▼CLick for Anti War 最新メモ



(▼コメント欄が見やすい「携帯版ページ」は→こちら。
・・・忙しい毎日の片手間に、ちょっと戦争に反対してみる。
最短30秒からの反戦と平和のアクション。萌える反戦運動!
だいたい1日に10分くらいで、鼻歌まじりに更新していきます。
▼ホームページ ▼旧HP跡地 ▼サイトマップ ▼CL.A.W.ギャラリー ▼アンテナ ▼ブックマーク
▼管理人:九郎政宗 (ID:claw) clawsince2003「@」yahoo.co.jp ←スパムよけに@を「@」にしています。送信時は元にもどしてください。▼プロフィール

▼従軍慰安婦  ▼嫌韓下流
【リンク→】 ▼Yahoo!News「イラク」 ▼Yahoo!News「パレスチナ」 ▼日本史▼『国が燃える』弾圧事件 ▼南京大虐殺&百人斬りFAQ ▼『イヌxワンGP』 ▼BBC ▼阿修羅 ▼2ちゃんねるイラク板 ▼「荒らし」最終解決 ▼2ちゃんねる検索


 | 

2005-10-28

・・・いくつか参考になる記事があるのでメモ

立花隆メディア ソシオ―ポリティクス

バックナンバー

http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/

# 第51回 東大の産学共同研究センターで人間サイボーグの実験台に立つ (2005.10.20)

# 第50回 新・世界一借金小泉デフレ政権の正体 (2005.10.12)

http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/051012_defla/index2.html

>いまの日本の財政構造を、一般会計と特別会計ひっくるめて、一言でいえば、国に入ってくる税金をすべて年金の支払にまわしてしまい、残りの政策経費はすべて借金(国債)でまかなっているというに等しいことになっているのだ。このような無理なとりつくろいが長続きするわけがない。

>このような待ったなしの異常事態に直面しているというのに、小泉首相はなおも人気取りのために逃げの姿勢に徹しつづけ、それでいて、見せかけだけは、「改革」の騎士のごとき風を装いつづけてきた。このような小泉首相の政治姿勢は、ズルを通りこして、ほとんど詐欺かペテンの域にまで達しているといっていいだろう。

# 第49回 小泉強権政治がもたらす「自由」と「民主」の末路 (2005.10.11)

# 第48回 自民党をぶっ壊す! 小泉首相後継者選び (2005.10.07)

# 第47回 霞が関キャリア官僚が明かした小泉「ポスト郵政」の本気度 (2005.09.29)

# 第46回 衆院選自民圧勝で見えてきた小泉05年体制の危険な兆候 (2005.09.27)

# 第45回 対日戦争勝利記念式典に思う日本と中国、その原点と未来 (2005.09.05)

http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050905_nittyu/index3.html

>現代日本人の知識の中でほとんど欠落しているのが、あの日中戦争はどのような戦争だったのか、あの戦争をはじめたとき、日本人はいったい何を考えていたのか、あの日中戦争はどのように展開したのか、という最もベーシックな知識である。

>それは若い人からも、年配の人からも欠落している。若い人は無教育故に、年配の人は情報の欠落故に(戦中も戦後も日中戦争の実態は日本国内でほとんど伝えられなかった)。

。若い人のためにいっておけば、あの時代の日本は、あわよくば中国全土を征服して、中国に天皇制を押し付け、大日本帝国の一部にしようとしていたのである。・・・

# 第44回 今どきナンセンスな公職選挙ネットは解禁でなく義務化せよ (2005.09.02)

# 第43回 車社会アメリカが切り開くiPodネット近未来 (2005.08.25)

# 第42回 ザ・タイムズ紙の豹変に新聞の来るべき未来を見た! (2005.08.25)

# 第41回 イラク“3兆ドル戦争”がアメリカにもたらしたもの (2005.08.22)

# 第40回 全米にイラク反戦のうねり キャンプ・ケーシーに注目!

(2005.08.20)

