Hatena::ブログ(Diary)

water voice

2099-12-21

TOP

初めましてくらぴょんです。

関東のポケモンプレイヤーで、シングル63をメインにオフ会やオンラインの大会によく出場しております。

このブログでは使った構築の紹介やポケモンの考察などをしていきます。

twitter @
community http://com.nicovideo.jp/community/co3088038

過去構築
SM
エレキフィールド展開
ナマコビートダウン
カバルドン+メガゲンガー
対面構築
眼鏡ウツロイド+カバルドン
カプ・テテフ+パルシェン
サイコフィールド展開
ガルーラ+ナマコブシ
ORAS
眼鏡ニョロトノ+ゴツメオムスター
眼鏡ゲッコウガ+ゴツメガブリアス
ガルーラスイクン展開
ネガティブコントロール
ガルガブアロー+ゲンガナンス
脱出ヌメルゴン展開
ガルガブアロービートダウン
アンチミラー対面厨パ
役割集中物理-ガルガブバシャ-
トリルブルンゲル+メガクチート
二極化ガルガブアロー
崩し特化ガブガルアロー
無天候メガラグラージ
ADガブリアス+トリックルーム
対面構築〜くらぴょん厨パ〜
両刀ガルーラ+鉢巻ガブリアス
神秘ナンス展開
グッドスタッフ2
ガルーラランドヒートム
グッドスタッフ
雨偽装カイリュークチート展開
弱点保険ホルード
クレッフィゲンガー+ゴツメマンムー
ボルトガルーラクレッフィ
メガクチート+メガヤミラミ
雨乞いメガラグラージ

2017-05-13

エレキフィールド展開

かわオフ 5-3
社mf 5-4

以下解説。

f:id:cloudia220:20161217214220g:imagef:id:cloudia220:20170509000751g:imagef:id:cloudia220:20150223060152g:imagef:id:cloudia220:20150223060651g:imagef:id:cloudia220:20150223060903g:imagef:id:cloudia220:20161217214219g:image


カプ・コケコ10万ボルトめざめるパワー草結び自然の怒りカプZ臆病エレキメイカー
デンジュモク10万ボルトめざめるパワーエナジーボールボルトチェンジ拘りスカーフ臆病ビーストブースト
ボーマンダ捨て身タックル流星群毒毒羽休めボーマンダナイト腕白威嚇→スカイスキン
カバルドン地震欠伸ステルスロック吹き飛ばしオボンのみ慎重砂起こし
ゲッコウガハイドロポンプ冷凍ビーム水手裏剣めざめるパワー水Z臆病変幻自在
ミミッキュじゃれつくシャドークロー影打ち剣の舞命の珠意地っ張り化けの皮

カプ・コケコの持ち物が電気Zかシュカの2択しか環境にいないと感じて、想定されにくい他の持ち物としてカプZを持たせるところから構築をスタート。

ガーディアン・デ・アローラ(以下GDA)と相性のいい後続として、削れた相手を起点にできるグロウパンチ持ち、ニトロチャージ持ち、自信過剰、ビーストブースト等が挙げられる。

そこで今回はビーストブースト枠としてデンジュモクを採用、エレキフィールドと電気技のシナジーも意識した。

次にスカーフ地面技に何度も繰り出して受け回せる枠としてメガボーマンダを採用。これらの3体を基本選出とした。

次に初手の地面タイプを抑制する目的でゲッコウガを採用。

基本選出が辛いゲンガーカプ・テテフウルガモス意識でミミッキュを採用。

最後に補完としてカバルドンを採用。

以下個別解説。

1.カプ・コケコ カプZ 臆病
10万ボルト めざめるパワー氷 草結び 自然の怒り
H177(252) B113(60) C115 D95 S192(196)
最速ゲッコウガ抜き
132カバルドン地震+砂ダメ2回14/16耐え
216メガボーマンダ地震確定耐え
156ミミッキュのZじゃれつく耐え
197霊獣ボルトロスヘドロウェーブ耐え
GDA+10万ボルトで153-105リザードンX確定2
GDA+めざめるパワー氷でイア以外の霊獣ランドロス確定2
GDA+草結びで215-136カバルドン確定2(イアは発動させないので大丈夫だが、HDオボンだと草結びを耐えられるのが難点)

