Hatena::ブログ(Diary)

寝屋川社協職員の日記 RSSフィード

ブログTOP 校区福祉委員会活動 ボランティア活動 福祉教育 福祉有償運送 CSW まちかど福祉相談
寝屋川ふくし発見プラン 社会福祉協議会の取組み 事務局の動き ボランティアセンター 地域の話題 社協ワーカーの雑感 社協地域包括

2018-07-04 まちかど福祉相談員養成研修会

[][][] 18:43 まちかど福祉相談員養成研修会 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

平成30年度まちかど福祉相談員養成研修会を6月19日6月26日7月3日の3日間で実施しました。内容は市関係機関保健所からの制度等の説明Act communications(アクトコミュニケーションズ)代表加藤あや様からは、話の伝え方や聴き方のレクチャーがありました。まちかど福祉相談所は、気軽に相談できる場所を地域にということで市内14か所で展開し、校区福祉委員会から推薦され、研修を修了した相談員とCSWが相談に対応します。校区福祉委員会の小地域ネットワーク活動とも連動し、地域住民心配事が埋もれてしまわないように、日々活動を実施しています(おおむね毎週1回または月2回の開所。相談所によって違います)。

今回の研修会の参加者は22名、修了者は17名でした。参加者のみなさん、三日間本当にお疲れさまでした!!今後もよろしくお願いいたします(^_^)

職員A





f:id:clicknet:20180626114247j:image

2018-07-03 大阪北部地震関係 本会の対応状況

[][][][][][]大阪北部地震に対する本会の動き 20:24 大阪北部地震に対する本会の動き - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年6月18日に発災の大阪北部地震を受けての本会の状況について

6月18日 発災後

本会理事へ安否確認、周辺状況確認

校区福祉委員長へ安否確認、周辺状況確認

6月18日 午後 役員会で状況報告

6月19日 災害時のボランティア対応について、通常のボランティアセンター機能で対応する

6月21日 

校区福祉委員長へ状況確認

6月23日〜24日

大阪府社協を通じて府内の災害ボランティアセンターへの職員派遣

高槻市災害ボランティアセンターへ職員派遣(23日 1名、24日 1名)

本会社協職員有志で枚方市災害ボランティアセンターへ運営のお手伝い

23日 1名  24日 3名

6月25日 午後 理事会で情報報告

6月28日〜7月3日

大阪府社協を通じて府内の災害ボランティアセンターへの職員派遣

枚方市災害ボランティアセンターへ職員派遣 (7日間、4名で毎日派遣)

寝屋川市社協ボランティアセンターでの対応状況

ボランティア依頼・相談等 13件  対応終了 12件(対応不可含む)  1件は連絡待ち

主な依頼内容、地震により倒れた本棚、タンスなどの片付け、再配置など

対応できないケース:ブルーシートを張る作業。高所であり、専門的な知識がいるため、対応をお断りさせていただき、専門業者へ依頼していただくようお伝えいたしました。

今後も本会では、府下の災害ボランティアセンターへの派遣要請に基づき職員の派遣の調整をしていく予定です。

2018-06-08 平成30年度校区福祉委員会実務担当者・新任福祉委員研修会の実施

[][][] 19:54 平成30年度校区福祉委員会実務担当者・新任福祉委員研修会の実施 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年6月8日(金)午後1時30分〜4時まで寝屋川市立保健福祉センターにて、平成30年校区福祉委員会実務担当者会計書記)、新任福祉委員研修会を開催しました。