・・・


内閣総理大臣 小泉純一郎殿


もしも神様が私の前に現れて、「小泉純一郎か、辺野古沖のジュゴンか、どちらか一方の命だけを救ってやろう」とおっしゃったなら、私は迷わず「ジュゴンを救ってやってください」と返答するでしょう。

アメリカのイラク侵略戦争に加担して、何万もの人命を奪う手伝いを今だにやってるような戦争犯罪人よりも、罪のないジュゴンの命を助けてやってください。

そりゃあジュゴンだって生き物ですから、海草なんかを食べますが、

http://www.yanbaru.ne.jp/~dugong/marsh0617.html

http://www.hokudai.ac.jp/science/science/H14_08/seibutu/Mukai-lab.html

それがそんなに罪でしょうかね?」と。


[][]米軍基地から辺野古の海を守ろう

▼米軍基地から辺野古の海を守るためあなたにできること

(@グリーンピースジャパン

>■ブッシュ大統領・小泉首相へあなたの声を届けましょう!

>基地建設をとめるために、私たち一人ひとりにもできることがあります。ブッシ

ュ大統領や小泉首相へ「基地建設に反対!」のメッセージを届けるサイバーアク

ションに、世界中から約2万人の方が参加しています。たった3分でご参加いただ

けます。ぜひ、今すぐあなたもメッセージを!

サイバーアクション

辺野古の海を守ろう 〜サンゴ礁の海に米軍基地はいらない〜

http://www.greenpeace.or.jp/cyberaction/okinawa/?gv


▼ サンゴとジュゴンの海を守ろう!米国大使館前で緊急行動!

>昨日10月26日、日米政府間で、沖縄・辺野古沖に建設予定の米軍基地の沿岸案が合意され

ました。基地の面積は当初の計画より縮小されましたが、この計画がサンゴを破

壊し、ジュゴンを絶滅の危機へと追い込む危険性は変わりありません。グリーン

ピースは、同日、計画を全面撤回するよう米政府に求めるアピールを行いました。

>今月17日、グリーンピーストーマス・シーファー駐日米国大使へ計画の中止を

求めるため、面会を求める手紙を発送していましたが、大使館からの返事は「回

答の必要なし」というものでした。

>そして、昨日は、基地建設地が日米で合意されると報じられていたため、グリー

ピースでは、米国大使館を訪れ、大使館秘書に再度手紙を手渡すとともに、大

使館前で「Save The Dugong, Stop The Airbase(ジュゴンを救え!基地建設

対!)」のメッセージを書いたのぼり旗や、プラカードを掲げ、アピール行動を

行いました。

>大使館秘書手紙を手渡したグリーンピースUSAのジェレミー・パスタは、「絶

滅危惧種の生息する海に軍施設を建設するようなことなどアメリカ本国では絶対

に考えられない。同じことが日本の沖縄で許されて良いわけはない!」と、改め

建設見直しを強く求めました。

>対応した秘書官は「大使は不在だが帰国次第手紙を手渡すので、一週間後に電話

をください」と答えました。

>アピール行動の様子はこちらから

http://www.greenpeace.or.jp/press/2005/20051026_html?gv

>これまでの活動(ビデオクリップ集)

http://www.greenpeace.or.jp/info/features/okinawa/video_html?gv



・・・イラク開戦以来の米兵の死者が2000人を越えた。(25日)

▼<全米各地>イラク駐留米軍の撤退など求め反戦集会(毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051027-00000085-mai-int

・・・爆笑問題・太田光が『TVbros.』のコラム『天下御免の向こう見ず』で、ふたたび「テロに屈するな」というスローガンを取り上げた。「アメリカは『テロに屈するな』と言いながら、証拠もコンセンサスもなく戦争を開始して、国際秩序を破壊した。民主主義社会の秩序を国際関係にも適用したならば、とてもこんなことはできなかったはずだ。このような秩序の破壊こそテロリストの思う壺であり、『テロに屈した』ことになるのではないか?」と。

