml

http://www.asahi.com/special/041227/TKY200501090116.html より

>8日午後10時ごろ、インドネシア・ナングロアチェ州バンダアチェの市街地で、

>発砲があり、軍関係者によると、国軍兵士1人が負傷した。(以下略


>インドネシアへの自衛隊派遣が事実上何の議論もなく決定されましたが、

アチェでは以前より「自由アチェ運動」という武装反政府勢力とインド

ネシア政府軍との衝突が続いています。

自衛隊がどういう装備でアチェへ行き、行って何をするのかは本来なら

慎重に検討しなければならないことです。積極的にインドネシア軍に加

担することはないとしても、インドネシア軍と反政府勢力の間の戦闘に

巻き込まれる危険はないとはいえません。

>下手をすると自衛隊に犠牲が出る可能性もないとはいえません。それを

どうやって避けるつもりなのか。

なにより、自衛隊の海外派遣が、根拠法も曖昧なまま国会での議論もな

し政府の一存で決定されること自体がまともとはいえません。

国会議員の皆さんはまだ正月休みですか?

・・・YOSHIDA, Hiroshi氏、きょうは言ってることがマトモだ(@∀@)

▼スマトラ地震救援情報ブログ 

http://quakesma.exblog.jp/

・・・おもに国連・国際機関およびNGOの支援活動を紹介&分析。率直な批判もある。


・・・自衛隊をサマワその他に派兵する時などの論拠に用いられるロジック、

軍隊の特徴は「自己完結性」にある」、というのは

ウソ・大げさ・まぎらわしい表現であるような気がする。

だいたい「自己完結」という言葉にウソがあるのが一つ。

補給を絶たれて本当に孤立したら軍隊はやっていけない。

そもそも「自己完結」という、軍隊の専売特許ではないものを、あたかもそうであるかのように言うのは

欺瞞、あるいは無知の産物というべきだろう。

もちろん、「自己完結していること」と、「災害支援に役立つこと」とが必ずしもイコールではないことは言うまでもない。

▼<スマトラ地震>自衛隊派遣1000人規模に 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050107-00000008-mai-pol

海自の艦艇は、陸自ヘリなどを積み込んだあと12日ごろ横須賀港(神奈川県)などから出港する予定。陸自派遣先のスマトラ島北部で活動を本格化させるのは今月下旬になるとみられる。

▼<ウクライナ>軍がイラク撤退決定 今年前半に - 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050111-00000004-mai-int

▼モハマド君急きょ帰国へ イラクの国情不安定化で(共同通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050110-00000040-kyodo-soci

>負傷した左目の手術のため、昨年11月から再来日しているイラク人少年モハマド・ハイサム・サレハ君(10)が、今月末だった帰国予定を急きょ15日に早めたことが10日、分かった。

>モハマド君を支援している静岡県沼津市の一杉真城さん(59)は「イラク国内の情勢が一層不安定になったことなどが理由」としている。

>一杉さんによると、モハマド君が来日後の昨年末父親のハイサムさん(33)が武装勢力に一時拘束され、疎開先の家が相次いで爆撃された。モハマド君の精神的ショックは大きく、9日に静岡県内で開かれた歓迎のサッカー大会を欠席したという。

>また、30日に控えたイラク国民議会選挙の影響で、国内情勢がさらに不安定になり、国境が封鎖され帰国できなくなる可能性もあるという。

・・・彼の実家はファルージャにある。ひどすぎる。


▼(過去記事)性犯罪データベースのオンライン公開は合憲か?@ホットワイヤード

http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20020613205.html

>「性犯罪者オンライン・データベースのおかげで、人々は街から逃げ出していった」と語るのは、ACLUニュージャージー支部で法的問題責任者を務めるエド・バロカス氏だ。性犯罪者の住所をオンライン上で公開するのは、プライバシーの侵害だとするバロカス氏の主張が認められ、ニュージャージー州の性犯罪者オンライン・データベースでは、性犯罪者の住所は郡で示されており、番地までは明らかにされていない。

>「ニュージャージー州だけでも、職を失ったり、自宅に押し掛けてきた人に殴られたり、いやがらせを受けたりしたケースがある」とバロカス氏は言う。「情報が公開されていることが問題なのではない。問題はどこまで公開するかだ。世界中からアクセス可能な点にも違憲性がある」

>さらに、オンライン・データベースに収められた情報が不正確だったため、罪もない人々が被害を受けたケースもある。犯罪者が引っ越しをする際、その旨を警察に届け出ることが、法律によって義務付けられている。しかし、中には転居届けを怠る者もあり、それが悲惨な結果を招くこともある。たとえば、テキサス州のオンライン・データベースで、住所の記載ミスが原因となり、道徳心に燃える一団が、ダラス在住の罪もない知的発達障害者の男性を襲うという事件が発生した。被害者の前の住人がたまたま性犯罪者だったのだが、転居の届け出がなかったため、データベース情報更新されていなかったのだ。

