Hatena::ブログ(Diary)

寝屋川社協職員の日記 RSSフィード

ブログTOP 校区福祉委員会活動 ボランティア活動 福祉教育 福祉有償運送 CSW まちかど福祉相談
寝屋川ふくし発見プラン 社会福祉協議会の取組み 事務局の動き ボランティアセンター 地域の話題 社協ワーカーの雑感 社協地域包括

2018-07-25 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)災害ボランティアセンター派遣報告

clicknet2018-07-25

[][]平成30年7月豪雨・高梁市災害ボランティアセンター職員派遣報告 12:09 平成30年7月豪雨・高梁市災害ボランティアセンター職員派遣報告 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年7月に発生した台風第 7 号や台風から変わった温帯低気圧の通過後、本州付近梅雨前線が停滞し、暖かく非常に湿った空気が継続して流れ込んだ影響で、活動が非常に活発となり、7 月 5 日頃から 8 日頃まで、西日本から東海地方を中心に記録的な大雨となりました。

今回、近畿ブロック派遣という枠組みを通じて、本会から職員1名が第2クールメンバーとして、7月24日〜28日までの間、岡山県高梁市の災害ボランティアセンターに運営支援者として派遣だれました。

今回は、大阪府社会福祉協議会職員と2名で高梁市へ向かい、活動を開催しています。

以下、派遣職員からのメールを掲載します(一部編集

高梁市は、市の名前でもある高梁川が流れ、周囲を山に囲まれた緑豊かな町です。

今回の豪雨被害を受けて、たくさんのボランティアが市内外から駆けつけています。

主なボランティア活動家屋内の土砂出し作業です。

ここ数日の暑さで熱中症対策は大切です。家の人が家屋内片付けをしている間の見守り活動や話し相手ということもしています。

ひとりで作業をしていて熱中症で倒れてしまっては大変です。家屋の片付けなどは一人では作業してはいけません。もちろんボランティア活動は複数名で活動をしています。

災害ボランティアセンターに寄せられるニーズは刻々と変化します。

水害も酷暑もたくさんのボランティアや近所の支え合いでゆっくり乗り越えて行く必要があります。

2018-07-23 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)被害への支援について

[][]平成30年7月豪雨(西日本豪雨)被害への対応 20:22 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)被害への対応 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年7月の西日本を中心とした豪雨被害への対応について

寝屋川市社会福祉協議会事務局では、義援金の受付を行っています。

集まった義援金は、日本赤十字社寝屋川支部を通じて被災地へ送金されます。

また、社会福祉協議会として、近畿ブロック派遣第2クールのメンバーとして、本会の職員1名が7月24日(火)〜28日(土)まで、岡山県高梁市災害ボランティアセンター運営支援者として現地へ派遣されます。

高梁市災害支援センター|高梁市社会福祉協議会

2018-07-17 大阪北部地震関係 本会の対応状況2

[][][]大阪北部地震をうけての本会の対応状況2 15:53 大阪北部地震をうけての本会の対応状況2 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

 2018年6月18日の大阪北部地震及び7月5日から8日にかけての平成30年度7月豪雨災害(西日本豪雨災害)により、西日本を中心とした広範囲の府県、市町村でお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、被災されました皆様に心からお見舞い申し上げます。

2018年6月18日に発災の大阪北部地震を受けての本会の状況について、7月3日の投稿後からの取り組みも含め追記したものを掲載いたします。

6月18日 発災後

本会理事へ安否確認、周辺状況確認

校区福祉委員長へ安否確認、周辺状況確認

6月18日 午後 役員会で状況報告

6月19日 災害時のボランティア対応について、通常のボランティアセンター機能で対応する

6月21日 

校区福祉委員長へ状況確認

6月23日〜24日

大阪府社協を通じて府内の災害ボランティアセンターへの職員派遣

高槻市災害ボランティアセンターへ職員派遣 2日間(23日 1名、24日 1名)

本会社協職員有志で枚方市災害ボランティアセンターへ運営のお手伝い

23日 1名  24日 3名

6月25日 午後 理事会で情報報告

6月28日〜7月16日

大阪府社協を通じて府内の災害ボランティアセンターへの職員派遣

・枚方市災害ボランティアセンターへ職員派遣 (7日間、のべ7人の職員を派遣)

・茨木市災害ボランティアセンターへ職員派遣 (1日間、  1人の職員を派遣)

・高槻市災害ボランティアセンターへ職員派遣 (10日間 のべ 10人の職員を派遣)

