Hatena::ブログ(Diary)

寝屋川社協職員の日記 RSSフィード

ブログTOP 校区福祉委員会活動 ボランティア活動 福祉教育 福祉有償運送 CSW まちかど福祉相談
寝屋川ふくし発見プラン 社会福祉協議会の取組み 事務局の動き ボランティアセンター 地域の話題 社協ワーカーの雑感 社協地域包括

2018-09-12 台風21号の被害にあわれた方へのボランティア支援について

[][][][][][][ボランティア活動]台風21号の被害にあわれた、ひとり暮らし高齢者の方へのボランティアによる支援について 18:45 [ボランティア活動]台風21号の被害にあわれた、ひとり暮らし高齢者の方へのボランティアによる支援について - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

 2018年9月4日の台風21号で被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

 今回、寝屋川市社会福祉協議会では、寝屋川市内の持ち家にお住いのひとり暮らし高齢者の方を対象に、ボランティアセンター登録ボランティアグループの協力のもと、住居の屋根へのブルーシート張りについての対応を行うことになりました。

 市内の24の校区福祉委員会を通じて、ひとり暮らし高齢者の方に周知を行うこととなりました。

 

〇 対象:65歳以上のひとり暮らし高齢者(持ち家の方に限る)

〇 内容:住居の屋根へのブルーシート張り(2階の屋根部分)

〇 費用:実費分(土のう、砂代、ブルーシート等の実費)

  ※費用の目安(ブルーシート/サイズ 3.6M × 5.4M)

    → 市から支給を受けたブルーシートを使用する場合:約5,000円

    → ブルーシート含む場合(社協で用意した場合  :約10,000円

〇 申し込み・問い合わせ先:寝屋川市社会福祉協議会 電話 072−838−0400

〇 受付時間 :月〜金(祝祭日除く)午前9時〜午後5時30分

〇 ブルーシート張り以外のお困りごともご相談してください。

≪ボランティア相談・依頼をお考えの方へのお願い≫

・少人数のボランティアによる対応となります。(活動日は、週1回で1日2件程度)

・相談、受付から実施までお時間を頂くことがあります。

危険を伴う作業の為、住居の2階部分までの対応となります。(3階以上は対応をいたしません)

・費用については、目安です、ブルーシートを張る大きさにより、実費負担分は変わります。

・費用は、後日、社会福祉協議会より請求をさせていただきます。

・屋根に張ったブルーシートは一時的なものです。雨漏り防止を保証するものではありません。

・社会福祉協議会か職員が直接、高齢者宅へブルーシート張りについて電話による依頼の受付をする勧誘はいたしません。


みなさまのお声を十分お応えできない場合もあるかもしれませんが、ご理解よろしくお願いいたします。

2018年9月12日より台風21号の被害にあわれた方への罹災証明の発行受付を始めました

詳細は、寝屋川市役所のホームページ等でご確認ください

寝屋川市ホームページ

 

2018-08-10 視察の受入れ

clicknet2018-08-10

[][][][][]新潟県新発田市社協職員の視察の受入れをしました 16:21 新潟県新発田市社協職員の視察の受入れをしました - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

少し前のお話

2018年7月20日(金)午後から新潟県新発田市社会福祉協議会職員3名が寝屋川社協の取り組みについて視察にこられました。

視察の目的は本会が取り組んでいます。

CSW+まちかど福祉相談所の取り組み。

地域の施設校区福祉委員会、社協が連携した取り組みの緊急時安否確認事業(かぎ預かり事業)の取り組み。

の2点を中心に説明をしました。

f:id:clicknet:20180720144127j:image

f:id:clicknet:20180720143911j:image

本会からは、事務局長次長担当者の3名が出席してスライドなどを使って説明させていただきました。

質問をたくさんいただき、意見の交換もできました

本会の取り組みが何らかの参考になればうれしい限りです。

2018-07-04 まちかど福祉相談員養成研修会

[][][] 18:43 まちかど福祉相談員養成研修会 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

平成30年度まちかど福祉相談員養成研修会を6月19日、6月26日、7月3日の3日間で実施しました。内容は市関係機関や保健所からの制度等の説明、Act communications(アクトコミュニケーションズ)代表の加藤あや様からは、話の伝え方や聴き方のレクチャーがありました。まちかど福祉相談所は、気軽に相談できる場所を地域にということで市内14か所で展開し、校区福祉委員会から推薦され、研修を修了した相談員とCSWが相談に対応します。校区福祉委員会の小地域ネットワーク活動とも連動し、地域住民の心配事が埋もれてしまわないように、日々活動を実施しています(おおむね毎週1回または月2回の開所。相談所によって違います)。