・・・『未来世紀ブラジル』だ。

おそらく、日本ではミーガン法(にあるような性犯罪者の所在公開制度)は現実的ではないだろう。イラク人質事件の被害者にさえ人権を認めない「人権ぎらい」の人々が、どんな騒擾を(あるいは陰湿な圧力を)引き起こすかは目に見えている。

もっとも、官庁や警察自身にしても、ミーガン法のような制度を維持する自信はないらしい。

▼性犯罪者の情報で温度差 警察庁と法務省 (@産経新聞) じつは共同通信

>法務省が把握するのは出所者の最初の居住地で、転居を繰り返せば居所を常に把握するのは困難。警察庁内にも「実効性がある制度の構築は無理ではないか」と導入に否定的な意見がある。

>ある警察庁幹部は「出所者は刑を終えた段階で一般人と同じ。法的な裏付けなしに監視し続けることが可能だろうか」と指摘。実現しても「管内の前歴者が再び性犯罪を起こした場合、批判されるのは目に見えている」と警察署の負担が大きくなることを懸念している。

・・・犯罪情報を公開すること自体には、犯罪を抑止する力などない

それにこだわる人々は、実は単にみせしめ・いけにえが欲しいだけなのかもしれない。

みせしめ・いけにえを血祭りにあげることには、「なんとなく安心できる」という精神的効用がある・・・なにひとつ問題が解決していないにもかかわらず。

しかし、児童を暴力の被害者にしないためには、迂遠でも実効性ある他の方法を考えないといけないのではないか。


(きのうの分の再掲)・・・『ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?』の漫画版を読んだ人は、感想を送りましょう。

週刊少年マガジン ドキュメントコミック係御中

メールアドレス dcn@kodansha.co.jp

・・・まだの人は漫画喫茶ででも読むといいです。


・・・ネット上のデマに対抗する方法、それは正しい情報へのリンクトラックバック

私のように、絨毯爆撃コピペ(@∀@)までする必要もないと思うが、まあそこは個人の判断で。

▼「在日の就業と生活保護の統計まとめサイト」はデマサイト@当代江北日記

http://d.hatena.ne.jp/Jonah_2/20050108#p1


>「児童小銃」のなんばりょうすけ(id:rna)さんのエントリ

http://d.hatena.ne.jp/rna/20050106#p3

在日の5人に1人が生活保護を受けているというのはデマ」ということだ。

>昨日、ヤフー掲示板から以下のエントリアクセスした人が多かったようなので。

http://d.hatena.ne.jp/Jonah_2/20040827

>これも書き直したほうがいいかな(応急処置として、なんばさんのURLを貼っておく)。

>しかし、何にしても生活保護を受けているのは特権階級だ!羨ましい!」という論理は俺には理解不能だ。

・・・「生活保護をもらったら勝ちかなと思っている」人たちなんでしょうね。(@∀@)


在日コリアンの生活実情に関連して、以下の情報も紹介しておこう。

「かつて、日本から北朝鮮への『帰国運動』が熱狂的に推進された背景は何か」について。

▼ Re: 外国人障害者への年金差別@aml

高橋亨です。

>当時、日本で在日の北朝鮮への「帰国」を推進した人たちには、大別して

>(1) 韓徳銖議長に代表される、当時の総連幹部

>(2) 総連の末端活動家たち

>(3) 日本人の活動家たち(佐藤勝巳氏など)

>(4) 日本政府関係者(政治家官僚、日赤関係者等)

>がいます。これらは分けて考えないといけないでしょう。


>北朝鮮の党・政府と直接連絡を取り合っていた総連幹部が、北朝鮮の実情

について何も知らなかったとは思えません。少なくとも「地上の楽園」など

と言えない状況であることは分かっていたはずです。

>彼らは「知っていて騙した側」である疑いが濃厚です。

>末端の総連活動家たちは、上から言われるがままに、躍進する「祖国」の

建設を信じていたのでしょう。そうでなければ手弁当で一軒一軒同胞の家を

訪ねて「帰国」を説いて回るような活動はできません。

>それに、彼らもその生活実態においては一般の在日と変わるところはあり

ませんでした。そもそも、いくら総連が組織をあげて旗を振ったところで、

一般の在日民衆に日本での生活を捨てて北朝鮮に行きたくなる理由がなけれ

ば、あのような熱狂的な運動の盛り上がりはあり得なかったはずです。

>では、その「理由」は何だったのか。

>当時の新聞雑誌に現れた在日の声をいくつかひろってみます。(記事中

には「北鮮」「朝鮮人部落」等の差別表現が含まれていますが、ここではあ

えてそのまま引用します。)

