Hatena::ブログ(Diary)

water voice

2014-02-18

スカーフガブ+メガゲンガー(シングル)

第3回つくおふ、第2回あめおふ!で使用した構築です、それぞれの結果は

つくおふ(48名):3-1でブロック2位抜け→ベスト8
あめおふ!(63名):5-2でブロック1位抜け→ベスト16

でした。レートは今回はあまり回しておらず、2000くらいから20戦弱して現状維持といったところです。

それでは解説に入っていきます。

f:id:cloudia220:20140112113252p:image:mediumf:id:cloudia220:20131124041127p:image:mediumf:id:cloudia220:20140114145632p:image:medium
f:id:cloudia220:20140130011726p:image:mediumf:id:cloudia220:20140108114031p:image:mediumf:id:cloudia220:20140109053434p:image:medium


エルフーンコットンガード宿り木の種身代わりアンコール残飯悪戯図太い
ガブリアス逆鱗地震ストーンエッジ毒突き拘りスカーフ鮫肌意地っ張り
ヒードランオーバーヒートラスターカノン悪の波動大地の力拘り眼鏡もらい火控えめ
ゲンガーヘドロばくだんシャドーボール身代わり道連れゲンガナイト浮遊→影踏み臆病
スイクン波乗り冷凍ビーム絶対零度吠えるオボンのみプレッシャー呑気
化身ボルトロス10万ボルトめざめるパワー挑発電磁波気合の襷悪戯臆病

*つくオフではエルフドランの枠が
キノガッサ@毒玉
グロウパンチ岩石封じ身代り胞子
ドラン@残飯
噴煙身代わり守る毒毒

また構築を作るにあたって以下の2名

・冷凍庫@冷蔵庫”スカーフガブ軸”→http://d.hatena.ne.jp/rei-zouko/20140109/1389266388
・つえー奴は身長も16n−1だわ@くーるじー”ボルトガッサ+ポリゴン2”→http://d.hatena.ne.jp/coolg-nittan/20140114/1389682266

の記事を参考にさせていただきました、ありがとうございます!

今回はスカーフガブリアスに着目して構築を組みました、最近のガブリアスが襷ステロばかりであることから警戒されにくいと感じたのがきっかけです。

また5世代ではニョログドラ、バンドリ、カバドリ対策のキュウコンガブ、ノオーガブなどがいましたが、6世代で天候が弱体化し上記の戦法がなくなったので相手の天候阻害のためのキュウコン、ノオーと組ませる必要性がなくなり、よりスカガブ入りの構築の自由度が高まったことも理由としてあります。

そしてスカーフガブをフィニッシャーとして基本選出を考えるときメガ進化枠としてメガゲンガーを採用、採用理由としては

・逆鱗が通らない鋼、フェアリーにG、毒技が通る。
・スカーフガブの苦手な耐久型をキャッチして攻撃や道ずれで強引に突破できる。
・環境トップメタのガルーラに強い(ガブリアスもそれに強めではあるが最近冷パン持ちガルーラを見ることが多いのであまり信用できない)。

が挙げられます。

これらから今回は「メガゲンガーで面倒なものを倒してからスカガブで全抜き」を構築のコンセプトとしました。

次に高速低耐久の2体のクッションの役割を持つポケモンが必要と思い、ガブの受ける氷技やガブゲンガーに一貫する水技を受けれる点からスイクンを採用(マリルリでない理由は個別解説で後述します)。そしてこの3体がファイアローの一環が激しいので次にヒードランを採用、鋼やフェアリーに強めなのも非常に補完として優秀です(ジバコイルなども候補に挙がるが種族値が高いこととエルフ入りに出やすいバナに強いことからドランを採用した)。