実務担当者は、会計・書記の方々、新任福祉委員は福祉委員に就任して2年以内の人を対象とし、37名の参加がありました。研修会は、2部構成で開催しました。

1部は、基礎研修として大学の先生をお招きし、校区福祉委員会活動目的と意義について、寝屋川市と他の市町村の取組みを紹介しながら、講話をしていただきました。

参加者は熱心に話を聞き、大きく頷かれている方もおりました。

f:id:clicknet:20180608151350j:image

続いて、2部では、実務担当者研修コース(研修室5)と新任福祉委員研修コース(多目的ホール)に分かれて、

本会地域福祉課職員説明役として、会計、書記の実務について説明。

f:id:clicknet:20180608170350j:image

新任福祉委員の方々には、校区福祉委員会における小地域ネットワーク活動などについて映像を見ていただきながら取組みの必要性などについて説明をしました。

f:id:clicknet:20180608162200j:image

どちらのコースも、明るい雰囲気の研修会となりました。本会では、今後も様々な研修を企画していきます。 職員T2

2018-05-24 緊急時安否確認(かぎ預かり事業)協力施設合同会議開催報告

clicknet2018-05-24

[][][][]緊急時安否確認(かぎ預かり)事業協力施設合同会議 開催報告 14:58 緊急時安否確認(かぎ預かり)事業協力施設合同会議 開催報告 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年5月23日(木)

2012年から寝屋川市内で段階的に展開し、現在は市内全域で実施しています「緊急時安否確認事業(かぎ預かり事業)」について、現在は、市内で650名を超えるひとり暮らし高齢者の方が利用しています。

今回、かぎ預かりをしていただいています。市内の協力施設、寝屋川警察、CSWとの合同会議を開催しました。

事業が動き出して、見守り活動を通じての安否確認が必要な場合に施設のかぎを使用して自宅へ訪問する中で、協力施設側、CSWとの意見交換を行いました。

29年度の取組状況の報告を受け、活発な意見交換ができあました。

本市の取組は全国的にも珍しい取り組みでもあり、その関係でいくつもの自治体、社会福祉協議会、福祉施設、地域包括支援センターなどが視察に来られており、事業化したところもあります。参加者からは事業化した取り組みを把握し

逆に参考になるものがあればフィードバックしてもいいのではないかという意見もありました。

2018-05-12 西北コミュニティセンターまつりに介護相談コーナー出展

clicknet2018-05-12

[][][]第三中学校区地域包括支援センター西北コミセンまつりに出展 22:06 第三中学校区地域包括支援センター西北コミセンまつりに出展 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年5月12日(土)〜13日(日)

西北コミュニティセンターにて西北コミセンまつりが開催しています。2日間、寝屋川社協運営しています第三中学校区地域包括支援センターが同じ西北圏域にあります友呂岐中学校区地域包括支援センターと一緒に介護相談コーナーを出しています。

5月12日は社協CSWも一緒に相談対応をしました。

コミセンまつりは日頃、社協、地域包括もお世話になっています。自治会長、校区福祉委員、民生児童委員、ボランティアの方々の多くが西北コミュニティセンター運営協議会のスタッフとして、まつりに様々な形で参加されています。

そのスタッフの方々との交流をしたり相談対応をしたりしていました。

f:id:clicknet:20180513143216j:image

f:id:clicknet:20180513143212j:image

13日も介護相談コーナーをだします。

みなさんのご来場をお待ちしています

2018-04-11 第八中学校区福祉なんでも相談会開催案内

[][][][][]第八中学校区福祉なんでも相談会開始案内 20:28 第八中学校区福祉なんでも相談会開始案内 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

