Hatena::ブログ(Diary)

寝屋川社協職員の日記 RSSフィード

ブログTOP 校区福祉委員会活動 ボランティア活動 福祉教育 福祉有償運送 CSW まちかど福祉相談
寝屋川ふくし発見プラン 社会福祉協議会の取組み 事務局の動き ボランティアセンター 地域の話題 社協ワーカーの雑感 社協地域包括

2018-10-02 寝屋川社協職員の日記の設定変更について

[]寝屋川社協職員日記の設定の変更について 17:53 寝屋川社協職員の日記の設定の変更について - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2005年4月より寝屋川社協職員の日記を「はてなダイアリー」の機能更新をしてきましたがこの度、「はてなブログ」への機能へ移行することになりました。

この日記を含めて1546日の記録を「はてなダイアリー」の機能で更新をしてきましたが、今後は、データの移行を行い「はてなブログ」の機能を使って「寝屋川社協職員の日記」を更新していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

新しいブログのURL・・・寝屋川社協職員の日記

2018-09-18

clicknet2018-09-18

[][][][]西日本豪雨・倉敷市社協災害ボランティアセンター職員派遣 19:36 西日本豪雨・倉敷市社協災害ボランティアセンターに職員を派遣 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

9月8日(土)〜12日(水) 5日間

西日本豪雨被害への対応として、近畿ブロック派遣:第13クールメンバーとして、平成30年度に入職した新人ワーカーTさんより今回の派遣での様子についてコメントを頂きました。

 私Tは、岡山県倉敷市社協災害ボランティアセンターに派遣されました、今回は、近畿ブロック派遣として大阪からは、大阪市社協1名、大阪府社協2名と私T、滋賀県社協及び県内社協、京都府社協及び京都市社協、和歌山県内社協、兵庫県内社協から約25名の社協ワーカーと鳥取県社協及び県内社協の方々と活動を共にしてきました。本部といくつかのサテライトに分かれて活動しました。

 倉敷市の災害ボランティアセンターでは中国職業能力開発大学校の体育館にある災害ボランティアセンター本部と市内の地域毎に複数のサテライト(支所)がある体制でした。

主なボランティアのニーズは、搬出物の搬送、土嚢運び、天井•壁•床の板剥がしでした。

天井•壁•床の板剥がしに関しては一般ボランティアではなく技術を持っているボランティアが対応を行なっており、一般ボランティアは、板剥がしによって出る廃材の搬出を手伝って頂いている状況でした。

 9月8日から現地に入りましたが、10日までは雨等による天候不順でボランティア活動は行わず、私Tは主にニーズの調整を行っていました。

 9月11日は、天候が回復しボランティア受付を再開し、沢山のボランティアの方々が来られました。私は、薗(その)・川辺サテライトで活動のマッチングを行いました。最終日の9月12日は、ボランティア人数は薗•川辺サテライトで120人弱、全体で600人弱となっていました。専門ボランティアでの対応となるニーズも有りますが、まだまだボランティアの必要としている状況でした。

f:id:clicknet:20180909161054j:image

私は、大阪北部地震では、大阪府内の災害ボランティアセンターの支援に1日だけでしたが活動しましたが、今回、5日間の期間、初めて出会う多くの社協ワーカーと一緒に活動ができ災害支援を通じて、防災意識を持つことを学び、寝屋川市社協でも災害時に時に今回の経験を活かしていきたいと思います。

新人ワーカーT

2018-07-10 就労準備支援菜園プロジェクト 調理実習

[][][][]就労準備支援 菜園プロジェクト 調理実習 11:06 就労準備支援 菜園プロジェクト 調理実習 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年7月4日(水) 11時から、寝屋川市民たすけあいの会の施設を利用して、就労準備支援事業のプログラムのひとつの菜園プロジェクトで育てた作物をつかった調理実習を行いました。

菜園プロジェクトでは、じゃがいもと人参を育て、収穫しました。プログラムを通じて、じゃがいもを使った料理については参加者とスタッフと一緒に話し合ってきました。

食べたい料理が決まり、じゃがいも以外に必要な食材についは、参加者で用意しました。

f:id:clicknet:20180605143348j:image

☆ じゃが芋のチーズ焼き

☆ フライドポテト

☆ ジャーマンポテト

☆ じゃが芋と人参の甘辛あんかけ

の4品を作ることになりました。

スタッフからの説明をうけながら参加者で分担して調理をしました。

参加者、スタッフで一緒に食べました。

土を耕し、育て、水やり、草抜き、収穫の作業を通じて、協力して行う作業、手を加えることで成長する喜び、収穫したものを調理し、食べる喜び

その過程を通じて、自信へのつながっていっているようです。

f:id:clicknet:20180704133236j:image

f:id:clicknet:20180704142334j:image

2018-05-25 菜園プロジェクト、さつまいも・にんじん育ってます

[][][]菜園プロジェクト・さつまいも、ニンジンが育っています 14:58 菜園プロジェクト・さつまいも、ニンジンが育っています - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年5月22日(火)午後から第八中学校区地域包括支援センターの菜園コーナーで活動をしました。この日は日差しも強く、暑かった日でした。当日は、介護予防の参加予定者の方はお休みで就労準備支援事業、居場所活動の参加者だけで活動しました。

f:id:clicknet:20180522140142j:image

ジャガイモの成長も確認できました。

草抜き、水やりなどをしました。

2018-04-25 就労準備支援事業:グループワーク同窓会開催

clicknet2018-04-25

[][][]就労準備支援事業「グループワーク」参加者同窓会開催 18:08 就労準備支援事業「グループワーク」参加者同窓会開催 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年4月20日(金)午前10時から12時まで