耐久にがっつり振ることで確実にGDAを一発入れられる。
構築にゲッコウガを入れることで初手カバランドを抑制し、後出しされるこれらをGDA+攻撃技で落としてから電気の一貫を作るという展開を目指す。
地面枠が選出されてなく、カプ・コケコが対面的に処理されてしまってもデンジュモクのビーストブーストの起点にできる。

カプ・ブルルグライオンにはGDAを打ってもすぐに回復されて無駄打ちになってしまうので注意。

2.デンジュモク 拘りスカーフ 臆病
10万ボルト めざめるパワー氷 エナジーボール ボルトチェンジ
H190(252) B92 C193 D93(4) S148(252)
HS
DL意識で端数D振り

フィニッシャー枠。カプ・コケコとのシナジーとして
エレキフィールドによる電気技強化
▲プ・コケコが先に地面ポケモンを処理してくれて電気の一貫が取りやすい
GDA、または自然の怒りで削れた相手をビーストブーストの起点にできる
の3つが挙げられる。

単純に弱点の少ない電気単のスカーフというのが非常に強かった。

3.ボーマンダ ボーマンダナイト 腕白
捨て身タックル 流星群 毒毒 羽休め
H201(244) A166(4) B187(156) C126 D115(36) S149(68)
メガ前
A[-1]156ミミッキュのラブリースター耐え→次メガシンカで影打ち耐え
メガ後
182リザXの[固いツメ]逆鱗高乱数耐え→返しの流星群で確定
捨て身タックルで131-100ミミッキュ確定

電気ポケモンリザードンXの起点になってしまうので、後出しから処理できる腕白メガボーマンダ
リザXをワンパンできる流星群ミミッキュ意識の捨て身タックル、地面タイプへ何度も後出ししたいので羽休め。ラストの枠は怠けるカバルドンとラス1対面になったときのために毒毒。
毒毒+羽休め持ちだがDLでポリゴン2のCを強化してしまうのでポリゴン2には安定しない。
今回は基本選出で多く出すので捨て身タックルを選択したが、出せる範囲を絞るならグライオン意識のハイパーボイスもあり。

4.カバルドン オボンのみ 慎重
地震 欠伸 ステルスロック 吹き飛ばし
H215(252) A132 B139(4) D136(252) S67
HD

地面枠&バトンや回避系統への対策枠。相手の水タイプを呼びたいという希望もある。
ゴーストZギルガルド意識でHDベース。
なんとなく入れた感が強いので変えるならこの枠。

5.ゲッコウガ 水Z 臆病
ハイドロポンプ 冷凍ビーム めざめるパワー炎 水手裏剣
H147 B87 C155(252) D92(4) S191(252)
CS
基本選出しにくいカプ・ブルル入り、グライオン入り、Aガラガラ+地面などに出していく。
今一番強いゲッコウガの構成だと思うが、ポリゴン2に完全に無力なのが課題。

6.ミミッキュ 命の珠 意地っ張り
じゃれつく シャドークロー 影打ち 剣の舞
H131(4) A156(252) B100 D125 S148(252)
AS
GDA+珠影打ちで153-131メガリザードンX確定2

カプ・コケコと同時選出したいので命の珠。
基本的に出したら腐ることの無い。


〇弱点
構築上初手カプ・コケコをしないと展開しにくいので、メガゲンガー入りには苦戦を強いられることがほとんどだった。
あと上手い人はGDAを打たれた後に地面ポケモンを温存するために下げてきたので電気の一貫をとることができなかった。



以上。

2017-04-30

第7回JPNOPEN使用構築「ナマコビートダウン」

第7回JPNOPEN使用 5-4

結果が伴ってない記事を挙げない癖があったがその考えが勿体ないと思い始めたので公開。

以下解説。

f:id:cloudia220:20150223060458g:imagef:id:cloudia220:20161217214218g:imagef:id:cloudia220:20150223060152g:imagef:id:cloudia220:20150223060651g:imagef:id:cloudia220:20140517004357g:imagef:id:cloudia220:20170429070158g:image