寝屋川社協運営しています第八中学校区地域包括支援センターの会議室を利用して、昨年度に引き続き、第八中学校区福祉なんでも相談会を開催します。

2018年5月10日(木) 13時〜15時

     6月14日(木) 13時〜15時

     7月12日(木) 13時〜15時

福祉に関すること、健康に関すること、暮らしのなかでの困りごとなどについて、研修を受けた地域のそうだ人と寝屋川市社協職員(CSW)が対応します。

相談内容によっては専門機関につなぎます

お気軽にご利用ください

2018-03-05 校区福祉委員指導者研修会の実施

[][][]2018年3月5日(月)13時30分から多目的ホールにおきまして、校区福祉委員会の役員の方々を対象とした校区福祉委員指導者研修会を実施しました。当日は、約60名の参加でした。今年度も、昨年度に引き続いて、同志社大学の永田祐先生を講師としてお招きし、「地域福祉活動のタテ・ヨコ・ナナメ連携を考えよう その2」と題して、地域福祉活動の事例(現在進行中)を用いて、事例に関わっている校区福祉委員、関係機関から構成されるボランティアグループの担当者に話をお聞きし、連携することの意義をエリアごとで検討(グループワーク)しました。 19:34 2018年3月5日(月)13時30分から多目的ホールにおきまして、校区福祉委員会の役員の方々を対象とした校区福祉委員指導者研修会を実施しました。当日は、約60名の参加でした。今年度も、昨年度に引き続いて、同志社大学の永田祐先生を講師としてお招きし、「地域福祉活動のタテ・ヨコ・ナナメ連携を考えよう その2」と題して、地域福祉活動の事例(現在進行中)を用いて、事例に関わっている校区福祉委員、関係機関から構成されるボランティアグループの担当者に話をお聞きし、連携することの意義をエリアごとで検討(グループワーク)しました。 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

今後も、地域福祉活動の活性化を目指し、研修会などを企画していきたいと思います。

職員T2)f:id:clicknet:20180305152908j:image

2017-12-01 歳末たすけあい運動募金 街頭募金を行いました

[][][][] 19:30 歳末たすけあい運動募金 街頭募金を行いました - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

平成29年度歳末たすけあい運動を街頭募金を行いました。

2017年12月1日(金)市内各所で歳末たすけあい運動街頭募金を実施しました。本年より、登録ボランティアグループのメンバーも街頭募金に協力をされました。

○街頭募金

午前中(午前8時30分〜9時30分/午前10時〜11時)の2回 市内3か所

午後 (午後4時〜5時)の1回 市内5か所 で実施し、

募金合計金額は、165,270円でした。

市民のみなさまのご協力ありがとうございました。

12月1日〜15日までの期間、市内の自治会の協力を得て個別及び事業所のみなさまにご協力の案内等をさせていただきます。引き続きよろしくお願いいたします。

f:id:clicknet:20171201104201j:image:medium

(写真は、京阪寝屋川市駅での募金活動の様子)

2017-10-03 ボランティア講座 基礎?「身近なことから始める!講座」

[][][][]桜校区福祉委員会社協ボランティアセンター主催 ボランティア講座開催案内 11:58 桜校区福祉委員会・社協ボランティアセンター主催 ボランティア講座開催案内 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

「身近なことから始める!ボランティアを楽しみコツ講座」〜あなたの気持ち、後押しします〜

日時 2017年11月5日(日) 午後1時 〜 3時 

会場 寝屋川市立保健福祉センター 5階 多目的ホール

対象 寝屋川市桜校区内にお住いの方で、ボランティア活動に関心のある方

定員 25名(定員になり次第締切)

内容 お話「ボランティアを楽しむコツ」

     (講師:NPO法人大阪ボランティア協会 ボランティアコーディネーター 椋木美緒 さん)

   カフェタイム:参加者とボランティア部会員との交流

主催 桜校区福祉委員会ボランティア部会

   寝屋川市社会福祉協議会ボランティアセンター

申込 2017年10月2日(月)から寝屋川市社会福祉協議会へ電話(072−838−0400)

404 Not Found

2017-02-09 阪南市社協からの視察受入

clicknet2017-02-09

[][][]阪南市社会福祉協議会より視察の受入れ 19:16 阪南市社会福祉協議会より視察の受入れ - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2017年2月9日(木)午前10時〜11時45分まで、阪南市社会福祉協議会のボランティアセンター運営委員のみなさま、校区福祉委員、担当職員方々、総勢24名の方が、寝屋川市社協のボランティアセンターの取り組み、校区福祉委員会のボランティア部会の取り組みについて視察研修に来られました。

当日は、社会福祉協議会の次長から寝屋川市社協のボランティアセンターの歴史とボランティア育成の考え方について説明し、ボランティア育成で重要な取り組みをしてきている校区福祉委員会のボランティア部会の位置づけについて説明しました。

f:id:clicknet:20170209110244j:image

続いて、ボランティア部会の取り組みとして、中央校区福祉委員会ボランティア部会長、堀溝校区福祉委員会ボランティア部会長から実際の活動についてや活動を通じて感じたことなどをお話していただきました。

視察にこられた委員の方々からたくさんの質問や意見などをいただきました。

質疑応答を通じて、それぞれの社協職員、参加者にとって取組む意義などの再確認ができたのではないかと思います。