Hatena::ブログ(Diary)

寝屋川社協職員の日記 RSSフィード

ブログTOP 校区福祉委員会活動 ボランティア活動 福祉教育 福祉有償運送 CSW まちかど福祉相談
寝屋川ふくし発見プラン 社会福祉協議会の取組み 事務局の動き ボランティアセンター 地域の話題 社協ワーカーの雑感 社協地域包括

2017-10-18 菜園プロジェクト 秋 芽がでました

[][][][]菜園プロジェクト 秋 大根の芽がでました 19:40 菜園プロジェクト 秋 大根の芽がでました - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2017年10月17日に大人の居場所介護予防の取組みでもある「菜園プロジェクト」活動を第八中学校区地域包括支援センターの菜園コーナーで行いました。

就労準備支援事業担当者と包括職員もサポートに入りました

当日は、高齢者2名、居場所利用者1名、就労準備支援利用者2名の5名で活動をしました。

10月10日に大根と赤カブの種をまいて、1週間が経ちました。

参加者みなさんで、菜園を見ると、大根の芽がしっかり出ていました。

f:id:clicknet:20171017132028j:image

参加者みなさん、1週間の変化を感じ、分担して作業を行いました。草取り作業や周囲の樹木の剪定作業、畑の手入れなどを黙々と作業をしたり、大根の芽に「かわいい」と声をかけたりしていました。

f:id:clicknet:20171017135307j:image

包括の会議室を使って少し絵を描く作業などをしました。

最近は雨が多くて活動当日も心配でしたが、雨に降られることなく活動ができました。

f:id:clicknet:20171017143151j:image

2017-10-14 平成30年度 職員採用第2次試験 終了

clicknet2017-10-14

[][][]平成30年度採用 2次試験終了 15:16 平成30年度採用 2次試験終了 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク


2017年10月14日(土)

午後9時15分から、平成30年度職員採用試験 第2次試験を行いました。1次試験を合格したみなさんが2次試験に挑みました。

試験内容は、適性検査とグループワーク面接

グループワーク面接では、2グループに別れて、提示した内容について、個人ワーク、グループ討議、まとめ、発表という流れで行いました。

みなさん、限られた時間の中で協力しあって発表されていました。

2次試験に参加されましたみなさま、おつかれさまでした。

後日、結果を通知いたします。それまでお待ちください。

(職員T)

2017-09-27 寝屋川市社協職員に日本代表選手がいます!!

[][]サイクルサッカー世界選手権日本代表に本会職員が選ばれる 18:33 サイクルサッカー世界選手権日本代表に本会職員が選ばれる - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

寝屋川市社会福祉協議会地域福祉課に所属しています 杉谷 嘉紀さん(入職3年目)が学生時代から取り組んでいます「サイクルサッカー」の日本代表に選ばれました

2017年7月9日に開催しました2017年度チャンピオンズ(会場:桃山学院大学)で好成績を上げ、日本代表メンバー4人の中の1人として選ばれました

世界室内自転車競技選手権大会(UCI Indoor Cycling World Championships 2017)は、オーストリア・ドルンビルンにて2017年11月24日〜26日まで開催されます。この大会は、サイクルサッカー、サイクルフィギュアの競技が行われます。

杉谷さんは、日頃は、CSWとして地域で活躍しまた、広報担当などもしています。

今回、日本代表としての抱負は「サイクルサッカーに関心を持っていただけたら嬉しいです。大会を通じて一戦、一戦に集中して一戦でも多く勝って、ヨーロッパの強豪国に肩を並ぶことができるように頑張りたいです」と職員Tに語ってくれました。

事務所や町で杉谷さんを見かけた時は、暖かいエールを送ってくださいネ

f:id:clicknet:20170927182759j:image

サイクルサッカーの様子

f:id:clicknet:20170912180819j:image

仕事中の杉谷さん

f:id:clicknet:20170809191635j:image

寝屋川市長への表敬訪問前に事務所でハイポーズ

サイクルサッカーはドイツではプロリーグがあるとのことです、2名1チームで試合をします。

日本室内自転車競技連盟日本室内自転車競技連盟

上山上山 2017/09/29 08:31 杉谷さん、すごいですね‼ 応援してます。

職員T職員T 2017/10/14 14:50 上山さん、暖かいコメントありがとうございます。みなさんで杉谷さん、日本代表を応援しましょう

2017-09-17 平成30年度 職員採用第1次試験 終了

[][]平成30年職員採用試験 1次試験終了 15:09 平成30年度職員採用試験 1次試験終了 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2017年9月17日 午前9時30分より、平成30年度採用 職員採用試験 1次試験を行いました。

台風18号が九州南部に上陸し、近畿地方も今後の進路に入る予想がある中、午前7時の時点で「警報」発令がないこともあり、予定通りに行いました。

第1次試験は総合検査と専門試験を行いました。

本日、応募していただきましたみなさん、試験を受けていただきありがとうございました。

後日、結果を通知いたします。それまでお待ちください。

台風18号の今後の進路がきになりますが、みなさん気をつけてください。

(職員T)