この時点でガブゲンガースイクンドランまで確定、次にこれらが地面技を持っているドラゴン(ガブリアス)に弱いことや、特殊に偏ってることから瞑想(主にノイコウ)の起点になりやすいことから5体目としてエルフーンを採用しました。このエルフーンはとても大きな役割をはたしており、最近のステロガブ+やどみがエルフというギミックの急増からスカーフガブをより警戒させにくくしています。あくまで補完の採用なので選出は控えめですが、選出段階で大きな役割を果たしているといえます。

そして最後の枠として地面が激しく一貫することやマリルリスイクン等の水タイプが非常に重いこと、高KPのフェアリーマリルリキッス)に一貫する電気タイプを採用したいと感じボルトロスを選択しました。

以上にして6匹が確定となります。

また、「スカーフガブリアス軸の構築では相手の耐久志向に対してしっかり解答しなければなりません」
(引用元→http://d.hatena.ne.jp/rei-zouko/20140109/1389266388
今回参考にさせていただいたこの記事のこの言葉を意識して今回取り巻きを考えていきました。


以下個別解説です。

1.エルフーン 残飯 図太い
宿り木の種 身代り アンコール コットンガード
H161(204) B150(252) D102(52) S136
HP16n+1
Bぶっぱ
残りD

先発に置くことで主軸を装ってますが今回は補完、主軸の辛いガルーラマリルリ等を見るために流行りのムーンフォースではなくコットンガード型を採用しました。
またこのポケモンを一匹おくことで補助技を多用する毒まもドラン、ノイコウ、クレセ等のポケモンへの抑制となります。流行ってることも合わせて非常に選出誘導力の高いポケモンだと感じました。

2.ガブリアス 拘りスカーフ 意地っ張り
逆鱗 地震 ストーンエッジ 毒突き
H183 A200(252) B116(4) D105 S154(252)
ASぶっぱ
数B

今回の構築の軸、最近のガブリアスは襷ステロがほとんどであることから意表がつきやすい。
技構成は逆鱗地震は確定、眼鏡以外のトゲキッスに対面で勝つためやボルトロス対面で逆鱗を打たずに倒したいことからストーンエッジ、ラストの枠は最近流行ってるエルフーンを意識して毒づきを入れました。ただコットンエルフーンには決して有利とはいえないのでメガハッサム意識の炎の牙の方がいいかもしれません。
エルフと並べるだけで相手は襷と断定して動いてくれるので初手の珠ゲッコウガなどを何度も葬り去ってきました、またライコウライボルトも初手で気安いので甘えてつっぱってきたら地震で狩ります。
そして6世代は地面の通りがよくなっている(気がする)のでスカーフ地震で一貫をとりに行くこともあります。

余談ですが、自分は陽気スカーフガブガチアンチです、陽気にするならスカーフ型にする意味がないと思っています。

3.ヒードラン 拘り眼鏡 控えめ
オーバーヒート ラスターカノン 悪の波動 大地の力
H191(196) B126 C196(228) D126 S108(84)
H16n-1
Cぶっぱ
4振りロトム抜き
161パルシェンの珠[+2]ロックブラスト乱数5耐え

最初は毒まもドランだったのですが、ちまちま展開するより高火力を叩き込んだ方が強いと感じ眼鏡に変更。それに毒ドランは相手のドランに勝てないのも大きな理由です。
技は最大火力のオーバーヒートフェアリーに刺さり連続して打てるメインウェポンのラスターカノン、一貫性が高くクレセドランに安定する悪の波動、ミラーで勝てるように大地の力を採用しました。
本当はミラーに確実に勝てるよう臆病CSにしたかったのですが、パルに隙を作りたくないことから結局H振りとなりました。

4.ゲンガー ゲンガナイト 臆病
ヘドロばくだん シャドーボール 身代わり みちづれ
N時:H155(156) B80 C163(100) D95 S178(252)
M時:H155(156) B100 C203(100) D115 S200(252)
最速
207-100マリルリヘドロばくだんで94%で確1
残りH

