Hatena::ブログ(Diary)

water voice

2017-01-22

第20回夜空杯ベスト4構築「スカーフゲンガー軸スタンダード」

第20回夜空杯(シングル66のオフ)に参加してきました。結果は

7-1 2位抜け→ベスト4

でした。

直前に参加を決定したので準備不足の面が大きかったですが、勝ててよかったです。

使用構築は以下のようになります。

f:id:cloudia220:20150223060152g:imagef:id:cloudia220:20150126223353g:imagef:id:cloudia220:20161217214220g:imagef:id:cloudia220:20161217214218g:imagef:id:cloudia220:20140518114454g:imagef:id:cloudia220:20140813051406g:image


ボーマンダ流星群捨て身タックル大文字羽休めボーマンダナイト無邪気威嚇→スカイスキン
マンムー地震氷柱落とし氷の礫ステルスロック気合の襷意地っ張り鈍感
カプ・コケコ10万ボルトマジカルシャインボルトチェンジ毒毒フェアリー臆病エレキメイカー
ナマコブシ水浸し毒毒自己再生バトンタッチゴツゴツメット呑気天然
ゲンガーシャドーボールヘドロ爆弾祟り目めざめるパワー拘りスカーフ控え目呪われボディ
ギルガルドシャドーボール毒毒身代りキングシールド残飯控え目バトルスイッチ

7世代シーズン1はカプを筆頭にフェアリーのKPが非常に高いことからスカーフ毒or鋼が強いと考え、その中でも初見殺し要素と数値を備えたポケモンとしてゲンガーを採用した。
具体的にはH振りカプ・テテフを倒せるCと、鋼に一貫するゴースト技をタイプ一致で打てることが強いと感じた。

これを軸に、ボルトチェンジやバトンタッチによって高速アタッカー無償降臨すること、毒毒持ちを多く採用して数値の高い祟り目を使用できる機会を増やすことをコンセプトに残りの面子を採用した。

基本的にテンプレートの型が多いが、カプ・コケコはKPの高そうなミラー・マンムーマンダのメタとしてフェアリーZを採用。マンムーテッカグヤに対する削りを意識して氷柱針でなく氷柱落としを採用している。

ぶっぱ配分がほとんどなので、個別解説は今回は省略します。


今回のオフで初めて7世代のシングル66形式で対戦したわけだが、シングル66はZ持ちとメガシンカが1体づつしか採用できないので、シングル63程パワーインフレしていないことが対戦していて魅力的であった。シングル63も楽しいが66も同じくらい流行していっていい形式だと感じた。

短いですがこんかいはこの辺で・。・

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/cloudia220/20170122/1485084502