産経新聞1959年2月2日

在日朝鮮人 総数は60万人 八割が慢性の失業状態

| 総数六十万にのぼる在日朝鮮人のうち、その八割が慢性の失業状態におかれ

| ている。(略)現在、子供総数十五万、そのうち就学しているものはわずかに

| 二万三千という。「せめて子どもだけは自分たちのようなみじめな目にあわ

| せたくない」というのが、かれら父兄たちの願いなのだが―。(略)

毎日新聞1959年2月16日(投書):

| (略)私をふくめましていま在日朝鮮人の多くはその日その日をどうやって過

| ごしていくかに骨身をけずる思いの最低の生活をしております。一刻も早く

| 祖国の暖かいふところへ…というのが唯一の念願です。(略)生活上、子供

| 教育上深刻な心持ちで“きょうか、あすか”と帰還の日を待ちわびながら仕

| 事も手につかずにいる私たちの心情をくんでくださって、日本政府の決定が

| 具体的に実行に移される日が一日も早くなりますよう日本の皆さまのご協力

| を願ってやみません。

朝日新聞1959年6月12日

◎北鮮帰還 朝鮮人部落の表情

| (略)

| 朴さんは戦争前、日本で生活の道を見つけようと夫とともに移住してきたが、

| 土工などの職を見つけるのがやっとだった。(略)現在までくず拾いを続けて

| きた。苦しい中から長男と次男を高校に入れ、死ぬ思いで卒業させたのに、

| 朝鮮人だという理由で就職が出来なかった。長男はようやく朝鮮人学校の先

| 生になったが、次男は卒業後二年間、いまだにブラブラしているという。

| 南鮮の出身で、思想的背景もほとんどない朴さんだが、こうした実情を「職

| も未来もある北鮮に一日も早く行きたい」と語る顔つきは意外に明るかった。

| (略)

| 金さんの夫は早大を出て朝鮮人学校の先生をしており、一万円を少し越える

| 収入があるうえ、金さん自身も内職や雑役に出るので生活はどうにかできる

| が、自分が小学生時代に受けた屈辱は思い出してもいたたまれない。また学

| 歴や能力がありながら、就職先のない青年たちが身近かに何人もいるので、

| 自分の子供にはこんなにがい思いをさせたくないという。「日本そのものは

| 好きですが、やはり帰ります」と金さんの意思は固かった。

週刊朝日1959年12月27日

◎日本よ、さようなら 『北朝鮮帰還』第一船の船出

| (略)日本人の夫と別れ、二十一になる長女をかしらに四人の子供を連れて帰

| 還する○○さん(42)は、(略)「私にとっては悪夢のような十一年間でした。

| いま振り返っても、日本は恐ろしい所だという印象しか残っていません。

| (略)私の力では、これ以上日本にいても、子供たちをどうしてやることもで

| きません。皆様にめいわくをかけるだけだし、子供たちにとっても決して幸

| 福は来ないでしょう。(略)両親そろっていてさえ、なかなか満足な教育を受

| けさせるむずかしい日本で、朝鮮人である母親一人では、もう限界です。

| (略)私も子供も、日本人なのです。しかし、このままでは、子供の将来がか

| わいそうでならない。これから先の教育は、あちらにお願いする方が子供

| 幸福でしょう。それにしても、日本には、真面目に働きたい貧しい青少年

| 希望を満たすような職場が、なぜこのように少ないんでしょうか」というの

| が○○さんの偽らざる日本への別れの言葉なのである。

| (略)