今回の研修会の参加者は22名、修了者は17名でした。参加者のみなさん、三日間本当にお疲れさまでした!!今後もよろしくお願いいたします(^_^)

職員A





f:id:clicknet:20180626114247j:image

2018-05-24 緊急時安否確認(かぎ預かり事業)協力施設合同会議開催報告

clicknet2018-05-24

[][][][]緊急時安否確認(かぎ預かり)事業協力施設合同会議 開催報告 14:58 緊急時安否確認(かぎ預かり)事業協力施設合同会議 開催報告 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年5月23日(木)

2012年から寝屋川市内で段階的に展開し、現在は市内全域で実施しています「緊急時安否確認事業(かぎ預かり事業)」について、現在は、市内で650名を超えるひとり暮らし高齢者の方が利用しています。

今回、かぎ預かりをしていただいています。市内の協力施設、寝屋川警察、CSWとの合同会議を開催しました。

事業が動き出して、見守り活動を通じての安否確認が必要な場合に施設のかぎを使用して自宅へ訪問する中で、協力施設側、CSWとの意見交換を行いました。

29年度の取組状況の報告を受け、活発な意見交換ができあました。

本市の取組は全国的にも珍しい取り組みでもあり、その関係でいくつもの自治体、社会福祉協議会、福祉施設、地域包括支援センターなどが視察に来られており、事業化したところもあります。参加者からは事業化した取り組みを把握し

逆に参考になるものがあればフィードバックしてもいいのではないかという意見もありました。

2018-04-11 第八中学校区福祉なんでも相談会開催案内

[][][][][]第八中学校区福祉なんでも相談会開始案内 20:28 第八中学校区福祉なんでも相談会開始案内 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

寝屋川社協が運営しています第八中学校区地域包括支援センターの会議室を利用して、昨年度に引き続き、第八中学校区福祉なんでも相談会を開催します。

2018年5月10日(木) 13時〜15時

     6月14日(木) 13時〜15時

     7月12日(木) 13時〜15時

福祉に関すること、健康に関すること、暮らしのなかでの困りごとなどについて、研修を受けた地域のそうだ人と寝屋川市社協職員(CSW)が対応します。

相談内容によっては専門機関につなぎます

お気軽にご利用ください

2017-04-10 第八中学校区福祉なんでも相談会開催予定

[][][][][]第八中学校区まちかど福祉相談会4月〜6月開催 18:58 第八中学校区まちかど福祉相談会4月〜6月開催 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2017年4月〜6月にかけて、昨年度に引き続き月1回ペースで「西エリアのまちかど福祉相談所の出張相談」として第八中学校区地域包括支援センター会議室を使用して「第八中学校区福祉なんでも相談会」として開催ます。

日 時  第1回 4月13日(木) 13時〜15時

     第2回 5月11日(木) 13時〜15時

     第3回 6月 8日(木) 13時〜15時

会 場 第八中学校区地域包括支援センター 会議室

内 容 日常生活のなかでの「不安」「困ったこと」や福祉に関すること、健康に関することなど

    ※相談内容によっては、専門機関につながきます

相談員 池の里まちかど福祉相談所相談員

    寝屋川市社協 CSW

    必要に応じて、第八中学校区地域包括支援センター職員


みなさまお気軽にご利用ください

2016-11-14 ボランティア講座「私にもちょっとだけできるボランティア講座」開催

[][][][]私にもちょっとだけできるボランティア(ちょいぼら)講座開催案内 12:14 私にもちょっとだけできるボランティア(ちょいぼら)講座開催案内 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