寝屋川市社協ボランティアセンターでの対応状況

ボランティア等依頼・相談等 16件  対応終了 15件(対応不可含む)  1件は継続対応

主な依頼内容、地震により倒れた本棚、タンスなどの片付け、再配置など

対応できないケース:ブルーシートを張る作業。高所であり、専門的な知識がいるため、対応をお断りさせていただき、専門業者へ依頼していただくようお伝えいたしました。


平成30年7月豪雨(西日本豪雨被害)への支援としまては、近畿ブロック派遣として大阪府は岡山県内の災害ボランティアセンターへ職員を派遣するこよになっています。

2018-07-10 就労準備支援菜園プロジェクト 調理実習

[][][][]就労準備支援 菜園プロジェクト 調理実習 11:06 就労準備支援 菜園プロジェクト 調理実習 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年7月4日(水) 11時から、寝屋川市民たすけあいの会の施設を利用して、就労準備支援事業のプログラムのひとつの菜園プロジェクトで育てた作物をつかった調理実習を行いました。

菜園プロジェクトでは、じゃがいもと人参を育て、収穫しました。プログラムを通じて、じゃがいもを使った料理については参加者とスタッフと一緒に話し合ってきました。

食べたい料理が決まり、じゃがいも以外に必要な食材についは、参加者で用意しました。

f:id:clicknet:20180605143348j:image

☆ じゃが芋のチーズ焼き

☆ フライドポテト

☆ ジャーマンポテト

☆ じゃが芋と人参の甘辛あんかけ

の4品を作ることになりました。

スタッフからの説明をうけながら参加者で分担して調理をしました。

参加者、スタッフで一緒に食べました。

土を耕し、育て、水やり、草抜き、収穫の作業を通じて、協力して行う作業、手を加えることで成長する喜び、収穫したものを調理し、食べる喜び

その過程を通じて、自信へのつながっていっているようです。

f:id:clicknet:20180704133236j:image

f:id:clicknet:20180704142334j:image

2018-07-03 大阪北部地震関係 本会の対応状況

[][][][][][]大阪北部地震に対する本会の動き 20:24 大阪北部地震に対する本会の動き - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年6月18日に発災の大阪北部地震を受けての本会の状況について

6月18日 発災後

本会理事へ安否確認、周辺状況確認

校区福祉委員長へ安否確認、周辺状況確認

6月18日 午後 役員会で状況報告

6月19日 災害時のボランティア対応について、通常のボランティアセンター機能で対応する

6月21日 

校区福祉委員長へ状況確認

6月23日〜24日

大阪府社協を通じて府内の災害ボランティアセンターへの職員派遣

高槻市災害ボランティアセンターへ職員派遣(23日 1名、24日 1名)

本会社協職員有志で枚方市災害ボランティアセンターへ運営のお手伝い

23日 1名  24日 3名

6月25日 午後 理事会で情報報告

6月28日〜7月3日

大阪府社協を通じて府内の災害ボランティアセンターへの職員派遣

枚方市災害ボランティアセンターへ職員派遣 (7日間、4名で毎日派遣)

寝屋川市社協ボランティアセンターでの対応状況

ボランティア依頼・相談等 13件  対応終了 12件(対応不可含む)  1件は連絡待ち

主な依頼内容、地震により倒れた本棚、タンスなどの片付け、再配置など

対応できないケース:ブルーシートを張る作業。高所であり、専門的な知識がいるため、対応をお断りさせていただき、専門業者へ依頼していただくようお伝えいたしました。

今後も本会では、府下の災害ボランティアセンターへの派遣要請に基づき職員の派遣の調整をしていく予定です。

2018-06-22 菜園プロジェクト:じゃがいも収穫しました

[][][]介護予防&就労準備支援プログラム:菜園プロジェクトじゃがいもを収穫しました。 20:28 介護予防&就労準備支援プログラム:菜園プロジェクトじゃがいもを収穫しました。 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年6月5日(火)介護予防&就労準備支援プログラムの菜園プロジェクトが第八中学校区地域包括支援センターの菜園コーナーで行われました。

新たなメンバーも加わり活動をしました。今回は、ジャガイモの収穫と人参の収穫。人参はまだ少し小さかったので1本だけ収穫しました。

みんなで育てたジャガイモを丁寧に収穫しました。

写真添付にエラーがあり、写真なしの投稿となりました

2018-06-20 2018年6月18日 大阪北部における地震関連情報

[][][]2018年6月18日大阪北部地震における災害ボランティアセンター開設に関する情報 19:40 2018年6月18日大阪北部地震における災害ボランティアセンター開設に関する情報 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年6月18日(月)の大阪北部地震により、主に北摂地域、北河内地域の市町において被害が生じています。