初めての試みとしてグループワーク同窓会を開催しました。

この同窓会は、平成27年10月からスタートしました就労準備支援事業の支援プログラムの一つの少人数で毎週金曜日に開催しています最大半年間のグループワークに参加していた方に近況の報告を兼ねた集まりを企画して、3名の方が参加されました。当日参加できなかった方はお手紙をいただきました。

就労準備支援事業のプログラムを通じて、仕事につながった方、職業訓練校に通われている方などがいます。

同じ時期に一緒にグループワークを参加していた方同士なので、久しぶりの再会ということもあり、話は盛り上がりました。近況報告の他、グループワークを通じて得たものなどを話し合っていただきました。

・グループワークで知り合った仲間の存在が今のモチベーションに関係している。

・しんどい時期に、安心して、正直に話ができた場所だった

生活困窮者自立支援事業:就労準備支援事業では

グループワーク(少人数型のグループワーク)

菜園プロジェクト(介護予防の高齢者の方と一緒の菜園活動

お役にたち隊コース(ボランティア体験に参加)

やってみ隊コース(地域貢献委員会の協力施設、民間事業所での職場見学、体験、実習)

働き隊コース(就職を目指し、履歴書作成アドバイス、職業適性検査の実施)

などを支援計画に基づいて実施しています。

2018-04-06

[][][]新人職員研修 23:13 新人職員研修 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年4月6日、今年度入職し、地域福祉課に配属された3名の職員に対して職場内研修2日目がありました。

1日目は、4月5日に総務課より予算や諸規程などについて、総務課が所管している事業などについて説明がありました。

2日目の4月6日は、午前中に次長から社会福祉協議会について、概論などの説明が行われました。午後からは、職員Tがいる生活支援課業務について、3名の職員で交代で説明しました。

生活福祉資金貸付事業について、入職7年目のT職員から説明がありました。その後、係長のYより、生活困窮者自立支援事業と関連事業として善意銀行事業、地域貢献委員会との連携した取り組み、生活緊急支援金の取り組みについて説明を行いました。

f:id:clicknet:20180406135048j:image

f:id:clicknet:20180406132558j:image

f:id:clicknet:20180406131335j:image

最後に私職員Tより、寝屋川市社協が受託している地域包括支援センター業務について、基本的な機能などについて説明した上で、三中包括の八中包括の特徴を説明しました。

次に日常生活自立支援事業の事業説明と併せて関連する制度として成年後見制度を一部、クイズ形式でお伝えしました。地域福祉課での業務と生活支援課の業務が個別支援を軸に関係していることが伝わったかと思います。

地域包括支援センターは、2か所の出先事務所で業務を行っているので日頃の業務が見えにくいですが、地域福祉活動の展開では関係が強くありますので、地域包括支援センターの機能、役割について、職員Tの体験談も少し交えながら寝屋川市が発行している資料や国の資料をもとに基礎的な説明をしました。

日常生活自立支援事業は利用契約者が事務所に来所することが多くありますので、新人職員にはしっかり業務の狙い成年後見制度との関係などをお伝えしました。

今後は、地域福祉課業務の研修があります。

2018-03-26 平成29年度生活困窮者自立支援事業実践報告会開催報告

[][][] 20:37 平成29年度生活困窮者自立支援事業実践報告会開催報告 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク


 2018年3月13日(火)

 寝屋川市立総合センター 2階講堂で平成29年度生活困窮者自立支援事業実践報告会を開催しました。

 2016年度(平成27年度)から市から委託を受け、その初年度から市民・関係者への啓発目的で行ってきました実践報告会。今回3年を迎え制度改正などもある中で一つの節目としての開催しました。当日は、校区福祉委員、民生児童委員、施設職員、地域包括支援センター、医療相談員、市職員の方々、200名を越える参加がありました。

 今回は、3年間の実績と成果的な報告。事例報告。事例を受けて、コーディネーターを招いてのシンポジウムという3部構成で開催しました。

 1部の実績報告は、生活支援課の高橋より報告を行いました。3年間の相談件数。就労につながった実績や就労準備支援事業の取組み内容とそこからの成果などの報告がありました。

 2部では、地域、民生委員、CSW、地域貢献委員会会員施設、生活困窮者自立支援事業がつながって支援を行ってきた事例を担当者職員と民生委員、施設長の3名で事例報告を行いました。