| 「(略)洋裁店を開き、子供大学四年まで進み、ちょっと見た目には、日本

| の中に完全に溶けこんでいるように見えたでしょう。しかし、子供が大きく

| なるにつれて、私が朝鮮の生まれであることは隠せないし、子供にしても、

| ウソをついてまで就職することは良心が許さないというのです。万一うまく

| 就職できたとしても、すぐバレることだし、その時どんな仕打ちを受けるか

| を考えれば、子供にとっては何の希望もない生活です。

|  昔は、子供が大きくなってお嫁さんでももらったら、私一人だけ籍をぬい

| て朝鮮に帰ろうと考えていましたが、主人が十年前になくなった上、子供

| 将来もないということで悩んでいました。

| (略)私はともかく、子供にまで、母が朝鮮人であるということで、こんなに

| 差別されるというのは、どういうことでしょう。日本の政治が、も少し何と

| かなっていたら、第二の故郷である日本を捨てることにならなかった。私た

| ちのようなケースでも安心して暮らせる日本に、一日も早くなってほしいと

| 思います」

| (略)子供の○○さん(25)は来年三月には大学卒業するのだが、「日本の学

| 士号なんて、私には何のタシにもならない。それよりも早く平壌の法科大学

| に通学して、将来は弁護士になりたい」と明日への希望で一杯である。

「楽園天国北朝鮮」の幻想が、差別的日本社会への絶望の裏返しであった

ことがよく分かります。日本にいる限り、将来に何の希望も持てない。当時

在日にとって、「希望」は北朝鮮にしかなかったわけです。騙されたとい

うより、それを信じるしか生きていく道がなかったのでしょう。


>一番分からないのが、日本人の活動家たちが何を考えて「帰国」運動推進

に取り組んでいたのかです。上のような声が一般マスコミに載っているくら

いなのだから、日本社会の在日に対する理不尽な仕打ちを彼らが知らなかっ

たはずはありません。しかし、一緒にこの社会を変えよう、差別をなくして

ここで共に生きていこう、と「帰国」する在日を引き止める日本人は、ほと

んど誰もいませんでした。


日本政府関係者について言えば、彼らは北朝鮮が「楽園」であろうがなか

ろうが、どうでもよかったのだろうと思います。「彼らの大半は日本の経済

がどうなろうと慢性失業化している。日本を去るより救済の道はない。捨て

ておけば病人、死人すら出ることは明らかで、この解決が人道問題であるゆ

えんだ」と力説した井上日赤外事部長(産経新聞1959年2月13日)、「(在日

への生活保護で)年間27億円を支給している。日本としては船賃持ちでも帰

国したもらった方が負担が少ない。それに、このままでは社会不安の大きな

原因となるだろう」と語った厚生省社会保護課の発言(東京新聞1958年12月

16日)などが、その本音をよく表しています。

>また、既に1955年頃の段階から日本政府や有力政治家(芦田均、岡崎勝男、

重光葵他)が日赤を通じて在日の北朝鮮への大量「帰還」を赤十字国際委に

働きかけていたことが、昨年情報公開された赤十字国際委の秘密文書で明ら

かになっています。(朝日新聞2004年9月16日)


>ちなみに、当時の悪役は、在日の「北送」に強硬に反対していた李承晩独

裁政権下の韓国でした。

・・・

>当時の新聞を読んでみると、その頃の日本を覆っていた「気分」がよく分

かります。例えばそこには、腰ミノひとつの裸に鉄砲をかつぎ、拿捕した日

本人漁船員を人質にとってタバコをふかす「となりの李さん」なるマンガ

描かれていました。韓国と北朝鮮が逆転しているだけで、相手国を嘲笑し、

自らの責任を棚上げにして「人道」のためと称して「国論一致」で間違った

政策をとろうとしていることには何の違いもありません。

>当時も今も、日本政府、日本社会の韓国・北朝鮮・在日に対する対応は一

貫して間違ったままです。

高橋

>*対抗言論のページ*

http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/

・・・早船ちよの小説『キューポラのある街』には、「帰国運動」の持つ「希望」の空気が描かれたエピソードがある。

その「希望」が虚像であったことは、今では言うまでもない。しかしまた同時に

日本における在日コリアンの「絶望」、その鏡像でもあったということか。


▼日本は何人養える?@ShinShinoharaの日記

http://d.hatena.ne.jp/ShinShinohara/

>「日本は何人養える?・・・一問一答」

>Q1. 日本だけで、どれくらいの食糧が生産できますか?

>A1. 石油が現在と同じ値打ちで手に入るなら、9,000万人分くらいは大丈夫かも知れません。1960年代は食糧自給率が非常に高かった(カロリーベースで79%(1960年))頃ですが、このときそのくらいの人口でした。しかし、石油が高騰するなど、手に入りにくくなると、3,000万人も難しいかも知れません。

>Q2. なぜ石油と食糧が関係あるのですか?

>A2. 肥料や農薬を作るのに石油が必要です。農業機械を動かすのも、輸送手段もそうですね。

>Q3. どのくらい石油が必要なのですか?

>A3. 「土のはたらき」(岩田進午著)によると、化学肥料などを使う現代農法では、収穫物の2.6倍(1970年)のエネルギーを投入しなければなりません。1キロカロリー分のお米を作るのに必要な石油は、2.6キロカロリーだということです。化学肥料・農薬・トラクターで育てたお米は、石油でできている、といってよいでしょう。 ・・・

・・・

>Q10. では、輸入がなくなっても米を食べればよい、という話は無理なのですか?

昔はそれができていたのですよね。

A10. 実は、お米を主食にすることができた歴史は、とても浅いのです。大正の末くらいからです。それまではムギやヒエ、アワなどの雑穀が重要な食糧源でした。満州や朝鮮半島から食糧を輸入(当時は強制的移送)するようになって、日本人ははじめてお米を主食にすることができました。

>第一次大戦後、シベリア出兵の噂でお米が暴騰し、富山県魚津で主婦たちによる米騒動(1918年)が起きたのが発端だそうです。これにあわてた政府が、朝鮮半島から米を大量に日本に運び(強行に近い)、そのかわりに満州からアワを送っていたようです。朝鮮半島でできるお米の約半分(45.3%)が日本に移送されました(「日本農業100年のあゆみ」暉峻衆三)。日本人が国民的にお米を主食にすることができたのは、このときからでした。ちなみに朝鮮ではそれまで一人あたり0.7石のお米を消費(1915〜1919年平均)していたのに、日本への移出以降、0.44石(1930〜1936年平均)まで落ち込みました。

>この歴史的事実だけ見ても、日本のお米だけでは充分な人口を養えないことは明らかです。

・・・

>Q15. 日本は不景気といっても、インドネシアとは比べものにならない大国です。

食糧のような安価なものを心配することはないのでは?