テロ特措法が1年再延長 参院、海自の給油支援継続

(@共同通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051026-00000051-kyodo-pol

あるいはhttp://www.asyura2.com/0510/war75/msg/868.html

・・・これも↑実際には「アメリカによる侵略戦争の支援行為」であり、つまり日本は侵略国家の一員として戦時下にあることになる。イラクで大量破壊兵器が見つからず、アフガン・イラクで占領軍による市民虐殺が発生している以上、もはや「国際貢献」「テロ対策」などという言い訳は通用しそうにない。


[]改革ファシズムを止めに行こう (10/4)

▼[アピール]改革ファシズムを止めに行こう

@「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」

http://nokoizumi.exblog.jp/1385350/

>どうしても見過ごせず、声を上げなければと切羽詰まらされたのは、日本のマスコミ政権と一つの「束」になったからである。郵政民営化の是非を問う選挙と言いながら、テレビは郵政民営化反対論は排除して放送しようとしなかった。初めから「改革賛成」ありきであり、郵政民営化は支持が前提であり、報道番組キャスターたちは反対論をカメラとマイクから遮断し、視聴者の目の前で郵政民営化批判の議論を躊躇することなく乱暴に封殺した。テレビ朝日の古館伊知郎、TBSのみのもんた。目撃者は何千万人といるはずだ。日本のテレビは朝鮮中央テレビのようになり、選挙を前にして郵政民営化賛成が「多数世論」として当然視され、反対論は「抵抗勢力」の愚論として異端化された。選挙で勝つ方がマスコミによって最初から決められた。こんな異常事態はこれまでなかった。放送法の中立原則があからさまに無視侵害され、それに異を唱える者が(勇気を出して声を上げた森田実を除いて)誰も出て来なかった。

>日本の民主主義を守るためにはネットの中に世論を興す以外にない。ネット世論の力を作り、マスコミ情報操作を暴露し相対化する以外にない。マスコミ全体主義的な政治誘導と世論捏造にストップをかける言論の力を作る以外にない。そう決意してこのブロガー運動を発起した。日本の民主主義を殺し、日本人を不幸にする「改革ファシズム」を止めなきゃいけない。いまマスコミと国会で「改革」と呼ばれて翼賛されている政策の中身は、従来の日本語の言葉である「改革」とは全く異なる意味のものである。それは社会をよくするものではなく悪くするものである。福祉制度の破壊であり、国民大衆からの収奪であり、米国への植民地従属である。近代市民社会古代奴隷社会に逆戻りさせる政策と運動の標語が「改革」である。我々はそれをまず「改革ファシズム」と呼び、その言葉を広く人口に膾炙せしめ、象徴言語たる「改革」のイデオロギー性を暴露してゆく。「改革」と「ファシズム」の二つが熟せしめられたこの言葉と表象が人々を説得するとき、「改革」は言語の魔力を失って政治的に没落するのだ。


※これを読んで「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」に参加しようという人は、以下のURLにトラックバックを。(上記アピールにトラックバックがつく)

http://noKoizumi.exblog.jp/tb/1385350

・・・おくればせながらこの同盟に参加してみようと思う。

ところで「日本の民主主義を守るためにはネットの中に世論を興す以外にない」という、その気概やよし。ではあるが、ネットにおける言論というのは戦争で言えばゲリラであるということも忘れてはいけないのではないか。よく言われるようにゲリラ戦は敵の正規軍の戦力を分散・消耗させることはできても、完全に無力化させ、あるいは撤退させることはできないゲリラ戦は味方の正規軍を側面支援することはできても、正規軍による総攻撃に代替することはできない。そういう見地から提案するのだが、いまや「ネットから路上」ということを考えるべき時なのではないか。「小泉の改革を止めるな」などという、あのふざけた自民党のポスターを圧倒するだけの質と量を持ったポスターやイベントやアクションが、路上展開されなければならないのじゃないだろうか。