 休憩をはさんで、3部では、花園大学の川島ゆり子先生をコーディネーターとしてお願いし、民生委員、施設長、そして生活支援課の高橋が登壇して事例報告を紐解きながら生活困窮者支援、寝屋川市社協の強み、まちかど福祉相談所、CSWを連動したニーズキャッチと支援体制、そして関係機関からの相談のつなぎの実際についてや今後の取り組む方向性についての話となりました。最後に、総評として川島先生から寝屋川市社協における困窮者支援の特徴、CSW・地域貢献委員会との連携による展開している点をわかりやすく説明していただきながら、地域共生社会・・・地域の課題を我が事として捉え、行政、地域が丸ごとで支えていくための仕組みへの広がりについて話をしていただきました。

f:id:clicknet:20180313154140j:image

 報告会を通じて、事例報告の中で民生委員さんから社協CSWを「身近な専門家」と称していたただきました、また施設長からは、福祉法人施設のミッションとして「施設を地域の資源として活用してほしい」との言葉がありました。地域の中での支援を通じて、対象者自身が変わり、支援を受けるだけの存在ではなく、地域活動にも参加されて、支えられる側だけでなく支える側としての一面が見える事例でした。

実践報告会を通じて、ひとりぼっちをつくらない、人には居場所があり、役割がある。支援策、解決策がすぐにでてこなくても細くても関わり続ける。

予防的福祉として関わっていくことの大切さを再認識。人の暮らしは福祉だけでは完結できない、人の暮らしに必要な様々な機関とつながりながら地域に住む一員として、地域住民の方々と共に支援ネットワークをつくっていくことを少しでもお伝えできた報告会だったと思います。

f:id:clicknet:20180313174836j:image

川島先生、民生委員、施設長を始めとする参加されたみなさん、ありがとうございました。

2018-02-21 地域貢献委員会が運営「チョット寄ってん家」に立ち寄りました

[][][]寝屋川市社会福祉協議会地域貢献委員会「チョット寄ってん家(か)に行ってきました。 19:33 寝屋川市社会福祉協議会地域貢献委員会「チョット寄ってん家(か)に行ってきました。 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年2月21日(水)午後3時過ぎに、職員Tは、ケース訪問の帰りに、2018年1月15日からオープンしています寝屋川市社会福祉協議会地域貢献委員会がモデル事業として運営しています「チョット寄ってん家(か)」に立ち寄ってきました。

お客さんも数名いました。当番の地域貢献委員会の方と立ち寄った方がお話をされたり、障がい者作業所の自主製品をみながら購入される方もいました。

3時から交代した相談員さんもいました。

また、市内の民間保育園の作品も輪番で保育園ごとに園児さんの作品展示をしていました。

f:id:clicknet:20180221152319j:image

f:id:clicknet:20180221152305j:image

作業所の自主製品も充実していました。

焼き菓子や手作りの木工製品、紙すき製品など沢山ありました。

f:id:clicknet:20180221152529j:image

チョット寄ってん家(か)は、2018年3月23日(金)までの月〜金曜日(土日祝日のぞく) 午後1時〜6時

まで、桜撫庵 長屋門スペースでオープンしています。

子育て、介護保険など福祉に関する各種相談も行っています。

気軽にお立ち寄りください。

2018-02-05 1500日目の投稿となりました。

[]2005年4月にスタートしたブログ・1500日目の投稿となりました。 14:23 2005年4月にスタートしたブログ・1500日目の投稿となりました。 - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2005年4月20日からスタートした寝屋川社協職員日記

今日の投稿で1,500日目の投稿となりました。

職員Tが中心で投稿していますが時には他の職員も投稿しています。

これからも寝屋川社協の取り組みを職員の立場から投稿を心掛けています。

気づけば、2005年 ⇒ 2018年・・・・13年の歩み

みなさまの足跡が継続し続ける原動力の一つです。

これからも寝屋川社協職員の日記、寝屋川市社会福祉協議会をよろしくお願いします。



入職して、25年が過ぎ、ブログ開設時、ボランティアからのアイデアとブログの環境づくりをしていただき手さぐりで更新をする中、全国各地の社協でもホームページだけでなくブログが開設されました。更新を繰り返す中、市民の方々や校区福祉委員の方から「ブログ見たよ」「うちの福祉委員会の活動を掲載してくれてありがとう」と言ってくれたりします。本当にうれしいです。これからも不定期ではありますが、更新していきたいと思います(職員T)



入職して、はや4年が経ちました。地域の方々に助けられながら、地域の状況を多少では

ありますが、掲載させていただいております。今後も、多くの方々に愛されるブログとなるよう、

日記を掲載していきたいと思います。(職員T2)

2018-01-23 菜園プロジェクト 大根収穫にむけて

[][][]菜園プロジェクト大根収穫に向けて手入れをしています 13:14 菜園プロジェクト大根収穫に向けて手入れをしています - 寝屋川社協職員の日記 を含むブックマーク

2018年1月23日(火)午後1時30分から第八中学校区地域包括支援センター菜園コーナーで就労準備支援事業利用者、介護予防の方と一緒に大根の収穫に向けて菜園の手入れ、観察、収穫後の手作り料理について話し合いをしました。

大根用の菜園に土をおこし、苗を植え、水やり、草抜きなどを参加者みなさんで行ってきました。

大根も小ぶりですが育ってきています