A15. 大国といっても、虚像の部分が大きいと見ることが重要です。今の日本の円は不換紙幣といって、金(きん)と交換できた昔の兌換紙幣と違い、日本に対する信用だけで値打ちが保たれています。信用がなくなれば、不換紙幣はもともと紙切れでしかありませんから、1,400兆円あるといわれる金融資産も、全部紙切れになります。

>Q16. 日本がそんな簡単に経済破綻するでしょうか?

>A16. その兆候はいくつもあります。たとえば日本の政府が抱えている借金は1,000兆円に上ります。今は公定歩合という、金利を決める基礎になるものがほとんどゼロですから、借金の利払いも少なくて済んでいます。しかし、いずれ金利は正常化せずにはいませんから、そうなると借金の利払いだけで、40兆円を超えてしまいます。国の一年の税収が45兆円ですから、もう「経営破綻」している状態です。倒産の宣告待ちをしている段階です。 ・・・

・・・

>Q21. 日本はこれから、どうすればよいでしょう?

>A21. 長期、中期、短期の時間軸と、地域サイズの空間軸に分けて考える必要があるでしょう。

短期的には、海外諸国と良好な関係を築くことではないでしょうか。特に、隣国の中国や韓国は今後も経済の発展が予想されます。日本が苦況に陥ったときに、頼りになるのはこうした国々だと思います。

>次にどのサイズの地域を考えるかですが、日本全体となると、非常に難しいと云わなければなりません。日本が迎える可能性の高い危機は財政破綻であるため、国の政府そのものが十分機能しうるか、分かりません。従って、日本全体での対策も重要ですが、道府県レベル以下のサイズで対策を練ることが現実的でしょう。 ・・・

・・・農業経済学の暉峻衆三先生。こんなところでご尊名を見るとは。

日本という国は、今やえらそうに戦争なんかできる立場にはないという事実は認識しておいたほうがいい。

うしうし 2005/01/11 00:52 生活保護は神経が図太くないと辛いもんだし、それに「在日の5人に1人が生活保護」だったりしたら就業差別のせいだと左翼団体が大騒ぎですよ。それなりに社会のことが判っていたら計算ミスもすぐ気付くでしょうに。

名無し名無し 2005/01/11 00:56 上海市場では5年半ぶりの安値を記録しましたけどね。
中国の経済発展なんて所詮バブルです。じきに崩壊
するのは目に見えています。そもそも、農業経済学の
教授に、これからの世界経済の行方なんて予想できっこ
ないのですから、暉峻衆三氏の言葉の受け売りは如何と
思いますよ。

Jonah_2Jonah_2 2005/01/11 01:14 中国経済が崩壊したら大変ですね。

ななしんななしん 2005/01/11 02:01 九郎は在日不逞鮮人。
九郎は在日不逞鮮人。
九郎は在日不逞鮮人。
九郎は在日不逞鮮人。

clawclaw 2005/01/11 03:36 ななし便衣兵の荒らし厨房がキレてるな(@∀@)

暉峻先生の論説>>>>越えられない壁>>>>無知な名無しのソース無しカキコ

悔しかったらすこしは使える情報を持って来いw

wouldbewouldbe 2005/01/11 12:56 中国経済の好況、まあバブルでもいいですけど、その高い経済成長率のおかげで日本の一息つけたのに、どうしてその崩壊を期待するんでしょうね。
中国の経済成長が停滞して、国内では消費税率アップに恒久減税の廃止ときたらまたぞろマイナス成長になりますよ?

moemoe 2005/01/11 13:24 久々来たよ。なんか寂れてるね。『イヌxワン・グランプリ』は何時やるんだよ。双方からあいてにされてねーじゃん。

liufeng219liufeng219 2005/01/11 14:12 「中国の王駐日大使も会いたいとか、いつでもどうぞ。お二人とも!」http://www.enpitu.ne.jp/usr9/bin/day?id=98044&pg=20050105

誰が絶つのかな?誰が絶つのかな? 2005/01/11 15:16 >補給を絶たれて本当に孤立したら軍隊はやっていけない。

敵軍とでも? 救援活動なのに? 第一軍隊ですら補給を絶たれる状況で民間組織の補給が可能とはとても思えませんが?
大丈夫ですか? 頭膿んでませんか?