・・・JR新宿駅のガード下トンネルに貼りまわされた、様々なバンドのステッカーを思い出してみよう。あるいは渡辺文樹監督映画の宣伝ポスター(?)でもいい(たった一人で街の空間を塗り替える、あのパワーを見習うべきである)。2ちゃんねるマトリックスoff、あるいは「ジョジョの奇妙なoff」のアピールを参考にしてみよう。


・・・もうひとつ。

自民党のいう「改革」に対置しうる言葉を提起すべきだ。

いまや「改革」という言葉には中身がない。中身がないからこそ、人々はその中身を勝手に「よろこばしいもの」として幻想してしまう。実際には、その中身は人権擁護法案や消費税増税や年金の「やらずぼったくり化」や障害者「自立」支援法や国民の個人財産(郵便貯金)の収奪だったりするわけだが、「改革」という言葉はそれらとはあたかも無関係であるかのような響きを持つ。

ならばこちらも、自民党の「改革」なみに空虚な言葉を対置すべきではないだろうか。(@∀@)

もちろん「『小泉の改革』って、ぶっちゃけ何だった?」といった方向の、理性的なアプローチ重要ではあるのだが、それだけでは足りない。つまり「考えさせるアプローチ」だけでなく、「考えさせないアプローチ」もまた・・・。

まあ一種の思考実験として、考えてみてはどうだろう。

   2005/10/28 05:12 小泉を殺したからといってジュゴンが助かるわけではないのにジュゴンと小泉の命を何故天秤にかけるのか理解できんです
人類に生まれついた時点で生活廃水工業排水自然破壊、他の生物に迷惑かけまくっている人間が何を言っているんだと
ジュゴンの命か自分を含む人類の半分の命とかならまだ納得行くんですが

>自民党の「改革」なみに空虚な言葉
日本をあきらめないとか政権交代とか今までも沢山あった気がしますが

↑ 2005/10/28 05:56 >>自民党の「改革」なみに空虚な言葉
>日本をあきらめないとか政権交代とか今までも沢山あった気がしますが
またそうやって相対的な話にするw
恥ずかしくないんか? 民主党ごときに相対的に優位に立ったつもりでいて。
あんなもんに相対的に優位に立ったとしてもなんの自慢にもなりゃせんよ

ひでえなひでえな 2005/10/28 09:52 アルジャジーラの密告者に成るよう強要  米軍が拘束中の同社カメラマンに [アルジャジーラ]
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/931.html

ところで「小泉を殺す」ってどこに書いてある(藁
相変わらず荒らしは日本語嫁無い

考えない九郎考えない九郎 2005/10/28 10:54 >つまり「考えさせるアプローチ」だけでなく、「考えさせないアプローチ」もまた・・・。

ま、「(九郎の言う)反戦ってなんだ?」「(九郎の)主張が通れば戦争がなくなるのか」ということも理性的に考えられない九郎たんがこんなこと言っても説得力皆無だよね〜
所詮は骨髄反射で場当たり的に噛み付くだけの狂犬。と言ったら狂犬に失礼か。少なくとも狂犬は相手に傷を負わせられるが、九郎はネットの片隅できゃんきゃん吠えるだけ。
理性的に現実を見られないから夢想妄想しか口に出来ず、夢想妄想し各地に出来ないから何も実現できない。
まあ、現実に立ち向かえない立派なヒキコモリサヨクってことだ。

↑ 2005/10/28 11:38 clawをサヨ認定しているから、念のため言っておくが、ウヨサヨというのは相対的観念だからな。
他人にサヨ認定するってことは、裏を返せばウヨ宣言しているのと同じだからな。

バカばっかバカばっか 2005/10/28 11:56
じゃ、なんにも問題ないんじゃん。
これまで九郎政宗が何度も「ウヨク」「ネットウヨク」と相手を呼んだのに、それも覚えてない? あんたさんの理屈で行けば、九郎はとっくに「相対的に自分がサヨクだと宣言していた」んだよ。自分でそう宣言してるからそう呼んであげただけだけど?
それとも自分で「相対的に宣言した」相手をその宣言どおりに「サヨク」と呼んであげるのも「相対的に宣言した」ということになるのかな? じゃああなたも相手を「相対的にウヨクだ」と言った時点で「相対的に自分はサヨクだ」と宣言した事になるなw
名無しのサヨクさん、乙w