構築の軸2、ガブのサポートのためにフェアリーを倒せないのは論外なのでヘドばくを採用したのですが、ウェポンが毒のみなのが範囲が狭く使いづらいと感じシャドーボールも採用。次にガルーラ等を強制的に倒す道ずれが確定で、ラストの枠は挑発ではなく身代わりを採用しました。
挑発があると積みの起点にならないのが利点ですが攻撃技と補助技との択が生まれるので、安定択を生みやすく交換際などに刺さる身代わりを選びました、リザードンカイリューウルガモスなどS操作する積みポケにはスイクンに即引きしましょう。

5.スイクン オボンのみ 呑気
波乗り 冷凍ビーム 絶対零度 吠える
H207(252) B183(252) C110 D136(4) S94
161パルシェンの珠[+2]ロックブラストオボン込み高乱数10発耐え
147-65パルシェンを殻破った後に波乗りで確定2
183-105ガブリアスを冷凍ビームで確定2

HBに振り切ることで脅威の物理耐久を持つ、クレセと並び数値受けの代表のようなポケモン、また相手の耐久型への解答として絶対零度型を採用しました。
この枠はマリルリ瞑想スイクンでもいいとも感じましたが、後だしを想定した耐久型なのでマリルリ瞑想スイクンのような積み展開するATをここに入れるのは違うと思い最終的にこれに落ち着きました。しかしこの2体にして回して確かめたわけではないのでここは検討の余地があるかもしれません。
零度以外の技は熱湯ではパルシェン乱数で負けるので波乗り、次にガブへの打点として冷凍ビーム、最後の枠は神速と迷いましたが、相手の瞑想やみがしば、みがやどの起点防止やみちずれ連打するゲンガーをわからせるためにほえるを採用しました。ガブやドランが拘ってることやゲンガーが挑発を採用していないことから積みの起点になりやすいのでこの構成は正解だと思います。
クッションと書いてはいますが、初手の襷ガブに合わせて初手出しすることが多々ありました。


6.化身ボルトロス 気合の襷 臆病
10万ボルト めざめるパワー氷  電磁波 挑発
H155(4) B90 C177(252) D100 S179(252)
CSぶっぱ

テンプレボルトロス、持ち物は太鼓したマリルリのストッパーがほしいと感じて襷を採用。技はきあいだまが欲しくなるときが多い。
選出回数が非常に少なく見せ合いで仕事をしてるかもわからないのでこの枠は検討だと思います、しかし構築がマリルリにとても弱いので安易に外せないのも事実。


個別解説は以上です。

●選出
ガブ(エース)+ゲンガーorエルフorボルト(削り、展開防止)+スイクンorドラン(クッション)
これが100%でした。

以下オフでの選出回数です。

○つくオフ、☆あめおふ!

エルフ(ガッサ)○☆☆☆☆
ガブ○○○○○○☆☆☆☆☆☆☆☆
ドラン○○○☆☆☆
ゲンガー○○○○○☆☆☆
スイクン○○○☆☆☆☆☆
ボルト☆

スカガブの選出率が100%なのでコンセプトが達成できて満足です。

●雑感
スカーフガブリアスが環境に非常に刺さっており思ったより強かったです。しかしあめおふの上位層の構築がみなスカガブ入りだったので次以降はマークが激しくなると感じ公開することにしました。
またドランスイクンが受けれないゲッコウガボルトロス等に後出しできるポケモンがほしくなる時があるので、ポリゴン2を採用して組みなおしてもいいかもしれません。
構築の弱点としてはマリルリや挑発ギャラ等の水が重く、そして何より襷手裏剣ゲッコウガが本当にきついです。先制技がないのが理由だと思うのでどこかの枠に組み込みたいと思っています。


解説は以上です。

最後に、ゲンガーをつもってくれたどなさん、ヒードランを貸してくれたシソーさんはありがとうございました!

そして第2回あめおふ!に来てくださった方たちはありがとうございました!第3回あめおふ!にご期待ください!!

では今回はこの辺で、ではでは・。・ノ