ポリゴン2トライアタックシャドーボールめざめるパワートリックルーム進化の輝石控え目ダウンロード
ナマコブシ置き土産水浸し毒毒自己再生悪Z呑気天然
ボーマンダ捨て身タックル地震竜の舞羽休めボーマンダナイト陽気威嚇→スカイスキン
カバルドン地震欠伸ステルスロック吹き飛ばしオボンのみ慎重砂起こし
バンギラスストーンエッジ炎のパンチ冷凍パンチ竜の舞岩Z陽気砂起こし
カプ・ブルルウッドホーン身代り宿り木の種守る残飯慎重グラスメイカー

個人的に好きなポケモンであるナマコブシの強い型を考えていたところ、悪Z置き土産型に至ったのでそこから構築を組んだ。

Z置き土産によって癒しの願いと似た効果が得られることから、ガルーラクレセリアのような(対面性能の高いポケモン)+(復活技持ち)の並びを目指した、しかし7世代メガガルーラの性能が非常に低いことから代わりにHCポリゴン2を採用した。

ポリゴン2ワンパンされうる格闘技に後出しできるメガボーマンダを次に採用し、ポリゴン2+ナマコブシ+メガボーマンダを基本選出とした。

攻めっ気の強い基本選出だが見た目が受け系統のポケモンで構成されているので、受け系統の構築と偽装できるようなポケモンで取り巻きも固めた。

以下個別解説。

1.ポリゴン2 進化の輝石 控え目(ダウンロード
トライアタック シャドーボール めざめるパワー炎 トリックルーム
H191(244) B111(4) C172(252) D116(4) S81(4)
HC

世代で対面性能の高いポケモンといえばミミッキュや襷キノガッサが出てくるが、化けの皮や襷は復活できないのでポリゴン2の採用。
ポリゴン2のメリットとしてトライアタックによる運勝ちのしやすさと、トリックルームによって裏のナマコブシを動きやすくするムーブが強かった。
ただDL対策のD>Bが蔓延していて上手く機能しなかった印象を受けた、またZ持ちとの殴り合いで競り負けることも多々あり思ったより対面性能が高くなかった印象。

2.ナマコブシ 悪Z のんき(天然)
水浸し 毒毒 自己再生 置き土産
H161(244) B200(252) D152(12) S9
HB

クレセリアなどだと交代時の積み+Z技で倒される可能性があるが、天然によってそのような事態を防げる。
コンセプトの置き土産のほかに、単体での嵌め性能確保のために水浸し+毒毒+自己再生は確定。
従来のナマコブシは挑発によって全く役割が果たせなくなってしまうが、交代→Z置き土産をするだけで役割は果たせるので挑発持ちで止まることがない。
また復活するだけでなく相手のACを下げているので、Z土産トリックルームという展開がしやすい、ガルクレセのトリックルーム→三日月の舞という展開よりもトリックルームのターン消費を削減できる。


3.ボーマンダ メガストーン 陽気
捨て身タックル 地震 竜の舞 羽休め
H171(4) A197(252) B150 D110 S189(252)
AS

普通の最速マンダ、ポリゴン2に打たれる格闘技に後出しする。また構築が非常に草を誘うのでそういう意味で刺さりやすい。
置き土産から竜の舞を展開することもできる。
裏択としてカバルドンの欠伸ステロからの展開もある。

4.カバルドン オボンのみ 慎重
地震 欠伸 ステルスロック 吹き飛ばし
H215(252) A132 B139(4) D136(252) S67
HD

普通の起点作りカバルドン
基本選出が数値受けに弱いので、それらを崩すための積み展開の始動役。

5.バンギラス 岩Z 陽気
ストーンエッジ 炎のパンチ 冷凍パンチ 竜の舞
H175 A186(252) B130 D121(4) S124(252)
AS

高火力岩技によって受け構築を崩す。低命中のメインウエポンは弱いがZを持たせることで妥協している。

6.カプ・ブルル 残飯 慎重
ウッドホーン 身代り 守る 宿り木の種
H177(252) A150 B136(4) D161(252) S95
HD

上記5体がカプ・レヒレアシレーヌスイクン等が重いのでそれらがいたときに選出。
ナマコブシと合わせて受け回したり、カバルドンと水が対面したときの受け先にする。

〇選出
基本選出
ポリゴン2ナマコブシボーマンダ
積み展開
カバルドンバンギラスボーマンダ
受け選出
カプ・ブルル@2

〇弱点
予想外のポケモンナマコ対面で身代りされたら降参をおしてください



QRコード
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4EC7-9AA8


以上

2017-03-27

カバルドン+メガゲンガー

f:id:cloudia220:20150223060651g:imagef:id:cloudia220:20140818025242g:imagef:id:cloudia220:20170208192517g:imagef:id:cloudia220:20161217214220g:imagef:id:cloudia220:20161227233726g:imagef:id:cloudia220:20140521172746g:image


