▼CLick for Anti War 最新メモ



(▼コメント欄が見やすい「携帯版ページ」は→こちら。
・・・忙しい毎日の片手間に、ちょっと戦争に反対してみる。
最短30秒からの反戦と平和のアクション。萌える反戦運動!
だいたい1日に10分くらいで、鼻歌まじりに更新していきます。
▼ホームページ ▼旧HP跡地 ▼サイトマップ ▼CL.A.W.ギャラリー ▼アンテナ ▼ブックマーク
▼管理人:九郎政宗 (ID:claw) clawsince2003「@」yahoo.co.jp ←スパムよけに@を「@」にしています。送信時は元にもどしてください。▼プロフィール

▼従軍慰安婦  ▼嫌韓下流
【リンク→】 ▼Yahoo!News「イラク」 ▼Yahoo!News「パレスチナ」 ▼日本史▼『国が燃える』弾圧事件 ▼南京大虐殺&百人斬りFAQ ▼『イヌxワンGP』 ▼BBC ▼阿修羅 ▼2ちゃんねるイラク板 ▼「荒らし」最終解決 ▼2ちゃんねる検索


 | 

2007-09-06

コスメ売り場の一角が大変なことに

[rakuten:create-sd:10023479:detail]

美肌一族 ゴージャス艶グロス 美肌紗羅

美肌一族 ゴージャス艶グロス 美肌紗羅

[asin:B000UE5OMK:detail]
小説 美肌一族

小説 美肌一族


アメリカのイラク侵略戦争とは何か? 一枚の写真が教える

▼戦争の意味を問う一枚の写真 「海兵結婚」 花嫁の視線の先にあるもの(机の上の空 大沼安史の個人新聞

http://www.asyura2.com/07/war95/msg/366.html

・・・精神的苦痛注意。

一説によれば戦場の兵士の怪我の理由として最も多いのが「火傷」であるという。

自衛隊給油をイラク戦争に転用?・・・テロ特措法 (江田けんじNET)

http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/680.html

▼米軍支援、対日感謝を決議=慰安婦謝罪要求後の「埋め合わせ」−下院時事通信

http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/692.html

↑要約すると、「大日本帝国ってのは女をムリヤリ売春させたクズ野郎だな。ところでおまいら、俺らのイラク・アフガン侵略のケツモチをしてくれてどうもありがとう」(@∀@)

▼テロ対策特措法延長を阻止し、日本の政治の基本を平和主義に戻す第一歩を踏み出さなければならない(森田実の言わねばならぬ)

http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/690.html



「税金のムダ遣いをしない市長はやめさせろ!」近年まれに見るトンデモ議員たち

▼東大阪市で長尾市長に不信任決議を突き付けた、愚か者の自民・公明議員と民主の一部4名の議員(さるのつぶやき)

http://saru.txt-nifty.com/blog/2007/09/4_5688.html

>16日告示23日投票の東大阪市議会議員選挙があることをいいことに、東大阪市議会は、長尾市長の不信任決議を成立させました。欠員2名で現在議員48名いる中、賛成38名、反対10名です。賛成したのは、自民・公明の議員の全員と民主の議員7名中の4名です。日本共産党の議員はもちろん4名全員が反対、民主の議員も7名中の3名が反対しました。

>冒頭に市議会議員選挙があることをいいことにと書いたのは、不信任決議が成立すると市長が10日以内に議会を解散しない場合は失職し、50日以内に市長選が実施されることになっており、市長により議会が解散される可能性があるため、任期途中に不信任決議を成立させると議員の方が損をする可能性があるので、敢えてこの時期を選んで不信任決議を成立させたのが見え見えだからです。どうせ選挙だから解散されても失うものはないという訳です。

自民・公明の議員全員と民主の4名はまことに情けない、政治的信念も何もなく、あるのは党利党略と自分の保身だけという、まさにクズ議員であることを自らの行動で証明して見せてくれた訳です。

>しかもこの不信任決議の内容が論理的に矛盾した、笑いものにならざるを得ないような代物です。

>というのは、長尾市長は、昨年7月の市長選挙当選したばかりの共産党員市長ですが、「24億円もかける上下水道庁舎の建設市民の声を聞いて見直します」ということを公約の1つに掲げて当選しました。

>ところが、今回の不信任決議は冒頭で「長尾淳三市長は実現不可能な多くの公約をかかげて当選したが、その実現を信じ一票を投じた多くの市民の期待をことごとく裏切ろうとしている」として、長尾市長が公約を実現してないと非難しています。

>しかし他方で同じ決議の中で「上下水道局庁舎の建設中止をはじめ、市が行う数多くの事業について、独善的な市政運営をすすめてきた」と上下水道庁舎の建設見直しという公約長尾市長が実行したことを非難しているのです。

論理的に成り立ちません。・・・

・・・この手の「嫌がらせ不信任案」つうのは最近見ないと思ったが。

さっそく抗議アクションを準備するか(@∀@)