日 時 :1日目 2016年11月22日(火) 午後1時30分〜午後3時

     2日目 2016年11月29日(火) 午後1時30分〜午後3時

会 場 :1日目 西北コミュニティセンター 2階 講義室 

     2日目 香里南之町西公民館

主 催 : 北光校区福祉委員会ボランティア部会

      寝屋川市社会福祉協議会ボランティアセンター

対 象 : 地域ボランティア活動に関心のある人

定 員 : 20人

1日目は、社会協議会職員から「住んでいる地域でちょっとだけしてみるボランティア活動について」お話を中心に行います。

2日目は、北校区福祉員会ボランティア部会の活動を実際に体験、見学していただきます。巡回型喫茶サロン「あいあいサロン」に参加していただきます。

申込み : 2016年11月1日(火)から社会福祉協議会事務局に申込み

404 Not Found

職員T職員T 2016/11/29 15:20 本ブログの投稿に関係のないコメントの記入がありましたので削除させて頂きました。

職員T職員T 2016/12/01 12:59 コメント欄に投稿者本人以外の名前が記入されていましたので削除させていただきました。

2016-11-01 第八中学校区健康&福祉なんでも相談会開催案内

[][][][][]第八中学校区健康&福祉なんでも相談会開催案内(11月〜1月) 18:41 第八中学校区健康&福祉なんでも相談会開催案内(11月〜1月) - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2016年7月〜9月まで第八中学校区地域包括支援センター会議室を利用して寝屋川市社会福祉協議会・池の里まちかど福祉相談所運営委員会主催による第八中学区健康&福祉なんでも相談会を11月〜1月まで開催します。


2016年11月10日(木) 13時〜15時

   12月8日 (木) 13時〜15時

2017年 1月12日(木) 13時〜15時

会場 : 第八中学校区地域包括支援センター

健康に関する相談や、福祉に関するなんでも相談をお聴きします。

地域で暮らしてく中で、「困ったこと」「聴いてほしいこと」があれば、気軽に相談に来てください。

相談対応は、池の里まちかど福祉相談所相談員、CSW、第八中学校区地域包括支援センター職員が対応します。

みなさまのお越しをお待ちしています。

2016-07-14 健康&福祉なんでも相談会開催

clicknet2016-07-14

[][][][][]第八中学校区エリア:健康&福祉なんでも相談会開催 17:29 第八中学校区エリア:健康&福祉なんでも相談会開催 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2016年7月14日 午後1時〜3時まで 第八中学校区健康&福祉なんでも相談会を開催しました

この相談会は、第八中学校区地域包括支援センターに地域住民の方から「地域包括支援センターは高齢者の方の相談窓口、まちかど福祉相談所はなんでも相談に応じてくれる。でも八中地域包括のある点野小学校区は、まちかど福祉相談所を開催している池の里地域交流センターへは交通量の多い道路を越えないといけない。近くでなんでも相談を聞ける場所があるといいのに」という事を担当エリアのCSWに伝え、包括職員とCSWと検討しながら、まちかど福祉相談所の運営委員会、校区福祉委員会等への説明を行ってきました。

今日、2016年7月14日第1回目の相談会をまちかど福祉相談員と寝屋川社協西圏域担当CSWと地域包括支援センター職員とで相談会を開きました。

この取り組みは7月、8月9月と毎月1回、まちかど福祉相談所の出張相談と地域包括支援センター機能紹介を兼ねた地域包括職員による健康相談会を一緒に開きます。

第1回目の今回は、2件の相談がありました。

f:id:clicknet:20160714135004j:image

次回、2回目は、8月18日(木)午後1時〜3時

   3回目は、9月8日(木)午後1時〜3時

です。お近くにお住いの方等からの相談をお待ちしています。

2016-06-28 かぎ預かり事業・市内21協力施設合同会議

[][][][]かぎ預かり事業・21協力施設合同会議 20:00 かぎ預かり事業・21協力施設合同会議 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2016年6月28日(火)午後から寝屋川市社会福祉協議会が市内21施設と校区福祉委員会の協力を得て実施しています緊急時安否確認事業「かぎ預かり事業」に関する市内の協力の1施設との合同会議を開催しました。

当日は、16施設から22名の参加者とCSWが出席しての会議でした。

冒頭、市内の第一中学校区エリア内の協力施設とCSWが取り組んでいる、かぎ預かり事業のPRとしての「寸劇」の紹介があり、その後、参加施設とCSWと事業の取り組みについて意見交換等が行われました。

f:id:clicknet:20160628142811j:image

緊急時安否確認事業「かぎ預かり事業」の利用登録者は、平成27年度末現在543人の登録あり、各校区福祉委員会等の見守り活動、介護サービス利用時などで緊急事態と思われる時に協力施設で預かっている鍵を使用して家屋内に入り安否確認を行う取組みです。平成27年度は17件の緊急対応を行いました。

一方、緊急時安否確認に関する状況報告では、平成27年度内に37件の報告があり、死後に発見が28件、生前に発見が9件となっています。安否確認を迅速に行うことで救われる命はあります。今回のような会議を通じて支援ネットワークづくりを強めていきたいと考えています。

職員T職員T 2016/07/07 10:44 ブログに関係ないコメントの投稿がありましたので、削除させていただきました。