カバルドン地震欠伸ステルスロック吹き飛ばしオボンのみ慎重砂起こし
ゲンガー祟りヘドロ爆弾身代り催眠術ゲンガナイト臆病呪われボディ→影踏み
テッカグヤエアスラッシュ身代り宿り木の種ボディパージ残飯臆病ビーストブースト
カプ・コケコ10万ボルトめざめるパワー挑発電磁波電気Z臆病エレキメイカー
カプ・テテフサイコショックムーンフォースめざめるパワー身代り命の珠臆病サイコメイカー
キノガッサ種マシンガンマッハパンチ岩石封じキノコの胞子気合の襷陽気テクニシャン

インフレしたS環境への対応と催眠によるごまかし性能からメガゲンガーから構築を組んだ。

催眠術に依存しないようにあくびによる起点作りができるカバルドンを2匹目に採用し、3匹目にはゲンガーがスカーフ持ちに倒されたときに展開できるボディパージテッカグヤを採用した。(参考:http://p-q-poke.hatenablog.com/entry/2017/03/21/152650

次にカバルドンに対して出てくる水タイプへの抑制と、ゲンガーと合わせて高速アタッカー枠としてカプ・コケコを採用。

テッカグヤが起点にできない高速ポケモンドリュウズバシャーモ)への対応と、水タイプへの抑制2としてキノガッサを採用。

最後に受け構築への対応としてカプ・テテフを採用。

以下解説。

1.カバルドン オボンのみ 慎重
地震 欠伸 ステルスロック 吹き飛ばし
H215(252) A132 B139(4) D136(252) S67
HDぶっぱ
211メガリザードンYの[晴]オーバーヒート耐え

初手に確実に行動するようにD振り。イアのみは決まれば強いが確実性がないので、オボンのみの採用。
カバルドンの技構成はこの4つが一番強いと思っている。

2.ゲンガー ゲンガナイト 臆病
祟り目 ヘドロ爆弾 催眠術 身代り
H135 B101(4) C222(252) D115 S200(252)
CSぶっぱ

特筆することのないメガゲンガーミミッキュを意識するなら鬼火だが元のコンセプトに従って催眠術の採用。
フェアリーのKPの増加から気合玉<<<<ヘドロ爆弾(<ヘドロウェーブ

3.テッカグヤ 残飯 臆病
エアスラッシュ 身代り 宿り木の種 ボディパージ
H203(244) B124(4) C128(4) D122(4) S124(252)
HSぶっぱ

展開できる範囲が格段に上がるボディパージ型。身代り展開に繋げやすい構築のためAS3ウエポンではなくやどみが1ウエポン。
守るを切っているため、やどみがによるハメ性能をこれ以上下げないように残飯。

S200より速いポケモンはほとんど存在しないため(プテラフェローチェメガフーディンくらい)、ゲンガーとカプ・コケコの2匹が同居しているとほぼ確実にスカーフポケモンが出てくる(出てこなくてもSで縛ってる状況が多発して有利な試合展開になりやすい)。なので高速アタッカー複数体+スカーフポケモンを起点に展開できるポケモンの並びが強い(当たり前の話だが)。

全国シングルFESTAでは呪いカビゴンを使用したが、この構築にはうまくはまらなかった。とてもスペックの高いポケモンだと思うので別の構築でまた使用してみたい。

4.カプ・コケコ 電気Z 臆病
10万ボルト めざめるパワー氷 電磁波 挑発
H145 B106(4) C147(252) D95 S200(252)
CSぶっぱ