2017-05-08 菜園プロジェクト 第2回目

clicknet2017-05-08

[][][]菜園プロジェクト第2回目をしました。 20:50 菜園プロジェクト第2回目をしました。 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2017年5月8日(月) 第2回目の菜園プロジェクトを八中包括の菜園スペースで行いました。

今回は、高齢者が2名、就労準備支援事業利用者3名、大人の居場所利用者1名で作業をしました。スタッフとして、八中包括職員、就労準備支援事業担当者の2名がサポートに入り作業を行いました。

高齢者の方一人が指導役となって、イチゴの苗周辺いシートをかける作業や草抜きを参加したみなさんで作業を行いました。

慣れない手つきでシートはりをしたりしながら経験のある方から教えてもらったり、一緒にしたりました。

また、一部イチゴが収穫できるほどに育っていたので、収穫作業もしました。

自分たちが育てイチゴを収穫し参加者で食べました。みんな達成感を感じながら、笑顔が自然と生まれていました。いままで準備をしてきたことをふりかえりこれからの取組みについても話をしました。

f:id:clicknet:20170508150849j:image

f:id:clicknet:20170508145435j:image

土に触れ、初めての経験をし、作業を通じて世代を越えた交流があり、収穫できるまで育ち、達成感を感じてもらいながら、健康増進、生活への刺激、自信につながっていけたらとスタッフは想っています

2017-04-13 菜園プロジェクト スタート

[][][][]菜園プロジェクトスタート 15:58 菜園プロジェクトスタート - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2017年4月13日(木)午後から29年度第1回目の菜園プロジェクトがスタートしました。

当日は、昨年度から参加の高齢者2人と今回から初めて参加の就労準備支援事業利用者3人、以前、就労準備支援事業を利用されていた方1人とボランティアフタッフ1人の7人と八中地域包括支援センター職員と就労準備支援担当者の2人の計9人で活動をしました。

f:id:clicknet:20170413142105j:image

前日にボランティアの方が畝を作られた状態ベースに周辺の土の整理、草むしり、小石などの移動、菜園コーナーの区分けなどをみなさん協力しあって作業を行いました。

最後は、ボランティアから提供していただいたイチゴの苗を植えました(※少し植える時期が遅れましたが)

f:id:clicknet:20170413142325j:image

活動後は、包括支援センターの会議室で、今後の段取りなどを話し合いました。

ボランティアからは苗を植えた「1週間はしっかり水を上げないといけない」とのアドバイスを受け、参加者の中で、協力できる方が自主的に水やり当番を決めていきました。

昨年度から参加されている方は、愛着を持って積極的に発言し、初めて参加された方もはじめは緊張していたようでしたが作業を通じてリラックスされた様子だったようです。

f:id:clicknet:20170413152516j:image

イチゴが出来た時にはみんなで調理して食べることを目標に活動していく予定です。

活動を通じて介護予防、社会活動への参加、集団で活動することでの充実感を持っていただければと思います。

f:id:clicknet:20170413153456j:image

2017-02-03 大阪聖母女学院中学校3年生福祉学習(最終回)

[][][][]大阪聖母女学院中学校3年生福祉学習最終回(まとめ) 14:51 大阪聖母女学院中学校3年生福祉学習最終回(まとめ) - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2017年2月1日(水)

午後から大阪聖母女学院中学校3年生対象の福祉学習(最終回)がありました。

2016年10月から始まった今年度の福祉学習の8回目でした。

今年度は

1回目:導入部分を社協職員Tが行いその後

2回目:視覚に障害のある方からのお話

3回目:校区福祉委員会の協力の下、車イス操作体験学習を学校内で実施

4回目:校区福祉委員会の協力の下、車イスを使ってのバリアフリー等についての京阪香里園駅までの校外学習

5回目:車イスバスケット交流に向けた事前学習:パラリンピック等について

6回目:車イスバスケット交流

7回目:まとめ学習にむけてのグループ活動

そして、8回目が「まとめ学習」=発表する機会となりました。

まとめ学習は、

今回初めて、車イス操作体験で校内、校外での学習に関わっていただきました地元の校区福祉委員会のボランティア部会長さん、福祉委員さんも参加していただきました。

また、まとめ学習は、今までは、福祉学習を学んでの「まとめ」をパソコン、スライドショーソフトを使って、班ごとにまとめたものを発表していましたが、今年度は、今まで学んだことを先生から「課題」を生徒に与えてまとめ作業をパソコン、スライドショーソフトを使ってまとめるという形でした。