瀬島龍三とシベリア抑留の闇(天木直人ブログ 9/6)

http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/696.html

>・・・私が瀬島龍三という人物について関心を持つのは、もっぱら軍人としての瀬島である。それもシベリア抑留時代に旧ソ連とどのような関係にあったか、その一点においてである。

>もう20年ほど前の話になるが、ノン・フクション作家保阪正康が書いた「瀬島龍三参謀昭和史」(文芸春秋)を読んだ時の衝撃が忘れられない。それは一言で言えば、シベリアに抑留された日本兵を瀬島はソ連に売り渡したのではないかという疑惑である。・・・


[]日本を戦争に巻き込もうとした男:続報

・・・以下[rawa-j]メーリングリスト[01196] より転載

シビリアンコントロール無視・法の支配無視の

下記佐藤正久議員の駆けつけ警護発言問題については、

私も昨日の記者会見に参加しましたが、

佐藤氏は「あくまで過去現場での思い・・・法を無視する意図はない」

(8/17 東京新聞)などと言っていますが、

昨日公開した資料『武器使用権限の要点』によって、彼の個人的な考えなどではなく、

自衛隊組織的に違憲・違法行為を行おうとしていたことが明らかになりました

佐藤正久参院議員の発言要旨

 「(オランダ軍が攻撃を受ければ)情報収集の名目で現場に駆け付け、

あえて巻き込まれる。巻き込まれない限りは(武器使用が可能な)

正当防衛緊急避難の状況はつくり出せない。

普通に考えて手を差し伸べるべきだという時は行ったと思う。

日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろうと」



また、私も関与している下記HP

この問題に関連する様々な資料や論評等を載せています。

http://www.news-pj.net/


昨日、記者に公開した内部資料です。

非常にわかりやすい資料です。

http://www.news-pj.net/siryou/2007/bukisiyoukengen.html

昨日のTBSの報道映像あり)は、下記です。

http://news.tbs.co.jp/20070822/newseye/tbs_newseye3640194.html

北海道新聞

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/45025.html

本日東京新聞の記事などは以下のヤメ記者弁護士のブログで見ることができます。

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/m/200708


昨日の会見には、メディアは20社以上も来ていたにもかかわらず、

今のメディアの状況を反映し、

今日の紙面は一部メディアを除いて寂しいものがありました。

ただ、改憲問題を考える上で、今年一番の問題とも言える佐藤正久発言と

資料の存在が明らかになったことについては、

(どうやって触れるかなどについてはまだ考えていませんが)

イラク特措法の国会審議に向けて、

もっともっと問題をこの問題を知らせていく必要があります。


なお、佐藤氏の本「イラク自衛隊戦闘記」(講談社)によると、

派遣命令が(平成15年10月末)先遣隊に出された当時

佐藤氏は、陸幕の教育訓練部教育訓練班長であり、

隊員を教育する側の責任者だったことがわかります。

(同書12頁)

おや、おや、 2007/09/06 19:31 nenecoconenecoが出てきませんね? 自分の非を認めるのがはずかしくて出てこれないのでしょうかね?w
http://d.hatena.ne.jp/claw/comment?date=20070726#c

今日のclaw今日のclaw 2007/09/06 19:44 コメント行数、五行。

おえ・半チョおえ・半チョ 2007/09/06 22:30 マジで飽きたな…σ(TεT;)ナイチャウヨ・・・

ここ来るのが苦痛で苦痛で仕方ない

コメント付ける気も起きない…殆どED状態

当たり前だが、共感も反発も関心すら…

参った

この機械のように単調な反体制・反権力罵倒

何がマズイんだろう…政治的立場や人格の薄っぺらさはさておき、作ってる本人も惰性だろ

でも、それだけじゃないな…何が原因でこんなにつまらないブログになるんだろ?

   2007/09/08 20:35 中学校武道必修化と神戸高専剣道実技拒否事件について

http://yy31.kakiko.com/test/read.cgi/x51pace/1189250798/

神戸高専剣道実技拒否事件(こうべこうせんけんどうじつぎきょひじけん)とは、公立学校の生徒が
自己の宗教的信条に反するという理由で、必修科目である剣道の履修を拒否したため留年処分となったうえに
次の年も留年処分となったため、学則にしたがいその退学処分にした処分に対して、違法であると取消しを求めた
国家賠償法に基づく損害賠償請求訴訟である。
学校教育における信教の自由の保障が争われた憲法学上著名な判例のひとつである。

中央教育審議会:「武道」必修化を大筋了承
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20070905k0000m010041000c.html

神戸高専剣道実技拒否事件
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E9%AB%98%E5%B0%82%E5%89%A3%E9%81%93%E5%AE%9F%E6%8A%80%E6%8B%92%E5%90%A6%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 | 
「憲法9条で、アタマ悪い『対テロ戦争』をかしこくサボろう
「愛国心とか夢見てんじゃねーよw
 国家は国民を守らない。君の生活とか老後は特に。」
「日の丸・君が代とか強制してると国が滅びますよ!(@∀@) (例)大日本帝国」