カバルドン入りにでてくるカプ・レヒレアシレーヌ対策。また特性によって催眠技を絡めたギミックの対策になる。
カバルドンがゴツメでなく、メガゲンガーが気合玉を持ってないのでメガガルーラに基本選出が薄くなっている、よって持ち物はASのメガガルーラを縛れる電気Z。
構築全体がリザードンに薄く選出されやすいので、メガリザードンXに刺す電磁波を採用。出し負けしてもこの技からメガゲンガーに繋げられるのでとても使いやすかった。
残りの枠はKPの高い霊獣ランドロス意識のめざめるパワー氷、展開阻止の挑発。

5.カプ・テテフ 命の珠 臆病
サイコショック ムーンフォース めざめるパワー炎 身代り
H145 B95 C182(252) D136(4) S161(252)
CSぶっぱ
ムーンフォースでHDバンギラス確定2
サイコショックでHBラッキー高乱数
めざまるパワー炎で慎重HD以外のエアームドを確定2
サイコショックで図太いHBドヒドイデを中乱数1
サイコショックで穏やかHDドヒドイデを確定1

受け系統に対する枠、ミミッキュの存在からカプ・テテフを多く選出すると隙を見せてしまうと考え、特定の相手に対して出す枠として採用した。

しかし逆に受け一辺倒の構築にしか選出できず、実質5体で戦っているような状況だったので汎用性をもっと持たせるべきだと感じた。

6.キノガッサ 気合の襷 陽気
種マシンガン マッハパンチ 岩石封じ キノコの胞子
H135 A182(252) B101(4) D80 S134(252)
ASぶっぱ

カプ・コケコと合わせて初手の水タイプを抑制する。
ドリュウズを甘く見るならナットレイ意識でバシャーモにしたい。


個別解説は以上です。

●選出
カバルドンorカプ・コケコ+メガゲンガー+テッカグヤorキノガッサorカプ・テテフ

キノガッサは初手に置くことも

●雑感
7世代は考慮することが多く、どうしても思い切って特定のものを切らないとやっていけないと思い、今回は「無限暗夜の誘いミミッキュ」を切った構築を使ったが、逆にテッカグヤの増加からそれが増殖していて完全にメタの把握をミスしてしまったのが敗因。



解説は以上です。



残りは雑談

2〜3月のオフラッシュで毎週毎週焦りながら新しい構築を作っていたが、どれもこれも中途半端に終わってしまい結果はよくないものばかりだった。

試運転目的や楽しむ目的なら問題ないが、勝つために出場するなら数週間かけてじっくり構築を組んでいかないと不完全燃焼で楽しめないと感じた。

GW付近までしばらくオフがないので、頭をリフレッシュしてじっくりポケモンに向き合っていこうと思う。

では今回はこのへんで・。・

2017-03-25

第145回九尾杯ベスト4「対面構築」

スイスドロー7回戦5-2 7位抜け→ベスト4

f:id:cloudia220:20140517003923g:imagef:id:cloudia220:20140518114243g:imagef:id:cloudia220:20161227233726g:imagef:id:cloudia220:20170321010709g:imagef:id:cloudia220:20160110182641g:imagef:id:cloudia220:20161217214219g:image


ガルーラ猫だまし捨て身タックル冷凍パンチ炎のパンチガルーラナイト陽気肝っ玉→親子愛
ガブリアス逆鱗地震炎の牙剣の舞ヤチェのみ陽気鮫肌
カプ・テテフサイコキネシスサイコショックムーンフォースシャドーボール拘りスカーフ臆病サイコメイカー
メタグロスアイアンヘッド地震岩石封じめざめるパワーメタグロスナイト無邪気クリアボディ→固いツメ
ゲッコウガ波乗り冷凍ビーム悪の波動水手裏剣気合の襷臆病変幻自在
ミミッキュじゃれつく呪い痛み分け身代りフェアリー陽気化けの皮

上から
AS
AS
CS
AS
CS
AS

交換せずに対面で崩していって、最終的にスカーフカプ・テテフを通す。

とてもわかりやすい構築だと思うので個別解説等は無し。

特筆するなら、カプ・コケコに行動保障の持てる襷ゲッコウガはとても強かったです。あとメガグロスは指数意識で両刀でもASにすべきだと思いました。


カミツルギ環境ならそこそこ強かったと思うが、テッカグヤ環境に戻ってしまったので公開。