6月20日(水)時点での以下の社会福祉協議会において災害ボランティアセンター開設及び準備に関する情報をお伝えいたします。

■豊中市

 ▶災害支援ボランティア窓口開設(20日)

  市内ボランティア対象。

■高槻市

 ▶災害ボランティアセンター開設(20日)

 

■茨木市

▶災害ボランティアセンター開設(19日)

21日(水)〜運営支援者派遣

■吹田市

▶災害ボランティアセンター開設(19日)

ボランティア受け入れは市内に限定しない。

■枚方市

 ▶災害ボランティアセンター開設(20日)

 

■箕面市・摂津市・島本町

 現時点では通常ボランティアセンターで対応

■寝屋川市社会福祉協議会では、通常業務の中でボランティアセンター、CSWを通じて対応いたします。

ボランティア活動に参加されます市民のみなさまは、最寄りの社会福祉協議会でボランティア保険(有料)に加入手続きをしてから活動に参加願います。

大阪府北部を震源とする地震(第2報) - 全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

最新の情報を確認の上、活動へのご理解とご協力をお願いいたします。

職員T)

2018-06-18 2018年6月18日午前8時前に発生しました地震について

[][]2018年6月18日 午前8時前発生の地震について 10:55 2018年6月18日 午前8時前発生の地震について - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年6月18日(月)午前8時前に大阪北部(枚方市)を震源地とします震度6弱の地震についての寝屋川市社会福祉協議会の動きについて

2018年6月18日(月)午前10時45分 時点

本会理事を通じて、状況確認等をさせていただいています。

職員を通じて情報収集を行っています。

甚大な被害報告は、本会には上がっていません。

現時点では、本会として「災害ボランティアセンターの設置」はしていません。通常業務の中で対応しています。

今後の余震等も含め被害状況によっては、災害対応として対応していくこともあります。

職員T

2018-06-08 平成30年度校区福祉委員会実務担当者・新任福祉委員研修会の実施

[][][] 19:54 平成30年度校区福祉委員会実務担当者・新任福祉委員研修会の実施 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年6月8日(金)午後1時30分〜4時まで寝屋川市立保健福祉センターにて、平成30年度校区福祉委員会実務担当者(会計・書記)、新任福祉委員研修会を開催しました。

実務担当者は、会計・書記の方々、新任福祉委員は福祉委員に就任して2年以内の人を対象とし、37名の参加がありました。研修会は、2部構成で開催しました。

1部は、基礎研修として大学の先生をお招きし、校区福祉委員会活動の目的と意義について、寝屋川市と他の市町村の取組みを紹介しながら、講話をしていただきました。

参加者は熱心に話を聞き、大きく頷かれている方もおりました。

f:id:clicknet:20180608151350j:image

続いて、2部では、実務担当者研修コース(研修室5)と新任福祉委員研修コース(多目的ホール)に分かれて、

本会地域福祉課職員が説明役として、会計、書記の実務について説明。

f:id:clicknet:20180608170350j:image

新任福祉委員の方々には、校区福祉委員会における小地域ネットワーク活動などについて映像を見ていただきながら取組みの必要性などについて説明をしました。

f:id:clicknet:20180608162200j:image

どちらのコースも、明るい雰囲気の研修会となりました。本会では、今後も様々な研修を企画していきます。 職員T2

2018-05-24 緊急時安否確認(かぎ預かり事業)協力施設合同会議開催報告

clicknet2018-05-24

[][][][]緊急時安否確認(かぎ預かり)事業協力施設合同会議 開催報告 14:58 緊急時安否確認(かぎ預かり)事業協力施設合同会議 開催報告 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年5月23日(木)

2012年から寝屋川市内で段階的に展開し、現在は市内全域で実施しています「緊急時安否確認事業(かぎ預かり事業)」について、現在は、市内で650名を超えるひとり暮らし高齢者の方が利用しています。

今回、かぎ預かりをしていただいています。市内の協力施設、寝屋川警察、CSWとの合同会議を開催しました。

事業が動き出して、見守り活動を通じての安否確認が必要な場合に施設のかぎを使用して自宅へ訪問する中で、協力施設側、CSWとの意見交換を行いました。

29年度の取組状況の報告を受け、活発な意見交換ができあました。

本市の取組は全国的にも珍しい取り組みでもあり、その関係でいくつもの自治体、社会福祉協議会、福祉施設、地域包括支援センターなどが視察に来られており、事業化したところもあります。参加者からは事業化した取り組みを把握し

逆に参考になるものがあればフィードバックしてもいいのではないかという意見もありました。