liufeng219liufeng219 2005/01/11 18:31 「自己完結性」という言葉の欺瞞を指摘してるんだと思うよ。的外れ。

的外れとは的外れとは 2005/01/11 18:44 「自己完結性が損なわれる状況下に今回置かれるのか」ということを無視して「補給が絶たれれば機能しなくなる」と当たり前のことを言ったり、「今回そうなると思ってるの?」という指摘に「的外れ」と茶々を入れる人のことですね。

liufeng219liufeng219 2005/01/11 19:18 そんなに意地張らなくてもいいのに…。上と下とで言ってること違ってるじゃないか。上「民間組織の補給は不可能」下「今回そうなるの?」
的外れな発言はどう繕おうとも的外れなままですよ。

精神的文盲?精神的文盲? 2005/01/11 19:23 「第一軍隊ですら補給を絶たれる状況で」という前提条件がありますね。その場合「民間組織の補給が可能とはとても思えませんが?」と続く。
一々注釈をつけないとこのくらいのことも理解できませんか? 無論、これは今回軍隊の補給が絶たれるということを意味しない。

liufeng219liufeng219 2005/01/11 19:28 つまらんね。はやく軍隊の「自己完結性」を証明しなさい。そしてその自己完結性が災害支援を担保するということもね。

supermotinisirasupermotinisira 2005/01/11 19:30 そんな発言し続ける限り負けではないと思い込んでるliufengにかまってあげても、こないだの俺みたいに疲れるだけですよ・・

いやいやいやいや 2005/01/11 19:35 無意味な質問を連発して相手の嫌気を誘うliufeng219君の知能障害ぶりを楽しんでるのですよ。「自己完結性」を「完全に自己完結」と九郎たんともども読み違えてる(あるいは意図的にすりかえてる)様は、実に滑稽滑稽。

liufeng219liufeng219 2005/01/11 19:44 つまらんね。で、軍隊の自己完結性および災害支援への担保の証明はまだかね?本題から離れて別の話題にすり替えようとするから「的外れ」だと言っているのだがまだ理解できないようだね。

最初から摩り替えてませんが?最初から摩り替えてませんが? 2005/01/11 19:54 実際に自分の頭で軍隊やNGOなどいろんな組織が被災地で活動する際に必要なもの、不足するものをどう補うかをシミュレーションして御覧なさい。その知識も想像力(妄想力ではなく)もないなら、口を出すたびにバカを標榜するも同然ですよ?

liufeng219liufeng219 2005/01/11 19:56 なるほど、ご主張を撤回なさるわけですね?では、次の質問。「救援活動だから敵軍が補給を絶つことはない」を証明しなさい。自分の言ったことだから当然できますよね?

質問を質問で返すアホ発見〜質問を質問で返すアホ発見〜 2005/01/11 20:12 まあ、質問の対象は九郎たんですけどね。「誰が絶つのかな?」と言う質問の回答例として「敵軍とでも」と挙げられてますね。
「補給が絶たれれば役に立たない」と言ったのは九郎たんで、じゃ、誰が絶つの、と質問が上がった。それに「敵軍が絶たないと証明しろ」と言うことは、liufeng219たんは「敵軍が絶つ可能性がある」と主張してるわけですね? あると言うからには、あることを証明してください。「ないことの証明」は悪魔の証明で不可能ですから。

liufeng219liufeng219 2005/01/11 20:22 >「ないことの証明」は悪魔の証明で不可能ですから。
おいおい、自分自身でも証明できないことを主張していたのかい?そりゃ気違いでっせ(笑)
あることの証明は実に簡単。サマワでもアチェでも救援活動そのものに反対する現地勢力がいることはよく知られた事実なんだよね。もちろんその他の地域でも同様の事情がある。ニュース見てればそんなアホ発言しなくて済んだのにね。ご愁傷様です。

liufeng219liufeng219 2005/01/11 20:27 産経【「日本語力」低下 4年制私大、国立さえ… 「留学生以下」お寒い大学生】は誤報でした。
http://oak.zero.ad.jp/bee/sansuu/okasii/okasii.html

さいきゆみさいきゆみ 2005/01/11 21:35 .
















http://note3.nifty.com/cgi-bin/note.cgi?u=GZJ03116&n=16300
ギャルゲの少女を陵辱しているのは、少女の人権を無視した行為だというのに、
キャラクターに人権はない
と言うてきた。 こういうのをお宅の詭弁っていうねん。
返事しておく。
あなたは 例えば日本人のキャラクターが けちょんけちょんにアメリカのコミックで「日本人だ」という理由で、裸にされてもてあそばれていたら
それは日本人の人権を無視されたことにはならないと 思われるのでしょうか?
私は日本人として非常に不愉快だと思います
あなたの娘が キャラクターにうりふたつで、それをモデルに 虐待の漫画に登場したら 腹が立ちませんか?
そういうことを近藤さんは言っておられます。
日本語についての感受性が馬鹿なエロゲーしていることで衰えておられるのでは?
文学にふれてみてはいかがでしょう。
あなたがそういうメールしているのが全世界の笑いものになっている事実を認識されては?
本名も名乗らないで 偉そうに物を言い、陰で悪口言い合っているのなら、
あなたも本名であなたの考えを新聞に投稿されては?
正々堂々とあなたの考えをテレビで顔を出して言ってみてください
さいきゆみ  
それしたら、ちーとは話をする気にもなるぞ。























.

