板前日記

静岡県浜松市にある割烹弁いち  TEL:0120-88-2216
静岡県浜松市 割烹 弁いち
ご案内
今月のお料理
お酒
ご予約
メール

2017年02月22日 (水)

[] 終活?


20年ほど前、仕入れで毎日顔合わせる四人 がいました。


私を含めた四人は全く同年代の生まれで、1人はお寿司屋さんを開業し、1人は和食店を、1人は大きなホテルの寿司部門を任されていました。


毎朝7時半には仕入れに集まるという仕事のスタンスも似通っていましたし、何よりそろって真面目一徹の仕事ぶりで、私など刺激を受けることたっぷりでした。


当時はこれがいつまでも続くと思っていたのです。 が、15年後にはお寿司屋さんは家族の問題や体調の問題などで人気だった店を閉めざるを得なくなりました。


大きなホテルの寿司職人さんもホテルの営業形態の変更によりやめていかれました。


そしてつい先日、長く真面目な和食店を営んでいた料理人は、この秋に料理店を占めることを決断 されたと聞きました。お客様が同じように老齢化し、外食を控えるようになり、何よりパートナーである奥様が仕事に疲れ果ててしまったそうです。


これで残ったのはとうとう私だけ。


まじめだけが取り柄で、一徹な仕事を貫いてきた同世代が、ひとり、またひとりと仕事から引いていくのをみるのは辛いものです。



周りの同級生を見渡しても、定年で退職する人間が増えてきて、そろそろ終活を考えなければならないとせかされているようです。


が、

まだお客様のニーズがあって、身体に問題がない内は、そしてなにより「もうちょっと美味しいものを作ろう」「もっといいお酒がないかな?」と気力が維持できている間は居座ってやろうかと思います。

2017年02月21日 (火)

[世の中] ラジオの力


昨日の荻上チキセッション22 のライブインタビューには驚きました。


日々ほぼ欠かさずにラジオクラウドでチェックする番組なのですが、昨日はちょっと早めに仕事が終わったので、夜ジョグをしながらradikoを使って生放送を聴いていました。


番組メインは大阪 森友学園の国有地払い下げ問題。


噂の理事長が生でチキさんのインタビューに応じていました。


インタビュー前に事の成り行きの説明があって、始まったインタビューは40分以上に渡るTVでは考えられないライブのインタビュー。


恐ろしいのは話の受け答えで理事長の人となりがあっという間に露わになり、「なるほどこういう方が関わった問題なのかぁ」と身近でなかった問題が目の前に歴然とすることです。


TVや活字メディアのインタビューと違って編集が一切ないというのが凄い。


聴くチキさんの能力の高さは重々承知していたつもりでも、内容の密度に呆然として耳をそらす(?)ことができません。



社会問題 政治問題 国際問題の本質はほとんどこの番組で教えてもらっているといっていいほど私には大切な番組ですが、昨日のインタビューはメディアの歴史に残るな、きっと。


今、ラジオを聴かないですごしている方、損してますよ。

2017年02月19日 (日)

[] 入れない国アメリカ


トランプ大統領就任後、7カ国に対して入国禁止の大統領令が出たことが大きな話題になりました。


一般的な日本人がアメリカに行くとなれば、観光または商用で、ビザも旅行代理店任せ庶務課任せですんなりと通るものかと思います。だいたい観光で出かけるためにビザで苦労することがないというのが、世界的に見ても日本という国の信用度の高さを誇るものなのだそうです。


ところがアメリカも時によってはやっぱり入国が難しい国であるというのを実感したことがあります。


大昔の話なので、今現在が同様であるとは思えませんが、まっ、聞いてください。



1980年、大阪修行を終えて実家に戻る前に、アメリカ貧乏旅行をしたことは以前にもお話をしたことがあります。


若いからできたアメリカ周遊バックパックの旅であったのですが、旅行するにあたり、まずはあちらの語学学校でヨタヨタの中学英語をなんとかしようと思い、最初の一〜二ヶ月学校に入学しました。


当時のことなので、入学のための手続きも渡航の飛行機も学生ビザも全て自分でやりくりしなくてはなりませんでした。40年前、代行なんてしてくれるシステムはまだない時代です。


中でも学生ビザの取得のためには、入学許可書類、往復のチケット、ドル建ての銀行の証明書、アメリカでの身元保証をしてくれる人を明らかにする手紙そのほかの書類などなどを持って、アメリカ大使館まで出かける必要がありました。アメリカに到着してもちゃんと学問をして、帰ってくるチケットとあちらで生活する資金があることを証明しなければビザをもらえなかったのです。


とは言っても、それらの書類が全て揃っていれば、ビザ自体は問題なく一日で取れました。


渡航後、ちゃんと語学学校にも行き、さて、グレイハンドのアメリカ周遊チケットを持って旅行という段になって、サンフランシスコのお役所に学生ビザの切り替えの手続きをして旅行に旅立ったわけです。切り替えの手続きは申し込んだのですが、実際に受け取るには時間がかかると言われ「その間に旅行していても大丈夫?」との質問にも"No Problem"の答えをもらっていて安心して旅行していたわけです。


西海岸を北上し、一旦シアトルからカナダ バンクーバーで楽しい時間を過ごした後、バスでアメリカに再入国しようとした時です。


国境でパスポート ビザを見た検査官が「このビザでは切り替えができていないので入国できない。一度バンクーバーに戻って観光ビザを取り直さなけれだめ」とにべもありません。時間は夕刻、この時間からバスで戻ることもできず、ここで野宿か??という時、期限切れになったものの、一応バックに入れてあった前のパスポートの存在を思い出しました。そこには、以前にアメリカ旅行した時にとったビザが残っていたかも。。。。


再び列に並んで差し出した期限切れのパスポートを見せると、そこに押してあったスタンプを見た検査官が「なぁんだ、あるじゃないか」と今度はすんなり通してくれたのです。


そんな事態にならなければ、ビザの有効性なんて気に留めることはないのですね。パスポートとビザの違いもはっきりと認識していないというお粗末。


旅行代理店まかせでは味わうことのないハラハラを体験し、少し旅慣れたつもりになった出来事でした。日本だけ生活し、観光の旅行だけしか経験がないと国籍とか入国とかを実感することってないんですよねぇ。

1999 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 |

counter :
弁いち 店舗への地図
浜松割烹 弁いち
〒430-0932  浜松市肴町313-13
TEL :0120-88-2216
FAX :052-571-2580
   
Copyright 2004 Benichi All Rights Reserved.