防備男防備男 2005/10/28 21:39 ウヨサヨ云々は、先に相手にレッテルを貼った方が負けでしょう。侮蔑的なレッテル貼りは議論の放棄と同義ですから。
さて、日本のマスコミが政権と一つの束になったなんて言いぐさには、開いた口が塞がりません。単に民主党が不甲斐なかっただけでしょう?実際、議席を減らしたのは民主と公明だけで、社民や共産でさえ議席を維持ないしは増やしている始末。また、これだけの大差は、民主・小沢氏が導入させた小選挙区の産物です。で、選挙の結果、多くの議席を得た与党の政策に報道が集中するのも当然です。与党だけで議案を通せるだけの議席があるのですから。
それを忘れて「改革ファシズム」などとは笑止。小泉自民がダメだとしても、それより情けない党に賛同せよと言うのでしょうか?民主主義の結果の否定、まさに「反革命ファシズム」。冒頭にも言いましたが、「ファシズム」というレッテルを貼った時点で負けですねw
ネットでのゲリラ戦術とは、Claw師お得意のピンポンダッシュのことですか?それだけでは勝てないことにようやく気付いたのですねw路上での展開って、路上デモもまだまだありますよ?みんながデモの趣旨に賛同せず、盛り上がらなくなっただけです。他人に言う前に、Claw師が率先してデモに駆けつけ、盛り上げるべきでしょう。まずは11・6小泉打倒の大集会へGO!
http://www.zengakuren.jp/flyer/flyer_files/050914zen_flyer.htm
「考えさせないアプローチ」…あ、「無防備マン」のことかwそれはさておき、そんなアプローチは以前から反政権側も使ってますよ?「革命」「侵略」「謝罪」…国民がこれらの言葉に中身がないと気付いた結果が昨今の「右傾化」なのではないですか?小泉の「改革」に中身がないなら、国民はまたそれに気付くことでしょう。前回選挙は、国民は小泉より民主党に中身がないことに気付いただけのことです。
ま、ヘリネタなど数々の自爆を披露されたClaw師のアプローチに「考えさせるアプローチ」なんてあったのかが最大の疑問ですがw

さすがさすが 2005/10/28 21:56 両足を拷問で切断された脱北者のニュースに対し、同情の言葉もなく
># claw 『なにかカンチガイしてるのか、あるいは無知なのか、

>過去ログ読んでないからか知らんが、

>残念ながら、いくら北朝鮮ネタを貼ったところで、

>こちらは痛くもかゆくもねー(@∀@)

>むしろおまえさんたちの二枚舌と不作為こそ恥じるべきだなw』

と、コメントをつけるclawさんは違いますね。
人間よりもジュゴンですか。

clawさんがclawさんが 2005/10/28 22:25 ・・・「自由主義社会」(@∀@)を守れ!!としてhttp://d.hatena.ne.jp/claw/20050306でご紹介のパワー・トゥ・ザ・ピープル!!ですが、26日付のblog(http://wind.ap.teacup.com/people/545.html)で「。それに輪をかけて、石原宏高の頭の悪さにはあきれかえる。どっかの途上国に行って政治家やって欲しい。」と書いています。
どんな意味なんでしょうか?

 2005/10/28 22:44 ジュゴンの生息数が激減したのは今まで繰り返された開発や環境破壊、漁師の網漁によるもので
そこらをすっ飛ばして基地建設に文句を言うあたりの似非エコロジストっぷりには反吐が出る

 | 
「憲法9条で、アタマ悪い『対テロ戦争』をかしこくサボろう
「愛国心とか夢見てんじゃねーよw
 国家は国民を守らない。君の生活とか老後は特に。」
「日の丸・君が代とか強制してると国が滅びますよ!(@∀@) (例)大日本帝国」