なんかここなんかここ 2005/01/11 21:37
寂れてるとこをムリヤリ盛り上げようとしてるね。
必死でコピペしてるclawって馬鹿みたい(笑

またどうせまたどうせ 2005/01/11 21:42
一般人が消え失せたページで知障の信者どもに囲まれて
電波を飛ばして悦に入るんだろうなw
liufeng219なんて完璧に電波モードに入ってるしな。
前は少しは理屈の通じる奴だったんだが、今は詭弁術しか使わなくなったしw
それがマトモな人間を遠ざけている事にも気づかないで・・・(大笑い

liufeng219liufeng219 2005/01/11 21:52 んー?↑コレは私に論破されて未だに恨んでる誰ぞ、かな?まあ、記者クラブの問題点をしっかり理解してから来なさい。それがメディアリテラシーってもんだよ。

まあ、所詮この程度の奴ですがまあ、所詮この程度の奴ですが 2005/01/11 22:05 >>「ないことの証明」は悪魔の証明で不可能ですから。
>おいおい、自分自身でも証明できないことを主張していたのかい?そりゃ気違いでっせ(笑)

おいおい、補給が絶たれれば軍隊は機能しない(そりゃ、あらゆるものは機能しないに決まってる)と当たり前のことを言い、「じゃ、今回は絶たれるの?」と聞いてるだけだが?
絶たれると思うなら絶たれる可能性を論理的に説明すればいい。それだけのことなのに、相手に無理矢理悪魔の証明をさせて勝利宣言しようとしてるliufengたんの滑稽発言をコピペしとくか。
---------------
# またどうせ 『
一般人が消え失せたページで知障の信者どもに囲まれて
電波を飛ばして悦に入るんだろうなw
liufeng219なんて完璧に電波モードに入ってるしな。
前は少しは理屈の通じる奴だったんだが、今は詭弁術しか使わなくなったしw
それがマトモな人間を遠ざけている事にも気づかないで・・・(大笑い』 (2005/01/11 21:42)

# liufeng219 『んー?↑コレは私に論破されて未だに恨んでる誰ぞ、かな?まあ、記者クラブの問題点をしっかり理解してから来なさい。それがメディアリテラシーってもんだよ。』 (2005/01/11)
---------------
前の発言が記者クラブとつながると思ってるバカさ加減もさることながら、「本気で」今まで相手を論破してると思ってるネジのはずれっぷり。
妄想の挙句、理想郷を幻覚に見てるようだね。お〜、よちよち。

liufeng219liufeng219 2005/01/11 22:16 話をそらそうとしてもムダ。ないことを主張しようとした時点でお前さんアウト。もしかして自分が論破されてないと思ってるのかな?

「救援活動だから敵軍が補給を絶つことはない」→「ごめんなさい。悪魔の証明でした。ないとは言い切れません」
「軍隊には自己完結性がある」→「ごめんなさい。完全な自己完結ではありませんでした」
「実に滑稽滑稽」→「ごめんなさい。私が間違ってました。もう許してください」
で、結局キミはなにかを証明できたのかい?反論できてるつもりなのかい?

   2005/01/11 22:27 http://www.kobe-np.co.jp/kyodonews/news/5011101003371.html
http://big.freett.com/fabricatedairing/tbs1102projectx.swf

liufeng219チャンliufeng219チャン 2005/01/11 22:30
・・・もうキミの「○○を理解してから来なさい」戦術は誰にもバレバレなのよね(笑
哀れなピエロをこれ以上続けるつもり???w
本当に楽しい子だねキミってww

liufeng219liufeng219 2005/01/11 22:33 おっ、またも敗北宣言ですか?ご心中お察しします(笑)

    2005/01/11 22:36  
..と言えば勝ったと思う厨ってどうなのかね?w
相変わらずliufeng219くんって楽しい子だねえw

   2005/01/11 22:36
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA%E8%AB%96%E4%BA%89
南京大虐殺論争
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ま、なんであれclawやliufeng219だの、それ以下の信者どもだのの知識障害社は
まずはこれを読んでから何か言えって事だw