課題は、「新学期に車イスを使用する生徒が同じ学年に入学してくる。」と想定して、学校生活での課題を挙げ、それに対しての解決策を考えるというものでした。

5班に分かれて作業をしたものを発表していただきました。

f:id:clicknet:20170201145103j:image

それぞれ特徴があり、ハード面での課題、ソフト面(生徒自身でできること)⇒ ハート面についての話

f:id:clicknet:20170201145650j:image

その発表を聴いて福祉委員の方々が感想を話していただきました。

職員Tからは発表した各班にコメントをさせていただきました。

その後、1回目の学習でも行った「福祉の色のワーク」を改めてして福祉に対するイメージを色に例えてその理由も書いてもらいました。

また、「福祉」とは幸せという意味を使って身近な幸せについて考えていただき、その上で、その幸せが実現できない状況の時、どんな気持ちになるかを少し考えていただきました。

最後に福祉学習全体のまとめ、ふりかえりシートを作成していただきました。

企画に関わった、先生、福祉委員の方々、職員Tとふりかえりを行いました。

(職員T)

2017-02-01 視察受入

clicknet2017-02-01

[][][]岡山市社協職員視察の受入れ 12:58 岡山市社協職員視察の受入れ - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2017年1月31日に岡山市社会福祉協議会職員3名が寝屋川市社協に視察に来られました。

目的は、平成27年度からスタートした生活困窮者自立支援事業を受託している社協における事業展開などについての視察でした。

前日は堺市社協への視察をされ、2日目の大阪でした。

寝屋川市社協での事業展開(自立相談支援機関、住居確保給付金、就労準備支援事業)について説明した後、様々な質問をいただき寝屋川の取り組みをお伝えさせていただきました。

特にCSW・まちかど福祉相談所の運営展開から困窮者支援につながっていく仕組みや民生児童委員協議会の部会を通じて事業の啓発が進んできていることまた、障害者自立支援協議会の部会メンバーに加わることで新たなネットワークができつつあることなどをお伝えしました。

f:id:clicknet:20170131114421j:image

また、寝屋川市社協の担当職員からも岡山市社協の取り組みについても質問をさせていただきました。

それぞれの市域の特徴を活かし社会福祉協議会の組織の強みを活かした取組みと自治体との連携、他機関連携により生活困窮者支援が展開されることが確認することができました。

2017-01-26 菜園プロジェクト準備3回目の取り組み

[][][][] 15:39 菜園プロジェクト準備3回目の取り組み - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

寝屋川社協が運営しています第八中学校区地域包括支援センターの駐輪スペースの一部を改良して、介護予防・生活困窮者自立支援事業就労準備支援事業等)の一環として菜園コーナーへとリニューアルし、今後「菜園プロジェクト」として平成29年度スタートに向けた準備をしています。

2017年1月24日には3回目の取り組みをしました。

近くに住んでいますボランティアのお宅まで土づくりに必要な道具を職員参加者で取りに行くところから作業が始まります。

現場では、ボランティアの指導を受けながら、2名の高齢者と方と1名の就労準備支援事業利用者の方と包括職員、就労準備支援担当者も作業に加わり、1月13日に行った作業の続きの土づくりを行いました。

f:id:clicknet:20170124142652j:image

前回したことで、みなさん手慣れた感じで作業が進みました。自然と手助けなどが参加者同士で行われ、「ありがとう」の一言で笑顔になります。

土を深く掘り返し、地中にあった石や木の根などを取り除き、耕作予定面積の2/3まで進みました

時間ほど作業をした後、休憩を包括の部屋で行いました。

活動した日は、寒波の影響で冷え込んだ日でしたがみなさん元気に楽しく作業をしていました。

次回は2月中旬に行う予定です。

(職員T)

2017-01-16 菜園プロジェクト準備 2回目の取り組み

clicknet2017-01-16

[][][][]菜園プロジェクト準備2回目の取り組み 14:44 菜園プロジェクト準備2回目の取り組み - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

寝屋川社協が運営しています第八中学校区地域包括支援センターの駐輪スペースの一部が花壇、植栽コーナーを改良して、介護予防・生活困窮者自立支援事業就労準備支援事業等)の一環として菜園コーナーへとリニューアルし、今後「菜園プロジェクト」として平成29年度具体的に取り組むための準備を行っています。

2016年12月9日に1回目の土づくりの作業を行いました。

2017年1月13日には新年最初の土づくりを行いました。

ボランティアの男性(80歳代)の方の指導を受けながら、2名の高齢者と方と1名の就労準備支援事業利用者の方と包括職員、就労準備支援担当者も作業に加わり、本格的な土づくりを行いました。

地域のボランティアの方が所有している作業用具を参加者みんなで取りに行き、土を深く掘り返し、地中にあった大きな石などを取り除く作業を1時間ほど行いました。

その後、包括の部屋で懇談を行いました。

f:id:clicknet:20170113141546j:image

f:id:clicknet:20170113141445j:image

f:id:clicknet:20170113135240j:image

1月にもう1回土づくりを行う予定です。

この取り組みは、高齢者の介護予防の一環、就労準備支援事業のプログラムの一環及び、中高年のひきこもり予防の為の「大人の居場所」の一環として展開していく予定です。

介護予防は、プログラムに参加するといった「受け手」だけではなく、その方が持っている特技、趣味などを活かしながら「支え手」という視点を持って取組みことが大切だと考えています。

(職員T)