で、肝心ので、肝心の 2005/01/11 22:38
僕のへの反論はできたのかな?w
もう何日も経ってるのに、いまだに反論がないってことは、
文脈が理解できなかったのかな?w
だったらもう一度言おうか??(笑

じゃ、liufengじゃ、liufeng 2005/01/11 22:41 ちゃんの
根拠のない勝利宣言をここにどうぞ! 反論できないなら勝利宣言するしかないもんね!w

liufeng219liufeng219 2005/01/11 22:41 ん?「肝心の僕のへの」って何?生憎こちらは電波受信機を備えておらぬので何のことやらさっぱり?(笑)

liufeng219liufeng219 2005/01/11 22:57 おおっと、コレのこと言ってるのかな?
>そして「自作自演の可能性」を書いた個人Blogに対し執拗な嫌がらせをしたのは、自称「平和運動家」の人間ばかりであり、その逆はなかった。
んじゃ、まず「その逆はなかった」を証明してもらわねばならんね。
こっちはこれ出すよ。いやー、あった証拠を出すのは実に簡単でよろしいねぇ。
http://www.kinokopress.com/shiryo/iraq.htm
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terutell/iraqhostagebbsstudy/iraqhostagebbsstudyrefe r01.htm

名無し名無し 2005/01/11 23:03 このクロウってバカは国際緊急援助隊派遣法もし知らないのか。
しかも自衛隊がスマトラで戦争すると勘違いして継戦能力の
概念まで持ち出してやがる。
釣りじゃなけりゃ完全に厚顔無恥なクズ野郎だな。

さて、ただいまからここはさて、ただいまからここは 2005/01/11 23:08 liufeng219たんの痴態・痴話ショーの舞台となりました。わはは。厚顔無恥な痴人のliufeng219たん、もっとやってくれ。

liufeng219liufeng219 2005/01/11 23:10 とうとう壊れたか(笑)

名無し名無し 2005/01/11 23:17 アレコレ読むのめんどくさいけど何が言いたいのここで
暴れてる人は。
武装ゲリラに襲撃されて補給が続かなくなるから自衛隊はスマトラに派遣するなってか

liufeng219liufeng219 2005/01/11 23:30 読む気がないなら訊ねるなよ(笑)

読んでもわからんでしょ読んでもわからんでしょ 2005/01/12 00:07 「補給が絶たれれば役立たずだから軍隊を送っても無意味」と言うから「誰が補給を絶つの?」と聞くと「補給が絶たれないと証明してみろ!」と意味不明なことを言い出す。
そのことを指摘されると勝利宣言。病院行ったら?

liufeng219liufeng219 2005/01/12 00:17 捏造しかできんのかね。一体どこのだれが「補給が絶たれれば役立たずだから軍隊を送っても無意味」なんて言ってるんだい?

サヨクがよくわかる記事サヨクがよくわかる記事 2005/01/12 11:53 http://www.bund.org/opinion/1083-5.htm
>  左翼の人々に特有の決まったコードがあって、そのコードにあったものだけが「生きた言葉」だと、特定の左翼集団の中だけで再現前化=リプレゼント(represent)される。

liefeng219が呆れた近視眼的な質問ばかり繰り返すのも、clawたんたち平和活動家が根拠不明に情報のフィルタリングをする理由もよくわかりますね。
まあ、liufeng219なぞはしょせんclawたんのclawback(おべっかつかい)ですがね。

liufeng219liufeng219 2005/01/12 16:02 あの…そこは否定的文脈ではないんですが…(机上の空論ではない、という意味)。同じページから引用するにもそれに対するクリティカルな部分があるだろうに(なぜ生きた言葉が駄目なのかという説明)、文脈も分からず飛びつくとそういう生き恥を晒すことになるので注意した方がよいかと。

liufeng219liufeng219 2005/01/12 20:08 さらに言えば、
> サヨクがよくわかる記事
ここにいう「よくわかったところのサヨク」こそが仲正のいうエクリチュールに他ならないのであって、要するに現実を把握することの困難さを述べる記事から真実らしき何事かが「わかる」わけがないのだよ。とはいえ仲正自身も同じ失敗をしていて、彼のいう「左翼的場面」というのも何らかの実態を把握した言葉ではなかったりするのだね。
http://plaza.rakuten.co.jp/ksyuumei/diary/200501120000/
_

ううーんううーん 2005/01/13 13:40 なんでもカナダの災害派遣部隊DARTがソフトパワーだけで実際の被害地では役立たずじゃん!って叩かれてたよ。そういう意味で軍隊は自己完結なんじゃないの?

 | 
「憲法9条で、アタマ悪い『対テロ戦争』をかしこくサボろう
「愛国心とか夢見てんじゃねーよw
 国家は国民を守らない。君の生活とか老後は特に。」
「日の丸・君が代とか強制してると国が滅びますよ!(@∀@) (例)大日本帝国」